ガイドブック編集部 > 特集 > エアライン・ランキング >  2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング > 利用者クチコミ大公開 > 部門別_特典

2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング
航空会社別×部門別にチェックできる!部門別コメント集
特典のクチコミ評価

  1. 利便性
  2. 安全性
  3. 経済性
  4. 機材
  5. 特典
  6. 接客
  7. 機内食
  8. 娯楽
  9. 子ども・トラブル
  10. 搭乗前後

利用者のコメント

エコノミークラスのコメント

マイレージの商品交換は、香港でしか受け取れないものがほとんどで、日本在住者には航空券に交換するしかないが、交換マイレージの設定が高いので交換出来ず、無駄が多い。

2010年9月に成田〜ヒースロー往復でヴァージン アトランティック航空を利用しました。【快適性】エコノミーでしたがそれなりによかったですよ。12時間乗っていても、そこまで疲れは出ませんでした。【特典】アメニティグッズとして、アイマスク、歯ブラシ、靴下、ペンをもらえますが、どれもデザインはかわいくて好き! トレードカラーが赤なので、デザインも女性向けかな。【設備】わりと最近の映画や音楽を楽しめました。片道約12時間ありますが、飽きないくらいに種類は豊富です。【機内食】全体的においしいです。相当食にこだわりがある人じゃない限りは大丈夫。朝食のドライフルーツ入りのヨーグルトだけがまずかったかなあ・・・(笑)【乗務員さん】皆さんてきぱきと動いてくれます。日本人の乗務員の方はちょっと機械的すぎて冷めたように見えるかも・・・? 外国の乗務員の方は男性も女性も笑顔が素敵でした。この辺りは民族性ですかね〜。全体的には文句なしです! 【運賃】このサービス内容なら妥当だと思います。

最後部の化粧室付近で、トラブルが起きた時の対応が素晴らしかった、私は最後部に座っていたので、その出来事に気付いたが、乗務員の方々の対応が素早く落ち着いていて、おそらくほとんどの人が気付かず、そのまま過していたと思います。その後の対応や心遣いも素晴らしかったです。キャンペーンでマイルが倍になったのもよかった。もう少しエコノミーの座席間が広いとよいですね。

ソウルへ貯まったマイルを使って行ったのですが、何よりも羽田〜金浦も成田便と同じように選べるのと、edyやショッピングでマイルがすぐ貯まりやすい! 遠距離搭乗や買い物でマイルを貯めて、ソウルは毎回マイル搭乗ができそうです。

マイレージを貯めているのと、アンチ○Lなので利用していますが、新聞の配布やスナックの用意がないわりに、航空運賃は高いです。シートもせまいので、かなり窮屈です。アップグレードの条件もかなり厳しいので、マイルを貯める以外に利点があまりないです。

スターアライアンス系各社によく乗ります。スカンジナビア航空、ルフトハンザ ドイツ航空、エア・カナダ、タイ国際航空、ユナイテッド航空とANAの利用が多いですが、各地でのホームキャリアを選んでいますので利便性やサービスはよいと思います。ANAは各目的地での体制をもう少し頑張ってほしいと思います。

欧州往復総額で5万円台のチケットにもかかわらず、しっかりマイルが付いたのは驚きだった。フライトアテンダントは皆親切だった。食事も満足。欧州のいろいろな都市に出入りしているので、大変使い勝手のいい航空会社だと思いました。

青森〜仁川経由のパリ便を計画したが、同じスカイチームなのに青森発着の大韓航空はエールフランスのマイレージがつかないと聞いて、成田〜仁川〜パリにしたが、結局つかなかった。いい航空会社だと思うが、マイレージがつかないと乗る気が半減する。

全日空のマイルを加算できてよかった。

シンガポール直行便を利用しました。渦中の航空会社だったのですが、料金とマイレージと日系の安心感から利用しました。乗務員の方々は誠実に働いておられる、と感じました。お水のペットボトルが配られるサービスはうれしいです。

地方にいる者にとっては特に、JALは便数が多くて便利。破綻したときはかなり頭にきたが(株主だった)。客室乗務員の親切さは日系の他社も同じだが(いずれも国内便の方が親切な気がするのは気のせいか?)、他社よりもマイレージを貯めやすく使いやすいので、同じ条件の航空券ならやっぱりJALだなと思う。

