ガイドブック編集部 > 特集 > エアライン・ランキング   >  2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング > 利用者コメント > 部門別_【利便性】
2011年版 地球の歩き方 エアラインランキング

2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング
航空会社別×部門別にチェックできる!部門別コメント集
利便性(就航地/便数/離発着時刻/乗継など)のクチコミ評価

  1. 接客
  2. 機材
  3. 機内食
  4. 利便性
  5. 経済性
  6. 安全性・信頼性
  7. エンターテインメント
  8. 利用者特典

利用者のコメント

エコノミークラスのコメント

機内で不便に感じることはほぼなかった。乗務員のサービスもよく、機内食も楽しく食べることができたし、飽きることもなかった。ただ関西−シンガポール間の便数が以前に比べ大幅に減ってしまったので、利便性の面ではマイナスになってしまったと思う。

相変わらず快適なサービスで満足です。最近はアジアか北米かシンガポール航空の飛んでいるところしか行かなくなったのが気になっています。

他のエアラインを乗ったことのある人なら絶対一位でしょう。シンガポールという国自体も大好きです。空港での乗り換え時間もほとんど苦にならない。ヨーロッパに行く時は必ず乗ります。

関西空港ーバンコクーシンガポール 路線をぜひ再開して下さい。

成田〜バンコク便 毎日就航してくれるともっと便利。

私のまわりはエミレーツ航空のファンが多いです。乗り継ぎ時の待ち時間の長さ、ドバイ空港の楽しい施設のおかげです。ただ就航都市の数、便数が少ないのが難点です。

関西空港から羽田へのコードシェア便の待ち時間が長すぎ

乗務員がフレンドリーで丁寧。飛行機も新しく、サービスが充実しているが、乗り継ぎの時間がすごく長い。空港で買い物をさせたり、観光をさせたりするために、わざと乗り継ぎ時間をあけているのかなと思いつつ、買い物もドバイ観光もしました。

2回利用しましたが私は不満足でした。まず、良く遅れます。関空到着が遅れたため、羽田には最終便で着き、終電で帰ったこともあります。ひどい時は接続便が遅れたために出発が遅れ、到着地での乗継便に乗れなかったことがあります。この時の乗継便は買い直すはめになったのですが、他社で購入していたからと言って弁償してくれませんでした。また機内食ですが、メインがなくなったからと言ってメイン無しですまされました。

セントレアからの便が無くなり利便性が下がった。 羽田−関空を使わなくてはダメなので。

シンガポール往復の際に香港乗継で利用、復路は香港でストップオーバーしました。乗継スケジュールは抜群、香港国際空港でのスタッフの乗継案内も親切で大変分かりやすい。東南アジア、インド各地へは利便性の大変高いエアラインです。また、香港から搭乗の際のエアポートエクスプレス駅でのインタウンチェックインは身軽になって空港へ向かえて、個人旅行者には大変便利。機内食はハイレベルだと思いますが、できればメニューを配ってくれるとうれしいですネ。

セントレア発で便に限りがありキャセイパシフィック航空はよく使います。

夏季休暇でバンコクに行った際に、香港経由で利用しました。待ち時間も少なく乗継も非常にスムーズでした。機内設備、サービス共に満足の行くものでした。香港ベースの航空会社ということもあり、機内食も中華系と日本人の口に合うものだったと思います。次回香港に行く機会があれば、是非もう一度利用したいですね。

何度もキャセイパシフィック航空を利用しています。そのたびにラゲージ破損、一度数日間紛失されました。乗り継ぎも多く、乗務員からお尻を向けて見送られ、機内荷物を手伝ってくれと頼むと僕はポーターで無いと言われた失言も思い出します。それでも機内の広さ、設備エンターテインメント充実、機内の免税品販売品も良、機内食も中華、夜食のカップラーメン注文可能、地方国際線からの発着、オープンジョー、ストップオーバー無料可能、マイレージ交換種類多く香港空港は設備サービスが大変よいのでまだ利用しています。英語堪能者も多く、日本から

