地球の歩き方ガイドブックトップ > エアライン・ランキング  20089年版地球の歩き方エアライン・ランキング >  利用者コメント >  部門別_機内食
2011年版 地球の歩き方 エアラインランキング

2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング
航空会社別×部門別にチェックできる!部門別コメント集
機内食 のクチコミ評価

  1. 安全性
  2. 経済性
  3. 利便性
  4. 接客
  5. 機材
  6. 特典
  7. 機内食
  8. エンタメ
  9. 乳幼児
  10. トラブル
  11. 搭乗前後

利用者のコメント

エコノミークラスのコメント

バンコクヘへ行くのに利用しました。今までは夕方発ばかりでしたが、シンガポール航空(SQ)は午前発のため着いてからも楽でした。最近はSQばかり利用しているので他と比較はできにくいのですが、機材、サービス、食事等、相変わらず満足できるものです。今回は777でしたが、747に比べて騒音も気になりませんでした。(座った位置にも拠るのでしょうが)エコノミーでしたのでリクライニングはあまり期待していませんでしたが、座席の先端部のエアサポートには感心しました。オンデマンドのビデオもいいですね。おかげで帰りの便でも睡眠不足になってしまいました(笑)。次回もSQのあるコースでしたらぜひ指定したいと思います。

シンガポール→福岡の復路では、オーバーブッキング?していたようで、席がないと言われましたが、そんなはずない!とシンガポール航空のカウンターで主張しました。ハネムーンだったせいか、ビジネスクラスにランクアップしてくれました。往路でのハネムーンサービスのシャンパンとケーキもおいしかったです♪

A380日本線の就航日に利用したが、さすがの機材・エンターテインメント性ではあったものの、機内食は特別秀でておいしいとは言えず、また客室乗務員は「忙しさの中で笑顔を忘れる」状態だと感じた。今回は成田-シンガポール-ロンドンでA380を利用し、復路はローマ-シンガポールが777、シンガポール-成田で再度A380であったが、機材への印象はどれも悪くない。

シンガポール航空のA380はリクライニングシートを倒しても後ろの人にあまり影響がなくてよいが、頭部がもう少し後ろに傾いていないとつらい(ずっと頭のみ前傾姿勢だったような気がする)。機内食については、ドリンクの種類が多くて大変よい。

噂通りシンガポール航空は素晴らしかったです。新機材の快適性、機内食の味、キャビンアテンダントの接客など、何をとっても今まで乗った飛行機の中で一番です。

シンガポール航空のA380を利用してオーストラリアへ行ってきました。機材はもちろん、文句なし! 接客や機内食も満足。SQファンになりました。次回も、機会があればSQに搭乗したいですね。

東京に就航したばかりのA380でシンガポールを往復した。あいにくラッフルズクラスは座席が取れなかったのでエコノミーシートであったが、往路はアッパーフロア、復路はロウアーフロアであった。どちらも機体に余裕がある分、エコノミーシートも快適だった。液晶画面もサイズが大きく、コンテンツもとても多くて、観たかった映画を往復で6本も観ることができ、文字通り寝る間も惜しんでの楽しいひとときであった。ミールは往路は低カロリー食を、復路はフルーツを指定した。たいへん満足できるものであったし、シンガポールスリングもいただくことができた。

子供が行きのフライトで具合が悪くなり、吐いてしまいました。その時に、とても親切な対応をしてくださいました。子供が寝た後も何回を様子を見に来て、声を掛けていただきました。機内食にアイスがついてる!! 最高でした☆ パーソナルテレビが付いているので、楽しいフライトでした。帰りのフライトでは3本も映画観賞してしまいました!!

飛行機恐怖症なので、やはり安全性が一番気になります。事故が少なく、新しい機材を使っている航空会社を選びますが、機内食がおいしい、便数も多い、そして安い、というプラスアルファを付け加えるならやはりシンガポール航空だと思います。

機内食がおいしい! 某日経航空会社よりずっとよかった!! 食後のハーゲンダッツのアイスもうれしい。シンガポール人の客室乗務員の方が親切な感じがした。他社マイレージプログラムの特典航空券利用でしたが、インターネットチェックインができた。

なぜ他のエアラインが真似できないのか不思議でならない。全然無理してない、自然にやったらこうなりましたっていうくらい、ごく普通に感じるサービス。パリからシンガポールに行くのに乗った機材が本当にすごかった。他のエアラインだったら絶対ビジネスじゃないと見られない大型のスクリーンがエコノミーに設置されていた。洋服かけも付いて、食事もどの路線で乗っても、繊細な舌を持つ日本人でもう〜んとうなずくアイデアで、いつも楽しませてくれる。ちょっとすごくないこのエアライン。

サービスはよいと思うが、お客様のためにしなければならないことが多い(そのように教育されているのか)ためか、早口で慌しい感じの接客でした。キャビンアテンダントの方はひっきりなしに動き回っている感じで、少し落ち着かなかったです。機内食はおいしく、飲み物も充実しており、搭乗後メニューが渡されるので注文もしやすくてよい。

シンガポール航空が大好きです、特に機内のエンターテインメントでマリオが出来る点、アテンダントの方の美しさ。接客の笑顔が気に入っています。機内食もおいしいですし、機内がパープルでとてもエキゾチックだと思います。まさにアジアンビューティなアテンダントさんも気軽に話してくださいました。今まで10回ほど飛行機には乗りましたが、自信を持って一番だと言えます。

久しぶりに乗ったが、機内食は以前のほうが質が高かったように思いました。

機内食は以前よりも質素になりました。この上便数まで減らさないで!

今まで数々の航空会社を利用してきましたが、最近ではヨーロッパへ行く際は必ず利用しています。機内エンターテインメントが充実しており長時間のフライトでも快適で、日本で上映前の映画をひと足早く楽しめたり、乗務員のきめ細やかなサービス等が素晴らしいです。食事も数種類から選べるところが魅力的です。

日本公開前の映画が日本語で観れて楽しかった。機内食も種類が豊富で、松花堂弁当がみそ汁付きでおいしかった。サービスでもらったタオルがかわいかった。

機内食に出てくるざるそばですが、麺つゆを麺にかけずにミネラルウオーターを注ぐカップに入れて食べちゃいました。忙しそうにしてるキャビンアテンダントさんにカップを替えてくれとも言えず、、、。あれ、なんとかならないもんでしょうかね。私もうかつでしたが。

食事とエンターテインメント以外は期待はずれだった。エコノミーのシートも今まで搭乗したエアラインの中でも狭く、ロンドンまでの長距離はかなり辛かった。復路は空席がたくさんあり狭くても問題なかったが、機内の清掃がされていなかった。

777になって座席がせまくなったと思うが、食事もいいし(温かいパンも出る)安全性も高いと思います。

ANAとの共同運航便のためか、今回も機内サービスが他のヨーロッパ系の航空会社よりきめ細かな印象を受けました。機内食はおいしかったし、搭乗したときに流れていたウィンナワルツの演出もよかったです。機材が777に変わったのは不満です。同じエコノミーなのに真ん中のセクションが3席(機体前方)と4席(機体後方)なのはおかしい。往路は事情が分からなかったので4席の所に割り当てられてしまって窮屈な思いをした。復路は往路で学習したこと(何列目から4席になるのか覚えておいた)を生かして3席の所に割り当ててもらいました。いずれにしてもA340の方がよかった。

通常の日本からの国際線ミールは口に合いませんが、5年ほど前にジュネーブからオーストリア航空でいただいた機内食は、非常においしかった。特にパンは2度おかわりしました。 ヨーロッパ便を使う時はまた選択したいと思います。 

座席シートがゆったりしていたし、機内サービスのパンがおいしくてとてもよかった。

オーストリア航空はチケット購入時点で一番安かったので選んだだけだったが、機内が清潔・乗務員のサービスがよい・機内食がおいしいなど、大変満足いく旅になりました。また、ウィーンからローマへの乗り継ぎ便のオーストリアン・アローでも、近距離便で温かい食事が出てきてうれしかった。

機内食がおいしかったです。

オーストリア航空の機材は常に新しく、赤と緑に統一されたインテリアや食器がよい。エコノミークラスでもパンを温めて出してくれるし、おかわりは自由。ヨーロッパ内の地方空港にも乗り入れていて、利便性も高い。

接客、機内サービスいずれにおいてもオーストリア航空は素晴らしかった。特に機内食では、メインもまずまずのものだったが、軽食におにぎりとカップラーメンが出され、大変満足のいくものだった。東欧諸国への乗り継ぎがいいので、東欧へは最も利用しやすい航空会社でした。

出発前にクラシック音楽が流れるのがオーストリア航空らしいなぁと思います。機内食はとてもおいしくて、特にビジネスクラスではウィーン風コーヒーのサービスやすてきなデザートプレートが楽しめるのが最高です。

オーストリア航空は、機内食のパンが温かかったり、気配りがあると思う。キャビンアテンダントの感じもよかった。

オーストリア航空は食事もおいしく、機内食はいつも半分以上残すのに、ほとんど食べられました。サービスもよく、シートにフットレストもあり、おすすめの航空会社です。

機内食のケータリング会社が変わってから食事のレベルが上がった。ヨーロッパ間フライトの軽食が、機内食とは思えないほどに美味。中欧諸国へのコネクションがよいのでよく利用する。乗務員の接客サービスは最高。シートの狭さと機内映画のセレクションについてのふたつが不満点。

成田-ウィーン線の777の席のリクライニングが壊れていて何度倒しても元に戻ってきました。また液晶モニターの映りと音声が悪かったです。乗務員の態度も特によいとは感じませんでした(エコノミーなので仕方ない?)。よかった点といえば、機内食で温かいパンが出てきたことと、予定時刻より1時間早く着いたというところでしょうか。

オーストリア航空は2度目の利用でした。行きの機内食は、何かサービスの順番があるのか、メイン料理も軽食の簡単なサンドイッチも選択できず残った方をいただきました。帰りはチキンラーメンのカップラーメンが提供されますが、機内でカップラーメンをいただく気持ちにはなれませんでした。

