ガイドブック編集部 > 特集 > エアライン・ランキング > 2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング > 利用者コメント > 部門別_【機材】
2011年版 地球の歩き方 エアラインランキング

2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング
航空会社別×部門別にチェックできる!部門別コメント集
機材・設備の快適性 のクチコミ評価

  1. 接客
  2. 機材
  3. 機内食
  4. 利便性
  5. 経済性
  6. 安全性・信頼性
  7. エンターテインメント
  8. 利用者特典

利用者のコメント

エコノミークラスのコメント

サービス、機内施設、エンターテインメントもいつも非常にすばらしいと感じている。これまで数十各国の航空機に搭乗してきたが、シンガポール航空がダントツ1番!!

最近の海外はシンガポール航空がほとんど。機体の快適性、安全性、エンターテインメント、食事とどれをとっても言うことなし。ただシンガポール航空が飛んでない所に行けないのが難点。

成田からロスアンゼルス行きに乗りましたが、機体も古く、機内食も適当で、天下のシンガポール航空とは思えませんでした。名物のシンガポールスリングも濃すぎて、一口飲んだ後、薄めて貰いました。恐らくこの路線だけが通常のシンガポール航空とは違うのではと感じました。ただ、アメリカ系航空会社のエコノミーよりはマシだと思います。

エコノミークラスを利用。機内食がとてもおいしくて、完食しました。飲み物の種類も豊富で、ビールもワインもカクテルも充実しています。唯一残念だったのが、フランクフルトまでの機材が747だったこと。およそ20時間のフライトの3分の2を過ごすには、シートが薄くて堅く感じます。出来れば、777−300かA380が就航している目的地、または時間を選びたいものです。ビデオプログラムはとても充実しており、特にCDアルバムがまるごと、複数のタイトル登録されていて満足しました。観るもの、食べるもので満足出来るため、長時間のフ

日本語でみられる映画が日系の航空会社よりたくさんある。エンターテインメント充実で長時間のフライトも飽きない。トイレを頻回に掃除しているのでいつでもきれいだった。シンガポール空港は、無料のネットがラウンジにたくさんあるので、乗継も快適。

福岡からシンガポールを経由してシドニーへ。他との違いはあまり見受けられませんでした。シンガポールからシドニーまでの機体は話題のA380でしたが、席がほぼ全席埋まっていたせいか、それほどゆったりしているとも感じられず…。やはりエコノミーではどのエアラインでも大きな違いは無いのかと思いました。もちろん同乗しているクルーにもよるのかもしれませんが。みなさんが高い評価をされており期待して利用したからこそ、少し残念に思いました。

最新鋭のA380とA330に乗ったが、両機材ともシート・エンターテインメントシステムなどの設備は業界最先端を行っていると思う。客室乗務員の皆さんも積極的で、頼んだことに対しては本当に喜んで対応して下さるのがうれしい。すっかりシンガポール航空の大ファンになってしまった。

A380に乗りました。シートが他の機材より広かった事と、隣の席を空けてくれたこともあり、とても快適でした。ただ、機材トラブルで90分ディレイしたことが非常に残念でした。

A380に搭乗しましたが、機内エンタテイメントは他社と比較できないくらい抜群に充実していました。

ジャカルタ−シンガポール線を利用した。座席には液晶画面があり操作用のコントローラもあったが、イヤホンは「有料サービス」。朝9時半頃ジャカルタ発便にもかかわらず、朝食時にワインの無料サーブあり。機内サービスの矛盾を感じた。日本路線には力を入れているのかもしれないが、他の航空会社と大差なく脈絡ないコスト削減策をとり、営業していることを実感した。

エアバスA380に乗れて最高!

特にエアバス380のエコノミークラスの座席の快適さは最高!値段も他社に比べて高くなく、お買い得感があり。

飛行機が大きくゆったりしていて、内装もキレイ。映画やゲームなどのエンターテインメントも充実で(画面も大きい)長時間のフライトも退屈しない。オンラインブッキング(日本語)が一番分かりやすく、手軽に利用できる。サービスも充実していて、メール等での問い合わせも迅速に対応してくれる。機内食がおいしく、飲み物の種類も豊富。ここ数年はほとんどシンガポール航空を利用しています。これからも可能な限り利用します!

