ガイドブック編集部 > 特集 > エアライン・ランキング   >  2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング > [総合ランキング]トップ20位 ランキング発表

2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング
[総合ランキング]
トップ20位 ランキング発表

エアライン[総合ランキング](エコノミークラスとそれ以外の上級クラスを合わせた全クラスランキング)上位20社にランクインした航空会社を発表。

エアラインランキング・ダッシュボード 総合ランキングベスト10 8部門別ランキング more 〜20位 利用者クチコミ j航空会社別クチコミ 8部門別クチコミ エコノミークラス エコノミークラス以外 利便性 安全信頼 経済性 機材 特典 乗務員 機内食 エンタメ

独走シンガポール航空、常連各社も安定評価

エアライン[総合ランキング]ベスト20位

  1. 1位
    (1位)

  2. 2位
    (2位)

  3. 3位
    (6位)

  4. 4位
    (4位)

  5. 5位
    (3位)
  6. 6位
    (12位)

  7. 7位
    (8位)

  8. 8位
    (7位)

  9. 9位
    (9位)

  10. 10位
    (16位)

  11. 11位
    (5位)

  12. 12位
    (15位)

  13. 13位
    (17位)

  14. 14位
    (圏外)

  15. 15位
    (19位)

  16. 16位
    (11位)

  17. 17位
    (14位)

  18. 18位
    (10位)

  19. 19位
    (20位)

  20. 20位
    (圏外)

  • ※エアライン名にカーソルを合わせると8部門別評価チャートがご覧になれます
  • ※「利用者クチコミを読む」アイコンをクリックすると、各エアラインの利用者クチコミのページへリンクします
  • ※( )内は、「2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング」の順位
  • ※過去のランキング一覧はこちら

好調なアジア勢、日系も再起浮上。トルコ航空がランクイン

今回の「2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング」総合ランキングトップはシンガポール航空が4連覇を達成。また上位陣の常連航空会社も安定した強さを見せている。

総合ランキング1位のシンガポール航空は「乗務員の接客態度・サービス」、「機内食」で高い評価を得ており、“シンガポール・クオリティ”のフライトが従来同様に評価されたといえる。

総合2位のエミレーツ航空も「マイレージなど利用者特典」以外は高い評価で、特に「機材・設備の快適性」、「安全性・信頼性」、「エンターテインメント」ではシンガポール航空を抑えてトップの評価を得ており、機齢の若さによる信頼度が評価につながったようだ。

注目は、昨年の総合ランキング6位から初のトップ3入りを果たしたアシアナ航空。全体的に高い評価を得ているが、なかでも「利便性」での評価が特に傑出しており、日本各地の地方空港を含めた人気のソウル便運航が強みとして評価に貢献したと思われる。

日本勢もANA日本航空とも大きく順位を上げており、「利用者特典」では以前からの高評価に加え、「乗務員の接客態度・サービス」「安全性・信頼性」への評価ポイント上昇がランキング順位アップの結果に表れた。

またトルコ航空が今回、14位にランクイン。これは、2010年にトルコが旅行先デスティネーションとしてブレイクし、搭乗者が増えたことで同社のサービスを体験・好感触を得た利用者層が拡大したためと思われる。

全体的にアジア系エアラインの健闘が目立った反面、ヨーロッパ系の航空会社が相対的に順位を下げる結果となった。羽田空港の国際化本格稼動もあり、エアライン勢力地図が大きく様変わりする前兆を予感させるランキング結果と言えるのではないだろうか。

なお、「安全性・信頼性」や「利便性」といった8部門別ランキングについては、それぞれについて別途くわしく解説する。

【調査概要】
2009年11月1日から2010年10月31日までの1年間、「地球の歩き方ホームページ」上でのオープン告知によるアンケート調査を実施。有効回答数2,178をもとに集計した。「乗務員の接客態度・サービス」「機材・設備の快適性」「機内食」「利便性」「経済性」「安全性・信頼性」「エンターテインメント」「マイレージなど利用者特典」の8項目による評価を行い、その数値に、別途、調査した8項目の優先度を加重して数値を算出、それらを総合ランキングおよびエコノミークラスエコノミークラス以外の上位クラス、の3つのシートクラス別に順位を決定。

(補注1)エコノミークラス以外のカテゴリーにはビジネス/ファーストクラスに加えプレミアムエコノミーなどエコノミークラスをレベルアップさせたクラスも含む
(補注2)2010年12月にJALウェイズは日本航空と合併しました

2011年01月

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部