エミレーツ航空とカタール航空はどちらもその位置からか、トランジットで使われることが多いかと思う。同じ中東の成長率の高い航空会社だが、やはりエミレーツのほうがよい。食事、エンターテインメントの面ではやはりこちらが勝ると思う。一番大きいのはトランジット時間の過ごし方。長時間あるのなら、エミレーツを選びたい。機内の星空のような天井も◎

食事はラム肉なども出ましたが、洋食も和食もおいしかったです。

エミレーツ航空は名古屋-ドバイ間、ドバイ-マルタ間を利用しました。ドバイ-マルタ間の機材が一番立派でした。ナイフ・フォーク・スプーンがプラスチック製ではなかったのと、食事はどれもおいしくてよかったです。今まで15種類以上の航空会社を利用しましたが、やはりエミレーツはよかったと思います。また利用したい航空会社です。

エミレーツは3回目の利用ですが、いつも食事がおいしくて軽食もよかったです。飛行機内の電気を消したときに、天井に星が見えるのがうれしい工夫です。ちょっとクーラーがきついかなと思うときもありますが、トータルで快適です。

エミレーツは評判通りでとても良かったです。客室乗務員もとても気さくで帽子をかぶせてくれて、一緒に写真を撮りました。某アジア系航空会社では機内で写真を撮ることさえ、怒られましたが・・・。機内食も今まで乗った中でダントツにおいしかったです。他の航空会社のは大分残してましたが、全部食べきりました。機内エンターテインメントもオンデマンドで充実していて、とても快適でした。文句なしの一番の航空会社だと思います。

接客態度や食事の質、機内の快適さはかなり良かった。特にマンゴジュースは他の航空会社では滅多に置いていないので、毎回のように飲みました。ただ、日本人のキャビンアテンダントの接客態度は愛想は良いのですが、短いアナウンスで何度も間違えて笑い声がマイクから聞こえてきたり、少しくだけすぎているように感じました。外国人のCAは全体的に良かった。

機内食がすべて本当においしかった。いろんな飛行機に乗ったが、その中ではダントツでした。またぜひ乗りたい。

エミレーツ航空の客室乗務員は皆とても気さくな方達で、温かい、楽しい職場なんだろうなーという印象を受けました。機内食はどうせマズイだろうと思っていましたが、食べてみてビックリ!!!! とてもおいしかったです☆(マズイなんて勝手に決めつけてごめんなさい・・・)。そして、そして、私が乗ったのはエコノミーですが、見た瞬間ココはビジネスかッ!!と思わずつっこんでしまいたくなるほど、とてもきれいで豪華でした。ただ、座席が高くて足が床につかないという人がたくさんいました。また、天井がキラキラ光っていて、まるでプラネタリウム!! 星空を見ているようでした。映画や音楽も充実していて、乗り心地は大満足でした。

機内食を配られるのが2度も遅くなり、サービスについてはあまり良い印象を持ちませんでした。航空機によりますが、座席が少し広めで枕を自在に固定できるのが良かったです。機内食もメニューがちゃんと配られ、おいしい日本食が多く満足できました。UAEだからでしょうか、航空券も燃油サーチャージも低価格なのはとても評価できます。エンターテインメントについても航空機によるのですが、日本語で楽しめるものが多いところが他社よりも好印象でした。オンデマンドでないものもあるというのはどうかと思いますが・・・。JALのマイルも貯めることができエコノミーでも100%加算というのはとてもうれしいです♪

私の中ではダントツNo.1航空会社エミレーツ。某アジア系エアラインより好きです。なんといっても安全性。事故を起こしたことがないという安心感。離発着がすこぶるうまい。機内食がすこぶるおいしい。強いて言えば、、、中東系航空会社なんだから、オイルサーチャージ、ちょっと安くしてね。

機材が新しく清潔。明るい色調と柄でまとめられており乗り込んだ時から心地がよい。女性好みだと思う。ブランケットも触り心地がよいし、靴下や歯ブラシの入ったアメニティもとても役立った。エンターテインメントも充実しており文句なし。機内食もキャビンアテンダントのサービスもよかった。日本発が深夜なので、仕事帰りに出発できるのも利便性がよい。もう3度利用しているが、いつも機内は快適に過ごせている(一度だけ、ドバイ-欧州間のフライトがダブルブッキングでルート変更になったが、お詫びで無料フライトをもらった)。今後も利用したい。

出発時間が夜遅いので、仕事が終わったその日のうちに出発できるというのが最大のメリットです。座席も広く、接客サービスも言うことなしでした。ただ機内食はあまり口に合わなかったです。あと、コスト面でもう少し安ければきっと頻繁に使うと思います。

とても良いとの評判で選びましたが、機内食が悪くはなかった点以外、あまり実感できませんでした。機材修理で遅れ、日本映画がなく、夜中のフライト中何のサービスもありませんでした。ただ、帰りにドバイでバージュアルアラブに宿泊できたのは選んだエアラインのおかげでしょうか・・・。

飛行機の中が寒すぎて、長袖が必要だった。帰りの便は映画が全く映らず暇だった。機内食やサービスは非常によかった。ただ座席に座ると床に足が届かずに困った。あとは燃油サーチャージが高い。アラブの国なんだからもっと安くしてほしいです。

接客の丁寧さが素晴らしい。機内食やアメニティも充実しておりとてもよかった。

9月前半の東京〜香港間はすいていて、パリまでの往復全4便とも隣が空いていて楽でした。オンラインチェックインで、ベストの席を確保できていたのも良かった。機内食は全部おいしいので、大満足。リクエストすれば、ハーゲンダッツのバニラがもらえます。スナックも自由にもらえるように用意されてます。どれもおいしいです。行きの香港→パリの便のみ、リモコンが取り外せるタイプのテレビモニター付きで、居眠りしながら観ていた映画を何度も巻き戻したりしながら観られて、非常に便利でした。

まずご飯がおいしかった。便数が多いので便利。サービスが良い。燃料費が安い。大変満足した。

クルーの制服がかわいい☆ 機内食も、期待していなかったエコノミーの割にはおいしかったです。

今回、サーチャージ料金が一番安かったので選んだのですが、機内食もアメリカ系航空会社のものに比べればずっとバリエーションもあり、おいしくいただきました。ビール、ワインまで無料で出るのにこの料金だとすると、他の飛行機会社はどーなってるの?と思いました。

今までたくさんの航空会社の飛行機に乗りましたが、キャセイとノースウエストがサービスや食事が良かったです。

B777の新しく清潔で前後左右ともピッチの広い機内。A330は前後ピッチが狭く普通でした。食事は味付けはともかくレベルが高く満足のいくものでした。今回は単純往復でトランジットはなかったのですが、乗り継ぎにも安心できる雰囲気を漂わせていました。やはりライバルはシンガポール航空でしょうね。アジアでは間違いなく2強の一角ですね。難を言えばもう少し安ければ文句はないのですが。

国際的な感じが良いと思いました。香港から先の日本以外に行く路線でも日本人の客室乗務員がいましたし、逆に日本路線でインド系の方が乗務されていました。それと、燃油税が安いのが良かったです。例えば、日本から香港までの燃油税は、日系の航空会社では片道10500円でしたが、キャセイでは片道2400円で、往復の差額で16200円もお得です。食事はたまたま「はずれ」の期間だったようで、メインの食事を残してしまいました。

利用した機材が最新型だったのでシートピッチは広いし、エンターテインメントも充実していて快適な旅ができました! 機内食も今まで食べた中で一番おいしかったです♪

長旅でしたが、キャビンアテンダントさんの気配りのおかげで気持ちよく過ごせました。機内食にハーゲンダッツのアイスクリームが出たのが驚きでした!!!

機内食・サービスはアジア系航空会社なので、日本人に合っている。エンターテインメントはエコノミー全席パーソナルテレビがある点は評価できるが、オンデマンドであればなお良い、新型機材に期待。一度、音響機器に不具合があった際に申し出たら、恐縮しながら満席で席の変更は出来ないものの応急処置をしてくれた。信頼性・価格・サービスのバランスが取れており、次回も利用したい。

他のエアラインではアルコール有料が増えている中で、キャセイ航空は無料な点が素晴らしい。燃油サーチャージが安い点が素晴らしい。マイレージが格安ツアーで搭乗した場合は加算されないのが残念。

機内食でハーゲンダッツのアイスクリームが食後のデザートとして出た。香港乗り継ぎ便に乗ったので昼、夕食ともに機内食だったが、1フライトあたり3、4回ドリンクサービスがあった上にハーゲンダッツ2回はうれしかった。

10年ぶりくらいに利用しました。フライトはクアラルンプール-香港-成田。パーソナルモニターの映画が好きなタイミングで観られて、日本語字幕のものがもう少しあればうれしいと思いました。食事はちょっと油っこいですが、おいしいです。クルーの対応はとても親切かつ笑顔が絶えず、とても良かったと思います。

世界一時間に厳しい航空会社と言われるくらいなので、さすがに時間通りの出発で荷物が出てくるのも早かったです。でも10分前に搭乗していないと乗れないので乗り継ぎの移動に時間がかかったら乗れなくなってしまうのが難点。厳しすぎます。ただ燃油サーチャージは断トツで安く、機内食もおいしいのでまた利用すると思います。

機内食がとてもおいしかったです。今までに機内食を残さず食べたことなどなかったのですが、キャセイ パシフィックの機内食はたくさん食べられます! おまけに食後においしいアイス(クランチチョコレートアイス)を配ってくれました。これまた完食です♪

長距離路線はエコノミーでも背もたれが後ろに倒れないタイプの座席にリニューアルされてきているので快適でした。長時間のフライトでも退屈しません。機内食もおいしいし、燃油代も安いし、格安航空券でも100%マイルが貯まりました。

台湾線で利用したが、シートとエンターテインメントシステムも最新のもので良かった。が、機内食が良いと評判を聞いていたので期待していたが、量も中身もあまり満足できなかった。残念。

前評判がよかったキャセイパシフィックですが、乗った機材が古く、ブランケット、枕は言わないともらえない(言えば快くもらえますが)、機内食などのメニューがないなどといった点からは、思ったよりいい印象はありませんでした。ただ、他の航空会社と比べて機内食が温かく、また、乗務員も若い方が多いと思います。燃油代はいちばん安い航空会社なのではないでしょうか?