日系のように食事後すぐ免税品販売せずに、何回分けて飲み物を配布しているので、サービスは丁寧で感じが良かった。機材はA380でエンターテインメントなども充実しているので、旅の疲れを感じさせない。

A380運航で快適

A380に乗りました。機内では快適に過ごす事が出来、大変満足しました。

関空からの機種は比較的古いものが多い中でここは文句なし。天井の星もきれいでした。

【機材】が新しく、エコノミーで長時間座っていてもお尻が痛くならない。またエンターテインメントも充実しており、オンデマンドは勿論、ジャパンポップスや日本の映画等も充実。これまで搭乗した中で一番!

名古屋発のエミレーツ航空を利用しましたがエンターテインメントが完全なオンデマンドではありませんでした。(最新機材でなかったため)その他は非常に快適でした。

座席のシートが高く、シートを倒すと足が床にしっかり着かず、違和感があった。それ以外は機内食が美味しく、設備も新しいもので安心して乗ることができた。また、スタッフも堅過ぎずフレンドリーすぎず、ちょうど良かった。

乗務員がフレンドリーで丁寧。飛行機も新しく、サービスが充実しているが、乗り継ぎの時間がすごく長い。空港で買い物をさせたり、観光をさせたりするために、わざと乗り継ぎ時間をあけているのかなと思いつつ、買い物もドバイ観光もしました。

席と席の間が狭く、席もあまり心地よくなかった。あまりお勧めしません。

飛行機の機種が新しかったので、とても大きく、きれいでした。座席も広く感じました。搭乗した日が私の誕生日で、客室乗務員が帽子を貸して下さって、記念写真を撮ってくださった上に、シャンパンとおつまみまでいただきました。一生忘れない思い出です。

機内設備がとても綺麗でした。各社ともエコノミーのコスト削減が加速している中、食事がとても立派で感心しました。サービスのちょっとしたところにきちんとお金をかけているのが伝わってきて流石だと思いました。

飛行機が新しいため、機内の設備が整っていて、清潔で快適でした。乗務員の方も、私が英語が話せないとわかると、機内食の説明を物まね(あひるでした)でしてくれるなどユーモアにあふれていて、とても好感が持てました。

トイレが故障したまま離陸。食後は超混雑。しばらくは、故障の表示も全くせず、故障トイレに長い列ができていた。配膳の段取りが悪く、離陸後約4時間経ってやっと食事に。

ロンドン直行便がある4社の中では、一番サーチャージが安いのに、サービスがすごく良いので、必ずヴァージンです。エンタ設備はすごく良いし、機内食は4種あり味もいいし、座席がちょっと広めでリクライニングを倒しても後ろにあまり突き出ない構造になっているのも◎。長時間フライトなので皆さんリクライニングは倒すので、前の人が倒しても座席が狭くならないのは大きいです。大きなマイレージグループに所属していないけど、全日空に貯まるので良しとしてます。

マイレージプログラム換算率が変わってしまったのが残念。VSは、欧州系エアラインの中でも日本人に一番なじみやすいのではないか。アメニティ、機内販売、乗務員のマナー、態度など。

客室乗務員の方々がとても親切だし、機内の配色も好きです。機内食の和食のお弁当も好きです!

通常のエコノミーよりスペースも広く、座席も快適で疲れを感じないフライトでした。

香港乗り継ぎでヨーロッパに行きました。日本-香港間のシートがゆったりしていて、料理も大変美味しかったです。香港-ヨーロッパは普通でした。

キャセイは、機内がとても清潔なのと、乗務員がとても親切です。マルコポーロクラブのメンバールームが快適です。

香港乗継でパリまででしたが、本当に快適でした。長旅でも疲れませんでした。エコノミーのシートがよくなっているのですね。驚きました。シェル形で、前の座席が倒れてこないんです…

夏季休暇でバンコクに行った際に、香港経由で利用しました。待ち時間も少なく乗継も非常にスムーズでした。機内設備、サービス共に満足の行くものでした。香港ベースの航空会社ということもあり、機内食も中華系と日本人の口に合うものだったと思います。次回香港に行く機会があれば、是非もう一度利用したいですね。

