ガイドブック編集部 > 特集 > エアライン・ランキング   >  2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング > 利用者コメント > 部門別_【接客】
2011年版 地球の歩き方 エアラインランキング

2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング
航空会社別×部門別にチェックできる!部門別コメント集
乗務員の接客態度やサービス のクチコミ評価

  1. 接客
  2. 機材
  3. 機内食
  4. 利便性
  5. 経済性
  6. 安全性・信頼性
  7. エンターテインメント
  8. 利用者特典

利用者のコメント

エコノミークラスのコメント

最新鋭のA380とA330に乗ったが、両機材ともシート・エンターテインメントシステムなどの設備は業界最先端を行っていると思う。客室乗務員の皆さんも積極的で、頼んだことに対しては本当に喜んで対応して下さるのがうれしい。すっかりシンガポール航空の大ファンになってしまった。

機内エンタテイメントが充実していて、長距離路線でも飽きない。客室乗務員は良い意味でプロフェッショナルな仕事ぶりで安心して乗っていられる。機内食は量が少なくパンがまずい。

とにかく客室乗務員の方がお美しく、またサービスに関しての笑顔も抜群でした。お客様同士で前列の方がもめていたのですが、日本人客室乗務員の方が介入し、事も無事に収まっていました。

客室乗務員はドライだが日本航空や全日空の客室乗務員よりよく動いている。日本語でみられる映画の数が日本の航空会社より多い。

機内の搭乗率は4割ほど。フライト中エコノミークラスのスクリーンの前の客席に(1列全て空き)に客室乗務員の男性がずっと座っていたのが気になった。

サービス面だけでなく、乗務員の方が着ていたサンバラヤがとてもよかった

エンターテインメントも充実しているしサービスもよく乗務員はわざとらしすぎない爽やかな笑顔で雰囲気がよかったです。機内食の味は文句無いけどエコノミーだからか見た目の彩りなどが良くないときがあったのが残念。

機内で不便に感じることはほぼなかった。乗務員のサービスもよく、機内食も楽しく食べることができたし、飽きることもなかった。ただ関西−シンガポール間の便数が以前に比べ大幅に減ってしまったので、利便性の面ではマイナスになってしまったと思う。

サービスの評判がとてもよく、搭乗をとても楽しみにしていました。乗ってみたら思っていた以上にスタッフの方の対応(サービス)がよくてびっくりしました。評判がいいワケが分かりました。

サービス、機内施設、エンターテインメントもいつも非常にすばらしいと感じている。これまで数十各国の航空機に搭乗してきたが、シンガポール航空がダントツ1番!!

エンターテインメントの充実度はすばらしい。乗務員は明るくてよいが、きめこまやかなサービスという点では、日本の航空会社に劣る。

客室乗務員がいいので、必ずシンガポール航空を選んでいます。全てにおいて満足度NO1です。これからも、ずっとトップを走り続けてほしいです。

客室乗務員の接し方がとても穏やかでした

乗務員の方が皆さんきれいな方ばかりで、品があり女性の目から見ても好感が持てました。

新聞はいかがですか、とスチュワーデスが回ってきたのですが、その際、朝日新聞しかなかったので、日経を依頼したところ、10分後違う客室乗務員が日経を持ってきてくれました。機内でのクルー達にしっかりと連携がとれていると思い感動しました。

日系のように食事後すぐ免税品販売せずに、何回分けて飲み物を配布しているので、サービスは丁寧で感じが良かった。機材はA380でエンターテインメントなども充実しているので、旅の疲れを感じさせない。

スペイン・バルセロナに行くツアーで利用しましたが、聞いていた以上にサービスがよくて感激しました。シートテレビが途中フリーズしたりはありましたが、おおむね今まで乗ったエアラインの中では断トツのサービスでした。ぜひまた、利用したいです。

客室乗務員の女性の方々が美人の方ばかりで、常に笑顔でのサービスが印象的でした。

飛行機の機種が新しかったので、とても大きく、きれいでした。座席も広く感じました。搭乗した日が私の誕生日で、客室乗務員が帽子を貸して下さって、記念写真を撮ってくださった上に、シャンパンとおつまみまでいただきました。一生忘れない思い出です。

客室乗務員がすごいフレンドリーで、楽しかったです。

飛行機が新しいため、機内の設備が整っていて、清潔で快適でした。乗務員の方も、私が英語が話せないとわかると、機内食の説明を物まね(あひるでした)でしてくれるなどユーモアにあふれていて、とても好感が持てました。

客室乗務員の制服が素敵で美人が多い

座席のシートが高く、シートを倒すと足が床にしっかり着かず、違和感があった。それ以外は機内食が美味しく、設備も新しいもので安心して乗ることができた。また、スタッフも堅過ぎずフレンドリーすぎず、ちょうど良かった。

エンターテインメントが豊富なので、長時間フライトでも大丈夫でした。客室乗務員の対応も良くて機内食も美味しかったので、また利用したいエアラインです。チェックインカウンターではOKをもらえたマイレージが、提携している大韓航空にも日本航空にも付かない格安航空券だったと後で知りました。残念!

客室乗務員の対応も必要以上のサービスもない代わりにつかず離れずの対応ですごく感じがよかったです。日本人の客室乗務員も数名搭乗していて 会話に不安のある私はすごく安心でした 搭乗している子供のプレゼントグッヅは大人の私が欲しい程ステキでした さすがお金持ちの航空会社と感じました

乗務員が国際色豊かでいろいろな言語に対応している。またフレンドリーで堅苦しくなく、余計な気を遣わなくてよい。

乗務員がフレンドリーで丁寧。飛行機も新しく、サービスが充実しているが、乗り継ぎの時間がすごく長い。空港で買い物をさせたり、観光をさせたりするために、わざと乗り継ぎ時間をあけているのかなと思いつつ、買い物もドバイ観光もしました。

トイレが故障したまま離陸。食後は超混雑。しばらくは、故障の表示も全くせず、故障トイレに長い列ができていた。配膳の段取りが悪く、離陸後約4時間経ってやっと食事に。

機内食が美味しい。客室乗務員も親切で、席が間違って内側になっていたら、すぐに変えてくれた。忘れ物をしたらしくて、探していた時も手伝ってくれた。荷物の重量制限が結構厳しかった。でも、ロンドンまで直行だし、全日空のマイルもたまって、次も利用したい。

客室乗務員の方々がとても親切だし、機内の配色も好きです。機内食の和食のお弁当も好きです!

