ガイドブック編集部 > 特集 >  THE BEATLESの歩き方 in LIVERPOOL & LONDON > 第2章 ALL YOU NEED IS LOVE 二都物語 リヴァプール&ロンドン part 2

第2章 ALL YOU NEED IS LOVE 二都物語 リヴァプール&ロンドン part 2

第2章 ALL YOU NEED IS LOVE

二都物語 リヴァプール&ロンドン part 2

ロンドンの魅力は、訪れる人のそれぞれの要求に応えられる間口の広さと、奥の深さでなはいかと思う。今回の最大の目的は、ビートルズゆかりの地を巡ることだったのだが、英国王室御用達の店を訪問したり、最新のミュージカル『ロード・オブ・ザ・リング』を観たり、映画の舞台となった憧れのホテル「ドーチェスター」に宿泊したり…と、とにかくやりたいこと満載でかつ満足度の高い旅になった。パリを選ぶ場合は“とりあえずパリ”が成立するのだけれど、ロンドンを目指す場合は、目的意識がはっきりしているので、とりあえずは存在せず、“なにがなんでもロンドン”になってしまう、そんな気がする。

now of LONDON 現在のロンドン

now of LONDON 現在のロンドン

ザ・ドーチェスター

大理石の床の白と壁面を飾る金が豪華な雰囲気を作りだすエントランス・ホール

大理石の床の白と壁面を飾る金が豪華な雰囲気を作りだすエントランス・ホール

The Dorchester
The Dorchester

Park Lane, London W1K 1QA, England,UK
Tel: +44 20 7629 8888
Fax: +44 20 7629 8080
http://www.thedorchester.com/
ドーチェスターコレクション
予約オフィス
[フリーダイヤル] 0120-007-827


2007年の「トップ・ロンドン・アフタヌーンティー・アワード」を受賞したザ・ドーチェスターのアフタヌーンティー(£38.5)

2007年の「トップ・ロンドン・アフタヌーンティー・アワード」を受賞したザ・ドーチェスターのアフタヌーンティー(£38.5)

映画『ウィンブルドン』を観て以来憧れていたのが“ザ・ドーチェスター”。ハイド・パークの東を走るパーク・レーン沿いに建つ五つ星ホテルで、1931年の4月の創業以来、77年にわたり英国文化の伝統を守りながら、快適なサービスを提供し続けている。注目のダイニングは中華レストラン“チャイナ・タン”、英国の伝統料理“ザ・グリル”。そして2007年11月にオープンした話題の“アラン・デュカス・アット・ザ・ドーチェスター”。また、世界一のアフタヌーンティーを味わうなら“ザ・プロムナード”で。英国ティーギルド協会による2007年の「トップ・ロンドン・アフタヌーンティー・アワード」を受賞している。世界各国から厳選して集められた紅茶をサンドイッチ、スコーン、ペストリーと一緒に楽しみたい。

スイートのリビング

スイートのリビング

スイートのベッドルーム

スイートのベッドルーム


“ザ・プロムナード”は英国のアダム様式

“ザ・プロムナード”は英国のアダム様式

温かく親しみのある雰囲気の“ザ・グリル”

温かく親しみのある雰囲気の“ザ・グリル”

“ザ・グリル”では伝統的な英国料理を供する

“ザ・グリル”では伝統的な英国料理を供する


ヴァージン アトランティック航空/アッパークラス・スイート

アッパークラス専用ラウンジ「ザ・クラブハウス」は、2500平方メートルのスペースに業界初のジャクージ、スチームサウナなど本格的スパ施設を備えている

アッパークラス専用ラウンジ「ザ・クラブハウス」は、2500平方メートルのスペースに業界初のジャクージ、スチームサウナなど本格的スパ施設を備えている


ヴァージン アトランティック航空の「アッパークラス」は、ファーストクラスを超えるビジネスクラスという位置づけ。ボタン操作ひとつでフルフラットになる“180度水平フラットベッド”やドリンク、チョコレート、スナック、フルーツなど、品揃えもバラエティに富んだ“アッパークラス専用バーカウンター”、自由な時間に好きな組み合わせで食事がとれる“フリーダムミールサービス”そして“機内マッサージ”など、疲れを知らない快適な空の旅が待っている。


成田ラウンジ

ヴァージン アトランティック航空のサービスは、機内での時間はもとより、地上での快適さの追求も忘れていない。ショーファーカー(無料送迎車)による送迎サービスや手荷物宅配サービスのほかにも、成田空港内のアッパークラス専用ラウンジ「クラブハウス」も2007年7月にリニューアルオープンさせている。今回の改装で、ラウンジ内の席数が40%程増え、セルフサービスのスナックコーナーも新設された。また、最新のコンピュータ機器や無線LAN環境も整っている。

