地球の歩き方ガイドブックトップ > エアライン・ランキング  2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング >  利用者コメント >  部門別_経済性
2011年版 地球の歩き方 エアラインランキング

2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング
航空会社別×部門別にチェックできる!部門別コメント集
経済性 のクチコミ評価

  1. 安全性
  2. 経済性
  3. 利便性
  4. 接客
  5. 機材
  6. 特典
  7. 機内食
  8. エンタメ
  9. 乳幼児
  10. トラブル
  11. 搭乗前後

利用者のコメント

エコノミークラスのコメント

シンガポール航空の成田〜バンコク線をよく利用しますが、この路線に限って言えば発着時間、価格、サービスのどれをとってもこれに比類する航空会社はありません。総合的に判断して一番だと思います。

毎年10回前後海外出張しておりますが、航空会社を選ぶポイントとして、経済性、時間の正確さ、乗務員の責任感を重視しています。総合的に見てシンガポール航空が断トツに優れており、アジア内はもちろん米国等を含め出張にはシンガポール航空を基本としたスターアライアンスの乗り継ぎが多い。

シンガポール航空は、あんなにサービスやパフォーマンスがよいのに航空券(1ヵ月FIX)が一番安かった。大好きなエアラインです。次回はビジネスに乗りたい。

飛行機恐怖症なので、やはり安全性が一番気になります。事故が少なく、新しい機材を使っている航空会社を選びますが、機内食がおいしい、便数も多い、そして安い、というプラスアルファを付け加えるならやはりシンガポール航空だと思います。

ロスアンゼルスに行く際利用しています。いくつもの航空会社が乗り入れしている中で金額的にも良心的、それでいてパーソナルテレビが必ず付いているので退屈知らずなのが決め手です。その他のサービスを比較しても、ダントツです。

価格は少し高いと思いますが、その分満足度はとても高いです。日本人好みのサービス!?というのでしょうか? 大変ていねいな対応で何度乗っても大満足! 「また乗りたい!」と心底思う航空会社です。最も重視するのは経済性なのですが、最終的にトータルしてコストに合ったサービスが受けられるのはうれしいです。客室乗務員の方もとってもきれいで見とれてしまいます。飛行機に乗った時から何となく異国な雰囲気でとってもいい感じです。今回は名古屋からデンパサールまででしたが、乗り継ぎのチャンギ空港で少し遊べるのも楽しかったです。

仕事が終わってから搭乗できるため、中東に行く場合には大変便利かつコストパフォーマンスもすばらしい。

機内食を配られるのが2度も遅くなり、サービスについてはあまり良い印象を持ちませんでした。航空機によりますが、座席が少し広めで枕を自在に固定できるのが良かったです。機内食もメニューがちゃんと配られ、おいしい日本食が多く満足できました。UAEだからでしょうか、航空券も燃油サーチャージも低価格なのはとても評価できます。エンターテインメントについても航空機によるのですが、日本語で楽しめるものが多いところが他社よりも好印象でした。オンデマンドでないものもあるというのはどうかと思いますが・・・。JALのマイルも貯めることができエコノミーでも100%加算というのはとてもうれしいです♪

私の中ではダントツNo.1航空会社エミレーツ。某アジア系エアラインより好きです。なんといっても安全性。事故を起こしたことがないという安心感。離発着がすこぶるうまい。機内食がすこぶるおいしい。強いて言えば、、、中東系航空会社なんだから、オイルサーチャージ、ちょっと安くしてね。

出発時間が夜遅いので、仕事が終わったその日のうちに出発できるというのが最大のメリットです。座席も広く、接客サービスも言うことなしでした。ただ機内食はあまり口に合わなかったです。あと、コスト面でもう少し安ければきっと頻繁に使うと思います。

飛行機の中が寒すぎて、長袖が必要だった。帰りの便は映画が全く映らず暇だった。機内食やサービスは非常によかった。ただ座席に座ると床に足が届かずに困った。あとは燃油サーチャージが高い。アラブの国なんだからもっと安くしてほしいです。

