ガイドブック編集部 > 特集 > エアライン・ランキング >  2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング > 利用者クチコミ大公開 > 部門別_搭乗前後(その他)

2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング
航空会社別×部門別にチェックできる!部門別コメント集
搭乗前後(その他)のクチコミ評価

  1. 利便性
  2. 安全性
  3. 経済性
  4. 機材
  5. 特典
  6. 接客
  7. 機内食
  8. 娯楽
  9. 子ども・トラブル
  10. 搭乗前後

利用者のコメント

エコノミークラスのコメント

シンガポール航空は世界一。

飛んでいればシンガポール航空に必ず乗りたい。

快適で乗務員のサービスもよい。ただ帰るとき、チケットに搭乗時刻だけしか書かれていず、それがフライトの1時間前になっていたので無駄に急いでしまった。空港にあまり発着時刻の掲示もなかったのでちょっと待ち時間が長くなった。(シンガポール空港発)

マイレージの使い方が今ひとつわからない。日本語ホームページの充実を望む。しかし機内食に和食がセレクトできるのはかなりポイント高いです!

また利用したい。

ドバイ空港での対応に問題アリ。子どもと両親がバラバラの座席を確保された。抗議して対応してもらったが、他社と比較して気の利かない対応である。

すべての点において、満足しました。

広島から仁川空港で乗り継いでパリに行くのに非常に便利で利用させていただきました。ハングル語が話せないので利用することが不安でしたが、客室乗務員さんの接客対応が大変良く、またとても可愛い感じで話しかけやすく、安心して機内で過ごせました。機内食も残さず食せるくらい何でも美味しく、夜中に小腹が空いた時にはアイスや軽食も惜しみなく提供していただき、コストが安くて選んだのが大きな理由ではありましたが、本当に満足できました。ただ、乗り継ぎのインチョン空港内での韓国人スタッフの接客等が不親切で、対応の悪さにあきれ残念でした。せっかく韓国エアラインが好評価に値するので今後も利用したいと思う反面もったいないと感じました。した。せっかく韓国のエアラインが好評価に値するので今後も利用したいと思う反面、もったいないと感じました。

いつも気分壮快になる航空会社です。

ドバイ〜香港間についてですが、同乗の外国人(中国系)のほとんどが紙くず等を床に散らかして嫌だった。

リチャード・ブランソン氏の考え方が好き。

とにかくアグレッシブなANAがベスト。

原油高、経済危機、JAL問題、運賃競争などの過酷な競争の中、従業員の方々はそれぞれに努力して精一杯仕事をされているなぁ、と乗るたびに思います。今後も機体整備にはお金をかけてほしいです。

飛行機はやっぱりANA。

スターアライアンス系各社によく乗ります。スカンジナビア航空、ルフトハンザ ドイツ航空、エア・カナダ、タイ国際航空、ユナイテッド航空とANAの利用が多いですが、各地でのホームキャリアを選んでいますので利便性やサービスはよいと思います。ANAは各目的地での体制をもう少し頑張ってほしいと思います。

いつも快適に利用しています。

韓国に行く時は必ず大韓航空です。

乗務員の服装に合わせた髪飾りがかわいい。その髪飾りを機内販売してもらいたい。

大韓航空、最高!

大韓航空に乗りました。機内のサービスもよく、チェックインも早くてよかったです。

日本国内で韓国国内線の予約が出来る。

機械でのチェックインができず、延々と並ばされた。座席指定のためJLでなくKEで購入したのに、チェックインの際に席の希望を聞かれた。これでは時間がかかるのも当然。

地上職員も下請け会社でなく大韓航空の社員を配置してほしい。

帰路、クアラルンプール経由でシンガポールのチャンギ空港でチェックインした際、よく確認しなかったのも悪かったが、友人と2人でチェックインしてるにもかかわらず、2列も違うバラバラな席をアサインされた。常識では考えられない対応だと思った。どうしてもバラバラな席しかなかったのなら、ひと言断りを入れて案内するべきだと思う。これはチャンギの職員のサービスとすべきなのか、やはりマレーシア航空のサービスの一環として考えるべきなのかは判断しかねます。

日本人キャビンアテンダントが3人もいて日本人客を重視しているわりに、クアラルンプールで搭乗口での日本語による搭乗案内がなかった。成田で搭乗の際、クラスや子供連れ優先、また座席番号別の案内がなく、ごちゃまぜ搭乗だった。

意外とよかったというのが実際の感想です。

いつも信頼できると思って使っていましたが、ややこしい問題で少し気持ちはゆらぎますが、がんばって再建してほしいです。

やはりJALは日本の翼です。信頼感が第一です。ぜひ再び再生してほしいと心から願っています。

今は大変だけど、やっぱりJALが好きです。

エコノミークラスの機内食やドリンクは有料にすべき。出発の2時間前のチェックインの時に料金を払って選択する。飲み物だけは搭乗してからで充分。資本主義の乗り物であることを強調しないと、よいサービスは買えない。

カウンターの対応が感じ悪く、赤字は当たり前だと感じる。

機内食のご飯が乾燥しまくってた・・・。残念。ホームページは大変よくできていて感心します。

現地での乗継が便利なので、いつもルフトハンザを利用してます。また、今回はネットでの予約・購入で20ユーロ分の機内クーポンもいただきました。

初めて利用したが、欧州系ではかなりポイントの高い航空会社だと感じた。

やはりナショナルフラッグのエアラインは、乗った瞬間からその国に行った気分になれるから大好きです!