男性アテンダントが2名もいて、安心でした。とてもキメ細やかなサービスに感動いたしました。機内食もまずは子供からサービスしていたのも印象に残ります。機内食の温かさにも感動しました。とてもアツアツでおいしかったです。

アテンダントのホスピタリティに感動。外国人ばかりだが、英語さえ話せればカクテルを目の前で作ってくれたり、細かなリクエストにも応じてくれる。食事もとても美味で見た目がとてもきれい。

機内の映画エンターテインメントは充実していた。エコノミークラスに乗った時、機内食がおいしかったのでビジネスは期待して乗ったが、それほどではありませんでした。オランダの家のかたちのミニチュアボトルを頂いたのですが、とても可愛かったです。

機内食は日本の航空会社より全然良い! オークラホテルが提供する和食は最高!

パーソナルテレビがあると当たりだと思う。ハイネケンのビールがおいしい。

ワールドパークスを貯めているため、またスキポール空港も便利で楽しいため、ヨーロッパに行くときはよくKLMを利用しています。今回、1、2年ぶりにKLMに乗りましたが、相変わらずスタッフも笑顔で感じがよかったです。特に、機内食がホテルオークラ監修になっていたり、食器類や見た目もよくとてもおいしくなっていたので驚きました! 機内食がまあ大丈夫、ではなく、行きも帰りもおいしいと感じたのは初めてです。エンターテインメントももちろんパーソナルビデオもあり、自分で選んだ音楽のジュークボックスも作成でき、不満はありませんでした。感動したのでKLMにメールを送ったところ、数日でお礼のメールもいただき、会社自体に好感を持ちました。これからも安全で快適なフライトを求めてKLMを選びたいと感じました。

夜食に出た、ハーゲンダッツのアイスクリームがおいしかった! ただ、カップラーメンかアイスクリームのどちらか選択だったので、辺りはカップラーメンの強烈なにおいが漂っていた・・・。

燃料サーチャージがかなりの額のため、経済性を第1に選びました。次は安心です。その次が機内食です。飛行機に乗って一番の楽しみですから。

外国人の乗務員さんの対応がとてもフレンドリーで好感が持てた。食事は口に合わず、チーズやチョコなどのちょっとしたものも付いてこない。安いから仕方ないかな・・・。

北アイルランドへ行く時にはいつも利用してます。ベルファスト行きは少なく(あっても高い)、ダブリン行きで探し総合的に考えるといつもKLMになります。接客はそのフライトにより、よりけりです。機内食は普通です。マメにドリンクが配られるし、チョコレートなど軽いお菓子は置いてあります。知人によればスーツケースが目的地まで来なかったなんて事もあるそうです。私は4回乗りましたが、今のところありません。

日本発は機内食もサービスもとてもよかった。オランダ発は別の航空会社かと思うぐらい印象が異なりましたが・・・。

機内で出たカップラーメンが行きは日本製で味はおいしかったがぬるかった。しかもお湯を入れてからかなり経っていたようでのびきっていた。帰りは熱いカップラーメンだったがオランダ?製で口に合わなかった。ハーゲンダッツのアイスクリームと選べるのだが、機内が寒いので必然的にラーメンを選んでしまう・・・。

お料理がもっとおいしければ満足です。

ANAのハワイ行きフライトの際の食事はスープストックとのコラボなど、ユニークで食事の質、量ともに日本人に合うと思いました。アメニティグッズもウエットティッシュやアイマスク、機内スリッパともにセンスも良く、うれしいお土産になりました!

ANAの機内食は他の航空会社と比べると品数が多く、味も良い。

機内食がかなりおいしくて驚きました。また機会があればぜひ利用したいと考えています。

安心感の中には、日本的常識が通じるというのもあると思う。その点については安心していた。食事等も日本人の口に合わないものは出さないだろうとの安心感がある。長距離飛ぶのでないから、エンターテインメントや機材の快適性については特に問題としない(もちろん悪くないが)。

子連れで旅行することが多いので、飽きさせないために座席モニター画面のある航空会社を選んで利用するようになりました。ANAは日本語対応のチャンネルが多く、ゲームも楽しいので子供が飽きずに過ごせます。ANAは欧州線エコノミークラスでもスパークリングワインが登場したのもうれしいです。マイルも貯めているので、今後もANAを中心に、スターアライアンス系の航空会社を選んで乗りたいと思います。ANAはネットで正規割引航空券を買えばマイル付与率も高く、運賃も昔と違い外国の航空会社に比べ高嶺の花ではなくなっているので利用しやすくなりました。

行きは成田−ワシントンDC、帰りはニューヨーク−成田で利用しました。対応はすごく丁寧でよかったです。777は機材も新しく快適でした。機内食が2回出ましたが後半の機内食は今ひとつかな。

初の単独海外旅行の往路は、ANAのロンドン行きでした。何と言っても機内誌もテレビなども日本語だし、機内食もまったく違和感のない味で、ヒースロー空港着まで快適でした。

昨年もヨーロッパに行ったが、食事は今回のANAの方がとても良かった。

乗務員は若い方よりも、キャリアを積んだ方のほうが心のこもった接客でした。機内食ではエコノミークラスでカヴァを提供するようになったのは、さすが。ANAは、客が何を求めているのかを十分リサーチした上で、サービス内容を変えていっているような気がします。

外資系もよいが、日本の航空会社ならANAがとてもサービス、機材、食事とも満足できます!!  ビジネスクラスもいいらしいですよ。

ANAは機内食もおいしく、キャビンアテンダントさんの対応も好感が持てるので、毎回大変満足しています。またどこかに行く際も利用したいと思います。

機内食にハーゲンダッツのアイスが出たのが最高でした。機内の映画も観たいのがいっぱいで長時間のフライトも気になりませんでしたが、座席がエコノミーなのでやはり疲れましたし、狭かったです。

機内食も日本の航空会社らしく、和食が必ず1つはありよかった。食事の回数・ボリュームは問題なし。エンターテインメントも最新映画やゲーム、音楽が豊富でよかった。帰りはツアーの団体客と隣り合わせで、不愉快な場面も多く、ツアー客と個人客は座席を分けるなど配慮が必要だと感じた。キャビンアテンダントも普通かなと思います。座席は長時間のフライトではかなり窮屈に感じました。

今回初めてANAでパリに行きました。機内食が思った以上においしくて満足しました。シートテレビが搭載されているのですが、コントローラーのボタンが壊れていて使えなかったのがとても残念です。全体的に満足しているのですが、ちょっとした故障を放置したままになっているところに詰めの甘さを感じます。

機内食を良くしてほしい。

名古屋(中部)〜ソウル(仁川)の機材は国内線用を使用しているため、座席が狭い。機内食がライトミールのみ。接客は日本人好みでよい。タイムスケジュールが変わって利用しやすくなった(4月以降のスケジュールを見たら、元に戻るようですが)。

名古屋〜ソウル(仁川)線です。国内線機材で運航されていますので、エンターテインメントの評価がどうしても下がりますね。機内食を温める機器もないので、軽食でも仕方ないかと思います。

大韓航空

大韓航空は噂に違わずビビンパはうまい。

大韓航空

便数はあるが乗り継ぎが今ひとつ。エコノミークラスでも各席オンデマンドの映画&ゲームは最高。シートは普通、食事は量・味とも良。帰りの便で出たビビンバ、おいしかったな〜・・・辛い味に飢えていたのでありがたかったです。

大韓航空

個人手配の海外旅行で、年に数回出かけます。いろいろな航空会社を使いますが、大韓航空は期待以上に良かったです! ホスピタリティというか、接客が自然できちんとしているし、何しろ機内食のビビンバがいい! どこに行くにもソウル経由にはなりますが、また使いたいです。特に、仁川空港はウエイティングスポットのイスに肘掛がなく、スペースも広いので、待ち時間に横になれるため乗り継ぎ時間が気になりませんでした。

大韓航空

機内食が苦手で苦労していましたが大韓航空のビビンバと粥が食べたくて選びました。

大韓航空

機内でのビビンバやお寿司が特においしい。

大韓航空

韓国旅行の際に使ったが、機内サービス、機内食、エンターテインメントは、まずまず良い。マイレージはスカイチームに加盟しているため、格安エコノミーでも100%貯められるので大変良い。

大韓航空

大韓航空は初めて利用しましたが、笑顔の接客が素晴らしいです。機内食も韓国料理と行き先の(ヨーロッパ系の)料理が出てきて、両方楽しめました。離着陸、特に着陸が本当に上手で、着陸した衝撃はほとんど感じませんでした。また利用したいです。

大韓航空

ビビンバ超ウマ。機材も積極的に新型を導入している。

大韓航空

大韓航空の食事はおいしかったです。カルビっぽいのが出てきて楽しかったです♪

大韓航空

機内食が温かくて、日本茶も出すところは素晴らしい。また日本の新聞もあり、その他にも満足できる。

大韓航空

KEですが、機内食のビビンバは最高です。わかめスープも美味でした。客室乗務員の質の高さは年々アップしてると感じました。

大韓航空

大韓航空は、ソウル経由でさまざまな都市に安く行く時にとても役立ちます。食事も接客も良く、利用する度にまた今度も利用しようという気持ちになります。

大韓航空

食事が毎回同じなのがちょっと気になるけれど、KEは安いのが魅力。歯ブラシセットもくれるのでうれしい。

大韓航空

札幌-ソウル、ソウル-コタキナバル線は、近距離であったためか、楽しみにしていた機内食のビビンバが出なかったのが残念でした。しかし、札幌から海外へ行く場合、成田発ではしばしば羽田経由となり、リムジン代、時間のロスが出ます。また、関西経由では少々高めの料金になります。大韓航空は、以前ほど経済性が高くはなく、エコノミーにパーソナルテレビがないためエンターテインメントの楽しみがないのですが、ソウル発便との接続がよいので、地方在住者にとってはかなり利便性が高く、今後も利用したいと思います。

大韓航空

ローマへソウル乗り継ぎで大韓航空を利用しました。接客が良くて気軽にドリンクを頼んだりできました。食事もとてもおいしくて笑顔もすてきな方ばかり。飛行機の外装のデザインがいまいちなのが残念です。あと席にビデオが付いてなかったので、長旅には退屈でした。

大韓航空

韓国に旅行したときに、機内食がキムチなど辛い食べ物が多くて困りました。普通の人にはおいしいかもしれませんが、私は辛いのがまったくだめなので半分くらい残してしまいました。辛いのを除けば、煮物など野菜が多くていいと思います。

ルフトハンザ ドイツ航空

ドイツ国内線で利用。同じ区間を飛ぶエアベルリンはサンドイッチ程度の食事を出すのに対し、ルフトハンザはドリンクのみ。便数が多く、他社対抗で割引運賃をたくさん出している点は高評価。客室乗務員はドイツらしいキビキビしたサービス。

ルフトハンザ ドイツ航空

ルフトハンザの機内で初めて瓶入りビールを飲みました。さすがドイツ、味もいいけど環境にもいいもの考えてるんですね。ちょっと感激しました。

ルフトハンザ ドイツ航空

さすがドイツ、質実剛健! 機内軽食に「おにぎり」の選択が出来るのがうれしかったです。できればパーソナルテレビがほしい!

