地球の歩き方ガイドブックトップ > エアライン・ランキング  2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング >  利用者コメント >  部門別_安全性
2011年版 地球の歩き方 エアラインランキング

2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング
航空会社別×部門別にチェックできる!航空会社別コメント集
安全性 のクチコミ評価

  1. 安全性
  2. 経済性
  3. 利便性
  4. 接客
  5. 機材
  6. 特典
  7. 機内食
  8. エンタメ
  9. 乳幼児
  10. トラブル
  11. 搭乗前後

利用者のコメント

エコノミークラスのコメント

毎年10回前後海外出張しておりますが、航空会社を選ぶポイントとして、経済性、時間の正確さ、乗務員の責任感を重視しています。総合的に見てシンガポール航空が断トツに優れており、アジア内はもちろん米国等を含め出張にはシンガポール航空を基本としたスターアライアンスの乗り継ぎが多い。

すばらしい接客サービスと安心感がいいですね。

飛行機恐怖症なので、やはり安全性が一番気になります。事故が少なく、新しい機材を使っている航空会社を選びますが、機内食がおいしい、便数も多い、そして安い、というプラスアルファを付け加えるならやはりシンガポール航空だと思います。

全体的に過ごしやすく、出発・到着の揺れも少なく、よかったです。

シンガポール航空は新型機材での運航が多いが、多少古い機材でも、キャビンアテンダントの接客レベルを上げることでトータル的な満足度をカバーしているように感じた。これは客の不安を取り除く際には、最も必要なことだと思います。結局、乗客は無事に着くことだけを祈ってるわけですから。

シンガポール在住経験があり何度もシンガポール航空は利用させていただいています。昨年中国製の歯磨きに関し安全性が問われていました。その直後搭乗した際、今まで常にあったトイレ内のアメニティの歯磨きがなくなっていました。今年の1月に搭乗した際、日本製のものが備えてありました。ただ推測するのみですが、さすが細かい気配りのSIAだと感心しました。

以前は外国の航空会社を知らなかったため、日系エアラインが最も安心だと思っていましたが、外国の会社の飛行機もとても快適なのを実感しています。中でもマレーシア航空社、ヴァージン アトランティック航空、ブリティッシュ・エアウェイズなどはよい印象でした。

客室乗務員の接客態度も素晴らしく、内装などもオシャレ。長距離便しかないためロンドンに行く以外には使えないが惜しい。同じ英国系エアラインも利用したことがあるが、旅行中何度も遅延したため今回はヴァージンで。

777になって座席がせまくなったと思うが、食事もいいし(温かいパンも出る)安全性も高いと思います。

ドバイの航空会社ということで安心して利用出来ました。客室乗務員も丁寧、親切で気持ちのよいフライトでした。ただし、one world membersということもあって、加盟会社がスターアライアンスよりも少ないため、マイレージは貯めにくいです。

エミレーツの日本人キャビンアテンダントは最高です、みなさん親切です。安全面も信頼できますし、CAのサービス、対応もとてもよいです。日本のようにかしこまった感じではなく、自然で親しみやすい方達が多いようです。また乗ります。

私の中ではダントツNo.1航空会社エミレーツ。某アジア系エアラインより好きです。なんといっても安全性。事故を起こしたことがないという安心感。離発着がすこぶるうまい。機内食がすこぶるおいしい。強いて言えば、、、中東系航空会社なんだから、オイルサーチャージ、ちょっと安くしてね。

ドバイの秋(11月頃)は霧が多いためフライトの遅延が多いらしく要注意。11月から12月にかけて4回搭乗したが、うち3回は遅延だった。

とても良いとの評判で選びましたが、機内食が悪くはなかった点以外、あまり実感できませんでした。機材修理で遅れ、日本映画がなく、夜中のフライト中何のサービスもありませんでした。ただ、帰りにドバイでバージュアルアラブに宿泊できたのは選んだエアラインのおかげでしょうか・・・。

一度キャセイを利用し、ニュージーランドに旅行しファンになりました。最初はチケット代が安いからという理由で利用したのですが、安いだけではない、サービスの充実度や安心度にすっかりとりこになり、その後お友達におすすめするのはキャセイ。こんなにバランスの取れた航空会社はないと思います。

