ガイドブック編集部 > 特集 >  メジャーリーグMLBをめいっぱい楽しめるウラ技 〜アリゾナにスプリング・キャンプを見に行こう! > T.スプリング・キャンプとは?

T.スプリング・キャンプとは?

トレーニングが終わった後に選手たちからサインをもらおうとファンが待ち構える

トレーニングが終わった後に選手たちからサインをもらおうとファンが待ち構える

メジャーリーグの開幕は4月。レギュラーシーズン162試合の長丁場を戦い抜く準備をするために、各チームが2月の中旬から行うトレーニング期間のことだ。スプリング・キャンプは、広いアメリカでも、この時期に気候が温暖で安定しているフロリダとアリゾナの2ヵ所だけに集中している。そこに集まったチームでリーグ戦を戦うのが、日本でいうオープン戦 Spring Training Exhibition。キャンプ・インから1週間もすると、ほぼ毎日のように試合が行われる。

ゲームはもちろん、真剣勝負。イチロー、いきなりヒット!

ゲームはもちろん、真剣勝負。イチロー、いきなりヒット!


キャンプ地めぐりがおトクな理由

イチローもバッティング練習は順番待ち

イチローもバッティング練習は順番待ち

オープン戦とはいえ、ゲームは公式戦のレギュラー登録枠 Roaster を目指してしのぎを削る迫力満点の真剣勝負だ。もちろん試合中のイベントも公式戦とまったく同じ。国歌斉唱や始球式、そしてSeventh inning stretch。「Take me out to the ballgame」の大合唱もある。名物のピーナッツ売りも気合十分。ホットドッグに生ビール.etc・・・。十分にメジャーリーグの雰囲気が味わえるのだ。

その上で、
  • 1.公式戦ではチケットを手に入れるのも大変な人気チーム同士の対戦でも、手ごろな価格でまず間違いなく試合が見れる。
  • 2.フェンスが低く、大人も子供も身を乗り出して、声援を送りサインをねだっている。選手と観客の距離が近いのだ。選手も公式戦のような緊張感がないためか、気軽にサインに応じてくれる。
  • 3.そして何よりたまらないのが、試合をするスタジアムとキャンプ地がいっしょなので、試合の前に主催チームの練習風景を思う存分、しかもただで楽しめるのだ。超有名選手が子供たちに気軽にサインに応じている姿も、突然目の前に!

メジャーリーグ名物、ピーナッツ売りだって本番さながらのパフォーマンス!

メジャーリーグ名物、ピーナッツ売りだって本番さながらのパフォーマンス!

ツーソンでは、D−バックスがファン感謝デーを行っていた。全員にペナントをプレゼント!

ツーソンでは、D−バックスがファン感謝デーを行っていた。全員にペナントをプレゼント!


アリゾナの方がオススメ

キャプション

イチロー(51)とケン・グリフィー(24)が仲良くサインをねだっている

大リーグのSpring Trainingというと、レッドソックスやヤンキースで有名なフロリダがメッカと思う人が多いかもしれない。しかし、とくにお目当てのチームがないなら、キャンプ地めぐりはアリゾナの方がおすすめだ。

その理由は、
  • 1.アリゾナ州の州都フェニックスへは、日本から約12時間。直行便はないがロスアンゼルスから90分ほどでフライト数も多い。
  • 2.フロリダに比べて、アリゾナの方はキャンプ地が集まっているのではしごがしやすい。またフェニックスから、市バスを使って行けるキャンプ地もある。車を運転できなくても観戦できるのがうれしい。
  • 3.アリゾナもフロリダも暑いが、アリゾナは乾燥しているので過ごしやすい。
  • 4.車でちょっと郊外に出れば、サワロ国立公園など、そこはもうアメリカの西部ならではの大自然。ベースボールに加えてアリゾナ南部のドライブ旅行も楽しめる。

実のところ、かつてはフロリダの方がチームが多かったのだが、ドジャーズがアリゾナへキャンプ地を移すなど、今季はついにアリゾナにも15球団が集まった。大リーグ全30球団が、ちょうど半分づつに分かれたのだ。


芝生席でビール片手に野球を見るなら、絶対アリゾナ!

芝生席でビール片手に野球を見るなら、絶対アリゾナ!

ランチは、もちろんアメリカン・ファーストフード

ランチは、もちろんアメリカン・ファーストフード


2010年06月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部