ガイドブック編集部 > 特集 > エアライン・ランキング >  2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング > 利用者クチコミ大公開 > 部門別_利便性

2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング
航空会社別×部門別にチェックできる!部門別コメント集
利便性のクチコミ評価

  1. 利便性
  2. 安全性
  3. 経済性
  4. 機材
  5. 特典
  6. 接客
  7. 機内食
  8. 娯楽
  9. 子ども・トラブル
  10. 搭乗前後

利用者のコメント

エコノミークラスのコメント

よい評判を聞いていたので利用しましたが、意外とあまりよくなく、パリ行きでシンガポールでトランジットでしたが10時間ほど待ち時間があり、さらに食事もおいしくなかった。キャビンアテンダントも普通でした。他のアジア系航空会社の方がよっぽど食事はおいしい。

ヨーロッパに行くためには、行き先によってはかなり乗り継ぎが悪く、トランジットに時間がかかることもありますが、シンガポール空港の居心地のよさに感服!! あそこに住みたい^^;くらいです。それ以外はすべてパーフェクト! 価格も他の会社に比べ、特別高くもなく、逆に安いチケットもあるくらいなのに、すべてが完ぺき! 空港のテラスにあるひまわり畑で飲んだビールのおいしかったこと、夕焼けがきれいだったこと、・・・忘れられない思い出です。

就航便の減少で不便を感じています(関空〜バンコク〜シンガポール便)。

スターアライアンスグループなので、ANAのマイルもたまるのがよいですね。シンガポール航空は値段が高いイメージがありますが、エミレーツより安かったです。モルディブ行きも深夜便になりますが、シンガポールからわりと本数が出ているので便利でした。モルディブ行きもシンガポール航空が利用しやすいです。

中部〜(ドバイ)〜ミュンヘン往復利用。トランジット時間がもったいないと思っていたが、ドバイの免税店はスゴイ! 機内の座席の前後幅が長いので楽であった。次もエミレーツにしよう!

やっと成田に乗り入れましたね。当時は名古屋と大阪路線だけで関東では知名度がなく、名古屋の空港でおばちゃんに「知らんの?」と笑われました。お金持ちっぽい航空会社ですべてに快適な旅が出来ました。ドバイに夜中到着で長時間待ち合わせはいただけませんでした。きっとよくなったのでしょうね! おすすめの航空会社です。

ローマ〜関空の往復を利用しました。マイレージの互換に問題ありますが、機体は新しく充分快適でした。

エミレーツ航空が他社に比べて特に秀でている、とは思いませんでした。ドバイ国際空港はトランジットで利用しましたが、早朝(3時とか)到着で6時間以上もの待ち時間は疲れます・・・。今後欧州行きでエミレーツを使うことは多分もうないでしょう。アフリカ方面行きだったらいいかもしれません。

2ヵ月間隔で飛行機に乗っている。その時の最安値、または利便性を考慮して航空会社を選択している。

ドバイ空港がとてもきれいで整備されていたため、乗り継ぎ時間が思っていたより有効に過ごせました。

行き先にもよるのですが、往復とも4〜5時間の乗り継ぎ待ちがあり残念でした。ただ各ゲートに長イスがいくつか設置されていて寝ることができます。

広島から仁川空港で乗り継いでパリに行くのに非常に便利で利用させていただきました。ハングル語が話せないので利用することが不安でしたが、客室乗務員さんの接客対応が大変良く、またとても可愛い感じで話しかけやすく、安心して機内で過ごせました。機内食も残さず食せるくらい何でも美味しく、夜中に小腹が空いた時にはアイスや軽食も惜しみなく提供していただき、コストが安くて選んだのが大きな理由ではありましたが、本当に満足できました。ただ、乗り継ぎのインチョン空港内での韓国人スタッフの接客等が不親切で、対応の悪さにあきれ残念でした。せっかく韓国エアラインが好評価に値するので今後も利用したいと思う反面もったいないと感じました。