空港のラウンジも素晴らしく 安全で快適に利用できる。

B777の新しく清潔で前後左右ともピッチの広い機内。A330は前後ピッチが狭く普通でした。食事は味付けはともかくレベルが高く満足のいくものでした。今回は単純往復でトランジットはなかったのですが、乗り継ぎにも安心できる雰囲気を漂わせていました。やはりライバルはシンガポール航空でしょうね。アジアでは間違いなく2強の一角ですね。難を言えばもう少し安ければ文句はないのですが。

機内食・サービスはアジア系航空会社なので、日本人に合っている。エンターテインメントはエコノミー全席パーソナルテレビがある点は評価できるが、オンデマンドであればなお良い、新型機材に期待。一度、音響機器に不具合があった際に申し出たら、恐縮しながら満席で席の変更は出来ないものの応急処置をしてくれた。信頼性・価格・サービスのバランスが取れており、次回も利用したい。

福岡空港発着便の中でキャセイ便がイチバン好きです。機材はキレイだし、乗務員の方も対応よくって安心できます。

香港へ行く機会が多く度々キャセイを利用していますが、かなり前からエコノミ−にも各座席にパ−ソナルテレビが設置され、エンタ−テインメントの充実さは非常に気に入ってます。安全面に関しても、以前世界で最も離着陸の難しい空港(啓徳空港)として有名だったお膝元の航空会社なので信頼しています。

キャセイは燃油サーチャージが安いし、安全ほか期待通りだった。

燃料サーチャージがかなりの額のため、経済性を第1に選びました。次は安心です。その次が機内食です。飛行機に乗って一番の楽しみですから。

帰国便の空港で、パスポート提示の後から日本語で対応してくれたKLM、どんなに安心したことでしょう。今後EU方面はこの会社と決めました。

航空機は安全第一。全日空はこの点で信頼できる。また、機内スタッフは過度でない接客態度で好感が持てる。

安心感の中には、日本的常識が通じるというのもあると思う。その点については安心していた。食事等も日本人の口に合わないものは出さないだろうとの安心感がある。長距離飛ぶのでないから、エンターテインメントや機材の快適性については特に問題としない(もちろん悪くないが)。

他のエアラインのビジネスクラスでシンガポールに行きましたが、2回目以降はANAにしました。安全性と接客を重視しました。

国内、海外ともに、いつもANAと決めています。数種類の航空会社を利用しましたが、接客サービスの質、安全性、すべてにおいてナンバーワンの航空会社だと思います。

航空会社は安全性が何より一番大事。数ある航空会社の中でもANAは信頼ができる。また日本人は日本の航空会社乗る方がいろいろな面で精神的に楽である。

日本の航空会社が一番安心できる。

ANAを一番信頼しています。今後も安全体制に期待します。

全日空を利用しました。飛行機は安全が一番と思います。

年間3〜5回、成田-バンコク間を往復するが、安全性を重視しており機材なども比較的新しいことで、ANAのエコノミーをよく利用する。ただ年末年始やゴールデンウイーク期間の価格が非常に高い。

大韓航空

大韓航空は初めて利用しましたが、笑顔の接客が素晴らしいです。機内食も韓国料理と行き先の(ヨーロッパ系の)料理が出てきて、両方楽しめました。離着陸、特に着陸が本当に上手で、着陸した衝撃はほとんど感じませんでした。また利用したいです。

ルフトハンザ ドイツ航空

基本的に満足できる快適なフライトで、特に乗務員の接客態度などからドイツらしく全幅の信頼を置けるプロフェッショナリズムが感じられました。フランクフルト空港での乗継にあまり余裕がなく、最初は不安もありましたが、便が遅れることもなく、地上係員の案内も的確で、問題は全くありませんでした。唯一残念だったのは、帰途で地上勤務員のストに遭い、その関係で機内食がひどく低質なものになってしまったことです。それ以外には不満もトラブルも一切なく、次回もぜひ利用したいと思いました。

ルフトハンザ ドイツ航空

チケットをネットで格安に購入できるので、関西からヨーロッパへ行く際にはいつもルフトハンザを利用しています。機内でのサービスは普通ですが、ヨーロッパ内の乗り継ぎが便利ですし、とにかく安心です。