燃油サーチャージが安いのが魅力的。機材も新しく、快適に過ごすことができた。

キャセイ パシフィックは機内免税販売の商品がとても充実していました!! 燃油サーチャージも安く、サービスもよかったので満足です。

キャセイ航空で行ける所は必ずキャセイで行きます(ヨーロッパ等も)。仕事でも同様です(ビジネスクラスは全ての点でいいと思います)。燃油代が安いのが個人旅行の時は特にポイント高いですね。マカオまでの直行便ができたら、もっといいのに。

一度キャセイを利用し、ニュージーランドに旅行しファンになりました。最初はチケット代が安いからという理由で利用したのですが、安いだけではない、サービスの充実度や安心度にすっかりとりこになり、その後お友達におすすめするのはキャセイ。こんなにバランスの取れた航空会社はないと思います。

まずご飯がおいしかった。便数が多いので便利。サービスが良い。燃料費が安い。大変満足した。

キャセイは燃油サーチャージ代が安いような気がしましたが。

キャセイは評判が高いと聞いていたものの乗ったことがなく、今回香港に行くのに燃油サーチャージが安いので、初めて乗りました。サーチャージを考えると、サービスの割に航空券は安いかな、と思い、アジア内ではまた利用したいです。

今回、サーチャージ料金が一番安かったので選んだのですが、機内食もアメリカ系航空会社のものに比べればずっとバリエーションもあり、おいしくいただきました。ビール、ワインまで無料で出るのにこの料金だとすると、他の飛行機会社はどーなってるの?と思いました。

成田―台北間を利用しましたが、燃油サーチャージが他社よりきわめて安かったです。

B777の新しく清潔で前後左右ともピッチの広い機内。A330は前後ピッチが狭く普通でした。食事は味付けはともかくレベルが高く満足のいくものでした。今回は単純往復でトランジットはなかったのですが、乗り継ぎにも安心できる雰囲気を漂わせていました。やはりライバルはシンガポール航空でしょうね。アジアでは間違いなく2強の一角ですね。難を言えばもう少し安ければ文句はないのですが。

国際的な感じが良いと思いました。香港から先の日本以外に行く路線でも日本人の客室乗務員がいましたし、逆に日本路線でインド系の方が乗務されていました。それと、燃油税が安いのが良かったです。例えば、日本から香港までの燃油税は、日系の航空会社では片道10500円でしたが、キャセイでは片道2400円で、往復の差額で16200円もお得です。食事はたまたま「はずれ」の期間だったようで、メインの食事を残してしまいました。

機内食・サービスはアジア系航空会社なので、日本人に合っている。エンターテインメントはエコノミー全席パーソナルテレビがある点は評価できるが、オンデマンドであればなお良い、新型機材に期待。一度、音響機器に不具合があった際に申し出たら、恐縮しながら満席で席の変更は出来ないものの応急処置をしてくれた。信頼性・価格・サービスのバランスが取れており、次回も利用したい。

他のエアラインではアルコール有料が増えている中で、キャセイ航空は無料な点が素晴らしい。燃油サーチャージが安い点が素晴らしい。マイレージが格安ツアーで搭乗した場合は加算されないのが残念。

キャセイ航空は燃油サーチャージが非常に安く、この時期どこのエアラインも高い中で異彩を放っており、利用者にはとてもありがたい航空会社です! 横並びで高燃油料を取る他社も見習うべきです!!

アジア便を年3〜4回利用しますが、日系・外資ともにサービスは同じだと感じております。今回総合的によいと思ったのはキャセイです。サービスも行き届いており、値段も日系エアラインほど高くないし、乗り心地もよかったです。

世界一時間に厳しい航空会社と言われるくらいなので、さすがに時間通りの出発で荷物が出てくるのも早かったです。でも10分前に搭乗していないと乗れないので乗り継ぎの移動に時間がかかったら乗れなくなってしまうのが難点。厳しすぎます。ただ燃油サーチャージは断トツで安く、機内食もおいしいのでまた利用すると思います。

香港経由オークランドの往復を利用しました。客室乗務員の接客がとてもきめ細やかで、長時間のフライトも全く苦痛になりませんでした。コストパフォーマンスも十分満足ですので、また海外に行く際にキャセイ便が就航していればぜひ利用したいと考えています。