ルフトハンザ ドイツ航空

基本的に満足できる快適なフライトで、特に乗務員の接客態度などからドイツらしく全幅の信頼を置けるプロフェッショナリズムが感じられました。フランクフルト空港での乗継にあまり余裕がなく、最初は不安もありましたが、便が遅れることもなく、地上係員の案内も的確で、問題は全くありませんでした。唯一残念だったのは、帰途で地上勤務員のストに遭い、その関係で機内食がひどく低質なものになってしまったことです。それ以外には不満もトラブルも一切なく、次回もぜひ利用したいと思いました。

ルフトハンザ ドイツ航空

機内食がおいしかった。往復ともに、日本の新聞を多く準備してくれていたのが大変うれしかった。

ルフトハンザ ドイツ航空

前評判どおり安全性が高く、ルフトハンザは信頼できる会社だと思った。機内食のボリュームが足りない感はあるが、軽食、ドリンクが常に準備されているので、キャビンアテンダントに頼まなくても自由に飲食できて便利。シートにモニターがない点が物足りない。ネット予約をすると、もれなくヨーロッパ土産をもらえる企画が素晴らしかった。

ルフトハンザ ドイツ航空

ヨーロッパに行く時にいろいろな航空会社の便を利用しましたが、ルフトハンザは便数・乗り継ぎ等の便が良く、エコノミーのシートが他社より大きい?のか、ゆったり感がある気がしました。食事は味・ボリューム共に普通ですが、食事のときに出るドイツビール(スタウトサイズの瓶)がうまい! 思わずメーカー名を書き留めました。エンターテインメントなどの設備はいまいちですが、上記の点もありお値打ちだと感じました。

ルフトハンザ ドイツ航空

ルフトハンザは私が乗った海外の航空会社の中では一番よかったです! 安心・清潔・機材よし・食事がおいしい。乗組員の方もにこやかで、不快な思い出がないです。

ルフトハンザ ドイツ航空

ほとんどが個人旅行なので、関空からの直行便であること、現地到着が夜でないこと、などを最優先します。最近は燃油サーチャージが高くつくので経済性も考慮しますが、安くても経由便は利用しません。ルフトハンザの機体は、エコノミークラスもトイレ付近が広く、簡単な運動くらいならできるスペースがあるので、よかったです。機内食も思ったよりよかった。ホームページから直接予約したので、座席があらかじめ選べたのもよかったです。先進国の場合は、基本的には行き先の国のフラッグキャリアが一番よいと思っています。

ルフトハンザ ドイツ航空

久しぶりに個別シートディスプレイのない飛行機に乗りました。また、間食のおにぎりは冷蔵したためかお米が硬い。12時間も搭乗していることを考えれば、エンターテインメントや食事は改善してもらいたい。シートも自然にリクライニングになるなど、そろそろ新しい機種を導入すべき。

フィンランド航空

長旅で疲れる中、機内での乗務員の自然な対応と行き届いた配慮にホッと一息つけるのは何よりもありがたいと思う。値段も相応の価格でお手頃だし、機内が清潔できれい。紙カップや紙ナプキンの柄もフィンランドならではのかわいさで心も安らぐ。手作りのようなおいしいサンドイッチや、いろいろな種類の飲み物のセルフサービスは初めてで感動。

フィンランド航空

機材は古いですが、安全性については事故が過去にないとのことで、信頼性は多いにあります。フライトもオンタイムですし(積雪時は除雪のため若干遅れることがありましたけど)、ヴァンター空港も乗り継ぎでの移動がしやすい大きさの空港な上、とても清潔で快適です。クルーに関してもフレンドリーで好感度が高いです。ただエコノミークラスの場合ですが、関空便はいまだプライベートモニターが座席に装備されていない点と、機内食については再検討の必要性を感じさせられました。欧州便でプライベートモニターがまだ装備されていない航空会社は、現時点では少ないのでは? 機内食も選択肢がないのとパンが冷たすぎる点ではマイナスです。

フィンランド航空

座席モニター画面で映画、音楽、ゲームが楽しめることはGOOD! 誰もが思うことでしょう、ずーと椅子に座りっぱなしで何もやることがないのが何よりも苦痛ですよね! シートも結構、倒すことができたのはいいことなのですが、前の席も倒せられるわけで、もう少しスペースがあったらなと思います。ペットボトルの水が用意されていたのはいいサービスですよね。私が今まで搭乗した飛行機の中では総合的に最も良かったです。

フィンランド航空

フィンランド航空は、機内がきれい! 飛行中揺れがなかった! 食事もワインも旨かった。

フィンランド航空

日本とフィンランドを行き来しています。フィンランド航空のサービスは年々よくなっていると思います。食事のメニューにもう少しバリエーションがあればと思うのですが。度々利用すると、同じものが食事に出ることがありますので、出来たら季節ごとにメニュー変更などがあればうれしいですね。しかしこのコストパフォーマンスにおいては仕方のないことなのかもしれませんね。

フィンランド航空

基本的にフィンランド航空のサービスは北欧系では一番です。ただし、食事は1種類しかないので選ぶことができません。またパンが冷えたまま出るので、他のヨーロッパ系エアラインよりマイナス点が食事にある航空会社です。味は悪くはないのですが・・・。食事の内容を改善できればもっと人気が出ると思います。飛行時間が少ないので疲れが軽減されるのがいいですね。

フィンランド航空

オーバーブッキングで、幸運にも往路はビジネスクラスに乗れました。機材も新しく、座席がフルフラットに近くてかなり快適でした! ベリーの香りのアメニティも、北欧の雰囲気で良かったです。エコノミークラスでも日本茶が緑茶・ほうじ茶と2種類あって、復路は特にうれしかったです。映画のチャンネルがもう少しあるとうれしいです。

フィンランド航空

フィンランド航空の機内食がおいしかった。添乗員の応対が良かった。

フィンランド航空

日本発の機内食はおそばもあり食べやすかったが、ヘルシンキ発の機内食は味がいまひとつだった。赤ワインはおいしかった。成田便にはアイマスク、歯ブラシなどが付いていて良かった。ブランケットもふかふかしてるように感じた。ヘルシンキには日本人のスタッフがいつもいるので安心。

フィンランド航空

機内食は確か1種類しかなかったと思いますが、まあまあだったと記憶しています。ただ一番残念だったのは、座席と座席の間隔が狭いため、前に座っている人が座席を倒すと、目の前に座席が迫ってきて非常に圧迫感があったということです。

フィンランド航空

3年前に乗ったときは食事がおいしかったが、去年秋に搭乗したときは以前ほどではありませんでした。

タイ国際航空

タイ航空は比較的親切でした。フレンドリーな感じです。ジュースなどのサービスが頻繁に来るのでいいです。

タイ国際航空

今回のタイ旅行は、機内食も非常においしく、国内の食べ物も大変おいしくいただきました。フルーツ(マンゴー、パパイヤ等)が豊富なのも良かったです。

タイ国際航空

とにかく飲み物を頻繁に持ってくる! 最初のジュースに始まり、日本茶、ウーロン茶、コーヒー、ウイスキー、ワインなど。他社ではアルコールの有料化が始まっているというのに、太っ腹です。座席にはモニターなどなく、娯楽性はありませんでしたが、サービスで大いに補っていました。また、お手洗いにコロンが置いてあり、南国のお花が生けてあるのも素敵でした。

タイ国際航空

タイ航空は何度も利用していて、快適な空の旅を満喫させてくれています。スワンナプーム空港がまだ不完全な開港状況なので、乗り換えには大変不満です。それは早急に改善してもらいたいですね。6月にバンコクからチェンマイへのフライトで食事をいただいて感動しました。1時間15分程度のわずかなフライトなので軽食ですが、努力の跡がはっきりと感じられうれしくなりました。このようなことが、長距離路線でも利用者の期待を満足させてもらえるとよいのですが。例えば、チェックイン時点で写真付のメニューから食事が選べるようになるとうれしいな。

タイ国際航空

タイ国際航空の機内の雰囲気が好きです。また女性の搭乗者に花をくれるのもうれしいです。食事もおいしいし、キャビンアテンダントさんが華やかで素敵なので、お気に入りの航空会社です。

タイ国際航空

タイ国際航空は、客室乗務員がフレンドリーで安心感がある。機内食も、まずくて食べられないということが全くない。孫と一緒の旅行でしたが、タイ国際航空なら安心でした。

タイ国際航空

ワインはキリリと冷えていて、コーヒーは熱々の淹れ立て、、、当たり前のようなこのサービスが、他の航空会社では見られないことが多い。今回タイ航空で大変気持ちの良いもてなしを受け、ファンになりました。

