ガイドブック編集部 > 特集 > 羽田空港 新国際線旅客ターミナル の歩き方 > 第2回 羽田空港新国際線ターミナル:ショップ&レストラン案内

第2回 羽田空港新国際線ターミナル:ショップ&レストラン案内

今回はターミナル内の飲食店とショップをレポートします。
3階出発ロビーの奥、出国審査場の上階部分にあたる4、5階がメインの商業施設。その名前はEDO MARKET PLACE(写真1)。コンセプトは「Made in Japan 〜羽田Only One〜」。江戸情緒いっぱいのエリアです。

(写真1)4・5階部分が商業施設のEDO MARKET PLACE

(写真1)4・5階部分が商業施設のEDO MARKET PLACE


羽田空港新国際線ターミナル
江戸小路

4階には、「和」と「江戸」をテーマにした飲食店とショップが並びます。メインストリートの江戸小路(写真2)は江戸時代の街並みを再現。ショップには演芸場を模した店舗(写真3)、中央にはイベントスペースの「江戸舞台」(写真4)もあって、日本文化の発信にも一役買いそうです。

飲食店では、うどん割烹「つるとんたん」(写真5)、本格ピッツァが有名なイタリア料理「エッセ・ドゥエ」(写真6)、行列のできる人気ラーメン店の「せたが屋」(写真7)など、バラエティ豊かな人気店舗が並んでいます。目黒や恵比寿で高い人気を誇る「焼き肉チャンピオン」(写真8)など空港内ではあまり見かけない(臭いがついたまま飛行機に乗って大丈夫?)ジャンルの飲食店もあります。

(写真2)江戸小路は写真の左側に飲食店、右側にショップが並んでいます。店名を表示する行灯もかわいらしいデザイン。

(写真2)江戸小路は写真の左側に飲食店、右側にショップが並んでいます。店名を表示する行灯もかわいらしいデザイン。

(写真3)江戸時代の演芸場を模した店先

(写真3)江戸時代の演芸場を模した店先


ショップでは、神楽坂で人気の「まかないこすめ」(写真9)、こだわりのシャツが人気の「メーカーズシャツ鎌倉」、職人の技が光る「金子眼鏡店」(写真10)など、「日本の技」や「伝統」が伝わってきます。

江戸小路の北端には、空港内で唯一の本格書店の「改造社書店」があります。本棚や照明など、店内は和テイストで統一。ガイドブックコーナー(写真11)は右側の入口を入った中ほどの右端の棚。「地球の歩き方」ももちろん揃っています(写真12)

(写真4)イベントスペースにもなる江戸舞台

(写真4)イベントスペースにもなる江戸舞台

(写真6)イタリア料理店、エッセ・ドゥエ。ここの本店は「地球の歩き方」編集部の近くの赤坂に本店がある人気店です。

(写真6)イタリア料理店、エッセ・ドゥエ。ここの本店は「地球の歩き方」編集部の近くの赤坂に本店がある人気店です。

(写真8)グルメランキング常連の名店、焼き肉チャンピオン。恵比寿や中目黒にお店がありますが、ここでも高級和牛の希少部位を出しています。

(写真8)グルメランキング常連の名店、焼き肉チャンピオン。恵比寿や中目黒にお店がありますが、ここでも高級和牛の希少部位を出しています。

(写真11)改造社書店。照明や木組みの本棚も和風テイストのデザインで統一されています。

(写真11)改造社書店。照明や木組みの本棚も和風テイストのデザインで統一されています。

(写真5)うどん屋のつるとんたん。外国人客向けに巻き寿司も用意している

(写真5)うどん屋のつるとんたん。外国人客向けに巻き寿司も用意している

(写真7)人気のラーメン店、せたが屋

(写真7)人気のラーメン店、せたが屋

(写真9)神楽坂に本店がある和コスメの人気店まかないこすめ。もともとは金沢にルーツがあって、金沢伝統の金箔をコスメに取り入れたユニークなラインアップが特徴です。

(写真9)神楽坂に本店がある和コスメの人気店まかないこすめ。もともとは金沢にルーツがあって、金沢伝統の金箔をコスメに取り入れたユニークなラインアップが特徴です。

(写真10)鯖江の眼鏡職人の技は世界でも高い評価を受けている老舗の金子眼鏡店

(写真10)鯖江の眼鏡職人の技は世界でも高い評価を受けている老舗の金子眼鏡店

(写真12)ガイドブックコーナーは充実の品揃え。「地球の歩き方」も多くのタイトルが置かれています。

(写真12)ガイドブックコーナーは充実の品揃え。「地球の歩き方」も多くのタイトルが置かれています。


羽田空港新国際線ターミナル
江戸前横町

江戸小路の奥には江戸前横町というエリア。

回転寿司の「ありそ鮨し」(写真13)は厳選ネタにこだわる本格派。銀座の名店「おぐ羅」(写真14)は丁寧な仕込みのおでんのほか、だし茶漬けも楽しめます。

そばと焼き鳥の「二尺五寸」(写真15)で、一杯やるのも日本情緒かも。

(写真13)ありそ鮨しは回転寿司とは思えない落ち着いた店内

(写真13)ありそ鮨しは回転寿司とは思えない落ち着いた店内


(写真14)おでんおぐ羅。ダシが染みこんだ大根がおいしそう

(写真14)おでんおぐ羅。ダシが染みこんだ大根がおいしそう

(写真15)二尺五寸は焼き鳥などおつまみメニューも豊富。

(写真15)二尺五寸は焼き鳥などおつまみメニューも豊富。


羽田空港新国際線ターミナル
5階TOKYO POP TOWN

5階部分はTOKYO POP TOWNと名付けられた、アミューズメントパーク。中央の展望デッキ(写真16)を挟んで北側はHOT ZONE、南側がCOOL ZONEとなっています。