長距離路線はエコノミーでも背もたれが後ろに倒れないタイプの座席にリニューアルされてきているので快適でした。長時間のフライトでも退屈しません。機内食もおいしいし、燃油代も安いし、格安航空券でも100%マイルが貯まりました。

キャセイは燃油サーチャージが安いし、安全ほか期待通りだった。

降りる時に、頭上の荷物入れに置いておいた荷物がなくなっていて、びっくりして客室乗務員に言うと、一生懸命になって一緒に探してくれました。クアラルンプール着で、そのままプーケットまで行く予定で時間がないにもかかわらず、とにかく見つかるまでの30分みんなで探しました。最後には移動していた荷物が無事、見つかりました。向こうのミスということで、降りる時にオリジナルグッズをもらいました。なんかこっちのほうが悪い気持ちになっちゃいました。それになんといっても燃油サーチャージが一番安い!

普段からサービスもよくキャセイパシフィックはよく利用しています。ただ今回ちょっと残念だったのがチェックイン時にスタッフの不手際か、思った以上に時間がかかり出発も大幅に遅れたのにもかかわらず、保障は何もありませんでした。でも、サービスはよく比較的安価なので今後また利用するでしょう。

前評判がよかったキャセイパシフィックですが、乗った機材が古く、ブランケット、枕は言わないともらえない(言えば快くもらえますが)、機内食などのメニューがないなどといった点からは、思ったよりいい印象はありませんでした。ただ、他の航空会社と比べて機内食が温かく、また、乗務員も若い方が多いと思います。燃油代はいちばん安い航空会社なのではないでしょうか?

利便性も価格も良く、ノースウエスト航空でマイレージ加算できるということで選んだのですが、格安航空券やツアー航空券では加算されませんでした。

中東までの運賃が、日系に比べて半額だったのでKLMを利用しました。マイレージも100%加算されたので満足です。次回も利用したいです。

KLMオランダ航空を初めて利用しました。他の欧州エアラインと比べて、航空運賃が安価でしたので利用しました。クルーは笑顔で接客して下さったので、不快な思いはしませんでした。また、「私と一緒に写真を撮って下さい」と言ったら、快く受け入れて下さいました。エンターテインメントも充実しており、フライト中は苦になりませんでした。またヨーロッパに行く機会がありましたら利用しようと思います。

燃料サーチャージがかなりの額のため、経済性を第1に選びました。次は安心です。その次が機内食です。飛行機に乗って一番の楽しみですから。

ANAの方が飛行機代が安く接客態度がとてもよい。

子連れで旅行することが多いので、飽きさせないために座席モニター画面のある航空会社を選んで利用するようになりました。ANAは日本語対応のチャンネルが多く、ゲームも楽しいので子供が飽きずに過ごせます。ANAは欧州線エコノミークラスでもスパークリングワインが登場したのもうれしいです。マイルも貯めているので、今後もANAを中心に、スターアライアンス系の航空会社を選んで乗りたいと思います。ANAはネットで正規割引航空券を買えばマイル付与率も高く、運賃も昔と違い外国の航空会社に比べ高嶺の花ではなくなっているので利用しやすくなりました。

年間3〜5回、成田-バンコク間を往復するが、安全性を重視しており機材なども比較的新しいことで、ANAのエコノミーをよく利用する。ただ年末年始やゴールデンウイーク期間の価格が非常に高い。

ニューヨークとワシントンDC路線にプレミアム・エコノミーの設定があったので利用した。確かにエコノミーよりも座席がゆったりしているし、係が先に回ってきたのでいろいろお願いがしやすかった。ただ食事はエコノミー、扱いもエコノミー(ラウンジは利用できるが)で一緒にされるのが残念。そういう面ではコストパフォーマンスはあまり良くはない。

航空券の値段が高い。

ANAで海外は初めてでしたが、メニューが一人ひとり記念に持ち帰れず、その場で選ぶ方法でした。本当は、飛行機に乗る前から外国を感じたいので、なるべく旅行する国の飛行機に乗りたいです。今回は、成田-NY-ワシントンDC-成田でしたので、ANAだとUAに乗り継ぎが楽で、しかも安かったので選びました。