香港での乗継が非常に簡単でスムーズ。機内エンターテインメントが充実。

系列グループ内だけでも、もう少し乗り継ぎや乗り換えが出来ればいいと思う。乗り継ぎの待ち時間をもっと有効に使えるような空港内の施設がほしい。

いつも気持ちよく利用させて頂いています。関西空港からの多方面展開、期待しております。

機内食はおいしいし、乗務員のサービスも満点、機材もキレイ、日本からの乗り継ぎも便利で、最高でした。次回もぜひ、大韓航空を利用します。

欧州往復総額で5万円台のチケットにもかかわらず、しっかりマイルが付いたのは驚きだった。フライトアテンダントは皆親切だった。食事も満足。欧州のいろいろな都市に出入りしているので、大変使い勝手のいい航空会社だと思いました。

最近はもっぱら自分の住んでいる地方の空港から海外へと出かけているので、常に大韓航空になってしまいます。

地方都市から韓国での乗継が大変便利。韓国から就航都市が多いのも便利。

ヨーロッパに行く時はいつも使ってます。

韓国旅行で利用しました。出発地からの時間帯は利用しやすかったと思います。

今回は女友達との2人旅行で、チケットは友人が手配してくれました。大韓航空は、最近は安全性も高いといわれているので搭乗には不安はありませんでした。またアジアからヨーロッパへ行く旅行者にとっては、往路(韓国→ドイツ)は当日の夕方着、復路は現地19時くらいに発、翌日ソウル着なので、現地滞在時間を十分に楽しむことが出来ました。

利便性が高く、イメージも向上しており、コストパフォーマンスが非常に高いと思いました。

乗務員の臨機応変な対応とサービスが素晴らしく気持ちよかったです。座席が若干広めでフライトはとても安心でき、食事は便によりますが、おいしいものもありました。クアラルンプールの乗り継ぎの便と店舗が増えればもっといいなと思います。

ツアーでエジプトへ行きました。最初からわかっていましたが、乗り継ぎは行きが7時間、帰りが10時間と非常に長かったです。行きはラウンジでくつろぎ、帰りは入国観光したので結果的には何の不満もありません。それより機内サービス、機体の整備の行き届き具合、どれをとっても素晴らしいものでした。ひと昔前の、余裕のあった海外旅行を思い出しました。

カタール航空は年に10回以上は使います。5つ星エアラインとは言われていますが、残念ながらそれを感じたことは一度もありません。客室乗務員の質の低さはよく感じます。関空〜ドーハ、そしてやっと東京〜ドーハが成田から出るようになりましたが、中部国際空港から飛んでないことが残念です。

地方にいる者にとっては特に、JALは便数が多くて便利。破綻したときはかなり頭にきたが(株主だった)。客室乗務員の親切さは日系の他社も同じだが(いずれも国内便の方が親切な気がするのは気のせいか?)、他社よりもマイレージを貯めやすく使いやすいので、同じ条件の航空券ならやっぱりJALだなと思う。

時間帯が一番だし、最近安い。がんばれJAL。

大阪〜杭州便が廃止になって残念です。

利便性や安心感はありますが、昔に比べて全体的に質が落ちたことを実感します。

海外への便数もほどよくあり、特典航空券も取りやすい。ワンワールドの特典航空券がもう少し簡単に取れるようになるともっと使いやすくなると思う。

便数が減っているのは大変残念です。地方在住者にとっては、削減削減では身動きがとれません。

乗り換えるごとに係員が来てくれたが、乗り継ぎの待ち時間が長すぎる。

羽田からも深夜便が出るともっとよい。

ルフトハンザの飛行機自体はいいのですが、フランクフルトの乗り継ぎで時間がかかり、最低乗り継ぎ時間は満たしていたのに、乗り継ぎできませんでした。

現地での乗継が便利なので、いつもルフトハンザを利用してます。また、今回はネットでの予約・購入で20ユーロ分の機内クーポンもいただきました。

ドイツに行くのにルフトハンザ以外には考えられない。

ラオスへの出張にしばしば利用しています。スワンナプームのTGラウンジは素晴らしい。これでエコノミーの機内食がもうちょっとマシだったらと・・・。同じラオスへ行くなら、この点だけはベトナム航空→ラオス航空の方がいいですね。

