ガイドブック編集部 > 特集 >  グランドサークル GRAND CIRCLE >  谷底は、思いのほか緑が多い気持ちのよいハイキングコース

谷底は、思いのほか緑が多い気持ちのよいハイキングコース/谷底へ降りる ブライスキャニオンNP/ナバホ・ループ・トレイル


狭い尖塔の間を抜けて谷底に出ると、明るく開けた気持ちのいいハイキングコースになる。 痩せてはいるけれど、フードゥーに負けじと木々が空に向かって延びていて、思いのほか植物の緑にあふれている。 時間に追われていつもすーっと通り過ぎてしまうのだが、ゆっくりできるならお弁当でも広げてのんびりしたくなるようなところだ。

天気が良ければ、鮮やかなオレンジ色の尖塔と青空とのコントラストがほんとうに美しい。 実は、ブライスキャニオン国立公園は標高が高く(最高地点では、2778m。公園全体が標高2000m以上の高さにある)、 全米で最も空気の澄んだエリアのひとつと言われている。空の青さは折り紙付きなのだ。

帰りの上り坂に入ったところでちょっと横にそれると、 ツー・ブリッジ Two Bridgeという尖塔と尖塔の間につっかえ棒を挟んだような面白い岩の橋があるので忘れずに見ておこう。 トレイルの脇に場所を示す標識が立っているので、すぐ気づくはずだ。

2010年12月