大韓航空

大韓航空は、ソウル経由でさまざまな都市に安く行く時にとても役立ちます。食事も接客も良く、利用する度にまた今度も利用しようという気持ちになります。

大韓航空

食事が毎回同じなのがちょっと気になるけれど、KEは安いのが魅力。歯ブラシセットもくれるのでうれしい。

大韓航空

札幌-ソウル、ソウル-コタキナバル線は、近距離であったためか、楽しみにしていた機内食のビビンバが出なかったのが残念でした。しかし、札幌から海外へ行く場合、成田発ではしばしば羽田経由となり、リムジン代、時間のロスが出ます。また、関西経由では少々高めの料金になります。大韓航空は、以前ほど経済性が高くはなく、エコノミーにパーソナルテレビがないためエンターテインメントの楽しみがないのですが、ソウル発便との接続がよいので、地方在住者にとってはかなり利便性が高く、今後も利用したいと思います。

大韓航空

今回は経済性で選んで正解でした。エンターテインメントの映画(韓国語)の字幕は中国語で、他に選べなかったのでちょっと残念でした(字幕がせめて英語だったら良かったのですが・・・)。

大韓航空

カンボジア旅行に利用しました。帰国便の仁川→成田間で搭乗した飛行機の、パーソナルテレビが離陸後5分くらいでフリーズ、以後まったく動かずに成田着。添乗員の接客は丁寧でよいです。英語も上手だし日本語ができる人もいますが、設備は新しくはない感じです。シェムリアップ−仁川間のエコノミークラスはほとんどが韓国の団体旅行客で、ちょっと騒がしい感じでした。でも利便性も値段もよかったです。

ルフトハンザ ドイツ航空

ドイツ国内線で利用。同じ区間を飛ぶエアベルリンはサンドイッチ程度の食事を出すのに対し、ルフトハンザはドリンクのみ。便数が多く、他社対抗で割引運賃をたくさん出している点は高評価。客室乗務員はドイツらしいキビキビしたサービス。

ルフトハンザ ドイツ航空

チケットをネットで格安に購入できるので、関西からヨーロッパへ行く際にはいつもルフトハンザを利用しています。機内でのサービスは普通ですが、ヨーロッパ内の乗り継ぎが便利ですし、とにかく安心です。

ルフトハンザ ドイツ航空

とりあえず、人気のある航空会社で乗ったことのない会社に乗りたかったのでルフトハンザを選びました。やっぱり接客が丁寧だし、マジメな感じがよかったです。飛行機のデザインもかっこいいし。それに、旅行会社で買うのと正規で買うのとチケットの価格があまり変わらなかった。

ルフトハンザ ドイツ航空

ヨーロッパに行く時にいろいろな航空会社の便を利用しましたが、ルフトハンザは便数・乗り継ぎ等の便が良く、エコノミーのシートが他社より大きい?のか、ゆったり感がある気がしました。食事は味・ボリューム共に普通ですが、食事のときに出るドイツビール(スタウトサイズの瓶)がうまい! 思わずメーカー名を書き留めました。エンターテインメントなどの設備はいまいちですが、上記の点もありお値打ちだと感じました。

ルフトハンザ ドイツ航空

ほとんどが個人旅行なので、関空からの直行便であること、現地到着が夜でないこと、などを最優先します。最近は燃油サーチャージが高くつくので経済性も考慮しますが、安くても経由便は利用しません。ルフトハンザの機体は、エコノミークラスもトイレ付近が広く、簡単な運動くらいならできるスペースがあるので、よかったです。機内食も思ったよりよかった。ホームページから直接予約したので、座席があらかじめ選べたのもよかったです。先進国の場合は、基本的には行き先の国のフラッグキャリアが一番よいと思っています。

ルフトハンザ ドイツ航空

値段的にはお得かも知れないが、座席モニターがなく機内では寝るしかないですね(エコノミー)。

フィンランド航空

ヨーロッパに最速で行けて、比較的安いので使いやすいと思う。

タイ国際航空

タイ国際航空は日本−タイの利用では便がたくさんあって利便性が高く、TG前売り東南アジアなどを利用すれば周辺にも安く行ける。機内サービスは肩の力を抜いたタイ人らしいもので、リラックスして空の旅ができるのがタイ国際航空のよいところだ。