椅子が私には合わず、大変苦痛でした。

何度もキャセイパシフィック航空を利用しています。そのたびにラゲージ破損、一度数日間紛失されました。乗り継ぎも多く、乗務員からお尻を向けて見送られ、機内荷物を手伝ってくれと頼むと僕はポーターで無いと言われた失言も思い出します。それでも機内の広さ、設備エンターテインメント充実、機内の免税品販売品も良、機内食も中華、夜食のカップラーメン注文可能、地方国際線からの発着、オープンジョー、ストップオーバー無料可能、マイレージ交換種類多く香港空港は設備サービスが大変よいのでまだ利用しています。英語堪能者も多く、日本から

機内食が少なくてびっくりした。また、機内で毛布も配られなく、わざわざリクエストしなければならなかった。

最新【機材】の座席、エンターテインメントは最高だが、古い機材のエンターテインメントは使い勝手が悪くプログラムも少なくて楽しめなかった。

20年ぶりに利用しました。大体どこもそうですが、関空発着の機材・エンターテインメントともに成田発着より劣るため、かなり退屈なフライトで、最近のクチコミ評価を見て期待していた機内食の内容もフツウだった。中国系の美形客室乗務員がかなり生意気で不快な思いをしたため、もう利用する機会はないでしょう。

2度搭乗しましたが、1度目は名古屋発の飛行機で、機内の設備は普通か、日系より良い位でした。2度目の成田発の午後便を利用したのですが、機内のエンターテインメントが名古屋発のものとは比べ物にならないくらいとても良かったです。映画も山のようにチョイスがあり、座席も凄く良かったです。

機材がきれいで快適。乗務員のサービスも良い。

エコノミーでもゆったりした印象でした。

B744での運航ではシートテレビ等エンターテインメント設備がないため、長距離路線ではかなり退屈する。特に子供連れでは絶対に勧められない。しかし、ドリンクサービスでのビールは瓶で提供される等、ところどころでドイツらしさを感じさせられる。

パーソナルスクリーンがあり、映画や各国の音楽、フライト情報などを選べるのが良い。トイレも階下に数多くあり、トイレを待つこともさほどなかった。また、機内食以外におむすびを用意してくれるのは日本人にとって嬉しい。

アジア系航空会社の様な特有な臭いがしません。後、到着1時間程前になるとアイスクリームのサービスがあります。機内食もかなり良いです!!!

ドイツの航空会社ということだけあって安全性や乗り心地(シートなど)の面では良い印象を受けました。ただ長時間のフライトの場合、国際線でも個人向けのTVが設置されていない機体が多く不評のようですが「ムダを省く」といった意味で言えば、残ったサンドイッチやおにぎりを降りる際に配布して余らせない点などサービスはとても良かったように思います。

エコノミークラスにもパーソナルビデオを設置して欲しい。

トイレの数が多く、食事後も比較的並ばずにすみました。

初めてルフトハンザに搭乗したのですが、機内は狭く感じましたが自由に動けたのでわりに快適でした。機内食もおいしく、ドリンクサービスと一緒についてきたスナックがブレッツェルでとてもおいしかったのが印象的です。また、機内後方に「ご自由に」と置いてあったお菓子やジュースの中に、個包装のおにぎりがあったのが良かったですね。お菓子嫌いの主人も喜んでいました。

機内が小さいのか圧迫感がありました。また、ビデオなどのエンターテインメントが無かったので、長いフライト時間では退屈です。

初めての理容でしたが、エンタテーメント、機内食、居住性どれを取っても不満足。最近珍しい。これがドイツ式の合理性?サーチャージも高めだし失望しました。次回、個人で手配のときは絶対チョイスしません・

新しめの機体が多いように思います。前の座席にテレビがついているタイプで、ソウルからフランクフルトへのフライトでは映画の本数が多いのに驚きました。しかし帰りの便は私のいた区画のみ故障でテレビも上のライトさえも使えない状態だったのが残念でした。乗務員の人当たりはとてもよかった。機内食にビビンバが出たのもよかった。どの食事もおいしかったです。

