ガイドブック編集部 > 特集 >  THE BEATLESの歩き方 in LIVERPOOL & LONDON

THE BEATLESの歩き方 in LIVERPOOL & LONDON

ビートルズの足跡を追って旅した2007年は、リヴァプール創設800周年を記念する年であり、ジョン・レノンとポール・マッカートニーが出会ってちょうど50周年の年でもあった。

ビートルズの聖地巡礼としては、まず、キャヴァーン・クラブのあるマシューストリート、そして彼らの暮らした家や楽曲のモチーフになったペニーレーンやストロベリー・フィールドは外せない。史上最大のロックグループを育んだ港町は世界遺産都市でもある。

ランドマークのふたつの大聖堂に見守られるように散策すれば、彼らが生まれた病院や演奏を行ったパブやホールを見つけることができる。歩くのに適したほどよい広さがとても心地よく、すぐに気に入ってしまった。

そして、ゲートウェイとなるロンドンでは、今でも多くのファンが目指すビートルズマニア最大の聖地ひとつアビー・ロードを訪れた。


第1章 MEET THE BEATLES!

CONTENTS 第1章 MEET THE BEATLES!

ビートルズ誕生の地 リヴァプール part1

ビートルズ誕生の地
リヴァプール part1

50年前の港町リヴァプールにあったのは、猥雑な喧騒だけでなかった。船乗りたちがアメリカから運んでくる多様な音楽に溢れ、新しい英国のミュージシャンを育む土壌が揃っていた。貧しいながらも、国際都市として機能するこの街の片隅では、1940年から・・・

続きを読む


ビートルズ誕生の地 リヴァプール part2

ビートルズ誕生の地
リヴァプール part2

キャヴァーン・クラブ、マシュー・ストリートは、ビートルズファンにとっては特別な場所だ。ビートルズがデビューするまでの活動の拠点がキャヴァーン・クラブであり、彼らのメジャーデビューの道を切り開いたブライアン・エプスタインとの出会いの場所でもある。そして・・・

続きを読む


ロンドン、熱狂のあと・・・ そして伝説へ

ロンドン、熱狂のあと・・・
そして伝説へ

イアン・マクミランが撮影した『アビイ・ロード』のジャケット写真は、スタジオ前の交差点を世界一有名にした。6カットが撮影されたが、スタジオから遠ざかる構図が採用され、ビートルズの最後をシンボライズする役目まで果たしてしまった。そして、ビートルズの終焉に・・・

続きを読む

第2章 ALL YOU NEED IS LOVE

CONTENTS 第2章 ALL YOU NEED IS LOVE

二都物語 リヴァプール&ロンドン part1

二都物語
リヴァプール&ロンドン part1

港町リヴァプールは、今大きく変わりつつある。そのまま映画のセットとして使えそうな200年前の町並みがきれいに残っている一方で、大きな開発プロジェクトの工事が進行中であったりもする。17世紀には奴隷貿易の中心港として隆盛を誇ったこの町も脱工業化の流れの中で・・・

続きを読む


二都物語 リヴァプール&ロンドン part2

二都物語
リヴァプール&ロンドン part2

ロンドンの魅力は、訪れる人のそれぞれの要求に応えられる間口の広さと、奥の深さでなはいかと思う。今回の最大の目的は、ビートルズゆかりの地を巡ることだったのだが、英国王室御用達の店を訪問したり、最新のミュージカル『ロード・オブ・ザ・リング』を観たり、映画の舞台・・・

続きを読む

2008年1月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部