マイレージプログラム換算率が変わってしまったのが残念。VSは、欧州系エアラインの中でも日本人に一番なじみやすいのではないか。アメニティ、機内販売、乗務員のマナー、態度など。

ツアーを利用したためバージンに乗ったが、なぜ人気2位にランキングされているのか理由がわからない。着陸前に「安全」という理由でブランケットを前ポケットに入れるように言われたが、機内は大変寒かったので妻が膝にかけていると客室乗務員が回収。ブランケットの上からベルトを締めてもいいのではないだろうか。他の航空会社ではそのように指導アナウンスがある。リモコンは機能不能になるしまつ。往路では小さないなり寿司が1つ配られるが、提供するならせめておにぎりぐらいにしてほしい。

ちょうどいいぐらい接客です。

お願いしたドリンクを忘れていたりしたことが過去の搭乗で何度かあり、以前に比べると乗務員のサービスの質は低下している印象があります。ただチケット購入やマイレージに関するサイトの使い易さは日本人乗客にとってダントツだと思います。

キャセイは、機内がとても清潔なのと、乗務員がとても親切です。マルコポーロクラブのメンバールームが快適です。

客室乗務員の方が、親切で楽しい旅行となりました。

機材がきれいで快適。乗務員のサービスも良い。

夏季休暇でバンコクに行った際に、香港経由で利用しました。待ち時間も少なく乗継も非常にスムーズでした。機内設備、サービス共に満足の行くものでした。香港ベースの航空会社ということもあり、機内食も中華系と日本人の口に合うものだったと思います。次回香港に行く機会があれば、是非もう一度利用したいですね。

成田−香港での接客はとても悪い。しかし、香港−フランクフルトでは接客はよかった。

トラブルのあった際、返答がたいへん不親切で、驚きました。

何度もキャセイパシフィック航空を利用しています。そのたびにラゲージ破損、一度数日間紛失されました。乗り継ぎも多く、乗務員からお尻を向けて見送られ、機内荷物を手伝ってくれと頼むと僕はポーターで無いと言われた失言も思い出します。それでも機内の広さ、設備エンターテインメント充実、機内の免税品販売品も良、機内食も中華、夜食のカップラーメン注文可能、地方国際線からの発着、オープンジョー、ストップオーバー無料可能、マイレージ交換種類多く香港空港は設備サービスが大変よいのでまだ利用しています。英語堪能者も多く、日本から

日本人男性スタッフがドイツ人女性スタッフと話してばかりいて、乗客のサービスがおろそかになっていました。評判がよかっただけに、利用して残念でした。

男性も女性も客室乗務員の応対が素晴らしかった!何を頼まれても、満面の笑みとともにサーブしてくれてとっても居心地良かったです。

外国人スタッフは皆さん笑顔でとても対応が良かったです!逆に日本人スタッフの方は、かなりいまいちでした・・・。日本人らしからぬというか・・・これでは日本の航空会社は不合格になるだろうなーという印象でした;;食事はどれも美味しかったです。機内は、便によるのだと思うのですが、席にモニターが付いていないこともあり、少し不便でした。また、席にモニターがついていても、うまく映らないことが多々ありました。席も、とても狭い機と普通のエコノミーくらいの機とがあったように思います。

日本人客室乗務員が超怖かった。他の方は感じ良かったのですが。

ちょうどストライキをやっている時期にあたってしまい、機内食がめちゃくちゃでした。おまけに従業員はストの話題などについて話しており、あまりお客様に迷惑をかけているという意識が見られませんでした。飛べばいいってもんじゃないんですけどね。

ルフトハンザは日系の航空会社よりも乗り継ぎが便利なので利用します。また、大阪発着便には個別のシートモニターも完備されてました。食事も他の航空会社に比べて良いですし、乗務員も過剰サービスにならず好感がもてました。

日本人客室乗務員が多く、機内アナウンスが日本語で詳しかったので、安心できた。接客は日系エアラインに負けない。にこやかで、こちらの言うことを理解しようと努めてくれているのが良くわかった。これまで利用した海外エアラインの中で一番良かったと思う。

ミュンヘンへの直行便に乗りました。機内食が想像以上に美味しくて、乗務員の方も感じがよかったです。パーソナルテレビはないもののゆったりとした気持ちで楽しめました。

15年ほど前に行きのみオーバーブッキングのためアリタリアからルフト・ビジネスに変更、アップグレードされ、とてもよかったので、今回利用しましたが、行きのフライトは普通、帰りは最悪でした。なぜかというと最後尾の窓側の通路席を取っていたのですが、エコノミーの機内食が足りなくなったらしく、ビジネスクラスから持ってきたのですが、かなり時間がかかったうえ、スタッフの対応も悪く、コールボタンを押しても無視。人員削減されてるのか、またエコノミーの機内食が足りないのはどうも常習らしく、スタッフのレベルもかなり下がっていてが

客室乗務員が片言の日本語でサービス精神旺盛。ユーロ内での機内サービス(機内食・飲み物無料)も一番。

地上係員の対応が素晴らしかった。復路のベルリン発フランクフルト経由成田行きがストでキャンセルになったのだが、係員が迅速にチューリヒ乗り継ぎに振り替え、ほぼ当初の予定時刻に帰国できた。

ドイツの航空会社ということだけあって安全性や乗り心地(シートなど)の面では良い印象を受けました。ただ長時間のフライトの場合、国際線でも個人向けのTVが設置されていない機体が多く不評のようですが「ムダを省く」といった意味で言えば、残ったサンドイッチやおにぎりを降りる際に配布して余らせない点などサービスはとても良かったように思います。

機内上映が途中で停止してそのまま、説明を求めても無視された。

ソウル便を利用しました。短いにも関わらず、サービスと機内食は最高に良かったです。ぜひまた利用したいです。

仁川のトランジットで往復とも大変お世話になりました。ホスピタリティあふれる地上職員に感謝です。

丁寧な接客、おもてなしの雰囲気を感じられ、機内食も充実しており安心感を得られる航空会社だと思っています。

機材、乗務員によってアタリハズレがあると思われる。本当に素敵な方々に恵まれる回と、姿勢が悪く不機嫌そうな顔で適当な印象を受ける回があった。

パリ−ソウルはがらがらで、機内で乗務員のマジックショーがありました、最初は「何だよー」と言う感じでしたが、なかなか面白かったです。

全体的に可も無く不可もなく普通な印象でした。接客も料理も設備も、不満はありませんでした。また機会があれば即決してもよいと思います。信頼のできる航空会社のひとつだと私は思います。