2009年11月にも利用しました。機材の新旧は便によって差があります(各シートにオンデマンドがついているか否か)が、特に気になりません。サービスもよく、バンコクから東南アジア各国に飛べるので使いやすいです。

乗せてやる、という接客態度に辟易、乗り継ぎの利便性で利用しているが・・・乗るたびに不愉快な思いをしている。

最新機材で快適に過ごせた。10時間弱でヘルシンキに降機できる魅力は大きい。欠点は機内食。量が少ない上、後部座席ではメインの選択肢がない。スパークリングワイン、スナック類も有料。まあ、機内食は貧弱だというとを前提に空港で食事を済ませておけば問題はないのだが。

2010年8月に利用。乗務員がフレンドリーかつキビキビとしている。ただ帰りの便の日本人乗務員の品がなかった。あの話し方や態度は今まで見たことがないくらい。その人だけがそうだと思う、思いたい・・・。食事は普通だが、利便性と乗り心地を考えるとまた利用したいと思う。

機内食は他の航空会社に比べて、はるかに劣るものだった。利便性がよくなければ、使わないエアライン。

乗り換え時に利用したヘルシンキ空港が素晴らしい! 退屈せずに過ごせます。

ヘルシンキ空港は小さくて迷う余地がなく、乗り継ぎに苦労がない。乗り継ぎ時間も短くて便利。

トルコ航空でオランダ・アムステルダムまで行きました。当日は夜の便で羽田から関空に向かい、深夜の便で関空を発つと翌日の午前中にオランダに着くことができます。帰路はベルギー・ブリュッセルを夕刻に発ち、イスタンブールで乗り継ぎ関空に戻りました。 トルコ航空の関空〜イスタンブール線は、欧州を観光する際の利便性に優れています。

アムステルダム→成田で利用しました。2010年からエコノミーにも個人モニターがつき、オンデマンドでエンターテイメントが楽しめてとても快適でした。機内食は2食ともホットプレートが出たし、ホテルオークラ監修で美味しかったです。ベジタリアン食のジャムの乗った甘いおかゆはちょっと食べにくいと思いますけれど‥。乗務員さんも素敵な方が担当でした。120ユーロでコンフォートエコノミーが利用できるのも手頃でいいと思います。ブランケットが肌ざわり良かった。会社のホームページも見やすい。行きは共同経営のエールフランスだったのですが、KLMの方がずっと良かったです。これからは往復KLM利用したいのですが、日本からの発着便が少なくて残念‥。

昔のジャンボ機に満席では疲れるが、値段は確かに安く、機内食にも気配りが見られる。しかしスキポール空港はいかにも広すぎて・・・。

エコノミークラスの機内食も有名ホテルと共同でメニュー開発さてれおり、ほんとにおいしいです。また、オランダ・スキポール空港は乗継もわかりやすく、施設も充実しているため、非常に利便性の高い空港です。

客室乗務員は、愛想はとても良く明るくおおらかだったが、何度ブランケットを頼んでも他の仕事をしている間は絶対にブランケットごときのためには動かない、という感じだった。悪気はなさそうで、優先事項の違いだと思うので別にいいけど。乗り継ぎのスキポール空港はとてもきれいで便利でおしゃれ!