タイ国際航空

タイ国際航空の機内食(タイ料理)が大好きです。あとパーソナルテレビが付けば最高なんですがね。

タイ国際航空

東南アジア、南アジア渡航の際はほぼ毎回タイ国際航空を利用しています。食事やアテンダントの方々は大変よいと思います。機材がちょっと古いかなと思います。他の人気上位アジア系エアラインの機内設備、エンターテインメントを経験すると、やはり劣ると思います。アテンダントの接客やサービスも大変重要ですが、長時間座る座席やトイレ、エンターテインメントはさらに重要だと思います。ただ、大好きなエアのひとつですので、今後も利用したいです。

タイ国際航空

名古屋-バンコク線で新型の機材が投入され、個人モニター・オンデマンドのエンターテインメントプログラムが開始されたが、操作中にプログラムがハングアップしてキャビンアテンダントが再起動・・・なんてことがあった。娯楽は日系の航空会社より弱い。が、料理・接客は○

タイ国際航空

一番好きな航空会社です。最近は、サービスにすごく力を入れていると思います。機内食もおいしいし、最高です。

タイ国際航空

帰路(バンコク深夜発便)の朝食にタイ料理(牛肉の炒め物)しか残っていなくて・・・。日本時間の朝6時台にはきついものがありました。

タイ国際航空

いつもタイ航空深夜便の利用なんですが、深夜便のため食事はTGなのに、タイらしさがないのがさみしいですね〜。フライト時間から考え、2回のミールサービスを1回にして、タイらしさを充実させてほしいです。エンターテインメントは弱いですが、フライトの時間・時間帯からまったく気にしません。

タイ国際航空

深夜便を利用しましたが、おにぎりでした。残念。

カタール航空

プライベートモニターとフットレストがうれしい。ゴハンもおいしかった。

カタール航空

まだ日本では知名度が低く、航空券も安いので初めは不安でしたが、機材を調べると大手日系航空会社より新しいものを使ってますし、機内もきれいでした。乗り換えで計4回飛行機に乗りましたが、着陸時の衝撃も全くなくパイロットの腕がいいと感じました。また5スターの会社として海外において評価が高く、隣に乗っていたイギリス人と話をすると、彼は以前別の中東系エアラインを利用していたが今はカタール航空を利用するようにしていると言っていました。確かにサービスについても他社と比べ質が高かったと思います。機内食は今まで利用した中で一番おいしかったです。テレビは日本発路線でも日本語で見られるものが一部なので、英語が分からない人には不便かと思いました。最後に、乗り換えが不便なのが残念でした。

カタール航空

機材が新しく、各シートにパーソナルテレビが付いていて、オンデマンドで多彩なチャンネルを選択することができて感激した。ドリンクサービスも、ワインでは赤白それぞれに好きな銘柄を選べて、満足度が増した。

カタール航空

今までに15ヵ国ほど海外に行ってますが、カタール航空が一番良かったです。値段は他の航空会社よりも安く、機内も広々としてきれいでしたし、ロンドンまでの12時間は全然苦痛ではありませんでした。夜食は「ひつまぶし」が出てきたり、トイレのアメニティは豊富ですし、客室乗務員もやさしかったです。また利用したいです。

カタール航空

大阪からスイスへ行くのに、安くてアジア経由より利便性もよかったのでカタール航空を選びましたが、乗務員の方もフレンドリーで、機内食もエスニックな食事でおいしくてよかったです。機内エンターテインメントも、流行の曲から懐かしい曲までいろんな曲が充実していて自分で選んで聴けたのも良かったです。トランジットでカタールの空港で食事が出たのも驚きました。

カタール航空

エコノミークラスなのに、ワインの選択が赤白ともフランス産とチリ産が選べるのには少し感動した。

カタール航空

関空発が深夜ということで、週末利用の観光にはベストです。機内の設備もよく、エコノミークラスでもアメニティグッズがもらえ、機内食もおいしかったです。

カタール航空

機内食の内容が特に悪いということはなかったのですが、2度の食事とも私たちに選択の余地が全くなく、食べたいものが食べられなかったのが残念です・・・。

カタール航空

忙しいのか、フライトアテンダントたちがpぴりぴりしてて残念だった。機内食ではウナギが出て美味だった。

カタール航空

エコノミークラスはトイレが後方にしかなく、しかもそこは機内食や免税品販売のため、客室乗務員が頻繁にカートを押しながら出入りするため大混雑だった。特に食事の前後は通路にかなりの行列になり、付近の座席の人は眠れなかったようです。またドリンクを頼むと不機嫌な対応だったのが残念でした。ただ、機内食はどれもすごくおいしかった。

ニュージーランド航空

ニュージーランド航空を利用したが、日本への帰国便で出たアイスクリームがおいしかった。

ニュージーランド航空

ニュージーランド航空はクルーの接客がフレンドリーで大変好感がもてました。座席やエンターテインメントも充実していて長時間のフライトも苦痛ではなかったです。機内食もおいしかったです。

ニュージーランド航空

ニュージーランド航空は、エコノミークラスでもガラスのグラスにフルボトルからワインやシャンパンのサービスがあります。アイスも最高においしかったです。難点といえば、映画の再生が途中でフリーズしてしまったのですが、回復しませんでした。

ニュージーランド航空

出発前・到着前の安全確認もきちんと行っていた。おいしい赤ワインを用意してくれている。利用した777-200型はテレビモニター付でエンターテインメントは○だが、肘掛が50度位までしか上がらず、空席が多い時でも横になりにくい。成田のラウンジはカンタス航空のラウンジを使用、サービスも○。

ニュージーランド航空

ワインの種類が豊富でエコノミークラスとは思えないほど。乗務員の接客もフレンドリーで、オークランドでの乗り継ぎも便利でした。

ニュージーランド航空

座席にひとつずつモニターがあるので、映画が見やすかったです。機内食もよかったです。

アシアナ航空

アシアナ航空は、羽田発着というのがとにかく便利。また飛行時間が短いにも関わらず(特に帰国のソウル⇒羽田は離陸後の飛行時間わずか1時間半)なのに、ホットミールサービスで、乗務員もテキパキ仕事をしていた。ぜひまた利用したい。

アシアナ航空

若い乗務員揃いで、機内食のコチジャンが病み付きになりそう。

アシアナ航空

アシアナ航空は料金が安価なわりに乗務員の待遇も良く、機内が広々と感じた。特に日本線とは関係ないソウル・仁川〜中国・青島線で機内食として出た「(和風?)弁当」がとてもおいしかったことが印象に残っている。

アシアナ航空

ここ最近の中では、機内で快適に過ごさせて頂いた航空会社です(サービス、食事)。また利用したいと思います。

アシアナ航空

乗務員がイキイキと働いてるのが印象強かったです。また機内食がおいしかったです。

アシアナ航空

機内食がおいしくて大満足でした。客室乗務員の方も、美人で親切な方が多いです。

アシアナ航空

アシアナには韓国人と日本人の客室乗務員の方々が乗っておられて、協力し合っていると思いました。客室乗務員のそれぞれのお国柄も出るような気がしました。航空券の価格からすると機内食も良かったですよ。たしか温かい機内食を出してくれたと思います。早くまた韓国に行きたいです。

アシアナ航空

羽田発着のエアバスA330に搭乗。2-4-2の座席配置で、座席モニターも装備されていて、短距離路線としては十分満足でした。機内食も温かいものを提供してくれ、着陸体勢前までドリンクサービスしてくれ、乗務員のきびきびとした仕事ぶりや物腰の柔らかい笑顔での対応は素晴らしく、またアシアナに乗りたいという気持ちになりました。

アシアナ航空

広島→フランクフルト(2008年9月)、ロンドン→広島(2008年10月)を利用しました。往路・復路共にソウル・インチョン空港で半日以上待機しなければなりませんでしたが、途中降機してソウル市内の観光も楽しむことができました。航空券の値段が安かったので何も期待していなかったのですが、往路のソウル-フランクフルトではアメニティセット(アイマスク、スリッパ、歯ブラシ)がサービスされ、とても助かりました。往復共にエンターテインメントも、ほどほどに楽しめました(ちょっと画面が古いかな?)。食事はKoreanStyleが断然おいしく、楽しむことができました。この値段でこのサービスなら十分過ぎると思いました。また利用したいと思います!

アシアナ航空

機内食のビビンバがとてもおいしかったです。ソウル−欧州線はパーソナルモニターが付いていて良かった。キャビンアテンダントさんも美人で丁寧な対応をしてくれて好感がもてました。

アシアナ航空

キャビンアテンダントさん達が、韓国の民族衣装を身に着け、韓国の文化を紹介するショーが機内で催されました。写真撮影なども行われて、大変楽しめました。また、帰路では久しぶりの米を機内食で食べることができ、おいしく感じました。

アシアナ航空

ロンドン在住で東京に一時帰国するのに利用しました。ソウルでストップオーバーし、金浦/羽田 成田/仁川と、都合のいい路線選択ができたのもいいですし、ロンドン発の時間が夜の9時で、快適なシートで自然に眠りながら、あっという間にソウルに着きました。往復路ともメインの食事がとてもおいしかったです。ステーキの焼き具合も絶妙、韓国料理もとてもおいしかったです。が、「軽食」の内容がちょっと質素だと思います。機内は清潔で、客員サービスも片意地張らない、自然な感じが好感をもてました。仁川空港の充実度もありますし、今後アジア・豪州の旅行は、アシアナでソウル経由を検討してみようと思います。チケットの値段も他より安めです。

アシアナ航空

機内食が、以前利用した時はホットミールを提供していたが、今回は弁当のようなものになっていたのが残念だった。

去年、ビジネスクラスに搭乗出来た時、「さすが・・・」とエコノミーとの差を感じました。JALオリジナルの焼酎がおいしくて、グラスも硝子。アジアの格安クラスでは年配のアテンダントが目立ちますが、それなりの心配りは良いもので、若い人はどことなく堅い気もします。

JALの客室乗務員の方の接客は本当に素晴らしいと思います。こちらの注文にも臨機応変に対応してくださいました。また、機内食もいつもとても美味しく、頭が下がります。やはりJALがいちばん質の良い航空会社だと思います。

やっぱり海外に行くときはJALが一番便利だと思います。日本語も通じるし、空弁がとても美味しかったです。サービスもとても良く満足でした!