セントレアからの便(エアライン数)が少なく。キャセイパシフィック航空は乗り継ぎがいいのでよく使います。

マイレージに有効期限があるのはマイナスですが、そのほか、特に利便性で優れています。

ルフトハンザは日系の航空会社よりも乗り継ぎが便利なので利用します。また、大阪発着便には個別のシートモニターも完備されてました。食事も他の航空会社に比べて良いですし、乗務員も過剰サービスにならず好感がもてました。

仙台からセントレアに飛んでからの乗り継ぎでしたが、国内線が割安になるのは良かったけれど、帰国便との接続が悪くかなり空港内で待ったのが無駄だった気がする。

日本の地方空港に多数路線があるのがとても便利。特に日韓線は短距離なのに他社に比べて機内サービスの質が格段に高いと思う。日本人乗務員もどの便もみな頑張っているのが伝わります。一方、日本人クルーのいない長距離便は(短距離便が素晴らしいので)期待していたわりには大したことがなかった。機内設備はきれいなのに客層がいまいち。

ヨーロッパへ行く際の乗り継ぎもとても便利で、またソウルの空港も充実しているので退屈せずに乗り継げます。

何よりも仁川空港をハブにしての乗り継ぎバリエーションが多く便利です。

ソウル−北京の往復便を利用した。アシアナの機材がよく、機内も綺麗に掃除されていて気持ち良かったです。乗務員の方はみんな美人で親切。短距離便とはいえ食事が大変おいしかった。仁川空港では、地元のエアラインだからか、アシアナと大韓航空の搭乗口と降機口は何れも出入り口に近いところに配置されていて、帰りの時はただ15分間で降機口から外に出ることができた。ただ、韓国で予約するとき、国際線を運営する大手会社なのに、ホットラインでは韓国語しか対応できず、英語と日本語が通じないのは不便だった。往路便で機内販売の商品を予約し

成田−ソウルの利用ですが、値段とタイムテーブルで最近アシアナ専門です。

ソウルでの乗継時間に無駄がなく、日本からの直行便とそれ程変わりなくヨーロッパに到着できる。客室乗務員も皆親切で、日本語が話せた。コストパフォーマンスも最高。

往復ともアデレードへの乗り継ぎがよかった

コタキナバルへの直行便はとても便利でした。新しい空港もとてもきれいでした。

メルボルンへの乗り継ぎがよかった

コタキナバルへの直行便でついてからゆっくりと滞在を楽しめました。

家族でプーケットに行きました。クアラルンプール経由でバンコク経由よりも早くて快適でした。

プーケットへの乗り継ぎが便利でした。

韓国へ、またヨーロッパへの旅行には最適です。特に地方に住んでいる者にとっては。

成田から台北まで韓国乗り継ぎで利用しました。韓国線ではよく利用しますが、乗り継ぎは初めてでした。仁川空港乗り継ぎは便利で快適でした。台北空港でも手続きもスムーズでした。

隔日運行を徹底的に実行し、就航都市を急激に拡大したため、ライバルとしていた日本航空を超えた。そのひずみでビデオを設置していない機材が10時間以上の飛行を余儀なくされている。改善を希望する。

最近では仁川空港を経由して日本からいろんな国にアクセスできて便利。

食事で選びました。ビビンバやお粥は噂通りでした。ロンドン発も夜9時でしたのでツァーに比べ一日得した感じでした。

成田発済州島行きは、時間が早くて不便。

地方在住者にとっては、羽田−成田という移動のめんどうがなく、ソウルから先の接続もよいので、利便性が高い。エンターテインメントについては、座席シートに画面がなくまったく楽しめないこと、機内食に楽しみがない(旅行先がアジア圏のためか、ビビンバに当たったことはない)という点があるが、利便性と経済性を考えると文句は言えないかなと思う。機内食といえば、ソウル発便では必ず出される中華ドレッシング付きの冷や奴は、乾燥した機内ではとてもおいしく感じるが。乗務員は日本ーソウル便ではなくても、できるだけ日本語で対応しようとし

