ガイドブック編集部 > 特集 >  遥かなるスコットランドに帰郷の旅!? 「ホームカミング・スコット ランド2009」 > 旅先でノスタルジー

旅先でノスタルジー


帰郷といっても、先祖がいなくてもスコットランドへの旅は大歓迎される。 というのも、「ホームカミング・スコットランド2009」は、ロバート・バーンズのほかに、ゴルフ、ウィスキー、知性とイノベーション、文化・遺産&先祖と5つのテーマを掲げ、スコットランドならではの魅力をさまざまなイベントを通じて、世界中に発信するもの。その根底には、ロバート・バーンズをきっかけとして、伝統、歴史、精神などスコットランドのすべてを、現代に、特に若い人に伝えたいという意味だという(ミッシェル・ライブラリー、カレン・クニンガムさん)。独自のケルト文化を伝えてきた誇り高きスコットランド人の魂は不屈……を実践しているのだ。

その国の歴史や文化を理解するという意味では“ホームカミング”とはどの国にも当てはまる旅行テーマのような気がしてきた。帰郷のような旅ができれば旅は大成功、ノスタルジーは旅情に必要不可欠だ。しかも、スコットランドと日本に間には、『蛍の光』『故郷の空』『トーマス・グラバー』『灯台』『造船技術』などがあり、その関係は深いのだから何か発見があるに違いない。 それでは遥かなるスコットランドにちょっと帰ってみよう。

鉄道でエディンバラへ

ロンドン・キングズクロス駅からエディンバラ・ウェイヴァリー駅へは、4時間半の旅

ロンドン・キングズクロス駅からエディンバラ・ウェイヴァリー駅へは、4時間半の旅

英国政府観光庁では「英国には遠すぎるデスティネーションはない」という優位性(とくにEU諸国に対してだが)をアピールしている。

ということで、ロンドン・キングズクロス駅から列車の旅、4時間半でエディンバラ・ウェイヴァリー駅に到着。現在、長距離バスで有名なナショナル・エクスプレス社が運営する東海岸ルートは、途中海沿いを走る景勝ルートでもある。3時間後のニューカッスルをしばらく過ぎたあたりから、右側の窓に注意したい。緑から青の風景へと変化していく様が楽しめる。


“national express”のロゴが描かれた紺色の車両はなんだか妙な気分だったが、一等席なら水とお茶はサービスされ、食事メニューも充実。四人掛けのテーブル席は長旅にはゆったりできて快適、4時間半はあっという間に過ぎていく。以前に比べて、椅子の背もたれに差し込む座席予約カードが目立っていたのは、最近の鉄道旅行の人気を物語るものだろう。季節によるだろうが、席は予約したほうが安心だ。

ナショナル・エクスプレス社が運営する1等車両

ナショナル・エクスプレス社が運営する1等車両

東海岸ルートはニューカッスルをしばらく過ぎたあたりから海沿いを走る

海沿いを走ることで人気の東海岸ルート


今回はエディンバラでは中心に泊まらず、車で10分ほどのリース港へ向う。リースはウォーターフロントとして再開発され、今はかつての英国王室専用船“ロイヤル・ブリタニア号”の停泊地として知られている。1953年から1997年まで44年間、世界の海を航行してきた“ロイヤル・ブリタニア号”は英国の誇り、晩餐会も開かれた豪華なダイニングから、案外簡素な女王の寝室など、ほとんどが一般公開されている。日本語のオーディオガイドがあるので理解が進む。この4月にロイヤル・デッキ・ティールームがオープンし、海を眺めながらお茶を楽しめるようになった。スコーンをはじめキャロットケーキなどのクラシックな焼き菓子をどうぞ。

英国王室の船として世界中を航海したブリタニア号

英国王室の船として世界中を航行したロイヤル・ブリタニア号

2009年4月オープンしたロイヤル・デッキ・ティールーム

2009年4月オープンしたロイヤル・デッキ・ティールーム

スコーン、キャロットケーキなどの焼き菓子がおすすめ

スコーン、キャロットケーキなどの焼き菓子がおすすめ


また、リース川に面したザ・ショア沿いは、シーフード・レストランが立ち並ぶ人気エリア。今回宿泊したホテル「マルメゾン・エディンバラ」もここに立ち、時計塔のある歴史的な佇まいが存在感を放っている。客室はモダンなインテリアで統一されたブティックホテルだ。

シーフード・レストランが立ち並ぶ人気エリアに建つ「マルメゾン・エディンバラ」

港を前に立つホテルは歴史と海の香りに満ちていた

歴史的な重みのある外観だが、客室内はモダンな内装のブッティックホテル

歴史的な重みのある外観だが、客室内はモダンな内装のブッティックホテル


ロイヤル・ブリタニア号

住所:Ocean Terminal, Leith, EH6 6JJ
TEL:+44(0)131-555-5566
URL:公式サイト

マルメゾン・エディンバラ

住所:1 Tower Place Leith Edinburgh EH6 7BZ
TEL:+44(0)131-468-5000
URL:公式サイト


2009年09月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部