海外への便数もほどよくあり、特典航空券も取りやすい。ワンワールドの特典航空券がもう少し簡単に取れるようになるともっと使いやすくなると思う。

JALは個人的に好きです。JALのJMBカードを持っているので、マイレージをどんどん貯めたいと思います。今後もJALを使用していきたいと思っています。

機材がやや古い。機内エンターテインメントをもっと充実させてほしい。

古い機種だったので機内エンターテインメントのプログラムが少なかったです。今年も利用を予定していますが、機種が新しいので楽しみです。

マイルの関係でJALがあれば使うが、今後どうなるのか不安。

もともとエールフランスのマイレージを持っていたので、数十年スカイチームのエアラインを利用している。そのため、サービスのよい他のグループに乗り換えたいと思っても、今までのマイレージを無駄にしたくない思いで、惰性で同じエアラインを利用している。

SKYMILESと提携しているがマイレージをSKYMILESに登録できなかった。どこもそうだが、そのあたりがややこしい。

今までは、年に2〜3回のフランス往復で、約3年ごとにヨーロッパ往復の特典航空券をゲットしていましたが、昨年からエコノミークラスのマイル加算率が大幅に下がったため、それも難しくなりました。特典航空券ほしさに乗っていたようなものなので、今後はこの航空会社をわざわざ利用することもないと思います。

インターネットでの評判はあまりよくなかったのですが、実際に利用してみると、低価格な上、機材も最新のもので、最新の洋画が日本語字幕付きで鑑賞でき、非常によかったです。乗り継ぎもモスクワ経由なので、欧州へは時間的ロスも少なくいけました。シェレメチェボ空港の増築部分は非常にきれいでした。欧州へ行く際はまた利用したいと思います。スカイチームのマイルもたまります。

イタリア方面への旅行・添乗が多いので、スカイチームで安い運賃に設定されているアエロフロート便または大韓空港便を利用している。マイルが貯まるし、イタリア国内線のみマイル利用している。

アライアンス内のマイレージ加算がバラバラでわかりにくい。

ユナイテッド航空のマイラーなのでWマイル目当てで利用しました。ニュージーランド航空のプラン利用でしたが、アウトシーズンだからかコストパフォーマンスに大変優れていました。

エコノミークラス以外のコメント

JALでマイルを貯められる。言葉が通じなければ、すぐに日本人客室乗務員を呼んでくる。

ビジネスでのマイレージを観光で使用している、だからANA中心に乗っています。ANA国際線は定時出発が守られているので、安心して乗れる。

国際線でのマイレージはかなり取りにくい(使わせないぞ、という感じ)。海外ではJALよりかなり値段も強気。海外駐在者ですが、自分の取引先でもANAの殿様営業(営業担当者や使わせないマイレージ政策等々)に怒っている企業は大変多く、会社のオフィシャルエアラインは意地でも他社のままにしてやる、という話しをよく聞く。

マイレージの還元率がモット多ければいいのに。

マレーシア航空のマイルは自社は当然のことですが、ANAやデルタ航空のマイルとしても加算できるので都合がよい。

JALのマイレージをメインで溜めているから、基本JALです。

今回は欧州3都市を回るため、欧州域内で安心して乗れて、かつ各都市に頻繁にフライトがあり、スターアライアンスで加盟エアラインも多く、日本にも乗り入れているという点からルフトハンザを選択しました。

利便性はすばらしく、機内の快適性も問題ない。しかし価格は高く、ビジネスクラス利用者に対するマイレージの付与率、無料航空券の交換率は劣悪である。

スターアライアンスのマイレージ無料航空券で、ビジネスクラスに搭乗。ビジネスでサービスされる11種から選べるコーヒーがおいしい。機内食は最高レベルです。あと、無料航空券の場合サーチャージも無料、預け荷物も何キロでもOK。最高のサービスです。また乗りたいです。

チャイナエアラインを連続4年間計10回以上、全てビジネスクラスで利用させて頂いています。おかげさまでゴールドカードを頂きました。これからもお世話になります。地上も上空もスタッフはとても親切です。


  1. 利便性
  2. 安全性
  3. 経済性
  4. 機材
  5. 特典
  6. 接客
  7. 機内食
  8. 娯楽
  9. 子ども・トラブル
  10. 搭乗前後

2011年01月

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部