初めてアシアナを利用しました(A320とA330使用)最新機材に、機内食、サービス、スターアライアンスのマイレージ加算を考えたらコストパフォーマンスは素晴らしいと思います。接客サービスも日系、シンガポール航空、キャセイパシフィック航空にも劣らず、かと言って丁寧過ぎずフレンドリーで好感が持てました。パイロットの技術には疑問が残りましたが、次に韓国に行く際はKEよりも優先してアシアナを選ぶと思います。もっと、東南アジアやヨーロッパ方面に便があれば言うことがないのですが・・。

電話にてシートリクエストをした時の、スタッフの方の対応もとてもよく、また機内では食事以外でも、客室乗務員の方が飲み物やスナック等を配ったりととてもよかった。今後も出来る限り利用したいと思わせる航空会社です。

日本の地方空港に多数路線があるのがとても便利。特に日韓線は短距離なのに他社に比べて機内サービスの質が格段に高いと思う。日本人乗務員もどの便もみな頑張っているのが伝わります。一方、日本人クルーのいない長距離便は(短距離便が素晴らしいので)期待していたわりには大したことがなかった。機内設備はきれいなのに客層がいまいち。

ソウル−北京の往復便を利用した。アシアナの機材がよく、機内も綺麗に掃除されていて気持ち良かったです。乗務員の方はみんな美人で親切。短距離便とはいえ食事が大変おいしかった。仁川空港では、地元のエアラインだからか、アシアナと大韓航空の搭乗口と降機口は何れも出入り口に近いところに配置されていて、帰りの時はただ15分間で降機口から外に出ることができた。ただ、韓国で予約するとき、国際線を運営する大手会社なのに、ホットラインでは韓国語しか対応できず、英語と日本語が通じないのは不便だった。往路便で機内販売の商品を予約し

毎年ヨーロッパに行ってますが、今回初めてアシアナを利用しました。結果は期待以上のもので、機材、サービス、安全性、どれも十分満足しました。特に客室乗務員の優秀さは特筆もので、細かいところまでの気配りは気持ちが良かったです。今年も是非利用したいと思います。

新しめの機体が多いように思います。前の座席にテレビがついているタイプで、ソウルからフランクフルトへのフライトでは映画の本数が多いのに驚きました。しかし帰りの便は私のいた区画のみ故障でテレビも上のライトさえも使えない状態だったのが残念でした。乗務員の人当たりはとてもよかった。機内食にビビンバが出たのもよかった。どの食事もおいしかったです。

ソウルでの乗継時間に無駄がなく、日本からの直行便とそれ程変わりなくヨーロッパに到着できる。客室乗務員も皆親切で、日本語が話せた。コストパフォーマンスも最高。

成田−ソウルの短いフライトでも機内食が供される。サンドウィッチしか配らないアメリカ系に比べると格段。スタッフが平均して親切。なぜか機内のヘドフォンが配布されないのが謎。

日本人スタッフもいるし、サーチャージも日本航空に比べやすく機内食も大満足

過去に3度程利用しましたが、客室乗務員の方がとても感じがよく、機内食も味が落ちたとと聞いていたのですが、私は美味しくいただきました。

マレーシア国内線も利用しましたが、サービスもよく機内も綺麗でした。また利用したいという安心感を感じました。

日本語が通じるので、とても安心です。 

機内サービスは格段に良くなった。

乗務員の洗練した美しさは他では見られない。

あまりのできの良さ、良家の子女と言うイメージでかつ、活発に動いていたので驚きました。最悪!!と思っていた10年前とは天地逆転!!

コリアンエアーは最近とても良いイメージです。ロスアンゼルス線は機材が古いがサービスは最高です。

乗務員さんがかわいくて、とても親切です。

毎度の事ながら、機内、地上係員共に、対応が非常に無愛想で気が利かず驚くことばかり。

グランドスタッフのみなさんや、客室乗務員のサービスがきめ細かく優しさを感じれました。

トルコに行く際、大韓航空を使いました。天候の理由でフライトキャンセルになりました。その夜泊るホテルをちゃんと用意してくれました。私は次の日仕事があったので『午前中までに到着したい』旨を伝え、怒り気味で大韓航空のスタッフに交渉したところ、最前を尽くしてくれると約束してくれた。そして約束はちゃんと守ってくれちゃんと次の日の正午までに日本に到着するようアテンドしてくれた。私が感謝の旨を伝えると、一緒に喜んでくれた。彼らは一睡もできなかったというのに、しかも私の様に怒り気味のお客もいただろうに、最前を尽くしてくれ

帰りの飛行機で耳がひどく痛くなり、耳を押さえていると、乗務員の方が熱湯をティッシュにしみこませて紙コップに入れたものを持ってきてくださり、コレを両耳にあてると痛みが和らぐから、と下さいました。今までいろんな航空会社を利用してきましたが、だいたい見ないふりをされたり、飴を渡されるだけで、飴ではな治らないからと言うとさっさと帰っていきましたが、このように親身になって対応してくれた航空会社は初めてでした。おかげで痛みも和らぎ、ふだんなら着陸後に耳が難聴気味になるのに違和感だけですみました。とても素敵な対応だと思

クルーがきれい

乗務員の接客サービスが劣ります。

職員の方も、皆笑顔で親切でした。

乗務員さんがとても優しく、機内も快適でした。

口コミ欄に座席が狭く窮屈だったとあったので心配したが、特別狭いとは感じなかった(通路は狭い)し、食事はおいしい部類に入ると思う。ただ同じエコノミー席で3−4−3と3−3−3があるのは不公平だと思う。日本人客室乗務員は搭乗便に3名いたが男の客室乗務員の方が笑顔があり好感が持てた。

飛行機が遅れて乗り換えが出来なかったのですが、そのときの対応の早さ、手配して頂いたホテルなどがとても良かったです!!

