ガイドブック編集部 > 特集 > エアライン・ランキング > 2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング > 利用者クチコミ大公開 > 航空会社別_タイ国際航空

2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング
航空会社別×部門別にチェックできる!部門別コメント集
タイ国際航空のクチコミ評価

  1. シンガポール航空
  2. ヴァージン アトランティック航空
  3. カタール航空
  4. フィンランド航空
  5. エールフランス航空
  6. チャイナ エアライン
  1. エミレーツ航空
  2. ANA
  3. 日本航空
  4. トルコ航空
  5. オーストリア航空
  6. ニュージーランド航空
  1. アシアナ航空
  2. 大韓航空
  3. ルフトハンザ ドイツ航空
  4. JALウェイズ
  5. エア・カナダ
  6. エバー航空
  1. キャセイパシフィック航空
  2. マレーシア航空
  3. タイ国際航空
  4. KLMオランダ航空
  5. アエロフロート・ロシア航空

利用者のコメント

  • 接客態度・サービス
  • 機材・設備の快適性
  • 機内食・ドリンク
  • 利便性
  • 経済性
  • 安全性・信頼性
  • エンターテインメント

エコノミークラスのコメント

接客態度・サービス 安全性・信頼性

乗務員が信頼でき、安心して乗っていられます。

接客態度・サービス 機材・設備の快適性 利便性

2009年11月にも利用しました。機材の新旧は便によって差があります(各シートにオンデマンドがついているか否か)が、特に気になりません。サービスもよく、バンコクから東南アジア各国に飛べるので使いやすいです。

接客態度・サービス 機内食・ドリンク

ほほ笑みの国だけに、乗務員はやさしく親切でした。機内食もタイカレーがそれほど辛くなくおいしかったです。

搭乗前後

やはりナショナルフラッグのエアラインは、乗った瞬間からその国に行った気分になれるから大好きです!

接客態度・サービス エンターテインメント

エンターテインメントがけっこう悪いですが、乗務員のサービスなどは大変よいと思います。

機材・設備の快適性 エンターテインメント

機材が古かったので、エンターテインメントはよくなかったです。

接客態度・サービス 機材・設備の快適性 遅延・乗継・ロストバゲージ対応

サムイ行きのフライトがよかったのでプーケット直行便も利用したが、機内の個人モニタなどがなかった。バンコクまでの帰路で搭乗してから1時間近く待機の後、機材トラブルで機を降ろされ、結局予定時間を1時間以上過ぎた後に出発。楽しみにしていたバンコク空港での食事も出来ず、待たされている間説明はなし。機を降ろされる時に、初めて機内アナウンス。再搭乗後も待機の間、乗務員に何分後に出発かと尋ねても「I don't know」だけ。2名に尋ねて2名ともにそう言われた。日系会社では考えられない対応ではないか。荷物は1日以上遅れの未着となったが補償はなし。謝罪もなし。もう利用しないと思う。れの未着となったが補償はなし。謝罪もなし。もう利用しないと思う。

接客態度・サービス 機内食・ドリンク

客室乗務員のサービスはかなり個人差がある感じです。つまり、当りハズレが大きい。タイらしい気負いのない雰囲気が好きでよく利用します。機内食は積み込み地によりますが、多少努力を感じるこの頃です。

接客態度・サービス 利便性

乗せてやる、という接客態度に辟易、乗り継ぎの利便性で利用しているが・・・乗るたびに不愉快な思いをしている。

接客態度・サービス

立て続けに2回とも日本人キャビンアテンダントの態度が最悪でした。あなたたち毎日同じことをしているので、サービス業ということを忘れているのでは? また、機内アナウンスもやわらかさがなく、トゲトゲした感じ。ただ訳して伝えるだけで、マニュアル通りの「ありがとうございました」を言われても全く伝わらない。せっかくタイに旅行へ行くのに、あのアナウンスで一気に雰囲気が悪くなってしまう。あの程度なら、日本人客室乗務員は不要と感じる。

機内食・ドリンク 利便性

ラオスへの出張にしばしば利用しています。スワンナプームのTGラウンジは素晴らしい。これでエコノミーの機内食がもうちょっとマシだったらと・・・。同じラオスへ行くなら、この点だけはベトナム航空→ラオス航空の方がいいですね。

機内食・ドリンク

関空深夜便の機内食は、ヒドイ。まずくて貧相。搭乗率がいいので、手を抜いているとしか思えない。

遅延・乗継・ロストバゲージ対応

福岡で利用の際、ハノイ→バンコクが遅延して乗り継げずに結局1泊。ホテル、ミールバウチャーがあったものの、情報不足でいろいろと不便だった。他国の人々も情報があまりに少ない、と困っていた。トラブルの時ほど、会社力がわかる!と思った出来事でした。


  1. シンガポール航空
  2. ヴァージン アトランティック航空
  3. カタール航空
  4. フィンランド航空
  5. エールフランス航空
  6. チャイナ エアライン
  1. エミレーツ航空
  2. ANA
  3. 日本航空
  4. トルコ航空
  5. オーストリア航空
  6. ニュージーランド航空
  1. アシアナ航空
  2. 大韓航空
  3. ルフトハンザ ドイツ航空
  4. JALウェイズ
  5. エア・カナダ
  6. エバー航空
  1. キャセイパシフィック航空
  2. マレーシア航空
  3. タイ国際航空
  4. KLMオランダ航空
  5. アエロフロート・ロシア航空

2011年01月

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部