ガイドブック編集部 > 特集 > エアライン・ランキング   >  2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング > 利用者コメント > 航空会社別_カタール航空
2011年版 地球の歩き方 エアラインランキング

2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング
航空会社別×部門別にチェックできる!航空会社別コメント集
カタール航空 のクチコミ評価

  1. シンガポール航空
  2. ルフトハンザ ドイツ航空
  3. カタール航空
  4. ニュージーランド航空
  5. フィンランド航空
  1. エミレーツ航空
  2. アシアナ航空
  3. オーストリア航空
  4. エールフランス航空
  5. アメリカン航空
  1. ヴァージン アトランティック航空
  2. マレーシア航空
  3. KLMオランダ航空
  4. タイ国際航空
  5. JALウェイズ
  1. キャセイパシフィック航空
  2. 大韓航空
  3. ANA
  4. 日本航空
  5. エア・カナダ

利用者のコメント

  • 接客態度・サービス
  • 機材・設備の快適性
  • 機内食・ドリンク
  • 利便性
  • 経済性
  • 安全性・信頼性
  • エンターテインメント

エコノミークラスのコメント

イスラム国の航空会社である為、モスレムの私には大変良かった。値段の割りにサービスも悪くなかった。

利便性

ドーハ空港で待ち時間に食事を提供されたり、無料でラウンジを利用できました。

エコノミーでもパーソナルテレビが付いているのが良かったです。ドーハの接続もまずまずでした。

延着で乗り継ぎが出来なかったのでドーハで宿泊となりましたが、手配いただけたホテルは最高級で、皆クレームというよりもニコニコ顔でした。

着陸がすごく上手でビックリしました。私の母は着陸したのに気づきませんでしたし、あまりの上手さに、拍手が起きました。映画の本数が多く、飛行中も飽きずにすごせたし、歯ブラシ・アイマスク・靴下ももらえて良かった!

食事がおいしかった。チャンネル数が豊富で飽きなかった。

五つ星エアウェイということで、居住環境や機内食、個人用画面でのエンターテインメントなどがとても良い。ただ、ドーハのトランジットがえてして長く、中東の独特の雰囲気と格安旅行者の雰囲気が混ざって異様な感じ。空港が狭くてすることが無い。トランジットがうまくいけば北回り航路とさほど時間も変わらないのでは。

乗り継ぎにかなり時間がかかりました。

機内食が美味しい!普段はあまり美味しいと思えない機内食ですが、カタール航空のはいつ食べても美味しかった。それと、ブランケットが厚くて温まれたのが、寒がりの私にはとても嬉しかったです。シートピッチは若干狭い。日本−アテネの乗り継ぎでドーハで8時間待たなければならないのは辛かった。。。

エミレーツに乗せてもらえなかったので、自腹でカタール航空のチケットを買いました。しかしこれもトラブルで遅れて、結局次の日のフライトとなりました。勿論ホテルは用意してあり、(ホテルは毎回5つ星です。)私も唖然としました。ちゃんと話も聞いてくれるし、遅れた際のフォローその後の補償などもしてくれていました。以上の理由から両方の航空会社を比べても、カタール航空の方がエミレーツ航空より断然安心して乗れる航空会社だと思います。

機材・設備の快適性

機材が新しい

何かとエミレーツと比較されるが、カタール航空は良くも悪くもスタンダードレベルのサービスだと思う(エミレーツに早く乗ってみたいものだ)

エジプトへカタール航空を利用しました。前回は、ツアーでエジプト航空の直行便でしたので、ドーハ乗換えには少し不安がありましたが、機内も綺麗で、サービスもよく、オンデマンドのエンターテーメントもとても良かったです。これまで30回位旅行していますが、バージン航空と並んで良かったと思います。ドーハでの待ち時間が長いのが気になりますが、ホテルを手配してもらった方もいたとのこと。私はひたすら6時間半待ちましたが、それを踏まえてもまた利用したい航空会社です。

この価格でこのサービスレベルは驚異的。良い航空会社です。


  1. シンガポール航空
  2. ルフトハンザ ドイツ航空
  3. カタール航空
  4. ニュージーランド航空
  5. フィンランド航空
  1. エミレーツ航空
  2. アシアナ航空
  3. オーストリア航空
  4. エールフランス航空
  5. アメリカン航空
  1. ヴァージン アトランティック航空
  2. マレーシア航空
  3. KLMオランダ航空
  4. タイ国際航空
  5. JALウェイズ
  1. キャセイパシフィック航空
  2. 大韓航空
  3. ANA
  4. 日本航空
  5. エア・カナダ

2010年01月

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部