ソウル−北京の往復便を利用した。アシアナの機材がよく、機内も綺麗に掃除されていて気持ち良かったです。乗務員の方はみんな美人で親切。短距離便とはいえ食事が大変おいしかった。仁川空港では、地元のエアラインだからか、アシアナと大韓航空の搭乗口と降機口は何れも出入り口に近いところに配置されていて、帰りの時はただ15分間で降機口から外に出ることができた。ただ、韓国で予約するとき、国際線を運営する大手会社なのに、ホットラインでは韓国語しか対応できず、英語と日本語が通じないのは不便だった。往路便で機内販売の商品を予約し

シートピッチが広いので積極的に利用しています。日本からソウルまで便数が多いので乗り継ぎも良く、仁川空港の設備も良いのでたとえ時間が空いてしまっても退屈しません。

毎年ヨーロッパに行ってますが、今回初めてアシアナを利用しました。結果は期待以上のもので、機材、サービス、安全性、どれも十分満足しました。特に客室乗務員の優秀さは特筆もので、細かいところまでの気配りは気持ちが良かったです。今年も是非利用したいと思います。

機体のベージュの塗装色がシックで好きです客室乗務員のユニホームもベージュで好感が持てます

アシアナ航空に初めて搭乗しました。こじんまりした飛行機でしたが、機内食も美味しかったし、乗り心地も良かったです。次回もアシアナ航空に乗りたいと思いました。

初めてアシアナを利用しました(A320とA330使用)最新機材に、機内食、サービス、スターアライアンスのマイレージ加算を考えたらコストパフォーマンスは素晴らしいと思います。接客サービスも日系、シンガポール航空、キャセイパシフィック航空にも劣らず、かと言って丁寧過ぎずフレンドリーで好感が持てました。パイロットの技術には疑問が残りましたが、次に韓国に行く際はKEよりも優先してアシアナを選ぶと思います。もっと、東南アジアやヨーロッパ方面に便があれば言うことがないのですが・・。

インフルエンザの影響からか超激安のキャンペーンをやっていたので、利用しました。評判ほどではないけど、全般的に平均点以上だと思います。特にシートの間隔が以外と広くて良かったです。ただ、他社の多くが燃油代を取らないのに取ったりマイレージが溜まりにくいようになっているので経済性を重視する人にはお勧めできません。

マレーシア国内線も利用しましたが、サービスもよく機内も綺麗でした。また利用したいという安心感を感じました。

コリアンエアーは最近とても良いイメージです。ロスアンゼルス線は機材が古いがサービスは最高です。

乗務員さんがとても優しく、機内も快適でした。

初回に乗った時(2007年5月)ほど快適性を感じなかった。可もなく不可もなく、ごく普通な感じ。

この不況の時代にこれだけのネットワークを維持していることが素晴らしいと思います。今後全面的に新シートを導入していくということですので、ますます期待できるエアラインです。

機材が新しい

ボーイング機にして席が狭く、かなり辛かったです。また食事の質がかなり悪くなりました。やはり経営難が表れているようでした。

口コミ欄に座席が狭く窮屈だったとあったので心配したが、特別狭いとは感じなかった(通路は狭い)し、食事はおいしい部類に入ると思う。ただ同じエコノミー席で3−4−3と3−3−3があるのは不公平だと思う。日本人客室乗務員は搭乗便に3名いたが男の客室乗務員の方が笑顔があり好感が持てた。

シートの色が素敵。リクライニングを倒してもいつの間にか戻ってくるのがちょっとつらい。映画のプログラムによっては画面が乱れてちゃんと観られなかった。機内食はまぁまぁだったけど、パンは電子レンジで温めているような感じで、すぐに食べないと堅くなる。乗務員は感じよい人が多かった。

シートが狭く、満席だと辛いのは確かだが、機内食でハズレがないのは良い。

ハブ空港ウィーン空港が乗り継ぎに便利。映画をオンデマンドでいつでも開始出来ればさらにいいと思います。座席配列が3-4-3なので、少し落ち着かないです。間食のサービスや飲み物のサービスが適宜あり、満足できます。

座席の前後ピッチが狭い。機内食はヨーロッパ系航空会社の中でもランクは低い。

平均身長世界一を誇る国の飛行機だけあって、エコノミーなのにピッチが広くて楽でした。背の高い客室乗務員さん揃いで、手の届かないところが無いという安心感を初めて得ました。他に比べても、親しみやすく親切だと思います。