HOT ZONEの目玉は「ハローキティジャパン」(写真17)。お菓子や小物が中心の品揃えですが、店内で焼かれている「こんがり焼き」(写真18)が人気になりそう。

なごみキャラで人気の「しろたん」グッズを扱う「しろたんタウン」(写真19)、アニメからゆるキャラまで豊富なキャラクター雑貨を扱う「ハイカラ横町」(写真20)などがあります。

COOL ZONEではスタイリッシュな雑貨を。カバンや小物雑貨の「MONO」(写真21)、アニメ系ファッションアイテムを扱う「デザインジャパンカルチャー」(写真22)など。

サイエンス雑貨の「STUDY ROOM」では、外国人に人気のガチャポン(写真23) も置かれています。

このフロアでもっとも異彩を放っているのが「博品館TOY PARK」のスロットカーレーシング(写真24)。料金は5分で200円。スピードを出しすぎて脱線すると、スタッフが再びコースにセットしてくれます。30代〜40代の男性なら懐かしくて夢中になるかも。

女性なら「プラネタリウムカフェ」で癒しのひとときはいかが? ドーム状のスクリーンに時間帯ごとに変わる星空は、空港施設内にできた世界初のプラネタリウムです。

(写真16)5階からは展望デッキに出ることができます。

(写真16)5階からは展望デッキに出ることができます。

(写真17)ハローキティジャパン。和服姿のキティちゃんがお出迎え

(写真17)ハローキティジャパン。和服姿のキティちゃんがお出迎え

(写真18)ハローキティのこんがり焼き

(写真18)ハローキティのこんがり焼き

(写真19)しろたんのみを扱う店舗としては初となるショップ

(写真19)しろたんのみを扱う店舗としては初となるショップ


(写真20)ハイカラ横町には色々なキャラクターグッズがひしめくように並んでいます

(写真20)ハイカラ横町には色々なキャラクターグッズがひしめくように並んでいます

(写真22)アニメキャラをデザインしたTシャツやグッズが並ぶデザインジャパンカルチャー

(写真22)アニメキャラをデザインしたTシャツやグッズが並ぶデザインジャパンカルチャー

(写真24)スロットカーレーシングのサーキット

(写真24)スロットカーレーシングのサーキット

(写真21)MONOは旅行カバンやデイパックなどが中心の品揃え

(写真21)MONOは旅行カバンやデイパックなどが中心の品揃え

(写真23)余った小銭はガチャポンで。中の商品は羽田空港オリジナル

(写真23)余った小銭はガチャポンで。中の商品は羽田空港オリジナル


羽田空港新国際線ターミナル
出国後の免税エリア

出国審査後のエリアにある免税店は正面に巨大な総合免税店があり、グッチやシャネル、コーチ、フェラガモ(写真25)などのブランドも充実。お土産には東京銘菓やTシャツ(写真26)も販売。

大きなガンダムの模型(写真27)がひときわ目を引く家電製品の「アキハバラ」では、炊飯器(写真28)が陳列されていました。SDカードや電池式シェーバー(写真29)は忘れたときに。海外対応の電気ポット(写真30)はホテルでお茶をわかしたり、カップ麺を食べたり、あると意外に便利なお助けアイテムです。

中央の免税店からエスカレーターで上がるとフードコートのTOKYO SKY KITCHEN(写真31)があります。もちろん24時間営業、別室に喫煙席もあります。うどんやそば、カレーや丼ものが500〜650円前後と良心的な値段設定(写真32)にビックリ。梅や青菜のお粥(450円)などお腹にやさしいメニューがあるのもうれしい限りです。

(写真25)免税店エリアの独立店舗はどこも広々としたレイアウト

(写真25)免税店エリアの独立店舗はどこも広々としたレイアウト

(写真26)お菓子やお酒に混じって、外国人向けのおみやげが売られている

(写真26)お菓子やお酒に混じって、外国人向けのおみやげが売られている

(写真27)オープンすると記念撮影スポットになりそうな存在感

(写真27)オープンすると記念撮影スポットになりそうな存在感

(写真29)シェーバーのほか、ドライヤーなど理容家電も扱っている

(写真29)シェーバーのほか、ドライヤーなど理容家電も扱っている

(写真31)5階のフードコート。木調家具の和風テイスト漂う店内。

(写真31)5階のフードコート。木調家具の和風テイスト漂う店内。

(写真28)最前列が炊飯器という家電の免税店

(写真28)最前列が炊飯器という家電の免税店

(写真30)3F出国後:家電用品アキハバラ:シェーバー

(写真30)携帯ポットは見た目よりもコンパクト

(写真32)フードコートの店内。一番高いにぎり寿司でも700円という、手頃な価格設定が魅力

(写真32)フードコートの店内。一番高いにぎり寿司でも700円という、手頃な価格設定が魅力


2010年10月