ガイドブック編集部 > 特集 > エアライン・ランキング >  2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング > 利用者クチコミ大公開 > 部門別_子ども・トラブル対応

2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング
航空会社別×部門別にチェックできる!部門別コメント集
子ども・トラブル対応のクチコミ評価

  1. 利便性
  2. 安全性
  3. 経済性
  4. 機材
  5. 特典
  6. 接客
  7. 機内食
  8. 娯楽
  9. 子ども・トラブル
  10. 搭乗前後

利用者のコメント

子ども対応 エコノミークラスのコメント

子供連れでしたが、子供に対してのサービスは、おもちゃも品切れと言われて(往復とも)ちょっと残念でした。あとの面はよかったです。

子ども向けの食事、おもちゃなどが充実していて乗務員もやさしいので、子どもが生まれてからはキャセイを選んでいます。日本人が少ないのもポイント高しです(日本人は子連れに対してやけに厳しいので)。

子連れで何度か利用しましたが、非常に対応がよかったです。窓際座席が2席というのも非常に助かりました。

乗務員の接客サービスがとてもよかったです。同じ女性の私から見ても、笑顔が素敵だなと思わせるほど、笑顔が印象的でした。4歳と6歳の子どもも一緒でしたが、子ども向けのビデオが充実していたので、8時間飽きることなく過ごせました。

トラブル対応 エコノミークラスのコメント

機内の対応とエンタメ、機内食は大満足。ただ、ロストバゲージに対する仁川空港での係員の対応に不満が残りました。

ソウルのインチョン空港がキレイだった。復路の飛行機が機材手配ミスで5時間の遅延・・・帰宅が深夜になってつらかった。

気配りがない。機内が揺れて飲み物をこぼした際、客室乗務員は気付いていたのに、こちらがおしぼりを求めるまで行動しなかった。後ろ座席の子供3人が騒いでいるのに、前方席にいる両親に注意を促がす行動をとらなかった。最悪な飛行時間だった。

行きは空港混雑により3回も旋回したため6時間もかかった。帰りは、搭乗後にエンターテインメント設備が故障ということで、1時間以上も出発が遅れた。その間、水のサービスしかなく(ジュースくらい出してもいいのに)、スタッフも笑っていて真剣さが足りない気がした。もう利用することはないと思う。

大雪で欠航になった際、翌日の希望の便に優先で振り替えてもらえた。

機械でのチェックインができず、延々と並ばされた。座席指定のためJLでなくKEで購入したのに、チェックインの際に席の希望を聞かれた。これでは時間がかかるのも当然。

ロストバゲージが多すぎる。機材は古いものが多く、機内も清潔でないなど5つ星航空会社として評価されている理由がわからない。

毎年海外に行く際に利用していましたが、段々機内食の質が悪くなっているようです。同じ便でも昨年に比べ、本当に簡単なお粗末な食事で驚きました。以前とは比べ物にならなかったです。あと、油圧系統のトラブルで2時間も飛行機の座席に縛り付けられ、つらかったです。

きちんと対応してくれるという安心感がある。天候不良を原因としたロストバゲージで散々な目にあったが、ルフトハンザの誠意ある対応で信頼度が増した。

出発が2時間遅れて、乗り継ぎ便に間に合わなかったが、ホテル手配等してもらえた。

ルフトハンザの飛行機自体はいいのですが、フランクフルトの乗り継ぎで時間がかかり、最低乗り継ぎ時間は満たしていたのに、乗り継ぎできませんでした。

ロンドン往復で最新のA380にフランクフルト経由で子どもと乗りました。行きも帰りも個人テレビモニターが故障、そして読書用ランプもキャビンアテンダント呼び出しも故障と非常に不便でした。新しい機材なもので電気系統の故障が多くて・・・、と日本人キャビンアテンダントもパーサーも謝罪していたが、プロフェッショナルではないですよ。理由になりません! もう二度とルフトには乗りたくないです。帰りのヒースロー空港からのフランクフルト便も大幅に遅れ、成田行きへの乗換えもギリギリだったし、フランクフルトの地上係員感じが悪かったし、評判と実情とは大違いでした。

サムイ行きのフライトがよかったのでプーケット直行便も利用したが、機内の個人モニタなどがなかった。バンコクまでの帰路で搭乗してから1時間近く待機の後、機材トラブルで機を降ろされ、結局予定時間を1時間以上過ぎた後に出発。楽しみにしていたバンコク空港での食事も出来ず、待たされている間説明はなし。機を降ろされる時に、初めて機内アナウンス。再搭乗後も待機の間、乗務員に何分後に出発かと尋ねても「I don't know」だけ。2名に尋ねて2名ともにそう言われた。日系会社では考えられない対応ではないか。荷物は1日以上遅れの未着となったが補償はなし。謝罪もなし。もう利用しないと思う。れの未着となったが補償はなし。謝罪もなし。もう利用しないと思う。

福岡で利用の際、ハノイ→バンコクが遅延して乗り継げずに結局1泊。ホテル、ミールバウチャーがあったものの、情報不足でいろいろと不便だった。他国の人々も情報があまりに少ない、と困っていた。トラブルの時ほど、会社力がわかる!と思った出来事でした。

預託手荷物の遅延が多い。

帰りの便でオーバーブッキングされていたが、出発の10分前になって座席が確保できた。乗務員の方はフレンドリーでよかった。日本人の乗務員もいたが、こっちは少し堅すぎる感じ。