座席がとても狭かった。機内食はおいしいものとまずいものがあった。

成田−上海を利用しました。日本人はあまり乗っておりませんでした。他社に比べ、座席が狭く、サービスもさほどよくはありませんでした。

機材が小さく大変苦労しました。あの機材はもう二度と搭乗したくないです。

食事や飲み物等申し分なし。人によっては、サービスやアナウンスが、うるさく過剰気味に思えるかもしれないが、私は好き!また、到着地によって機材に新旧の差があるようでちょっと残念。

今回初めて全日空の国際線を利用しました。たまたまこのフライトがそうだったのかもしれませんが、サービスはファミレスレベルで正直がっかりしました。座席もすごく狭く感じたし、老朽化が進んでるような・・・。ただし、シートベルトなど安全面の確認は徹底しているなという印象を受けました。外国の方にはうっとうしがられているようでしたが。日本の航空会社らしい、よりきめ細かいサービスを心掛けてほしいですね。

日本−ニュージーランド線は路線的に独占に近いので航空券が高いのが玉に瑕だが、サービスや座席、機材などはすばらしい。特にエコノミーのシートピッチの長さなどは、長身だと足が納まらない日系にも少し学んで欲しい。いままで利用した国際線では総合的に見て一番良かった。

機体は新しく、乗務員は気さくでフレンドリー。程良くキウィ気質。男性職員は特に親切なのでお願い事は男子に。8回乗りましたが、食事も普通からとても美味しい物が出る。最近は、アイスが毎回味とメーカーが変わり、楽しい。オリジナルのキャラメル入りアイスが出たら吉。ミルク味のヴァニラも大変美味。ワインも豊富で、エンターテインメントも問題なく楽しめる。トイレの石鹸もNznatural製品でいい香り。

成田からだと一日数便あるため日程が立てやすい(特に夜出発便はよい!)というメリットがありますが、777-300の3x4x3のシート編成はとにかく狭い。機内全体に窮屈感・圧迫感があり、シート自体も硬めなため夜行便でしたがほとんど寝れませんでした。トイレの数もシート数を増やす前と同じ(?)なため、いつも混雑。はっきり言うと、最悪のエコノミークラスでした。

日本便はいいが、乗り継ぎでホーチミンへ行ったが、機材が古い。

マイルは貯まり、機内食は美味しく、機体も新しかった

タイムスケジュールが一番良かったので、初めてタイ国際航空を選びました。バンコク−ヤンゴンの便では、女性客にのみ生花のブローチを配ってくれました。好感度高いです。さらに花の色が紫で、タイ航空カラーだったのもかわいいなと思いました。機内のデザイン(紫を基調)や、トイレ内のアメニティなど、タイ国際らしく気分が良かったです。格安航空券でもマイレージが貯められれば言うことないです。

日本航空のエコノミーは他の航空会社と比べて、座席が狭いと思う。

マイレージを貯めているので利用するようにしていますが、サービス、食事、快適さなど満足しています。

機内での対応は満足のいくレベルですが、機材が古いのが残念。

日本航空の離着陸がとてもスムーズ。最近は全てコンピューターでの操作と聞いていますが、他社と比べると一番安心で揺れもすくないです。只、難を言えば、エコノミーでは歯ブラシセットが無いといわれて12時間不快でした。

機内食・機材ともに期待せずに搭乗したところ、改善に力を入れている様子が伺えました。さらにエンターテインメント・サービス全てにおいて◎(若い客室乗務員さんはもうちょっとキャリアが必要かなといった感じでしたが)、日本航空には失礼な話ですが、ほんと見違えてしまいました。また日本航空を利用したいと初めて思いました。今回は日本航空さんに私の評価を見てほしくて初めて投稿します。

日本航空だからこそ、高い質を求めすぎているのかもしれませんが、以前に比べて客室乗務員によるサービスの質が落ちたように思いました・・そして、座席が狭い。

行きは,歯ブラシ・アイマスク・空気枕までついててとてもありがたかったです。全体的になかなかよかったです。

12月31日名古屋行きに乗り、ロシア上空で新年を迎えることになり、その瞬間に客室乗務員が「happy new year!」言って、スパークリングワインのサービスがふるまわれた。粋なサービスでした。エアバスで新型機で機材も充実していて、座席も広く感じました。