客室乗務員がとても笑顔で親切な人とそうでない人がいた。

幼児を連れていましたが、オランダ人、日本人どちらの添乗員の方もとても親切でした!エンターテインメントも充実していて良かったです。機内食にはあまり期待していないほうですが、和・洋食ともまぁまぁです(スナックはカップラーメンとアイスクリームです)。日本から欧州各地への乗り継ぎにアムステルダムのスキポール空港は簡単で設備も整っているのでとても便利です。子連れのベビーケアルームも◎。

ハード面はともかく、乗務員のサービスが良い。

男性客室乗務員が多かったように思います。皆さん笑顔がとっても素敵でした。機内食もとても美味しく、また、おやつとして出されたカップヌードルが妙に美味しかったです。ブランケットのデザインや使い心地、触り心地等もとても良く、すべてが最高に良かったように思いました。

4ヶ月の子供を連れての一人フライトでしたが、客室乗務員が私がご飯を食べる間預かってくれていたり、泣くとあやしてくれたり、子供が寝ると飲み物を持ってきてくれてあと何時間だよ。と教えてくれたりと最高のフライトでした。

乗務員の接客サービスが大変良い人と悪い人と差がある。日本人女性(ハーフかも)で最悪の乗務員に遭遇してしまいました。その他の欧米系の乗務員はとても親切。

日本の乗務員の方が案外態度がでかい感じがしました。外国の常務人の方がフレンドリー。

平均身長世界一を誇る国の飛行機だけあって、エコノミーなのにピッチが広くて楽でした。背の高い客室乗務員さん揃いで、手の届かないところが無いという安心感を初めて得ました。他に比べても、親しみやすく親切だと思います。

女性乗務員より男性乗務員の方が愛想がある。

長いこと全日空のヨーロッパ線に乗っているが、以前は本当にどの乗務員も素晴らしかったが、近年外国人乗務員が増え(特にヨーロッパ系)サービスの質の低下を強く感じる。日本人乗務員ですら少し勘違いしている感のある人が増えてきているように感じることが残念。

今回初めて全日空の国際線を利用しました。たまたまこのフライトがそうだったのかもしれませんが、サービスはファミレスレベルで正直がっかりしました。座席もすごく狭く感じたし、老朽化が進んでるような・・・。ただし、シートベルトなど安全面の確認は徹底しているなという印象を受けました。外国の方にはうっとうしがられているようでしたが。日本の航空会社らしい、よりきめ細かいサービスを心掛けてほしいですね。

やっぱり、すばらしいサービスですね。日本ながらのホスピタリティーを感じ、また利用したくなりました。

飲み物などのサービスや細かいところに気がつく点がとても快適に思いました。

海外に住んでいると、日本のサービスの良さがとても良く感じます。日本航空に比べると、経験の差からまだサービスが素人ポイですが、欧州系に比べればかなり良いと思います。

親切な乗務員に何時もとても感謝しています。少々高くてもこれからも全日空を指定したいと思っています。

原則的に日系に乗るようにしている。全日空の特徴として物的サービスは良いが、業務知識に乏しいと思われる。予約センターの電話は本当に繋がりにくい。また全ての航空会社に共通しているがYに搭乗した際には、あまり変化無い。サービスの差は上級クラスでないと感じられない。小生は全日空も日本航空も上級クラスであるが、一般の方ならもっと顕著な結果であろうと思われる。国際線は日本航空のサービスが全体的にスマートと感じます。

日系キャリアの全日空の利用はなんと言っても信頼感か違う。サービスの水準も高いが、乗務員が顧客に気を遣いすぎてぴりぴりしているように感じることもあった。乗務員の指示は安全上大切なので、乗客に対してきちんと指導できるようにがんばってほしい。

ベジタリアンミールをオーダーしてあるのに毎回常食を持ってくるのがちょっとなー・・・。ベジタリアンミールは少しボリュームに欠ける。すぐにお腹空いちゃう。

客室乗務員の気配りが、細かいところまで行き届いていて、快適でした。

きつい言い方ですが、乗務員の接客でいうと、日本航空の方が、目のおくまで笑って(演技でも)接客に望んでいるようです。全日空系はどうも、目のおくが笑っていないような。。。

北米までの長時間フライトだったが、機内のエンターテーメントが大変充実しており、最新の映画を何本も見ることができた。また客室乗務員の細やかな気配りが行き届いており、ほぼ満席にも関わらず、快適に過ごすことができた。

0歳児と2歳児の子連れで利用しました。とても親切にしていただいて子ども用の離乳食やキッズ食もおいしく食べれたようです。哺乳瓶も洗ってくださったり、何かと声をかけてくださったりして安心して乗ることができました。シートもベッドが取り付けやすい席を用意してくださりた、長時間の初フライトでしたがぐずらずによく眠ってくれました。エンターテインメントのキッズ用のピングを2歳の息子は気に入り大うけしていました。

3月にロスアンゼルスに行った際に食事がいまいちで、たまたまかもしれませんが、乗務員の態度がとても悪かったです。最近ストライキをしたり、小さな事故が続いたりして、ちょっとイメージ悪くなっています。

安心、安全で選ぶなら、やっぱり全日空ですね。客室乗務員のサービスレベルも最高です。

日本人の壺にそっと気が利く親切がいろいろなサービスに練りこまれていてさすがだと思いました。映画の種類もいいセンス。成田上海の短距離利用でしたが、立派な食事&きちんと冷えたワインが出て感心しました。成田の地上職員の対応もきびきび&丁寧で凄い頑張っているなぁと思いました。

着陸時に気分が悪くなり、トイレに駆け込んでしばらく動けなくなりました。客室乗務員が親切できめ細やかに、ほどよい距離感で対応してくれました。こんなことがあると、「やっぱり日系、全日空はいい。」また利用したいと思います。また、ちょっとしたサービスの差ですが、エコノミーでも、日系の他社には出ないスパークリングワインが出るのは、気が利いているなと感じます。アフリカからの帰途で、ダブルブッキングによるものであったにせよ「お客様は遠いので」といいながらグレードアップしてくれたのは、地上職員の気遣いに感じられて「やるな

機内食の片付けのときに「お口に合いましたでしょうか?」と声をかけていただいた。食べたものを機械的に片付けるのが普通なのだと思っていたけれど、わずか一言で相手を思いやる「心」を感じて感激した。こちらまで笑顔になって気分良く旅のスタートを切ることができた。帰国便ではチェックインシステムが完全ダウンして全て手書きで発券&搭乗手続き、おまけに機内ではパーソナルモニタのシステムが不具合を起こして、座席のブロックごとに真っ黒な画面になってしまったが、地上スタッフは全員で一生懸命に対処してくださったし、機内では分厚いマ