8月にロンドンのヒースロー空港発関空行きのJALに乗りました。日本の航空会社ですが、イギリス発なので機内食は期待していなかったのですが、チキンハンバーグがメインでけっこうおいしかったです。

中部〜パリの直行便で帰りは夕方出発の為 時間を有効に使えました。過去何回かJALは利用しましたが、昔に比べると機内食も味が良くなったような気がします。機材もB777で新しかったですが、3-3-3の座席配列であったため、窓側席で普段2名で行動する我々には離席時など不便でした。個人的には2-4-2配列のシートの方が便利だと思ってしまいます。

いろいろな国の飛行機に乗りましたが、日本航空はやはり日本の航空会社ということもあって、料理は日本人の口に合うものでとても美味しかったし、乗務員の方の細やかな心遣いも大変良かったと思います! また海外に行く際は、こちらの飛行機を利用させて頂きたいなと思います!

フランスまでの搭乗でしたが、機内食が本当に美味しくて最高でした。帰りはフランスの名産品なども味わえてJALを選んでよかったと思いました。泣きじゃくる子どもをずっとあやしてるキャビンアテンダントさんの接客態度にも感動しました。

今回3年ぶりに名古屋発のJALの欧州線に搭乗しましたが、機内食が以前より美味しくなったような気がしました。(過去にハワイ線、関空発欧州線に数回搭乗経験あり)。ただボーイング777であったせいか、シートピッチが3-4-3であったこともあり、一番窓際の席だったので席を立ちづらかったです。出来れば2-4-2といった偶数配置の座席配置にしてほしいです。

機材も新しい機材で最新型機のようでした。また、食事も以前に比べてずっと美味しくなっていたので非常に満足しました。また、乗務員のサービス・利便性も非常に素晴らしかったと思います。

日系の航空会社は機内食が口に合うことが多く、乗務員に日本語で話しかけられることも多いので気が楽。

ヨーロッパ系の航空会社に比べて、日本航空の食事はここ数年、口に合いません。経費削減は分かるが、機内食は楽しみのひとつですから・・・。

マイレージを加算するためにJALを利用しています。エコノミークラスの利用だけですが、ここ10年くらいの間に年々、機内食の味が落ちている気がして悲しいです。

コスト削減のためなのか、機内食は年々貧素になっていく気がします。フランクフルト線では往復路ともドイツ人キャビンアテンダントが搭乗していて、日本人のクルー以上に細やかなサービスをしていただきました。

欧州方面の長時間飛行で、エコノミークラスの座席は脚を伸ばせない狭さを感じます。外国機だとゆったりしているとの情報もありますが、機内食などのサービスはやはりJALは気心知れて満足いくので、優先順位をどちらにするか決めかねます。

帰りの機内で食事の選択が魚(鯖のせごはん)と肉(チキンの香草焼き)があったが、早い(?)段階で肉が切れていて魚にせざるえなかった。あきらかに鯖はにおいが強くて嫌だったのに・・・。食事も大切だな、と思った。

座席のピッチが狭く感じた。北米の航空会社はアルコールが有料だが、日本航空は無料なので、日米線に関しては評価できる。機内食は、北米の航空会社より格段においしいと思います。

機内食の温め方に問題があるのか、におい・味ともに耐えられない。サンドイッチなども選択肢に加え、予約時点で選べるようにしてほしい。

温まっていない機内食が出てきた。飛行時間の少ない路線でのツアー席とはいえ、ちょっと残念。

エールフランス航空

まだサーチャージなしの頃はエールフランスで関空-バルセロナ往復が、ひとり12万円程度で行けました。機内も座席ごとにモニターあり、機内食も充実、接客もまあまあでさすがエールフランスという感じでした。また機会があったら乗りたいのですが、なかなか今はサーチャージもあり、ヨーロッパ線は高額です・・・。

エールフランス航空

食事がやはりヨーロッパキャリアでは断トツによいです。シャルル・ド・ゴール空港は好きではありませんが、乗り継ぎがよいのもうれしい。

エールフランス航空

ヨーロッパ方面に向かう空路のうち、深夜発、早朝着便があるのが、到着後行動するのに非常に便利です。また他の航空会社より若干料金は高めですが、エコノミークラスであるにも関わらず食事が良く、アルコールや軽食等カウンターに行けば好きなだけもらえるエールフランスには非常に満足です。

エールフランス航空

あまり時間がとれなかったので、日本夜発→現地朝着は時間的にありがたい便だった。行きの便はなぜか個人モニターが作動せず(全席)だったけどほとんど寝てたから問題なしだったし、ギャレーにもらいにいけるカップラーメンがあってありがたかった。

エールフランス航空

食事もおいしく、接客の仕方が気持よかったです。

エールフランス航空

会社帰りにそのまま成田からパリへ飛べて朝から活動が出来、帰りも夜まで丸ごと遊べるので時間を有意義に使える上、時差ボケをさほど感じない便があるのは大変ありがたい。エコノミークラスでもシャンパンが飲めるのはアルコール好きにはうれしい。ギャレーにある軽食類も良いと思う。スタッフも意外とフレンドリーで親切。

エールフランス航空

1日3便ある。エンターテインメントが充実している。エコノミークラスでシャンパンが出る。機内食が美味い。ほぼ毎年使っているが、ロストバゲージ経験ゼロ。自然災害以外でのフライト遅延経験がない。これだけで評価高いです。日本線に関しては、キャビンアテンダントはベテランを配置しているのか、てきぱきとした対応。日本人のCAも必ず複数名乗っていて、力を入れている印象があります。

エールフランス航空

夜行便の利便性と、3年に1度スカイチーム便に乗ればマイレージが永久に貯められるので使っています。夜行便はB777-300で快適です。食事(エコノミーでもシャンパンが1杯飲める)もエンターテインメントも満足です。でも、シャルル・ド・ゴール空港の爆弾騒ぎで出国審査の足止めを食らったときに、置いてけぼりを喰いました。

エールフランス航空

エールフランスは食事が充実しており間食も用意されてた。ジュースも自由に飲めた。が、トイレが汚かった。座席のモニター画面で観る映画の検索性もわかりづらかった。

エールフランス航空

噂には聞いていたけど、機内食でチーズが付いているのがよかったです。あとセルフサービスのコーナーでは、カップ麺やハーゲンダッツのアイスクリームもあったのでいいのではないかと思います。乗務員の接客も人によるかもしれませんが、男性スタッフのサービスがよかったような印象です。出発が遅れて、パリでの乗り継ぎ時間が少なくなりましたが、係の方がゲートまで迎えに来ていて、車で移動することができました。ただ、荷物が遅延しました。

カンタス航空

9月〜10月にかけて5度利用しましたが、どの便もサービスがよく、定刻通りに運航していたし、機内食も美味しく、デザートまで付いていました。夜行便でもらえるオヤスミセットのケースはセーフティウオレットとしても使えて便利です。

JALウェイズ

JALウェイズでインドネシアに旅行してきましたが、深夜に到着。あとで調べたらサーチャージが安くて到着時間も良かった別のアジア系航空会社があったみたいです。ですがJALウェイズの接客や食事は良かったです。

JALウェイズ

今回たまたまJALウェイズを利用したのですが、乗務員は日本人とタイ人が両方いたので海外旅行の気分も味わえるし安心もできました。サービスも機内食もよかったです。

JALウェイズ

客室乗務員にアジア系の外国人が何人も乗務していました。慣れた日本人より一生懸命応対してくれたような気がしました。往路の機内食は、スープとサラダの取り合わせ自体は寝る前の食事として良いのですが、味についてはもうすこし日本人向きでも良いのではと思いました。デザートにあんこの鯛焼きというのも(寝る前という意図にしては)バランスが悪いと思います。ベーグルと帰路の食事は満足でした。グッスリセットは良かったです。旅行先でも重宝しました。

チャイナ エアライン

ここ何年かハワイへ行く際、チャイナを利用しておりますが、特に悪いことや不安に感じたこともなく、逆にサービスや機内食がよいと思いました。今後、チャイナエアの評判が良くなってくるとうれしいなーと思います。

チャイナ エアライン

食後の烏龍茶がおいしかったです。

チャイナ エアライン

ベトナムに短期留学に行くときにチャイナ エアラインを使いました。機内食が美味しく、サービスも良いためすごく気に入りました。マイルの会員にもなろうと考えています。

チャイナ エアライン

チャイナ エアラインは毎回機内食がおいしいので好きです!! ただ座席モニターの使い方が、私にはちょっとわかりづらかったです。

チャイナ エアライン

食事のご飯が硬く、麺の味も口に合わなかったが餡かけのシーフードの味は良かった。

エア・カナダ

留学の際に利用しましたが、普通に移動の手段と捉えればなんら不自由しませんでした。機内食はカナダ特産のサーモンが美味しかったです。帰国の際、チケットの予定変更で問い合わせをしたときも親切に対応していただきました。ただ、ビジネスや旅行で快適さを求める場合はまたちがってくるかもしれません。経済性を求めるならよいと思います。

エア・カナダ

日本人がたくさん乗ってるのに、映画が3本だけで退屈だった。ご飯が解凍されていなかった。往復ともおやつタイムはカップラーメンだった。日本人の乗務員は感じが良かった。

エア・カナダ

エア・カナダって、結構機内食がおいしいです。最近、機内食はベジタリアンミールをリクエストしています。行きはさすがエア・カナダと言う内容だったのですが、帰りが・・・。1食目は、ガルバンゾー豆のマサラカレー(スパイスきつめ)にライスサラダ、そしてとても甘いケーキ。2食目は、味のないピラフ風のご飯が加熱用の容器に入っていて、細かい種子を発芽させたような物のサラダ(味なし)と1食目と色違いのようなケーキでした。普通食の人が生野菜のサラダとフルーツを食べているのを見ながら、「野菜が食べたい!」と思いました。