エコノミークラスは狭めだが、機内サービスがこまめで対応がとてもフレンドリー。

清潔感がある。

機体が新しく安心感がありました。アイマスクなどのアメニティーセットとペットボトルの水がもれなくついているのは良かったと思います。乗務員の方も笑顔で気持ちよく接してくださり、快適な空の旅となりました。機内食はおいしかったのですが、パンが冷たいのがちょっとマイナスかな?それでも安全性、乗り継ぎのよさ、経済性等々ひっくるめて考えると選んで間違いはないエアラインだと思います。

便がやや少なく、器材が小さいため、予約申込みが少し遅れただけで取り難いのが難点。

エコノミークラスでもゆったり感が非常にあります。

長距離のフライトは,疲れるので座席が広いアメリカン航空を第一選択にしています.日本発だと必ず日本語が話せる人がいるのも選択条件です.

掃除がもう少しいきとどいていたら、良かったのに、前の便のゴミが残っていた。

シート(前後)が狭くて、足が痛かったが、伸ばす事ができたので痛みは解消された。男性はかなり窮屈そうだった。

エコノミークラス利用でしたが、座席がゆったりとしていてエンターティンメントも充実、食事も満足でした。カナダ人の客室乗務員がお水のサービスに何度も来てくれたので乾燥している機内で助かりました。

エコノミークラス以外のコメント

ビジネスクラスは他社のファーストクラス並みの設備でした

機材がたいへん良いではないのは、A380ではコンセントの不良があったこと、B777ではCクラスのシートのリクライニングの不具合があったため、その際も客室乗務員の対応はたいへん良いものでした。

シンガポールからオークランドまで777−300ERのビジネスクラスを利用しました。A380と同じ横幅の広いシートで、就寝時にはフルフラットになり大変楽に移動が出来ます。また、真ん中の席の上には収納スペースがないため空間的に広く圧迫感がなく良いです。

シンガポール航空を利用して20年になりますが、いつも快適で、他の航空会社に乗ると格差を感じる。

機内設備は最高!あと、乗務員の接客サービスがもう少しよければ。

ファースト・スウィートに乗りました。個室でプライバシーが守られ快適です

ビジネスクラスは完全にフラットになるシートもあり、極楽。エコノミークラスでもエンターテインメントも充実しているし、全体を通して機内食もかなり美味しい。

ビジネスではアイマスク 耳栓 靴下等が入った袋をくれるがどれも粗悪品で特に耳栓は全く効果が無かった。 セントレアの専用ラウンジの椅子はパイプ椅子の様な安物で、コーヒーやサンドイッチ程度しか置いていない。

関空からのマレーシア航空のビジネス、新しい感じでゆったりした空間で、予想以上に良かったです。

ビジネスクラスのシートが素晴らしかった。

ビジネスクラスのシートピッチなどは群を抜いているが、たまに重なりが悪く、極端に寝づらい席がある。マレーシア人客室乗務員は良いが、日本人客室乗務員は生意気な人がいる

機材・設備等が古い印象を受けた。乗務員のサービスがあまりいい印象ではなかった感じがした。

前から2番目にチェックインしたらプレミアムエコノミーにアップグレードしてもらいました。席が広いことも良かったですが、日本語が普通に通じる安心感は外資系には無い大きな魅力ですし、客室乗務員さんのベタベタしすぎないサービスがとてもいいと思います。 最近はサーチャージの高騰と外資系への興味から敬遠していましたが、サーチャージも下がってきたので久しぶりに全日空を利用しようかと考えています。

アジア路線は機材はどちらかと言えば古いのが難点。

全日空ではフライト中機内のシートで座りながら出来る簡単なストレッチ体操を画面で紹介しながら客室乗務員と一緒に皆で体操する時間がありエコノミー症候群予防にとても良く身体が軽くなりました。フライト中は乗客は座っている時間が多いので身体の血流がどうしても悪くなるので、このストレッチ体操を他のエアラインでも是非取り入れて欲しいです。一度覚えればデスク仕事や色々な面で使える体操だったので、私は今でも日常的につつ゛けてます。