成田−シンガポールで搭乗し、全日空系のエアージャパン便に搭乗。客室乗務員間のチームワークの良さは目を見張るものがあった。機内巡視や黙っていても目視でお客様の要望を想像し提供するのはピカイチ!何から何まで文句の付け所がない!同乗したシンガポール在住の友人とともに感動し、その友人は今までシンガポール航空を乗っていたが、それ以来エアージャパン便に切り替えたが、それからまもなくエアージャパンのシンガポール行きはなくなってしまった。飛行機を降りる間際客室乗務員さんにチームワークがすごいですね。と声を掛けると「ありが

接客態度がとても良い。日本航空に搭乗するならまだ全日空を乗りたい

親しみやすい。親切。

若い人よりもある程度年齢を重ねた方がとても迅速・親切で感動した。

客室乗務員の接客がフレンドリーでとても良かった。機内食も量も多く、美味しかった。

日本−ニュージーランド線は路線的に独占に近いので航空券が高いのが玉に瑕だが、サービスや座席、機材などはすばらしい。特にエコノミーのシートピッチの長さなどは、長身だと足が納まらない日系にも少し学んで欲しい。いままで利用した国際線では総合的に見て一番良かった。

機体は新しく、乗務員は気さくでフレンドリー。程良くキウィ気質。男性職員は特に親切なのでお願い事は男子に。8回乗りましたが、食事も普通からとても美味しい物が出る。最近は、アイスが毎回味とメーカーが変わり、楽しい。オリジナルのキャラメル入りアイスが出たら吉。ミルク味のヴァニラも大変美味。ワインも豊富で、エンターテインメントも問題なく楽しめる。トイレの石鹸もNznatural製品でいい香り。

日本語しか話せない団体旅行者に対して横柄な態度で接していた。とくに日本人客室乗務員の態度は閉口してしまうほど。

フランスのパリから中東のドバイの往路便で、機内の案内の後、クルーの人が、わざわざ私の席まで来ていただき、日本人であることを知ってか、日本語が堪能なクルーもいること伝えてくれた。それも、日本語にて。

乗務員によってサービスの差の開きが大きい。行きはよかったが、帰りは不快だった。

乗務員は英語で接客をしますが、なぜか呼びかけはマダムorムシュー。なんだかいいものです。

車いす利用の者と一緒でしたが、とても優しくタイの空港では助かりました。今までも色々な航空に乗りましたが、一番優しく手助けしてくれました。

アットホームな雰囲気の機内でうれしい旅のスタートが切れる。いつも利用している。

乗務員は、やはり人それぞれといった感じでサービスにもばらつきがあります。英語は通じますが、日本語の通じる客室乗務員はあまりいなかったようです。機内食は美味しかったのですが、出される時間がちぐはぐで、時差のせいもあるのでしょうか、おなかいっぱいのときに機内食が配られたり‥ということも。また私の乗った便は、到着や出発の時間が深夜だったり待ち時間が長かったりして、疲れてしまいました。

客室乗務員が、リクエストを忘れることが多い。

乗務員さんは優しかったです。バンコクで乗り換えるのも好きです。

客室乗務員のレベルがかなり高いので、シートテレビ等エンターテインメント設備がなくてもサービス面ではカバーできていると思う。エコノミークラスでもコニャックがあるのはありがたい。

タイムスケジュールが一番良かったので、初めてタイ国際航空を選びました。バンコク−ヤンゴンの便では、女性客にのみ生花のブローチを配ってくれました。好感度高いです。さらに花の色が紫で、タイ航空カラーだったのもかわいいなと思いました。機内のデザイン(紫を基調)や、トイレ内のアメニティなど、タイ国際らしく気分が良かったです。格安航空券でもマイレージが貯められれば言うことないです。

ミラノまで利用しました。ミラノ到着の翌日、ミラノ駅で客室乗務員のメンバーとバッタリと会い、彼らが私の事を覚えていてくれたのに驚きました。コモ湖でもまた出会い、彼らに誘われて結局1日行動を共にしてしまいました。乗務員の方々の暖かさに感動し旅のよい思い出となりました。

乗務員の対応に閉口。「微笑みの国タイ」とはそうありたいと思う目標なのでしょう。実際は無表情でサービス。1人の男性クルーは無表情な上に乗務中ずっと無言でサービスをされてました。前の座席の3名がポークを希望されていたのですがポークが1食しか残っておらずどう対応するのか見ていたら乗務員は「3人でジャンケンして下さい」と無表情で一言・・。2度と利用したくないエアラインでした。機内食は他のエアラインに比べて美味しかったです。パーソナルTVが今時無いのはどうなんでしょう。字幕付きの映画はどれだけ頑張ってもあの小さなT

デリーからバンコクで乗りました。日本戦ではありませんが、読売新聞をのせていました。インドにいて、新聞を読んでなかったので、すごく助かりました。しかし、シートテレビはなく、客室乗務員の対応も笑顔一つなしで、水とコーラーを頼むと一人、1種類と断れました。

日本人乗務員はいつも不愉快な表情で笑顔はありません。不愉快な態度で、自分のシートにすわってスタッフとは長いおしゃべり。不愉快ですね。すべてのサービスは良かったが、これですべての評価が下がった。名前プレートも隠しているのは論外。

客室乗務員がアジア人と欧米人とで明らかに異なった応対をする点が、非常に腹立たしい。スワンナプーム空港でも、他のタイ航空便が全然使っていないのに、どうして日本からの便はあんなに端のゲートから発着するのか理解に苦しむ

欧州長距離路線なのに今どき座席のエンターテインメントTVが無くて驚いたが、寝てしまう客が多く、むしろ静かで良かった。座席のリクライニングも大きくて快適。男性クルーは微妙だが、女性クルーの中には素晴らしく感じの良い甲斐甲斐しいが何人かいました。

たまたまなのか、毛布をお願いしてもいくらまっても持ってこなかったり、飲み物をこぼしてもそのままにされたり、乗務員の対応はあまりよくありませんでした。

2階席に搭乗しました。1階席にも空席があり、2階はほんの数人でした。数人でもスタッフの配置は通常通りらしく、かなり余裕の勤務だったようです。効率性を重視せず、乗客の座席指定の要望を入れる姿勢に嬉しいような、複雑な感じでした。

