ガイドブック編集部 > 特集 > 映画・ドラマ舞台の歩き方 > 「ナイトミュージアム2」「スミソニアン博物館」をまるごとガイドする!!! > 映画コース#02-#05 アメリア/リンカーン/ライト兄弟ほか

映画「ナイトミュージアム2」の歩き方 コース#02-#05アメリア/リンカーン/ライト兄弟ほか

#02 リンドバーグ vs アメリア・イヤハート −アメリカでは誰もが知っている女性飛行士

キャプション

アメリカ人に絶大な人気があるアメリア

ラリーといいムードになるアメリア・イヤハート。日本人にはなじみがないが、勇敢で冒険心旺盛、女性の地位向上にも努めたアメリアは、アメリカ人なら心躍らせる人物だ。スミソニアンの航空宇宙博物館で、リンドバーグと人気を二分している。同じ大西洋単独横断飛行を成し遂げたふたりを知っておくと、ちょっとした米国ツウになれるぞ


リンドバーグ vs アメリア 比較表

チャールズ・リンドバーク(1902〜1974)
名前
アメリア・イヤハート(1897〜1937)
米国中西部ミシガン州
出身地
米国中西部カンザス州
1927年5月20〜21日、スピリット・オブ・セントルイス号でニューヨークからパリへの大西洋単独無着陸横断飛行に成功
愛機と飛行実績
1932年5月20日、ロッキード・ベガ号で女性初の大西洋単独無着陸横断飛行に成功
航空郵便輸送パイロット
前職
陸軍で看護助士、エアレーサー
ハワイのマウイ島にて死去。72歳
最期
1937年6月ロッキード・エレクトラ(模型がスミソニアンにあり)に乗り世界一周に飛び立ったが、ハワイ沖で消息不明に
1931年ロッキード・シリウス号を駆って北太平洋航路の調査のため来日
日本との関係
ハワイ沖で消息不明になった際、当時太平洋に勢力を拡大していた日本軍が撃墜し、捕えたという疑惑があった
翼よ! あれが巴里の灯だ(1957年作)
映画
アメリア(2009年秋公開予定)

リンドバーグが搭乗したスピリット・オブ・セントルイス号

リンドバーグが搭乗したスピリット・オブ・セントルイス号

アメリアの胸像と制服

アメリアの胸像と制服

ハワイ沖で消息不明(映画の最後をよく見てね!)になったロッキード・エレクトラ号の模型

ハワイ沖で消息不明(映画の最後をよく見てね!)になったロッキード・エレクトラ号の模型

アメリアが搭乗したロッキード・ベガ号

アメリアが搭乗したロッキード・ベガ号



#03 T・ルーズベルト vs リンカーン −どっちの大統領の人気が高い?

第1作でラリーのよき相談役であったルーズベルトは、ニューヨーク出身の26代大統領。愛称“テディ”。唯一の親日家と言われ、第2作では胸像で登場する。オバマ大統領も敬愛し、第2作でラリーたちの巨大な助っ人となったリンカーンは16代目。南北戦争を終わらせ、国を分裂の危機から救った大人気の大統領だ。リンカーンの座像はスミソニアン近くに鎮座する(リンカーン記念館)。


キャッスルに乱入!! 見事な作戦でラリーたちを救う

キャッスルに乱入!! 見事な作戦でラリーたちを救う

普段、リンカーン像は記念館に座っている

普段、リンカーン像は記念館に座っている


#04 ナポレオンのヒミツ −英雄は肖像画がお嫌い?

映画では敵の一味として登場するナポレオン。フランス革命後を統治し、勢力を拡大するなど勇ましいイメージがあるが、彼には大きなコンプレックスがあった。背が低かったのだ。そのため、生涯で4点しか肖像画を描かせなかったという。貴重な1点が、ナショナルギャラリー所蔵『書斎のナポレオン』である。かっこよく仕上がった作品に本人もたいそう気に入っていたとか。

キャプション
キャプション

絵画の演出に注目。少しでも背を高く見せようと左足を出し、胸にはレジョン・ド・ヌール勲章、夜中に描いたと思わせるため短くなったロウソクと明け方の4時15分を指す時計もある……


#05 へんくつ者のライト兄弟 −自転車屋の隠密発明

スミソニアンで最も貴重なコレクションのひとつが、ライト兄弟制作の1903フライヤーだ。人類初の動力飛行に成功した、歴史的な機体である。映画ではアメリアが、このハンググライダーのような機体を操縦して敵と戦っている。実はこの兄弟、かなりのへんくつ者で、飛行機を秘密裏に制作。飛行テストをしたとき、見ていた人は5人しかいなかった。この動力飛行の成功がきっかけとなり、20世紀、航空機産業が一気に発展した。

スミソニアンの目玉、ライト兄弟の1903フライヤー号

スミソニアンの目玉、ライト兄弟の1903フライヤー号

兄弟が映画のなかで食べている宇宙食のアイスクリーム

兄弟が映画のなかで食べている宇宙食のアイスクリーム


2009年08月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部