エア・カナダ

シートピッチが大きい点を評価しています。機内食は一品足りない感じ。シートテレビのプログラムが、ゲームなど一部運用されていませんでした。

エア・カナダ

日本語の映画が2、3本だけで退屈だった。軽食が往復ともカップラーメンで食事もご飯が半冷凍でした。

ユナイテッド航空

サービスは押し付けがましくないが、リクエストすれば快く聞いてくれる。スマートな接客だと思う。飲み物の種類が多く体調に合わせて選べる。エンターテインメントも特に要望はないので、用意されている物で十分。旅先の国の航空会社なので、出入国の際スムーズに思えた。

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空は年に1〜2度利用するが、3年ぐらい前から利用するたびに機内食が美味しくなっている。あとはエンターテインメント部門(パーソナルモニターの設置、映画・ゲームなどのソフト)を充実させてほしい。

ユナイテッド航空

アメリカ系の航空会社は初めて乗りました。利用した航空券は、ユナイテッド航空ホームページから予約したPEX運賃でした。各社格安航空券よりも安価で、乗継場所・便など豊富に選べてよかったです。機内サービスが悪い(愛想がない)という噂を聞いていたのですが、実際はなかなか良かったと思います。機内食もボリューム満点でおいしかったです。ただ、問い合わせがあって連絡した予約センターの方は残念ながら感じが良くありませんでした。総合してみて次回渡米する際も利用していいかなぁと思っています。

ユナイテッド航空

以前に比べて接客態度などは大変向上していると思いますが、早く新機種での運航をお願いしたいです。機内食はいっそのこと、アジア路線はおにぎりとか日本食にしたらどうでしょう・・・。

ユナイテッド航空

機内食を楽しむ時代ではなくなってきたと思うし、期待しておりません。ただ残念なのは、アルコール飲料が無料でなくなったことです。でも格安航空券や正規割引航空券でも100%マイルを獲得できるのはうれしいです。

ノースウエスト航空

群を抜いて良いと思うわけではありませんが、最近になり燃油サーチャージ料が高騰しており、ノースウエスト航空は安価な方だと思います。長時間の飛行のため、機内での娯楽を充実してほしいと思います。機材や機内食は十分です。

ノースウエスト航空

エコノミークラスでもシートテレビがあり、退屈しなかった。また、余っていた機内食があり、リクエストしたら再加熱してもらえた。

ノースウエスト航空

マイルは無期限有効だし、燃油は安いし、食事も今までおいしくなかったことはありません。サービスもごく普通だし、ノースウエスト航空は大好きです。

ノースウエスト航空

食事やらおやつやら飲み物やらが次から次に出てきて、お腹いっぱいになる。

ノースウエスト航空

以前に比べて機内食が美味しくなっていて驚いた。

ノースウエスト航空

航空会社直接購入でも、早い時期から割引運賃がある。ウエブチェックインや事前座席指定ができるのはいい。アルコールが有料で食事は種類、内容ともレベルは高くない。キャビンアテンダントの対応も今ひとつ。

ノースウエスト航空

アルコールの有料化や食事の質素さは勘弁するとしても、枕や毛布の有料化は検討しないでほしい。

ノースウエスト航空

マイレージを貯めてたのでノースウエスト航空を利用しました。行きの機内食を食べて、復路の便は自分で食事を持ち込みました。

ノースウエスト航空

アルコール有料はさみしいです。

ノースウエスト航空

今回利用した飛行機は機体も古く、座席モニターもなかったので、飛行中、前方の画面で映画を観ようとしたが全然観られなかった。またアルコール類は有料だったのが面倒だった。

ノースウエスト航空

機内食が脂っぽかった。

ノースウエスト航空

成田発で現地到着が夜遅く、現地発が早朝と時間的な勝手がよくない分、安いのでつい利用してしまう。他の米系航空会社よりも機内食がいい。アメリカ製品(化粧品のクリニークなど)の免税品も、他社と比べて割安なのもよい。時間帯だよねー、課題は。

ノースウエスト航空

男性の乗務員が親切でした。食事や座席ピッチ、サービス、フライト時間などに不満はありますが、とにかく安いので納得して利用しています。格安航空券でもマイル100%加算がうれしいです。

▲「利用者のホンネ大公開! コメント集(2)・部門別 食事のクチコミ評価!」のトップへ

エコノミークラス以外のコメント

日系エアラインよりも割引は少ないけれど、食事、接客、シートなどは比べ物にならないくらいシンガポール航空が上!! 某米系やアジア系エアラインは料金が安いけど機体自体が心配。命には代えられないから乗らない。

予想どおりで満足でした。特に食事に関しては期待を裏切ることなく、大変おいしかったです。

初めてのビジネスクラスがシンガポール航空のA380でした。フルフラットになるシート、シートのゆとり、食事と申し分ありませんでした。本当に空飛ぶホテルのようでした。A380のビジネスに乗ってしまうと他のビジネスには乗れない気がします。さすが最新鋭の飛行機です。やはりビジネス料金は高いですが、A380なら出してもいいかな・・・??!!ってとこです。でも本当に快適な旅ができました。A380のビジネスに乗っていると帰りのシンガポールからの飛行時間が短がすぎる気になります。

他の航空会社とあまり変わりがあるとは思えなかった。注文した朝ごはんと違うものが出てきたり、あっさりめの食事がなかったりした点は期待はずれだった。

いつも快適なサービスを受けています。食事がもう少しグレードアップするとGOODですね。同じクラスだとANAのビジネスの食事がGOOD!。

マイレージでアップグレードし、プレミアムエコノミーに乗りました。ヒースローでは、プレミアム専用のチェックインカウンターが少なく1時間近く待たされました。座席は横幅は広いですが、足元スペースはエコノミーとほぼ同じでした。食事は温かいパンを持ってきてくれる点が違いました。あと、搭乗時・離陸前に飲み物を持ってきてくれます。機内エンタメはフリーズしてしまい、あまり楽しむことができませんでした。

とにかく食事がおいしい。エコノミーでもパンが温かかったり、ビジネスクラスではさらにおいしいワインやスープ、コーヒー等がサービスされる。また、カウンターでは飲み物やスナックが自由に取れたり、アメニティもリフレッシュグッズが充実したりと機内にいる時間をリラックスして過ごせる。ウィーン空港の乗り継ぎは、ヨーロッパのほかの空港よりもこじんまりとしているせいか、とてもスムーズ。短時間で移動できるので、とてもおすすめ。

オーストリア航空の日本人キャビンアテンダントは、特に細かいところに気が利きサービスはよかった。その他のCAも他の外国航空会社に比べるときちんと対応をしてくれてよかった。食事も大変おいしかった。特にホワイトアスパラガスは今まで食べた中で一番おいしかった。

セントレアから往復利用しました。ツアーだったのですが、帰りはダブルブッキングのため、ビジネスクラスを利用できました。アメニティがブルガリで統一され、とってもステキでした。機内食もおいししく、生花の飾り付けがあったり、とっても良かったです。座席はマッサージチェアで、ゆったりしていてフルフラットではないものの、寝て疲れをとることができました。また、ドバイで乗り継ぎ時間が5時間以上ある場合は、エミレーツ航空のビュッフェ式レストランで、無料で食事を取ることができるのもうれしいかもです。ただし、食事だけが無料で、飲み物はお金がかかりますが・・・。

行き先によって、その土地の料理が機内食で出されるので興味深い。乗務員が堅苦しくなく、こちらが気を遣いすぎることがない。また多国籍で、いろいろな言語に対応している。日本線以外にも、日本人乗務員が乗っていることがあり、言葉に困らない。また日本語を話すことができる外国人も多数いる。

キャセイ パシフィック航空のビジネスクラスを利用し、香港経由でシンガポールまで家族3人で利用したが、昼間の時間取りも便利で、加えて食事やラウンジサービスも良く、さらに新しい747のシートはフルフラットのボックスタイプで非常に快適だった。

正規料金ではなく、満席によるアップグレードでビジネスクラスに搭乗。以前もANAのビジネスに乗ったことがあるのだけど、こんなに快適な長時間フライトだったらまた乗りたいと思います。シートがいいし、食事もどこかのホテルの高級料理を食べているような気分になれる。

CLUB ANA Asiaのシートでした。各アジャストが動かしづらかったです。それ以外は文句なしですね。ミネラルウオーターのペットボトルを配ってくれるのはありがたいです。キャビンアテンダントの皆さんも気さくで快適でした。

スターアライアンスの航空会社をいつも利用しているが、欧米系の航空会社に比べて、全日空、シンガポール航空などは、接客サービス、機内食などすべてにおいて優れているように思う。

ビジネスクラスやファーストクラスのアメニティが派手ではないという話もありますが、私はエコの観点から必要なものだけ選べるシステムは良いと思います。ファーストクラスのご飯は、世界初・機内で炊いたものだそうですが、お米のつやが違います(ANAとしてはあまりアピールしていないようですが)。ビジネスクラスのデザートのパフェは、甘さやボリュームが丁度良く、結構好きです。

プレミアムエコノミーに乗りました。ちょっと座席間隔が広くてフットレストが付いているのですが、これでも狭く感じました。これで普通のエコノミーの倍近くの運賃はちょっと・・・という感じです。食事はさすが日系だけあっておいしいです。食後に出てくるハーゲンダッツアイスも気が利いてます。ニューヨークに朝到着してくれるので気に入ってます。今後も利用すると思います。

大韓航空

ビジネスクラスでしたが、すごく安かったです。一度ソウルまで行ってからまた南に下りてニュージーランドに行くのは、時間的にもしんどかったけど、その分飛行機の中は快適でした。食事はものすごく量も質も満足しました。新しい機材はエンターテインメントが素晴らしいけど、私の乗った飛行機はあまり良くなかったです。でも、値段を考えると大満足です。