機内での対応は満足のいくレベルですが、機材が古いのが残念。

乗務員の方の心配りが本当に素晴らしいです。コールボタンを押して、席まで来られるのもいつも本当に速いです。日本人乗務員はもちろんのこと、外国の乗務員の方の対応も他の航空会社に比べて、始終笑顔でとても感じがよかったです。絶えず気を抜かず、お客様に注意をはらっていて、それでいてうっとおしい感じを受けず、さすが日本航空という感じでした。機内食もとてもおいしかったですし、飲み物も充実していました。いろいろな航空会社を利用していますが、サービスは、ピカイチだと思います。

マイレージに3年と言う使用期限がある以外はサービスも良く機内食も美味しいのでお気に入りの会社だ

マイレージを貯めているので利用するようにしていますが、サービス、食事、快適さなど満足しています。

スタッフに外国人が多いため、言葉が通じない。他の航空会社より高い運賃なのに腹が立つ。

サービスは申し分ない。でも客室乗務員の対応はちょっと冷たいかな。日本を代表するエアラインなんだから、帰りの到着時に英語アナウンスでせめてWelcome To JapanやYoukoso Japanといった日本に来たんだと外国人が感じるフレーズを入れてもよいのでは?と思った。すごく細かいけど、細かいところまでしっかりやっているのが全日空。日本航空はおもてなしという点でもう少し頑張ってほしいと思うところがあります。

後ろの座席の人はPCをつけっぱなしで離陸しているのに、チェックもせず、前方の人はリクライニングしたまま離陸してました。最低限の安全チェックはして欲しいです。

 食事の選択がなくなってしまったのに、2度目の食事サービスも同じ順番で前からサービスされいつも待たされる。 長時間のフライトなので、ミネラルウオーターはすぐに飲みきってしまい、ジュースでなく水を頻繁に配って欲しかった。

乗り継ぎ便の遅れに対する対処が非常に良かった。

乗務員の方は、上品なんですがどこか威圧的というか、少し怖かったです。マイレージがあるから利用している、という感じです。

空いていると隣が空くように、2名の場合3席の端と端を取って、真ん中に人が来ないように座席を手配してくれたり、空いている席に移動を促してくれたり、さすが日本的な気配りで長旅を快適に過ごせるようにしてくれていると思います。一人一本のお水サービスも乾燥する機内ではいつでも水分補給できるので、うれしいサービスです。

客室乗務員さんの年齢が高齢化しすぎてる。それに体力労働に必死に耐えているのが痛々しい。これから旅にでようとしている高揚した気持ちが萎えてしまう。他のアジアの客室乗務員さんが美人で若い方が多いので国際競争に負けるのはしかたがないと思う。

ローマ空港での搭乗手続きが大変親切で、丁寧でした。

乗務員の方のサービスが決め細やかで始めての旅行を大変楽しく過ごすことができました。

タイ人のなかに少しいる日本人客室乗務員がとても感じが悪い。まさに慇懃無礼。エコノミーなんだから多くのサービスは求めていないのだから、困っているときくらい誠意をもって対応して欲しい。

日本航空だからこそ、高い質を求めすぎているのかもしれませんが、以前に比べて客室乗務員によるサービスの質が落ちたように思いました・・そして、座席が狭い。

中華航空や大韓航空と比べて日本航空は乗務員と機内食が断然違う。次も日本航空であればと思い、ツアー商品も「日本航空で行く・・・・」を選べば往復はゆったりできる、と思う。

最近はアジア圏の方も居るのですが、カーテン越しのおしゃべりの声が大きくて、日本航空のマナーも悪くなったなと思いました。正直ガッカリしました。

エールフランスとのコードシェア便でフランス人の客室乗務員さんが対応してくれましたが流暢な日本語でにこやかでした^^

機内食もっと考えて欲しい乗務員の良し悪しの差が激しい

機内食・機材ともに期待せずに搭乗したところ、改善に力を入れている様子が伺えました。さらにエンターテインメント・サービス全てにおいて◎(若い客室乗務員さんはもうちょっとキャリアが必要かなといった感じでしたが)、日本航空には失礼な話ですが、ほんと見違えてしまいました。また日本航空を利用したいと初めて思いました。今回は日本航空さんに私の評価を見てほしくて初めて投稿します。

ヨーロッパなのにとても近く、快適なフライトでした。お水もちゃんと席に用意してくれているし、ご飯のパッケージも可愛い。

機体が新しく安心感がありました。アイマスクなどのアメニティーセットとペットボトルの水がもれなくついているのは良かったと思います。乗務員の方も笑顔で気持ちよく接してくださり、快適な空の旅となりました。機内食はおいしかったのですが、パンが冷たいのがちょっとマイナスかな?それでも安全性、乗り継ぎのよさ、経済性等々ひっくるめて考えると選んで間違いはないエアラインだと思います。

12月31日名古屋行きに乗り、ロシア上空で新年を迎えることになり、その瞬間に客室乗務員が「happy new year!」言って、スパークリングワインのサービスがふるまわれた。粋なサービスでした。エアバスで新型機で機材も充実していて、座席も広く感じました。

食事の前におしぼりを手渡しで乗務員さんに配布してもらえるのが有り難かった。私の今まで経験した航空会社ではなかったのでびっくりした。

エコノミークラスは狭めだが、機内サービスがこまめで対応がとてもフレンドリー。

丁寧な対応でまめにお茶等を用意していただけたり、偏見や差別も無さそうでとても好感が持てました。乗継の場合ヘルシンキ経由なので(乗継までの)フライト時間が9〜10時間&空港が大きくない、と楽々ですし、その分?到着地に夜遅くなる前に到着できる利点もあるし、北欧メーカー好きなので帰りがけに買い物できるのも嬉しいです!公開中だったウォーリーなんかもオンデマンドで入っていて、道中短い位でした!長くやってる航空会社で唯一死亡事故がないということで、ビビりの私も厚い信頼をよせて搭乗できます(笑)!!