爽やかな竹林とポップなアニメーションの描かれたパーティションで仕切られた開放的な空間。

機内サービス

180度水平でフルフラットのベッドに

180度水平でフルフラットのベッドに

ヴァージン独自の機内食サービスが「フリーダムミールサービス」。決まった時間に出されるセットメニューの機内食とは異なり、前菜から、メイン、デザートまで、バラエティに富んだメニューの中から、好きなものを、好きな組み合わせで、希望の時間に食事を取ることができる。180度水平でフルフラットのベッドと羽毛の掛け布団が誘う快適な睡眠に身を任せるのも300時間に及ぶ豊富なエンターテインメントプログラムの中から映画やドラマなどを、10.4インチの迫力モニターで満喫するのも自由である。パーティションで仕切られたシートは個室感覚で、くつろげる。

エンターテインメントプログラム

エンターテインメントプログラム

好きな時間に、好きなメニューを

好きな時間に、好きなメニューを

ドライブスルー・チェックイン

ドライブスルー・チェックイン

ドライブスルー・チェックイン

ホテルまで迎えに来るショーファーカー(無料送迎車)でヒースロー空港まで。2007年11月に新設された「アッパークラスウィング」利用により、空港到着からわずか10分でラウンジへ。それは、空港に車が到着すると専任スタッフから、事前に準備されたボーディングパスが渡され、その場で荷物のチェックインが終了。ヴァージンのアッパークラス利用者のみの専用出国審査とセキュリティチェックを済ませ、ラウンジまでスムーズに移動ができるというもの。ラウンジ「ザ・クラブハウス」では、スパやヘアサロンのトリートメント、サウナ、ジャクージなどのサービスを利用して、搭乗時間までゆったりと過ごすことができる。

アッパークラスウィング

アッパークラスウィング

プールテーブルを配したゲームコーナー

プールテーブルを配したゲームコーナー

日本の「禅」をイメージ

日本の「禅」をイメージ



▼ヴァージン アトランティック航空のウェブサイト
http://www.virginatlantic.co.jp/

▼ヒースロー空港ターミナル3のヴァーチャル体験
http://www.virginatlantic.com/experienceT3

COLUMN

現地で活用できる、お役立ちアイテム!

英国政府観光庁/ビートルズ関連の資料

▼英国政府観光庁ウェブサイト
http://www.visitbritain.jp/

英国政府観光庁/
ビートルズ関連の資料

英国政府観光庁では、英国旅行のプランニング・情報収集役立つさまざまなパンフレットを無料で配布している。ビートルズ関連としては、『Baby Boomers' Britain』と『私の「英国式幸福論。」』がある。前者は、ビートルズゆかりの地リヴァプールの見どころが紹介され、後者は、ビートルズのトリビュートバンドのリーダーによるエッセイが掲載されている。(送料着払い)


オイスター・カード

▼英国政府観光庁の「オンライン・ショップ」
http://www.visitbritain.jp/shop

オイスター・カード

オイスター・カードはロンドンの交通用ICカードで、ロンドン交通局が運営するロンドン市内のすべての地下鉄、バス、ドックランド・ライト・レイルウェイ、また一部の鉄道にも利用が可能。利用方法は首都圏で使われているSuicaやPASMOと同じだが、オイスター・カードを利用すると割引料金で乗車できる。例えば、地下鉄のゾーン1の切符を現金で買えば£4だが、オイスター・カードなら、£1.50となる。




英国王室御用達の店

JOHN LOBB

JOHN LOBB

ジョン・ロブは19世紀半ばの創業の革靴専門店。素材の革、デザイン、クオリティにこだわるジョン・ロブの靴は英国王室をはじめ世界中のセレブから愛されるまさに一流品である。オーダーメードが中心で注文から完成まで約6カ月を要すが、手入れを怠らなければ一生はき続けることができるという。

JAMES LOCK & Co.

JAMES LOCK & Co.

ジェームス・ロックは1676年の創業の紳士と婦人用帽子の専門店。330年以上の長い歴史を持ち、ウィンストン・チャーチルやチャールズ・チャップリンなども顧客だった。もともとシルクハットで有名な店だったが、パナマ帽やハンチングやサファリタイプなどを販売する。もちろんオーダーメードも可能である。

TURNBULL & ASSER

TURNBULL & ASSER

レジナンド・ターンブルとアーネスト・アッサーという二人のシャツ職人が1885年に創業した。創業当初から上流階級向けの店として評判を集め、顧客リストには英国王室や貴族、ウィンストン・チャーチルも名を連ねた。地味な男性向けのドレスシャツが主流の時代に、ビビットなストライプシャツを売り出すなど、常に流行をリードしてきた。


9 St. James's Street, London, SW1A 1EF, England, UK
http://www.johnlobbltd.co.uk/

6 St. James's Street, London,SW1A 1EF,England,UK
http://www.lockhatters.co.uk/

14 South Street, London, W1K 1DF,
England,UK
http://www.turnbullandasser.co.uk/



2008年1月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部