大韓航空

日本の航空会社並みに行き届いたサービスが期待できると思います。機内食もまあまあ。ただ、機材の更新が追いつかないようで、成田−インチョン線には新機材はほとんど目にしません。短距離路線なので仕方ないかもしれませんが。エコノミーを利用した時も、ビジネスクラスには空席が多かったようで、ビジネスクラスの座席をエコノミーに開放することもあるようです。

ルフトハンザ ドイツ航空

夏休みにルフトハンザで、往路は成田発フランクフルト経由チューリッヒ、復路はパリ発フランクフルト経由成田、という経路で行ってきました。座席はビジネスクラスでしたので快適でした。ライフラットなのが少し残念。食事もおいしかったです。乗務員はしつこすぎないのでちょうど良かったかなと思います。80席がほぼ満席でしたので、接客はあっさり気味だったように感じました。

ルフトハンザ ドイツ航空

最近は利便性や安全性を一番重視する。機内食やサービスに関しては期待しない。その点、ルフトハンザは乗り継ぎが簡単でわかりやすく、機内で過剰なサービスをしないため、楽である。食べたい物・飲みたい物があれば、搭乗前に自分で購入し持ち込むかギャレーまで取に行く。いつまでも過剰なサービスを期待して、「お客様は神様です」という考えの人は日本人ツアー客ばかりで、あまりにも横柄な態度でキャビンアテンダントに注文する姿を見てあきれる。

ルフトハンザ ドイツ航空

ルフトハンザ ドイツ航空のビジネスクラスを利用しました。フルフラットのシート、エンターテインメント、機内食と、どれも素晴らしく期待以上のもので、長時間のフライトでしたがもっと乗っていたいと思ってしまいました。

ルフトハンザ ドイツ航空

機内食の和食が本当においしかったです。

ルフトハンザ ドイツ航空

ビジネスクラスでしたが、機内食が十分温まっていなかったり味が極端に濃かったり薄かったりしました。フランクフルトの乗り継ぎが面倒。ミュンヘンの方がまだいいが、案内がよくない。ルフトハンザの強みは、安全性が高いイメージとスターアライアンス加盟という点だと思う。

ルフトハンザ ドイツ航空

機内設備を充実してほしい。特に食事と映画とゲームが不満足。

フィンランド航空

フィンランド航空の関空発時間が春以降、午後発になったようです。私が利用した時は午前発だったので、欧州での乗り継ぎが大変便利だったのに、とてもザンネンです。古い機材であっても、メンテナンスをきちんとしているのであれば安心して乗ることが出来ます。機内食は良かったですが、機内アナウンスによるとエコノミーは1種類だけのチョイスというのは、さすがに気の毒な気がしました。ビジネスクラス用のラウンジは快適に過ごせました。

タイ国際航空

自分の舌に合っているのか、タイ航空の機内食は他の航空会社と比べておいしいと感じる。

タイ国際航空

機材が古く(B747)いつも心配しながら乗っているが、プレミアムエコノミーの座席が広いのはよい。食事は今ひとつ。乗務員の態度はよい。コペンハーゲンからバンコクまで直行便が少ないので、これが自分には一番のチョイスと割り切っている。

ニュージーランド航空

友人と2人で特典航空券を利用し、ビジネスクラスで行きました。席も完全にフラットになり、友人とも対面して食事ができ、お酒も味もまた接客もよく、またいつか利用したいと思います。ただ成田までの帰国便がオークランド乗り継ぎで、朝早かったのですが、空港近くのクルーが利用するモーテルを利用し、それもまた旅の想い出になりました。ぜひまたいつか、ニュージーランド航空を利用したいと思います。

アシアナ航空

ビジネスクラスに搭乗しましたが、韓国のエアラインということで、機内食でビビンバが出ましたが、とても良い味でした。機材も新しく、快適に過ごせました。

アシアナ航空

短距離線(仁川―関西)なのにホットミールが出るのがうれしいです(短時間で食べなきゃいけないのが少し大変でしたが)。クルーの方も皆さん親切で感じの良い方ばかりでした。

アシアナ航空

往復路共に、機内食がよかった。キャビンアテンダントの方が、韓国人でしたが、自然な笑顔がすてきでした。特に間近で見るお肌は、やっぱりきれいでした。

JALのエグゼプティブクラスは本当に快適。座席は広いし、シートピッチも広い。リクライニングも一人ひとりがシェルシートなので、前席がどうなっていようが関係ない。眠るときはほぼフルフラットになるので、全く疲れない。食事も非常においしい。エコノミークラスの場合、2回目の食事は着陸の2時間前くらいだが、エグゼプティブクラスの場合、メニューの中から、ほしいものをほしい時にほしいだけもらえるので便利。強いて言えば、パソコン用の電源の容量が小さく、日本から持って行ったパソコンが機内で全く使えなかったことくらい。そのお詫びに直筆のルートマップをくれた。

やっぱり日本のナショナルフラッグという貫禄。最近新しくなったJALのシートで、食事などのサービスも満足いくものでした。コードシェアではなく、自社便で国際線が多いJALがやっぱり使いやすいです。

よくJALを利用させていただきますが、機内サービスをはじめエンターテインメント、食事にいたるまで日本人に非常に合ったサービスを提供していただき、大変満足しております。

バリ島に行く際にJALの深夜便の機内食が質素でした。ビジネスクラスではワインを勧められますが、あまり頼んでる人はいなかったです。

プレミアムエコノミーに乗りました。食事はエコノミーなので今ひとつでしたが、座席の乗り心地が違います! 疲れ方が違いました。行きのディーン&デルーカのアイスも美味しかったですよ。ただ、日本人のキャビンアテンダントさんよりも外国人のアテンダントさんのほうが気前が良かったです。

エールフランス航空

エールフランスの夜便は、ビジネスクラスは非常に心地よかった。ただ機内食は、期待が高かっただけにやや期待外れの感がする。パリの乗り換えは、結構時間がかかる。

エールフランス航空

2004年にエールフランスを利用したときに比べて、ビジネスクラスの快適さ、食事の質、接客態度などが向上した。ただ、シャルル・ド・ゴール空港のラウンジは混雑していて、無料のインターネット接続も提供されていなかった。

カンタス航空

観光路線だったせいかせっかくのビジネスクラスだったのに設備も食事も今ひとつでした。

JALウェイズ

JALウェイズのビジネスクラスは、機内食は今ひとつだがシャンパンは美味しい。シェルフラットシートは料金に値する。

チャイナ エアライン

機内食が美味しく、フライトアテンダントの方々の接客態度がとても良い。とても快適なフライトで、短時間で降りるのがいつももったいないと思ってしまいます。いつか長距離のフライトでも利用したいです。

チャイナ エアライン

ビジネスクラスに乗ったのですが、ファーストクラスにぜひ乗ってみたいです。食事も良かったのですが、トイレがもう少しきれいだと良かったです。それと機内で免税品を買いにくかったです。他の航空会社みたいに押し付けられるよりはましですが。

チャイナ エアライン

チャイナ エアラインというとちょっとイメージが悪いですが、実際に乗ってみるとスタッフの接客も設備も食事もいいのでビックリします。

チャイナ エアライン

初めてのビジネスクラス利用だったので、すべてが素晴らしかった。

エア・カナダ

フルフラットシートに乗りたかったので、ちょっと贅沢してビジネスクラス席に搭乗しました。シートは快適でゆったりくつろげましたし、良く眠れました。アメニティもなかなかGOODでした。日本からの便の方が、帰りのカナダからの便より質が高かったたです。また利用者のマナーになりますが、エコノミークラスの利用者がビジネスクラスのトイレを使用していたのもちょっと不快に感じました。高いお金を払っているのでちゃんと線引きしてほしいです。機内食は美味しかったです。

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空のウエブサイトなどでアナウンスされているように、ビジネスクラスおよびファーストクラスの座席が新型に更新され始めている。今回搭乗した機体はまだ古い座席であったため、くたびれていた印象だ。機内食は和食とステーキは一般的なメニューだが、魚や鳥はいずれも少々凝り過ぎの感があり、好き嫌いが分かれる。

ノースウエスト航空

ビジネスクラスなので機材や食事は当然良い。

ノースウエスト航空

NWのビジネスクラスが気に入り(サービス、食事、ラウンジ、マイルなど)、両親に搭乗してもらいます。今回は両親が結婚55周年のアニバーサリー記念の旅行でもありますので、生涯の記念旅行となりますようにと、企画しています。

ノースウエスト航空

以前より食事が良くなり、サービスも良くなった。

ノースウエスト航空

シートが良かった。アテンダントの接客、サービスともに日本の航空会社に近づいている。食事は今ひとつ。

ノースウエスト航空

ワールドビジネスクラスの利用でしたが、機内食が口に合いませんでした。

ノースウエスト航空

ビジネスクラスを利用しました。ハワイ線では、シートに関しては一番です。空港のラウンジも充実の内容でした。食事はおいしい方でしたが、ワンプレートのスタイルでエコノミーのようでした。

▲「利用者のホンネ大公開! コメント集(2)・部門別 食事のクチコミ評価!」のトップへ


  1. 安全性
  2. 経済性
  3. 利便性
  4. 接客
  5. 機材
  6. 特典
  7. 機内食
  8. エンタメ
  9. 乳幼児
  10. トラブル
  11. 搭乗前後

2008年1月号

地球の歩き方 探せる便覧
エアライン・ランキング バックナンバー
2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2011年2月
2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2010年1月
2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2009年1月
2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2008年1月
2007年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2007年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2007年2月
エアライン・ランキング2005 発表! エアライン・ランキング2005 発表!
2006年1月
地球の歩き方ガイドブック
「地球の歩き方」シリーズ検索と購入
最新発行タイトル&スケジュール
「地球の歩き方」
地球の歩き方ガイドブック/編集部
地球の歩き方リンク集
地球の歩き方エアラインプロフィール
アルキカタ・ドット・コム(各社航空券販売)
イエローページ〈エアラインリンク集〉
旅のおすすめサイト リンク集<エアライン>
「地球の歩き方」シリーズ検索と購入
地球の歩き方直営店「地球の歩き方ストア」

地球の歩き方エアライン★ランキング
おすすめ商品をもっと見る

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部