タイ国際航空

今回タイ航空にてプーケットへ旅行に行きましたが、キャビンアテンダントの中に日本人スタッフもいたので安心して過ごせました。英語が話せないと旅行には負担になってしまいがちです・・・せめて機内は言語のストレスは忘れていたいものです。日系のエアラインを利用すればいいのですがコストが大分違いますので・・・。燃油サーチャージも倍額近く違いました。

タイ国際航空

まず料金がサーチャージを含めて安かった。さらにバンコクでトランジットし、市内で買い物が出来た。ヨーロッパに早朝到着するので、その日の観光が出来た。マイレージポイントは50%加算(当時)だったが、以上の内容で非常に満足できた。

カタール航空

今までに15ヵ国ほど海外に行ってますが、カタール航空が一番良かったです。値段は他の航空会社よりも安く、機内も広々としてきれいでしたし、ロンドンまでの12時間は全然苦痛ではありませんでした。夜食は「ひつまぶし」が出てきたり、トイレのアメニティは豊富ですし、客室乗務員もやさしかったです。また利用したいです。

カタール航空

大阪からスイスへ行くのに、安くてアジア経由より利便性もよかったのでカタール航空を選びましたが、乗務員の方もフレンドリーで、機内食もエスニックな食事でおいしくてよかったです。機内エンターテインメントも、流行の曲から懐かしい曲までいろんな曲が充実していて自分で選んで聴けたのも良かったです。トランジットでカタールの空港で食事が出たのも驚きました。

アシアナ航空

アシアナ航空は料金が安価なわりに乗務員の待遇も良く、機内が広々と感じた。特に日本線とは関係ないソウル・仁川〜中国・青島線で機内食として出た「(和風?)弁当」がとてもおいしかったことが印象に残っている。

アシアナ航空

アメリカ西海岸にロスアンゼルスから入る際、旅程に余裕があったので、アシアナ航空を使ってソウル経由でLAに入った。見た目の航空運賃は他の航空会社とそれほど変わらないが、税金や燃油代を加算してみると他社より安かった。ソウルでも24時間以内の滞在で追加料金がかからなかったので、市内観光と韓国料理を楽しんでちょっと得した気がした。

アシアナ航空

ロンドン在住で東京に一時帰国するのに利用しました。ソウルでストップオーバーし、金浦/羽田 成田/仁川と、都合のいい路線選択ができたのもいいですし、ロンドン発の時間が夜の9時で、快適なシートで自然に眠りながら、あっという間にソウルに着きました。往復路ともメインの食事がとてもおいしかったです。ステーキの焼き具合も絶妙、韓国料理もとてもおいしかったです。が、「軽食」の内容がちょっと質素だと思います。機内は清潔で、客員サービスも片意地張らない、自然な感じが好感をもてました。仁川空港の充実度もありますし、今後アジア・豪州の旅行は、アシアナでソウル経由を検討してみようと思います。チケットの値段も他より安めです。

不祥事はありましたが、サービスが良いのはやはりポイントが高いです。海外便だと日本人スタッフが多数いるのも安心できます。サーチャージが高いことだけが難点です。

日本航空は価格は安くはありませんが、チケットの購入から搭乗までとても簡潔で安心です。これからも日本航空を利用すると思います。

プレミアムエコノミークラスを利用しましたが、シートピッチが広くて快適でした。料金も利用しやすい範囲ではないかと思います。特にヨーロッパ線などの長距離路線では今後も利用したいです。

今回は空港職員(成田JAL)の方が親切でした。できれば燃料サーチャージをもう少し低価格に抑えてほしいです。

日本から目的地までの直行便が就航しておらず、乗り継ぎのある長旅でしたが、アライアンス内での接続の良さとエンターテインメントの充実で思いのほか疲れを感じなかった。ですが、経済的にはどうでしょう。安心料ですかね。信頼できて経済的な航空会社があるといいな、と思います。

海外旅行では日本航空は何かにつけてありがたいが、最近の燃油サーチャージは本当に何とかしてほしい。特に赤道直下周辺国はツアー料金と燃油代がほぼ同額の時があり、ちょうど倍の価格となる。他のアジア系航空会社は同じに飛んでも燃油代がなぜ安いか不思議です。