機内のエンターテインメントの質も悪く個人画像がない。タラップ使用搭乗から古い機種の小型機乗り継ぎ。ヘルシンキの寂れた空港は買い物には不向きです。マイレージの情報錯誤もするし、関空の乗務員の態度もわるい。乗務員は英語堪能の人が、多かったが、笑顔がない。

初めて利用しましたが、帰りの飛行機での日本人客室乗務員の態度の悪さには、びっくりしました。機内食の選択の際に、希望の物を言うとありませんと言い、向こう側の客室乗務員のところでは、まだ配っていたので、そちらをほしいと言うといやな顔をしながら、その客室乗務員から受け取った後、「今度からご希望の食事をとりたいなら、前の方の席に座って下さい」と言われた。席の指定をするのもチェックインカウンターの人に決められたのに、あきれてしまった。

ヘルシンキまで10時間程度で到着するので乗りつぎがある場合でも体が楽。乗務員の働きぶりは気持ちがいい。関空線のMD-11はパーソナルモニターがないのでマイナスポイントだが、パーソナルモニターについては7月からエアバスになることに伴って、解消される。機内食はヘルシンキ発のものがいまいち・・・。

シカゴ/オヘア空港からカナダに向かうとき客室乗務員は一人でしたが、仕事の合間を使って、入国審査書類の書き方について、丁寧に(もちろん英語ですが)説明してくれました。好感度100%です

客室乗務員の接客が非常にフレンドリーで乗客側に過剰なサービス感を与えないのが良い。2008年と比較すると、日本語を話せる客室乗務員の搭乗率が減ったように感じた。機内食が不味くなった。マイレージの加算は会員ならキャンペーンに申し込むだけでかなりのマイルを獲得することが出来る。

乗務員のサービスは年々悪くなっているような気がします。乗客のマナーも年々悪くなっているような気がしますのでお互い様かもしれませんが。

外資系のエアラインは、サービスや対応が本当に雑です。しかし、客室乗務員がとても気さくで話しやすかったです。日系のようなきめ細かい対応を期待しなくてもいいのであれば、外資系も悪くはないです。

日本航空との共同運航便ですので、サービス品質は文句ありません。タイ人の客室乗務員が、日本人以上に活躍してくださいます。

自分の意見ですが、接客サービスと機内食は一番良かったです。但し、機材が古いせいか、他のエアラインより設備面は悪いです。(特に小生が乗ったグアム便はクラッシックジャンボ(B747-300)と、一番古かった機材)せめて座席にモニタは欲しいな…。

乗務員は主にタイ人の方ですが、日本語が流暢で笑顔が素敵で好感がもてました。また、機内食がBABELBAGELとコラボされていて楽しめました。

バリ島からの帰国便で、国内便並みのエンターテインメントで非常にびっくりした。また乗務員が、他の乗務員を指導していたり、サービスの悪さが気になった。

低カロリーミールを頼んでいました。でもあまりにもマズイので、帰路では普通のミールに変更してもらったほど。その他接遇などは良かったです。

トイレに行った時、乗務員が全員で(乗客の席の後ろ)でぺちゃぺちゃ話してて、何人もトイレ待ちの乗客の邪魔になってました。

アメリカ系エアラインと違って、サービスにいやらしさがなくよかったです。シートもフルフラットになって大変満足。

乗務員に日本人もいたのですが、他の乗務員と話しながら(英語だったので内容はわかりませんが笑いあっていました)客のコップを集めたり、飲みものを頼む際に聞き取りにくかったようで「は?」と言われました。話し方もぶっきらぼうで単語を言うという感じで、すごく感じ悪かったです。Lost baggageした時のカウンターの対応も悪く、欠航・遅れた際の対応も空きのある便に振り返るだけで、悪かったという感じもなにもなかったので、イメージ悪いです。

エコノミークラス利用でしたが、座席がゆったりとしていてエンターティンメントも充実、食事も満足でした。カナダ人の客室乗務員がお水のサービスに何度も来てくれたので乾燥している機内で助かりました。

たまたまかもしれないが、客室乗務員の機嫌が悪くてサービスどころの話ではなかった。長時間のフライトなのに、サービスを受けられないのは苦痛だった。

エコノミークラス以外のコメント

機材がたいへん良いではないのは、A380ではコンセントの不良があったこと、B777ではCクラスのシートのリクライニングの不具合があったため、その際も客室乗務員の対応はたいへん良いものでした。

エミレーツの個室風ファーストクラスシートは最高でした。ドンペリもどんどん飲める。深夜便なので食欲があるかは別にして料理もおいしい。でもアラビックコーヒーはまずい。

ビジネスクラスなのに選択した食事がないと言われ、その後もなんのフォローもない。なぜ評価が高いのか全く不明。

成田−ロンドンのビジネスクラスでは他社より格段に快適。日本人、男性乗務員が多いのが意外ですが皆さんとても気が利いていて親切。ヒースローのラウンジも「らしさ」があって良かったです。

色々なエアーラインを利用してますが、キャセイパシフィック航空は大変充実しているキャリアだと思います。シートの機能性の高さ、エンターテインメントの豊富さ、機内食の美味しさ、地上スタッフの心地良い対応等とてもレベルが高いです。特にホームである、香港機場の使い易さ・ラウンジの素晴しさや客室乗務員の方の自然なサービスが大変気に入ってます。米系の素っ気無いサービスや日系の過剰サービスが苦手な方にはお勧めですね。また路線も豊富な上、乗継で第三国へ行く場合は、現地朝到着便が多く、時間が有効的かつ宿泊費が浮くのでとても便

乗務員の接客サービスなどはとても素晴らしいです。ただ、欧州からの場合、日本着が遅い時間になってしまい、地方からの場合にはソウル、または成田一泊が必要になるのが難点です。

接客、機内食、ラウンジなどとても良かった。

機内食は本当に美味しかった。サービスもとても良かったが、ビジネスクラスだったからかもしれない。

日韓線はいつもアシアナを利用させて頂いていますが、堅苦しさのない家庭的なサービス、心遣い、客室乗務員さんとの適度な距離感が好きで、未だかつて嫌な思いをしたフライトはなく、むしろ記憶に残るフライトが多いです。(自分は、日系に乗るとたいてい嫌な思いをさせられることが多い。)日韓線であれば、使用機材の新しさ、設備、サービス等は客観的なデータを見ても一番をあげても良い航空会社だと思います。余談ですが、韓国系キャリアは日本発の場合は、格安の航空券が出回っていますが、韓国発の場合、その逆で日系航空会社が一番安く、韓国

ビジネスクラスのシートピッチなどは群を抜いているが、たまに重なりが悪く、極端に寝づらい席がある。マレーシア人客室乗務員は良いが、日本人客室乗務員は生意気な人がいる

往路の機内食は首をかしげる味でしたが、復路のビビンバは美味しかったです。客室乗務員もフレンドリーで日本語も通じるし、良かったです。

機内食・乗務員のサービスが良い

質の良さでは、上位3本の指に入ると思う。特にクルーは、美人揃いで、応対も良く、いつも、心が安らぐ。

今回片道だけの利用(ウィーン−東京)でしたが、私が過去ビジネスクラスで受けたサービスの中で、最も質の高いサービスでした。特筆すべきは、日本人乗務員のみならず、外国人乗務員(特に男性)の態度です。昨今、ビジネスクラスでも、どうも質の悪い乗務員(遊んでいたり等)が多い印象だったのですが、印象が一変しました。機内食(和食をチョイス)も、まるで高級和食会席を食べる時のような味と接客ぶりで、本当にくつろげました。