ルフトハンザ ドイツ航空

ルフトハンザの安全性、定時性は他社の追随を許さないものがあります。エンターテインメントがイマイチ(個人的に)でも、それを忘れさせてくれます。

ルフトハンザ ドイツ航空

かなり揺れたが、的確な放送で安心できた。

ルフトハンザ ドイツ航空

留学していたドイツを帰国後も訪れる機会が多く、直行でルフトハンザをよく利用しますが、10年以上今まで大きなトラブルに遭ったこともなく信頼しています。

ルフトハンザ ドイツ航空

ルフトハンザは信頼のあるエアラインなので安心して過ごすことができました。機内食のメニュー表を先に配ってくれたのはありがたかったです。いつもフライトアテンダントさんに聞かれて急いで決めていたのですが、メニュー表のおかげでじっくり選べました。シート配列も2-4-2で窮屈なこともなく、トイレも客席よりも1階下にたくさんあるので長い間待つこともなかったです。長いフライトを快適に過ごせるよう工夫がしてあるなという印象でした。

ルフトハンザ ドイツ航空

前評判どおり安全性が高く、ルフトハンザは信頼できる会社だと思った。機内食のボリュームが足りない感はあるが、軽食、ドリンクが常に準備されているので、キャビンアテンダントに頼まなくても自由に飲食できて便利。シートにモニターがない点が物足りない。ネット予約をすると、もれなくヨーロッパ土産をもらえる企画が素晴らしかった。

ルフトハンザ ドイツ航空

ルフトハンザは私が乗った海外の航空会社の中では一番よかったです! 安心・清潔・機材よし・食事がおいしい。乗組員の方もにこやかで、不快な思い出がないです。

フィンランド航空

フィンランド航空を使いましたが、安定性がありとても快適でした。

フィンランド航空

機材は古いですが、安全性については事故が過去にないとのことで、信頼性は多いにあります。フライトもオンタイムですし(積雪時は除雪のため若干遅れることがありましたけど)、ヴァンター空港も乗り継ぎでの移動がしやすい大きさの空港な上、とても清潔で快適です。クルーに関してもフレンドリーで好感度が高いです。ただエコノミークラスの場合ですが、関空便はいまだプライベートモニターが座席に装備されていない点と、機内食については再検討の必要性を感じさせられました。欧州便でプライベートモニターがまだ装備されていない航空会社は、現時点では少ないのでは? 機内食も選択肢がないのとパンが冷たすぎる点ではマイナスです。

フィンランド航空

フィンランド航空は、機内がきれい! 飛行中揺れがなかった! 食事もワインも旨かった。

フィンランド航空

フィンランド航空を利用。離着陸時の振動と離陸時に感じる“ふわっ”とした感覚が全く感じられなかったので、安心していられた。

タイ国際航空

タイ国際航空は、客室乗務員がフレンドリーで安心感がある。機内食も、まずくて食べられないということが全くない。孫と一緒の旅行でしたが、タイ国際航空なら安心でした。

タイ国際航空

やや出発の時間が行き帰りとも遅れましたが、内容は満足できる水準だったと思います。着陸の時、衝撃が少しあったので、ちょっとこわい思いをしましたが・・・。

カタール航空

まだ日本では知名度が低く、航空券も安いので初めは不安でしたが、機材を調べると大手日系航空会社より新しいものを使ってますし、機内もきれいでした。乗り換えで計4回飛行機に乗りましたが、着陸時の衝撃も全くなくパイロットの腕がいいと感じました。また5スターの会社として海外において評価が高く、隣に乗っていたイギリス人と話をすると、彼は以前別の中東系エアラインを利用していたが今はカタール航空を利用するようにしていると言っていました。確かにサービスについても他社と比べ質が高かったと思います。機内食は今まで利用した中で一番おいしかったです。テレビは日本発路線でも日本語で見られるものが一部なので、英語が分からない人には不便かと思いました。最後に、乗り換えが不便なのが残念でした。