やはり、乗務員の態度はとても良いと思います。ただ、値段は高めですね。ディスカウントチケットだとマイルは半分だし、有効期限があるので、なかなか貯まりませんね。

マイレージを貯めているので利用しているが、燃油サーチャージが高く、出発ロビー担当のスタッフの対応も今ひとつだった。キャビンアテンダントもサービスが機械的。

日系は燃油サーチャージが高すぎる。

エールフランス航空

燃油サーチャージが、まだ日系の航空会社より安い。

エールフランス航空

ヨーロッパ方面に向かう空路のうち、深夜発、早朝着便があるのが、到着後行動するのに非常に便利です。また他の航空会社より若干料金は高めですが、エコノミークラスであるにも関わらず食事が良く、アルコールや軽食等カウンターに行けば好きなだけもらえるエールフランスには非常に満足です。

エールフランス航空

エールフランスの深夜便は、働いてから成田空港へ行っても間に合うので、とても重宝しています・・・が、値段が高い! 

チャイナ エアライン

コストパフォーマンスは最高です!

エア・カナダ

留学の際に利用しましたが、普通に移動の手段と捉えればなんら不自由しませんでした。機内食はカナダ特産のサーモンが美味しかったです。帰国の際、チケットの予定変更で問い合わせをしたときも親切に対応していただきました。ただ、ビジネスや旅行で快適さを求める場合はまたちがってくるかもしれません。経済性を求めるならよいと思います。

ノースウエスト航空

毎回安さとマイレージが貯まるので利用するノースウエスト航空ですが、今回は男性の乗務員が飲み物と食事のサービスに来てくれたので、大変感じが良かったです。

ノースウエスト航空

群を抜いて良いと思うわけではありませんが、最近になり燃油サーチャージ料が高騰しており、ノースウエスト航空は安価な方だと思います。長時間の飛行のため、機内での娯楽を充実してほしいと思います。機材や機内食は十分です。

ノースウエスト航空

マイルは無期限有効だし、燃油は安いし、食事も今までおいしくなかったことはありません。サービスもごく普通だし、ノースウエスト航空は大好きです。

ノースウエスト航空

今回ノースウエスト航空ということで時間が遅れたりするという心配がありましたが、特に問題もなく、また費用(サーチャージ)も日本の航空会社と比べて安くお得でした。

ノースウエスト航空

航空会社直接購入でも、早い時期から割引運賃がある。ウエブチェックインや事前座席指定ができるのはいい。アルコールが有料で食事は種類、内容ともレベルは高くない。キャビンアテンダントの対応も今ひとつ。

ノースウエスト航空

乗務員の態度を気にしなければ、価格、安全性、機材の新しさ、マイレージサービスの充実度で評価は高い。

ノースウエスト航空

男性の乗務員が親切でした。食事や座席ピッチ、サービス、フライト時間などに不満はありますが、とにかく安いので納得して利用しています。格安航空券でもマイル100%加算がうれしいです。

▲「利用者のホンネ大公開! コメント集(2)・部門別 経済性のクチコミ評価!」のトップへ

エコノミークラス以外のコメント

日系エアラインよりも割引は少ないけれど、食事、接客、シートなどは比べ物にならないくらいシンガポール航空が上!! 某米系やアジア系エアラインは料金が安いけど機体自体が心配。命には代えられないから乗らない。

成田-バンコクでは、Cクラスでもアメニティはシンプルなもので、A380のYクラスと大差ないのがちょっと寂しいかな。それ以外はまったく満足のいけるものであった。日系エアラインに比べて燃油サーチャージが半分なので、特典航空券はシンガポール航空のCクラスを選ぶことになってしまう。

ハノイへクアラルンプール経由で行ったのだが、コストパフォーマンス、サービス、どれをとっても心地よかった。エコノミークラスのサービスの良さは知っていたが、ビジネスクラスの快適さはコスト以上のサービスがあったと思う。最新のシートの快適さは言うまでもないが、キャビンアテンダントなどのささやかなサービスに心ひかれた。ハノイ〜クアラルンプール間でコーヒーをブラックで頼んだのだが、クアラルンプール〜関空間で、食後のコーヒーの時「○○様はブラックでよろしかったですね」と聞かれた。たまたまだったのか、しっかり顧客の情報が伝達されているのかわからないが、そのような些細な一つひとつに感銘を覚えた。