ドーハ空港で待ち時間に食事を提供されたり、無料でラウンジを利用できました。

ハブ空港ウィーン空港が乗り継ぎに便利。映画をオンデマンドでいつでも開始出来ればさらにいいと思います。座席配列が3-4-3なので、少し落ち着かないです。間食のサービスや飲み物のサービスが適宜あり、満足できます。

初めてKLMオランダ航空を利用。アムステルダム・スキポール空港は広大なわりに、乗り継ぎがスムーズで、非常に使い勝手がよい。機内食もおいしかった。今までは同じスカイチームのエールフランスを利用することが多かったが、総合的にKLMのほうが上と感じた。今後はKLMをひいきにしたい。

欧州系では運賃は最安値でしょう。スキポール空港での乗り換えは、初めてでも分りやすく、リピーターでも長時間であっても十分に飽きずに過ごせるだけの設備が整っているので最高です。もちろん、乗り継ぎ時間がそこそこあれば市内へ出るのも簡単なのでこれも便利。機内では、オークラとの提携でエコノミークラスの和食がよくなりました。成田発全パーソナルモニター付きになるともっとよいですね。

関空発アメリカ・ハワイがない。せめてハワイだけでも設定してほしい。

安全性とサービスレベルが高いと思います。特に全日空はスターアライアンア加入なので、欧州内の移動もスムーズです。

今回ウィーン・パリに行く為、初めてエールフランスを利用しました。食事は充実していましたが、帰国時パリの空港で出国処理に時間がかかり出発が1時間遅れました。このあたりがフランス的ですが、乗り継ぎの利便性がいいのでまた欧州内を行き来する際には利用したいと思います。

エールフランスの成田夜便(スターウィング)は、早朝パリ乗り継ぎになるので欧州経由にとても便利です。

日本発の夜便があるのでCDG乗り継ぎで、他国に行くのに午前到着が出来て便利。パリに行くことがメインなので、やはりAFをよく使う。

夜に日本を出る便があるので便利で何度か使っています。それ以外の魅力はそんなにありません。マイレージの使い勝手の悪さには日系のエアラインから比較すると腹が立ちます。

成田深夜便でパリCDG乗り継ぎ、ロンドンまで行きましたが早朝到着で3時間空港で暇潰すのは容易ではありませんでした。

本気で日数に余裕の無い滞在だったため、勤務後にパリへ飛べる利便性の高さから金を時間に換えたと思って清水の舞台から飛び降りるつもりで利用した。

成田からだと一日数便あるため日程が立てやすい(特に夜出発便はよい!)というメリットがありますが、777-300の3x4x3のシート編成はとにかく狭い。機内全体に窮屈感・圧迫感があり、シート自体も硬めなため夜行便でしたがほとんど寝れませんでした。トイレの数もシート数を増やす前と同じ(?)なため、いつも混雑。はっきり言うと、最悪のエコノミークラスでした。

エコノミーでもシャンパンが飲めることと、仕事終わってからでもパリに行くことができて便利なので、ヨーロッパへ行くときはよく利用しています。

ヨーロッパ内での乗り継ぎ便が豊富なので,使いやすい。

パリ経由の欧州往復を2回利用した。1回は復路にスーツケースの鍵(外付け)を紛失され、スーツケース内を荒らされた。もう1回は往路でロストバゲージになった。成田夜発がある限りは、欧州各都市は午前中に到着できる利便性から使い続けるが。

夜出て朝ヨーロッパへ着く便はAF277便しかありません。他の会社も夜行便を作って欲しいです。

スペインに行くなら就航地・本数も多く、かなり使えます。エコノミーなのに映画がオンデマンドだった。機内食のワインやチーズは他社に比べると本場だけあってか、流石に美味しいと思います。数年前に乗ったときよりもクルーがフレンドリーだった。

もう少し、昼便があればいいのに

機内映画などがオンデマンドになったのは良いが(確か数年前までは欧州線はオンデマンドではなかった)プログラム数が少なすぎる!ロンドン単純往復なら、やはりプログラム数が多く機内食も種類豊富はヴァージンアトランティックに負けてます 便の時間が便利なので日本航空利用しましたが。後はロンドン線だとセキュリティチェックが早く済むのは便利です