ニュージーランド航空

出発前・到着前の安全確認もきちんと行っていた。おいしい赤ワインを用意してくれている。利用した777-200型はテレビモニター付でエンターテインメントは○だが、肘掛が50度位までしか上がらず、空席が多い時でも横になりにくい。成田のラウンジはカンタス航空のラウンジを使用、サービスも○。

アシアナ航空

ウズベキスタンへ行ったのだが、ウズベキスタン航空の直行便は取れず、アシアナ航空で行った。しかし今から考えれば、特に安全面においてはそちらの方が良かったと思っている。仁川空港は、30分限定であるがタダでインターネットができたりと、時間がうまくつぶせるので乗り継ぎも退屈しない。復路の乗り継ぎはスケジュール通りでも1時間10分しかなく、さらにタシュケント出発がやや遅れたので、本当に大丈夫かと思ったが、仁川でもちゃんと間に合ったし、関空でもちゃんと荷物は出てきた。恐るべしアシアナ航空。

アシアナ航空

アテンダントが離着陸時、機内で携帯電話を使っているお客に注意せず、座席のリクライニングやテーブルを戻さなくても何も言わず、トイレに入っていてもそのままで危機管理に不安をおぼえました。

正確性、安全性では日系航空会社に勝るものはなし。遅延や荷物未着などのイレギュラー対応も万全、信頼できる。

不祥事はありましたが、サービスが良いのはやはりポイントが高いです。海外便だと日本人スタッフが多数いるのも安心できます。サーチャージが高いことだけが難点です。

やはり日本語が通じる安心感とマイレージを求めてJALに乗るケースが9割以上です。

10代ではありますが、旅行が大好きです! 施設や接客にも期待しますが、やっぱり信頼性が高いところっていうのは選びやすくなると思います。信頼を得るにはどんなちいさなコトにも気を配る必要があると思います。でもなんだかんだ言っても、日本の航空会社は安心します。

やはり日系の航空会社は安心出来ます。

先日、JALの整備工場を見学してきました。あれだけ念入りにやって下さっていれば、何かあっても仕方がない(やむを得ない)と思いました。今回の旅行では、整備士の皆さんに感謝しながら利用させていただきました。

バリに行きました。定刻どおりの安全運転で、安心の空の旅が出来ました。

日本航空は価格は安くはありませんが、チケットの購入から搭乗までとても簡潔で安心です。これからも日本航空を利用すると思います。

やっぱり海外に行くときはJALが一番便利だと思います。日本語も通じるし、空弁がとても美味しかったです。サービスもとても良く満足でした!

やっぱり日系。とってもよかったです。

往復JALでしたが、帰路にビンゴ大会があって見事当選。しかも好きな商品を選べたので大満足でした。キャビンアテンダントをはじめとする職員の方々は、親切・丁寧で好感度高いです。ただし、機体への不安は少なからずありますが・・・。

安全性(安心感)、接客、および日本語対応という面で一番だと思っています。

日本の航空会社が安心できます。

外国語の話せない夫婦にとってはやはり安心です。機長の説明も安心して聞くことが出来ます。

エールフランス航空

1日3便ある。エンターテインメントが充実している。エコノミークラスでシャンパンが出る。機内食が美味い。ほぼ毎年使っているが、ロストバゲージ経験ゼロ。自然災害以外でのフライト遅延経験がない。これだけで評価高いです。日本線に関しては、キャビンアテンダントはベテランを配置しているのか、てきぱきとした対応。日本人のCAも必ず複数名乗っていて、力を入れている印象があります。

JALウェイズ

日本語でOKという安心感はありますが、これと言ってすごい良いという感じはありませんが、不快感も感じません。言葉遣いなどがとても丁寧というところはさすがだと思います。

チャイナ エアライン

トラブルが多いと聞かされていましたが、再度選んでも良い安心感がありました。

ノースウエスト航空

今回ノースウエスト航空ということで時間が遅れたりするという心配がありましたが、特に問題もなく、また費用(サーチャージ)も日本の航空会社と比べて安くお得でした。

ノースウエスト航空

乗務員の態度を気にしなければ、価格、安全性、機材の新しさ、マイレージサービスの充実度で評価は高い。

▲「利用者のホンネ大公開! コメント集(2)・部門別 安全性のクチコミ評価!」のトップへ

エコノミークラス以外のコメント

男性のフライトアテンダントの対応がよかった。サービスのよさは聞いていたが、安全性に対してもしっかりとしている(離着陸前の機内点検やシートベルトの点検などが他社より厳格でした)印象を改めて持ちました。