日系航空会社には「航空券の値段が高め」「現地の雰囲気が味わえない」といった指摘もありますが、それを抜きにしても快適性や利便性、信頼性といった点は素直に評価できます。

大韓航空

ビジネスクラスでしたが、すごく安かったです。一度ソウルまで行ってからまた南に下りてニュージーランドに行くのは、時間的にもしんどかったけど、その分飛行機の中は快適でした。食事はものすごく量も質も満足しました。新しい機材はエンターテインメントが素晴らしいけど、私の乗った飛行機はあまり良くなかったです。でも、値段を考えると大満足です。

アシアナ航空

5つ星の航空会社の名に恥じないサービスにも関わらず、コストパフォーマンスが良いのでまた利用したいと思います。

アシアナ航空

ニューヨーク行きの便でビジネスクラスが最も安かったアシアナを選びました。客室乗務員のサービスは、人によって差が大きかったです。ソウル空港内の専用ラウンジは、食事のメニューが少なくてがっかりしましたが、仮眠室がありうれしかったです。ニューヨークのラウンジの食事は大変良かったのですが、従業員のやる気が伝わってきませんでした。

JALで成田〜フランクフルト間をプレミアムエコノミーで利用しました。エコノミーよりも若干座席が良いという位でやはりビジネスクラスとは大きな開きがあります。しかしながら、さくらラウンジの利用やアメニティ、搭乗手続き、荷物の扱いなどはビジネス待遇なので、金額的にはかなりお得だと感じました。

チャイナ エアライン

日系エアラインの割引航空運賃と比較しても大差ない値段で、ビジネスクラスを利用することができ、サービスもエコノミークラスとは雲泥の差なので、コストパフォーマンスは最高に良い。ただ、オセアニアからだと台北に1泊する必要があるので不便。

チャイナ エアライン

チャイナエアラインは他社よりもビジネスクラスが大変安く利用できます。他社のビジネスクラスやファーストクラスは私は買えませんが・・・。

チャイナ エアライン

台北乗り継ぎは時間のロスがありますが、ビジネスクラスは手頃な価格で魅力があります。

チャイナ エアライン

毎年、チャイナ エアラインのビジネスクラスかファーストクラスを使って、夏場のヨーロッパに行っています。何といってもこの時期の他社のエコノミー料金と変わらない料金が最大の魅力です。ただ、今年の台北乗り継ぎ〜バンコク経由〜ローマは時間が長すぎて苦痛でした。フランクフルトやアブダビ、ハワイはお得感満載でした。

ノースウエスト航空

航空券代は安いが、燃油サーチャージが高い。

▲「利用者のホンネ大公開! コメント集(2)・部門別 経済性のクチコミ評価!」のトップへ


  1. 安全性
  2. 経済性
  3. 利便性
  4. 接客
  5. 機材
  6. 特典
  7. 機内食
  8. エンタメ
  9. 乳幼児
  10. トラブル
  11. 搭乗前後

2009年1月号

地球の歩き方 探せる便覧
エアライン・ランキング バックナンバー
2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2011年2月
2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2010年1月
2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2009年1月
2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2008年1月
2007年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2007年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2007年2月
エアライン・ランキング2005 発表! エアライン・ランキング2005 発表!
2006年1月
地球の歩き方ガイドブック
「地球の歩き方」シリーズ検索と購入
最新発行タイトル&スケジュール
「地球の歩き方」
地球の歩き方ガイドブック/編集部
地球の歩き方リンク集
地球の歩き方エアラインプロフィール
アルキカタ・ドット・コム(各社航空券販売)
イエローページ〈エアラインリンク集〉
旅のおすすめサイト リンク集<エアライン>
「地球の歩き方」シリーズ検索と購入
地球の歩き方直営店「地球の歩き方ストア」

地球の歩き方エアライン★ランキング
おすすめ商品をもっと見る

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部