チャーター便が多く出ているので、普段はなかなか乗り継ぎなどが大変な場所も行きやすいので良いと思います

中部国際空港利用だったので成田乗り換えで不便であった。

台湾台北の発着時刻にとても不満を持っています。何とかならないのか。

10時間未満でヨーロッパへ乗り継げるのが本当に楽で助かります。ヘルシンキは空港もこぢんまりしていて乗り継ぎも楽で良いです。機内食やサービスがやや簡素なのは否めませんが不満はありません。マイル加算率もワンワールド他社に比べると高いです。

ヘルシンキまで10時間程度で到着するので乗りつぎがある場合でも体が楽。乗務員の働きぶりは気持ちがいい。関空線のMD-11はパーソナルモニターがないのでマイナスポイントだが、パーソナルモニターについては7月からエアバスになることに伴って、解消される。機内食はヘルシンキ発のものがいまいち・・・。

丁寧な対応でまめにお茶等を用意していただけたり、偏見や差別も無さそうでとても好感が持てました。乗継の場合ヘルシンキ経由なので(乗継までの)フライト時間が9〜10時間&空港が大きくない、と楽々ですし、その分?到着地に夜遅くなる前に到着できる利点もあるし、北欧メーカー好きなので帰りがけに買い物できるのも嬉しいです!公開中だったウォーリーなんかもオンデマンドで入っていて、道中短い位でした!長くやってる航空会社で唯一死亡事故がないということで、ビビりの私も厚い信頼をよせて搭乗できます(笑)!!

利便性・経済性・サービスの質の3代要素に於いて、ヨーロッパ行きの場合、大変バランスの良い印象だった。

便がやや少なく、器材が小さいため、予約申込みが少し遅れただけで取り難いのが難点。

現在は成田空港の発着しかないので、是非もう一度、関西空港から飛ばして欲しい。カリブに行くならアメリカン航空です!!

エコノミークラス以外のコメント

1991年からヨーロッパに毎年1回以上行っているが、安全性、ヨーロッパの真ん中の利便性、マイレージの有効性などからルフトハンザを利用している。サービスが良いし、域内への乗り継ぎもグループで確保できており良い。

乗務員の接客サービスなどはとても素晴らしいです。ただ、欧州からの場合、日本着が遅い時間になってしまい、地方からの場合にはソウル、または成田一泊が必要になるのが難点です。

欧州便を数回利用、仁川空港の乗り継ぎも大変快適で、退屈しない。

午前便から夜便、そして機材変更で777から330になりがっかり。

台北ーバンコク便のワールドビジネスクラスに乗りました。台北まで行っての乗換でしたが、安く、サービスも良く満足しました。

全日空のヨーロッパ便は、現地発が夜なので最終日も夕方まで遊べるので気に入っています。

コンチネンタル航空とグアム、サイパン路線全線でコードシェア便を運航してほしいです。

特典航空券でビジネスに乗りました。日本発深夜、帰りもパリ発深夜の便でとても効率よく時間を使えます。座席はほぼフラットになるものでとても快適に眠れます。また、ビジネスのトイレにはクラランスのメイク落とし、化粧水もそろっていてよいです。食事は仰々しいわりに味はいまいちでした。ビジネスラウンジはアテネはサンドイッチが乾いていてあまりよくなかったですが、パリはチーズなどもそろっていて広々としていました。

成田便は多いのに、関西便は1つしかなくて何時も直ぐに満席になり、取りにくい。

プレミアムエコノミーは、高くなく快適な機内だけでなく、チェック時や飛行機に乗るまでの時間に差が出るので、少し余裕があれば利用するほうがいい。

やっぱりフライト時間が短いのは楽です。日本人の客室乗務員も好印象。


  1. 接客
  2. 機材
  3. 機内食
  4. 利便性
  5. 経済性
  6. 安全性・信頼性
  7. エンターテインメント
  8. 利用者特典

2010年01月

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部