昨年7月に夫がマイレージに加入しカードが届かないので、11月に連絡したら「これから送る」との返事。その後も届かないので今年4月に再度連絡したら、「6ヵ月を過ぎたのでダメ」だと・・・理解しがたい対応です。

成田〜アムステルダム往復便を購入。乗務員は過度に営業スマイルを振りまくわけではなく、素朴で温かみがあり、信頼できる感じ。機内食、飲み物のサービスが多過ぎる。ブロイラーの鶏になったような気分だった。帰りは火山噴火でフライトがキャンセルになった。振替便を取るための電話もウエブサイトも連日まったく機能せず、追加の滞在費等が大きな負担となった(天災なので航空会社も保険会社も補償しないそう)。あの過剰な機内食にかかる経費を、こういうときの補償に少しでも充ててくれればいいのに・・・。

この航空会社は、荷物の破損が非常に多い。

どうしても日本の航空会社と比較してしまうと、接客サービスは劣ります。乗り継ぎも余裕がなく、結局乗り遅れました。家族が飛行機の中で具合が悪くなりましたが、乗務員の方はどなたも知らん顔で、ちょっとびっくりでした。

機内で腕時計を買ったが、電池が入ってなかったのでエールフランスに抗議したが、何もしてくれなかった。

預けたスーツケースが経由地から届かなかったのに誠意ある対応ではなく、後日衣料費のレシートを送付したのに遅延を理由に支払いをしてくれなかった。ドゴール空港できちんと説明してほしかった。

機内のトイレが複数故障したため、1ヵ所に集中し長蛇の列。乗務員はこれまでにもあったとか言っていたが、改善努力が足りない。全く困り往生した。

バンクーバーへの直行便を利用しました。パーソナルテレビも付いていてちゃんと機能し、フライト時間を十分に堪能することができました。何より、帰国便で、日本近海まで来て乱気流にあいましたが、冷静な対応で安心して乗っていることができ無事到着することができたので感謝しています。今後も機会があれば、利用したいと思います。

帰路で機材到着が遅れ、成田到着も遅れたが、その後の対応はしっかりしてもらった。ただ、手続きに2時間ほどかかったが・・・。

アムステルダムからモスクワ経由で成田へ帰る際に利用。スーツケースを積み忘れられ、その上壊れて戻ってきた。機内の職員は普通の接客態度だったが、搭乗の際に乗客を押しのけて列に割り込むのには参った。また、モスクワの地上勤務職員の態度が最悪。英語があまり通じない上、ロシア語で訊いても馬鹿にしたような態度で何ひとつまともに答えない。客をほったらかしておしゃべりに夢中。今回はキャンセルになった他社便の振替としてたまたま利用したが、そもそも安全性の面でも不安要素の多い会社なので、もう利用しないと思う。

せっかくわざわざパリで座席の予約をして決まっていた席があったのに、乗り換えの際にモスクワの地上係員に勝手に席を変えられた。周りの日本人も同じだったよう。モスクワ〜成田間は長いフライトなのに狭い席で、すごく嫌な思いをした。

今までいろんなエアラインを利用しましたが、最悪。機内食が食べられたものではない。チェックインの対応も遅く、出発も遅れ、しかし謝罪は一切ない。また、ロシア人の乗客もマナーが悪い。どれだけ安くても二度と乗らない。

名古屋から東南アジア方面への乗り継ぎが便利で、運賃も比較的低く設定されているため、利用回数が多いです。以前、台湾への台風接近のため、ベトナムからの便が夕方到着から深夜到着となり、乗り継ぎ便も早朝出発となった時には、航空会社の責に帰すべき事由ではないにもかかわらず、乗り継ぎ者全員にホテルを準備してくれました。思いやりのある対応にとても感激しました。

トラブル対応 エコノミークラス以外のコメント

ファーストクラスで、離陸直前に電動のリクライニングシートが壊れエコノミーに座らされた。機材が古いものに当たるとそんな感じ。

FEDEXの事故の翌日、大混乱の欧州便を利用。案の定、出発が大幅に遅れて乗継便には乗れず、フランクフルトで一泊することになりました。成田のグランドホステスの対応と、フランクルフルト現地職員の対応の素晴らしかったこと! つくづく日本の航空会社にしてよかったーと思いました。時計の見本市があるので、多くの日本人が欧州に飛ぶ時期だったのですが、他の欧州系エアラインを使った人はエラい目にあったそうです。機内サービスも、機内食以外は完璧。なんといってもパールグレーと赤でまとめられた客室の色調が、落ち着いた感じで大好きです。

ビジネスクラスだったにもかかわらず、品切れで食事のチョイスができなかったり、座席のイヤホンに不具合があったりと機内サービスに不満があった。空港でも、ビジネスクラスの客だと思わなかったという理由でいったんラウンジの利用を断るなど、従業員のレベル、使用機材の質共に今まで利用した数十社のエアラインの中で最低だった。

2009年の8月にビジネスクラスに乗りました。帰りの座席を予約してあったにもかかわらず、「コンピュータの故障です。あなたの座席はありません」と言われ「8万円返しますからエコノミーです」と言われた時はどうしようかと思いました。

台北経由でバンクーバーへ行ってきました。ビジネスクラスですが、料金はエア・カナダのエコノミークラスの少し高め程度です。ラウンジも使えますし、機内食もとてもおいしいです。台風で帰国便を変更しましたが、窓口も完璧な対応でとてもよかったです。


  1. 利便性
  2. 安全性
  3. 経済性
  4. 機材
  5. 特典
  6. 接客
  7. 機内食
  8. 娯楽
  9. 子ども・トラブル
  10. 搭乗前後

2011年01月

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部