都合で関空からアムステルダムへ、そこでリマ行に乗り継ぎたかったのですが、その日に乗り継げず、行き帰りともアムステルダムで中途半端に1泊することになってしまった。

スキポール空港を経由してハンブルクに行ったが、乗り継ぎの待ち時間が長くて疲れた。

成田→パリで利用しました。ホームページから予約の確認などを行っていたのですが、少し使いづらいサイトでした。エンターテインメントがオンデマンドなのを楽しみにしていたのが、ずっとビジー状態で全く利用できなかったのが残念でした(隣りの同行者のもそうでした)。機内食を期待していたのですが普通で、2回目がコールドプレートだったのも残念。発着便が多くヨーロッパ乗り継ぎは便利と感じました。帰りは共同経営しているKLMだったのですが、こちらの方が総合的によかったです。

EU内の移動において、深夜発・早朝着の便があるのは、到着日に目的地に行けるので非常に便利です。また某国の航空会社のように強制的な接客がなく、さりげない夜食の準備や、食事のレベルが高いのがよいです。

AF277便は日本発が夜で現地に早朝着なので、乗り継ぎ・移動に時間が有効に使えるので利便性がよいです。ただ使用機材が古くなって来ているので、最新の機材を投入してくれるとよいです。

エコノミークラスでしたが、足置きが全部座席下部についていたし、耳栓・アイマスクも。離発着時間帯も、最大限自分の時間を活かせる設定で、今後フランスに行くなら絶対エールフランスです。

どうしても日本の航空会社と比較してしまうと、接客サービスは劣ります。乗り継ぎも余裕がなく、結局乗り遅れました。家族が飛行機の中で具合が悪くなりましたが、乗務員の方はどなたも知らん顔で、ちょっとびっくりでした。

日本を夜に出る便があるし、パリを夜に出る便があるので時間の節約になるのが便利。

昨年、成田〜モスクワ間で利用した際には、・事前の通知とは違う旧式の機材でテレビなし・キャビンアテンダントが、離着陸時に出歩く乗客や携帯電話を注意しない、などの多くの不満点がありましたが、今回は最新の機材を使用できたことなど、快適な旅をすることができました。残る問題は、モスクワ・シェレメチェボ空港の使い勝手と対応の悪さでしょうか。今回も入国審査で1時間以上待ちました。

インターネットでの評判はあまりよくなかったのですが、実際に利用してみると、低価格な上、機材も最新のもので、最新の洋画が日本語字幕付きで鑑賞でき、非常によかったです。乗り継ぎもモスクワ経由なので、欧州へは時間的ロスも少なくいけました。シェレメチェボ空港の増築部分は非常にきれいでした。欧州へ行く際はまた利用したいと思います。スカイチームのマイルもたまります。

成田発の運航本数が豊富ではないので、モスクワ乗継便の都合がよければお買い得。私の場合はローマ・イン、ヴェネツィア・アウトでした。

8月のお盆付近のベトナム行きで3万円台+諸税という安さだったので台北経由で利用。台北では1泊が必要な乗り継ぎがあり、機内では飲み物の種類が少なかったりしたが、台風の中を飛んでくれたし(他社を選んでいたら渡航できなかった)、何より安かったのでまぁ満足。

名古屋から東南アジア方面への乗り継ぎが便利で、運賃も比較的低く設定されているため、利用回数が多いです。以前、台湾への台風接近のため、ベトナムからの便が夕方到着から深夜到着となり、乗り継ぎ便も早朝出発となった時には、航空会社の責に帰すべき事由ではないにもかかわらず、乗り継ぎ者全員にホテルを準備してくれました。思いやりのある対応にとても感激しました。

チャイナエアラインのいいところは、成田〜マニラ/シンガポール/バンコク往復共にタイムテーブルがよいのに安い。これ以外は過去に事故の多かったエアラインという印象。

ヨーロッパへ行くときに、バンコク乗り継ぎでしかもいったん下ろされるのをなんとかしてほしい。

関空線は便が少ないのが欠点。

エコノミークラス以外のコメント

どこに行くのにも便利。かゆいところに手が届く絶妙な路線を飛んでいる。

キャビンアテンダントの皆さんのサービスがとてもよく、シートも快適です。日本各地からの接続がとても便利で、機内食も最高。シカゴやJFKからの接続がちょっと不便ですが、それ以外は、大変満足です。

