ガイドブック編集部 > 特集 >  グランドサークル GRAND CIRCLE >  すり鉢の縁を歩きながら絶景を楽しむへ

すり鉢の縁を歩きながら絶景を楽しむへ/展望を楽しむ−ブライスキャニオンNP/リム・トレイル


今回の旅では、インスピレーションポイントまで、写真を撮りながらゆっくり歩いた。 もちろん時間に余裕があれば、サンライズポイントまでリムを歩いていくことも十分可能だ。 トレイルはフラットで、思いのほか緑が多く、気持ちのいい楽しいハイキングができる。 でも、きっとあちこちで立ち止まってはこの不思議な自然の造形美を見つめ、写真を撮りたくなるだろう。 すり鉢の縁を移動するたびに、刻々と位置を変える太陽の光と相まって、尖塔たちがさまざまな色や表情を見せてくれるのだ。

インスピレーションポイントから見るフードゥーは、 なぜか他のポイントから見るフードゥーよりもきちんと整列しているようでお行儀がよく、若々しく見える。 夕日に染まる尖塔たちを見るなら、インスピレーションポイントの方が、サンセットポイントよりも美しく見えるそうだ。

ひとところにとどまり、ひとつひとつの岩の柱や尖塔の形を何かに見立て、じっくり眺めるのもまたよし。 しかし、幻想的なこの自然の造形物を移動しながらさまざまな表情を味わえば、この公園の思い出はさらに深く心に刻まれるにちがいない。

2010年12月