よく飛行機を利用しますが,最近の全日空は設備面で全体的に古くとくにヨーロッパ便で使用されている機材のB-747-400はシートがB-777と比較してもほめられたものではない。エンターテインメントにしても機材に係わらずいまいち(4月から充実するようですが・・・。)です。客室乗務員の方もありきたりな対応で特に悪くはないが,全日空を選ぶ理由も特にない気がします。昨今アラブや東南アジア系エアラインで行われている新しい機材やサービスと比較すると日系の航空会社は秀でたものがなく,魅力が少なく感じます。まぁアメリカ系航

サンフランシスコから成田をファーストクラス(ビジネスからアップグレード)を利用。全日空のファーストクラスは、ゆっくり出来ます。食事は、日本航空の方が良いような気がしますが。(個人の好みなので何とも言えませんが)

全日空はビジネスクラスになるとやはり快適さが違いますね。香港便でしたが、フラットになるシートで快適に眠れました。

ビジネスクラスに搭乗。座席を倒してゆっくり眠れた。最前列だったので、前の空間が広かった。軽食を食べたいときに作ってくれた。

オークランドからバンクーバーまでビジネスクラスを利用しました。斜めに座席が配置されたフルフラットシートです。長時間の深夜フライトでしたがぐっすり眠ることが出来ました。また、機種は747−400で前から4列目の席でしたが回りがゆったりとしており、777−200ERよりお勧めです。

上映映画の数が少なかった。シートはフルフラットで、就寝時には客室乗務員がメイキングをしてくれ、快適だった。

特典航空券でビジネスに乗りました。日本発深夜、帰りもパリ発深夜の便でとても効率よく時間を使えます。座席はほぼフラットになるものでとても快適に眠れます。また、ビジネスのトイレにはクラランスのメイク落とし、化粧水もそろっていてよいです。食事は仰々しいわりに味はいまいちでした。ビジネスラウンジはアテネはサンドイッチが乾いていてあまりよくなかったですが、パリはチーズなどもそろっていて広々としていました。

プレミアムエコノミーを利用したが、食事などのサービスがよく、座席は幅はそれほどないが前が広く明いていて快適だった。また利用したい。

アジア路線のビジネスシートが他社アジア系エアラインより劣っています、早く改善を。

他の色々な飛行機会社に乗って知ったのですが,大変よい航空会社です。今回は、海外での評価ですが、国内線の日本航空のサービス(特に搭乗員)は、もっとすばらしいです。国際線は、備品が補充、整備されていること、ノンストップ、機内は和食、お尻を向けて乗客を見送ったりせず、きちんとしてること(それが当たり前ですが)エンターテインメント充実、設備、機種は新しく、日本語が通じるからでは決してありません。(色々日本語のほうが注文しずらい。)これで、燃油が下がったとはいえまだ高いですね、何とかなりません?マイレージの比率が航

プレミアムエコノミーは、高くなく快適な機内だけでなく、チェック時や飛行機に乗るまでの時間に差が出るので、少し余裕があれば利用するほうがいい。

プレミアムエコノミーで成田−アムステルダムの12時間のフライトが全く苦にならない快適な旅でした、シートのせいでしょうか???

アジア近距離路線ですと比較的新しい機材が投入されておりますが、先日のハワイ路線はビジネスクラスでも少々古い感じがしました。他社路線ですとシェルフラットシートになっております。成田のサクララウンジは非常に良いです。他の航空会社のとは一線を画しますね。

機材がきれいで、搭乗ごとの乗務員の接客サービスにバラつきが少ないので日本航空に乗る事が多いです。

機内が清潔では勝るものなし

ハワイ便は、ビジネスでもあまり快適とは言えないシートだ。

ビジネスクラスやプレミアムエコノミーの椅子が非常にいい。

ハワイ便の機材は古い

エグゼグティブファーストを利用したが、非常に快適だった。12時間以上のフライトでも長く感じなかった。


  1. 接客
  2. 機材
  3. 機内食
  4. 利便性
  5. 経済性
  6. 安全性・信頼性
  7. エンターテインメント
  8. 利用者特典

2010年01月

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部