機材・設備等が古い印象を受けた。乗務員のサービスがあまりいい印象ではなかった感じがした。

乗務員の方たちの気づかいと対応が早く、食事がおいしかった。

外国の航空会社の中では、KLMの日本人乗務員が最もすばらしいと思います。

久々に搭乗したが、クルーの質も、以前より良くなった。

日本人客室乗務員もオランダ人客室乗務員もみんな優しいし、食事も日本航空より旨い。

客室乗務員のサービスが非常によい

客室乗務員めんどうみが良かったです。70代の母と私50代の個人旅行だったので日本語がなによりでした。

前から2番目にチェックインしたらプレミアムエコノミーにアップグレードしてもらいました。席が広いことも良かったですが、日本語が普通に通じる安心感は外資系には無い大きな魅力ですし、客室乗務員さんのベタベタしすぎないサービスがとてもいいと思います。 最近はサーチャージの高騰と外資系への興味から敬遠していましたが、サーチャージも下がってきたので久しぶりに全日空を利用しようかと考えています。

名古屋ベースの客室乗務員は成田ベースの皆さんよりフレンドリーで親切。新しいアジア線ビジネスクラスの機内食は確かにおいしいけど、らしくなくて今ひとつピンときませんでした。

全日空ではフライト中機内のシートで座りながら出来る簡単なストレッチ体操を画面で紹介しながら客室乗務員と一緒に皆で体操する時間がありエコノミー症候群予防にとても良く身体が軽くなりました。フライト中は乗客は座っている時間が多いので身体の血流がどうしても悪くなるので、このストレッチ体操を他のエアラインでも是非取り入れて欲しいです。一度覚えればデスク仕事や色々な面で使える体操だったので、私は今でも日常的につつ゛けてます。

瞬時の愛嬌と顔色。ホスピタリティの原点と思います。笑顔は絶対に絶やさないこと。

関空からのオークランド行きを利用したが、客室乗務員の感じがとてもよく、食事もおいしいし、ワインも非常に充実しておりよかった。ただ、シートがフルフラットになれば100点満点。(成田線のみなのが、残念)

中国系の客室乗務員だったがサービスレベルには全く問題なし

ヨーロッパ内の航空会社国際線の接客があまりにも悪すぎる。カウンターでのマイレージカードの返却の仕方など(全員女性)カチンと来ることが多かった。おまえらなんぼのもんじゃい!なのでやっぱり日系

新しいビジネスクラスに乗ったが、良くなった点悪くなった点半々。新型インフルエンザ騒動の最中に行ったが最初から最後まで客室乗務員がマスクを着用。欧米人が多いこともあってもまるで病院の中にいるようで、非常にホスピタリティに欠けた。一言くらい説明があっても良いし、大変、失礼だと思う。現地の入局管理官は一人としてそんな人はいなかったのと対照的。

毎年、何回か搭乗しているが保安要員としての訓練も良くされており、笑顔での程よいサービスを心がけている。日本人特有のやさしさがあり乗っていてほっとします。

他の色々な飛行機会社に乗って知ったのですが,大変よい航空会社です。今回は、海外での評価ですが、国内線の日本航空のサービス(特に搭乗員)は、もっとすばらしいです。国際線は、備品が補充、整備されていること、ノンストップ、機内は和食、お尻を向けて乗客を見送ったりせず、きちんとしてること(それが当たり前ですが)エンターテインメント充実、設備、機種は新しく、日本語が通じるからでは決してありません。(色々日本語のほうが注文しずらい。)これで、燃油が下がったとはいえまだ高いですね、何とかなりません?マイレージの比率が航

国際線はなんといっても日本航空でしょう。日本人の緻密な性格が随所にあふれていますので安心です。

接客にきめ細かい。言葉が通じる。

日本航空のマイレージを持っていなければ利用しなかった、客室乗務員はじめ乗員はタイ人ばかりで気が利かないしファーストに乗って価格と釣り合わない思いをしたのは初めて。

最近特に外国社や全日空と比較して余り良く言われないようですが、やはり乗ってみると、サービスや心配り、スムーズな運航等トップレベルだと思いました。これからもなるべく日本航空を利用したいと思いました。

エコノミークラスでもとてもステキなサービスをいただきますが、ビジネスクラスにおきましては、客室乗務員の教育というか、品がよく、落ち着いて、安心して8時間のフライトを楽しむことができました。やはり日本航空が一番!!

機材がきれいで、搭乗ごとの乗務員の接客サービスにバラつきが少ないので日本航空に乗る事が多いです。

ビジネスクラスシート数の割に、客室乗務員の人数が少ないらしく、ほかの方が食べ終わる頃に提供されるくらい待たされた。

ビジネス・クラスを利用しましたが、食事はまずいし、Cクラスの割りにとてもひどいです。加えて、日本人客室乗務員がほとんどおらず、頼んだものが来ない、違うものが来ると言った状態です

欧州系航空会社のサービスがやや低下しているのに対し、サービスレベルがやや向上していると感じられる。問題は価格と燃料サーチャージ代金。可能な限り世界的に共通化してほしい。

日本人の海外旅行についての知識と経験は日本航空にかなう会社はなし。さすが!

客室乗務員たちのさりげない心遣いとあたたかなホスピタリティー、マイベストワンビジネスクラスになりました。

やっぱりフライト時間が短いのは楽です。日本人の客室乗務員も好印象。

客室乗務は日本人の方は非常に良かったけど、若い外国人の乗務員は簡単なこちらの要望にあからさまにむっとしていました。機内食は結構美味しかったです。ラウンジはいつもノースウエストのラウンジを使っているので、比べると非常に物足りない感じでした。

飛びぬけていいのは乗務員のサービスだけでした。

ビジネスクラスに搭乗。乗務員に何度も足を踏まれたが気づかなかった。料理が冷めていた。


  1. 接客
  2. 機材
  3. 機内食
  4. 利便性
  5. 経済性
  6. 安全性・信頼性
  7. エンターテインメント
  8. 利用者特典

2010年01月

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部