ツアーで利用しました。初めてのキャセイでしたが、時間に正確だしキャビンアテンダントさんたちの対応もよかった。また台北空港のビジネスラウンジも利用したが、温かい食事のサービスもあるしPCもゆったり使うことができて、とても良かった。もう少し、出発ゲートに近い所にラウンジがあればもっと良かったが。

1年に5、6回旅行しますが、大体ANAを利用しています。慣れもありますが、安全性、信頼性という点では1番だと思います。シンガポ−ル航空も好きでたまに利用しますが、ヨ−ロッパに行くにはやはりANAの方が便利なので、結局ANAに乗っています。

日系航空会社には「航空券の値段が高め」「現地の雰囲気が味わえない」といった指摘もありますが、それを抜きにしても快適性や利便性、信頼性といった点は素直に評価できます。

安全が一番。

安心あったか! 信頼性豊かで安心あったかな日本的なサービスは他国のエアラインでは無理でしょう!

ルフトハンザ ドイツ航空

最近は利便性や安全性を一番重視する。機内食やサービスに関しては期待しない。その点、ルフトハンザは乗り継ぎが簡単でわかりやすく、機内で過剰なサービスをしないため、楽である。食べたい物・飲みたい物があれば、搭乗前に自分で購入し持ち込むかギャレーまで取に行く。いつまでも過剰なサービスを期待して、「お客様は神様です」という考えの人は日本人ツアー客ばかりで、あまりにも横柄な態度でキャビンアテンダントに注文する姿を見てあきれる。

ルフトハンザ ドイツ航空

ビジネスクラスでしたが、機内食が十分温まっていなかったり味が極端に濃かったり薄かったりしました。フランクフルトの乗り継ぎが面倒。ミュンヘンの方がまだいいが、案内がよくない。ルフトハンザの強みは、安全性が高いイメージとスターアライアンス加盟という点だと思う。

フィンランド航空

フィンランド航空の関空発時間が春以降、午後発になったようです。私が利用した時は午前発だったので、欧州での乗り継ぎが大変便利だったのに、とてもザンネンです。古い機材であっても、メンテナンスをきちんとしているのであれば安心して乗ることが出来ます。機内食は良かったですが、機内アナウンスによるとエコノミーは1種類だけのチョイスというのは、さすがに気の毒な気がしました。ビジネスクラス用のラウンジは快適に過ごせました。

長年にわたり、毎年相当回数利用している日本航空ですが、チェックインから降機までの接客がスマートになり、適度な距離感もあるようになり、お高い印象も薄らいで、めざましく良くなってきていると感じています。もともと安心感のあるエアラインなので、これかも利用し続けます。

チャイナ エアライン

安全性さえ向上すれば、非常に良いエアライン。

▲「利用者のホンネ大公開! コメント集(2)・部門別 安全性のクチコミ評価!」のトップへ


  1. 安全性
  2. 経済性
  3. 利便性
  4. 接客
  5. 機材
  6. 特典
  7. 機内食
  8. エンタメ
  9. 乳幼児
  10. トラブル
  11. 搭乗前後

2009年1月号

地球の歩き方 探せる便覧
エアライン・ランキング バックナンバー
2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2011年2月
2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2010年1月
2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2009年1月
2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2008年1月
2007年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2007年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2007年2月
エアライン・ランキング2005 発表! エアライン・ランキング2005 発表!
2006年1月
地球の歩き方ガイドブック
「地球の歩き方」シリーズ検索と購入
最新発行タイトル&スケジュール
「地球の歩き方」
地球の歩き方ガイドブック/編集部
地球の歩き方リンク集
地球の歩き方エアラインプロフィール
アルキカタ・ドット・コム(各社航空券販売)
イエローページ〈エアラインリンク集〉
旅のおすすめサイト リンク集<エアライン>
「地球の歩き方」シリーズ検索と購入
地球の歩き方直営店「地球の歩き方ストア」

地球の歩き方エアライン★ランキング
おすすめ商品をもっと見る

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部