仁川空港の待ち時間がちょっと長いかな。ビジネスだったので、ビジネスラウンジが利用できて楽だったけど、エコノミーだったらちょっときついな。

キャセイ航空と啓徳空港の利便性の相乗効果として挙げました。特に空港から市内へのアクセスは主要都市の中でも特筆して便利です。

アメリカとヨーロッパによく出かけますが、よい時間に飛行機が運航しています。機内食、エンターテインメントなど機内で快適に過ごせます。

往路はビジネスで復路はファーストにアップされました。シートは180度フラットで2メートル四方をゆったり使えて、サービスも最高でした。福岡からのアクセスで乗り継ぎも楽で安心出来ました。ラウンジも大変充実しています。今後、海外へはぜひ利用したいです。

昨年までのパリ往復便は、セントレアから直行便がありとても利便性がよかったのですが、セントレア便が採算が合わず、運休してしまったことはとても残念でした。でもそうなると予測することは容易でした。なぜなら成田便とは異なり、頭からつま先までブランドで固め、バックはエルメスのケリーを持っていても、交通費は節約してエコノミーを利用する乗客が多く、エコノミー満席、ビジネス空席多という状況だったのですから。ただ、ビジネス横一列に乗客が1人いるかいないかの状態なので、キャビンアテンダントの方が席まで来て下さって、お話の相手

国際線の再編で利便性は悪くなっていますね。

フランクフルト乗り継ぎでフィレンツェに行きましたが、行きも帰りも乗り継ぎ時間が5時間近くあり、もう少し効率的に組めないものかと思いました。

ワンワールドグループのため、フランクフルト空港では第2ターミナル発で、駅からバスで20分もかかる。

ジャカルタまで行きガルーダ・インドネシア航空の国内線に乗り継ぎましたが、時間どおりの到着でスムーズに乗り換え出来ました。また現地職員の案内も正確で、気持ちよく手続きが出来ました。

ドイツらしいサービスに加え、時間通りの運航やヨーロッパ域内での接続便の多さではダントツです。アジア線のエコノミークラスの座席が狭いですが、EU内はゆったりとして快適です。

今回は欧州3都市を回るため、欧州域内で安心して乗れて、かつ各都市に頻繁にフライトがあり、スターアライアンスで加盟エアラインも多く、日本にも乗り入れているという点からルフトハンザを選択しました。

ハワイ島コナ便が廃止になってしまうが、再開を望む。ハワイ便は使用機材が古い。新しい機材での運航をしてもらいたい。

欧州へ行く者にとって、エールフランスの夜便は時差ボケも少ないし助かる。AFはエコノミーでもそう悪くはないと思いますが、ビジネスは機内食もおいしく、座席も快適。乗務員の過度のサービスもなく、ちょうどよい。

利便性はすばらしく、機内の快適性も問題ない。しかし価格は高く、ビジネスクラス利用者に対するマイレージの付与率、無料航空券の交換率は劣悪である。

モスクワ空港のTerminalDがまだ工事中だったので、トランジットの待ち時間中にビジネスラウンジを利用出来ませんでした。仕事でネットワークを使用したかったので、早く完成してほしいと思います。

台北経由でバンクーバーへ行ってきました。ビジネスクラスですが、料金はエア・カナダのエコノミークラスの少し高め程度です。ラウンジも使えますし、機内食もとてもおいしいです。台風で帰国便を変更しましたが、窓口も完璧な対応でとてもよかったです。

搭乗したい時間がいいので利用してますが、以前に比べるとサービスが悪い。また古い機体だと壊れている箇所が多い。

プレミアムローレルに初めて搭乗しました。食事は期待が大きすぎたようです。中部〜台湾間はビジネスクラスとは思えない狭さでしたが、他の路線はそれなりに堪能できました。乗り継ぎ時間が余りにもかかるのがマイナスですが、コストパフォーマンスの面では満足しています。キャビンアテンダントの方も、日本人も丁寧な方が多かったように思います。


  1. 利便性
  2. 安全性
  3. 経済性
  4. 機材
  5. 特典
  6. 接客
  7. 機内食
  8. 娯楽
  9. 子ども・トラブル
  10. 搭乗前後

2011年01月

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部