ガイドブック編集部 > 特集 > 『黒竜江から来た警部』著者 小説家・トラベルライター サイモン・ルイス氏 インタビュー

『黒竜江から来た警部』著者 小説家・トラベルライター サイモン・ルイス氏 インタビュー

取材・文:富永直美   写真:小坂伸一

旅をすることは、世界大学で学ぶということ。

英国やアメリカのバックパッカーに愛読されている旅行ガイドブック『ROUGH GUIDES(ラフガイド)』。その中国編、北京編、上海編を取材・執筆したサイモン・ルイス氏は、1999年にバックパッカーをテーマにした処女小説『Go』を出版。7月10日には、長編第2作目となる『黒竜江から来た警部』が日本でも発売となった。トラベルライター&小説家として執筆活動を続けるルイス氏に「旅と書くこと」について聞いてみた。

異文化について学べるし、独立心も確立される。

Simon Lewis サイモン・ルイス氏プロフィール

1971年、英国ウェールズ生まれ。ロンドン大学ゴールドスミスカレッジでアートを専攻。トラベルライターとしてバックパッカー向け旅行ガイドブック「Rough Guides (ラフガイド)」シリーズの中国、北京、上海を取材・執筆。1999年にバックパッカーをテーマにした処女小説『Go』を出版。長編第2作目『黒竜江から来た警部』は8ヵ国で出版された。現在、ロンドンをベースに中国と日本でも執筆活動を行っている。 http://www.simonlewiswriter.com/

第一部:旅 第二部:仕事
2010年07月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部