初めての海外旅行で乗った飛行機としては満足できた。

とにかくフィンランドの空港でチェックインカウンターの人の態度が最悪でした。

トルコの国内移動で乗った。乗り降りはタラップであり、暑かった。また、搭乗ロビーにトイレはないし、待たされるわで最悪!

JAL会社更生法適用初日のフライトでした。

アムステルダム→成田で利用しました。2010年からエコノミーにも個人モニターがつき、オンデマンドでエンターテイメントが楽しめてとても快適でした。機内食は2食ともホットプレートが出たし、ホテルオークラ監修で美味しかったです。ベジタリアン食のジャムの乗った甘いおかゆはちょっと食べにくいと思いますけれど‥。乗務員さんも素敵な方が担当でした。120ユーロでコンフォートエコノミーが利用できるのも手頃でいいと思います。ブランケットが肌ざわり良かった。会社のホームページも見やすい。行きは共同経営のエールフランスだったのですが、KLMの方がずっと良かったです。これからは往復KLM利用したいのですが、日本からの発着便が少なくて残念‥。ンスだったのですが、KLMの方がずっとよかったです。これからは往復KLMを利用したいのですが、日本からの発着便が少なくて残念・・・。

荷物の超過に厳しいので、荷物が極端に重い人や長期滞在前後に利用する人には不便なエアラインだと思います。

毎年ヴェネツィアに行っていますが、オーストリア航空、ルフトハンザ航空、全日空を利用、最近はコードシェアで混雑。昔はガラガラのときがあったが、最近はまったくない。

エア・カナダの都合で便の予約を変更させられたが、新Eチケットを手にするまでに1ヵ月以上もかかった。仕事が遅い。機内食がとても貧弱ですごく惨めになる。

空港カウンターのミスで、予定されていた乗り継ぎ便に乗れず、カルガリー空港でひとりスーツケースを持ったまま7時間待った。カナダドルが必要になる予定はなかったので、空港では何も出来なかった。

とにかく汚かった。シートは食べ物のカスが散乱してるし、トイレはトロント〜成田間で一度も掃除されず・・・。通路にごみが落ちてるのは当たり前。地上職員の高慢な態度もハナにつく。

昨年、成田〜モスクワ間で利用した際には、・事前の通知とは違う旧式の機材でテレビなし・キャビンアテンダントが、離着陸時に出歩く乗客や携帯電話を注意しない、などの多くの不満点がありましたが、今回は最新の機材を使用できたことなど、快適な旅をすることができました。残る問題は、モスクワ・シェレメチェボ空港の使い勝手と対応の悪さでしょうか。今回も入国審査で1時間以上待ちました。

予想していたよりはるかに快適だった。

アムステルダムからモスクワ経由で成田へ帰る際に利用。スーツケースを積み忘れられ、その上壊れて戻ってきた。機内の職員は普通の接客態度だったが、搭乗の際に乗客を押しのけて列に割り込むのには参った。また、モスクワの地上勤務職員の態度が最悪。英語があまり通じない上、ロシア語で訊いても馬鹿にしたような態度で何ひとつまともに答えない。客をほったらかしておしゃべりに夢中。今回はキャンセルになった他社便の振替としてたまたま利用したが、そもそも安全性の面でも不安要素の多い会社なので、もう利用しないと思う。

せっかくわざわざパリで座席の予約をして決まっていた席があったのに、乗り換えの際にモスクワの地上係員に勝手に席を変えられた。周りの日本人も同じだったよう。モスクワ〜成田間は長いフライトなのに狭い席で、すごく嫌な思いをした。

今までいろんなエアラインを利用しましたが、最悪。機内食が食べられたものではない。チェックインの対応も遅く、出発も遅れ、しかし謝罪は一切ない。また、ロシア人の乗客もマナーが悪い。どれだけ安くても二度と乗らない。

エコノミークラス以外のコメント

シンガポール航空は総合点でも他の追随を許さないと思う。

海外旅行歴は15年になりますが、各国の航空会社を利用しました。利用するならシンガポール航空です。

今までを含めますと10回を超えるくらい乗っていますが、何か落ち着きます。他のエアラインにはない、何かがあるのでしょうか。

ドバイからメルボルンの単純往復だった。

ビジネスクラスへのアップグレードがあり、とても親切な対応で、長時間にもかかわらず快適な時間が過ごせました。

最高です!!!

国際便に何度か乗って、預けたカバンの損傷が全くなかったのはANAだけだった。

同乗の日本人のマナーが芳しくなかった(座席のリクライニングについて、執拗に文句を言っていて周りは不快。クレームを受けている方は平謝り・・・)。機内食は工夫されていて、さすが日本のエアライン!

日本人にとって、老若男女問わず、一番利用しやすい航空会社だと思います。

国際線でのマイレージはかなり取りにくい(使わせないぞ、という感じ)。海外ではJALよりかなり値段も強気。海外駐在者ですが、自分の取引先でもANAの殿様営業(営業担当者や使わせないマイレージ政策等々)に怒っている企業は大変多く、会社のオフィシャルエアラインは意地でも他社のままにしてやる、という話しをよく聞く。

往路はビジネスで復路はファーストにアップされました。シートは180度フラットで2メートル四方をゆったり使えて、サービスも最高でした。福岡からのアクセスで乗り継ぎも楽で安心出来ました。ラウンジも大変充実しています。今後、海外へはぜひ利用したいです。

JALの復活を願っています。

JALを応援したくて選んでいます。

がんばってる方も多いし、最近は本当によくなってきたところなので、いい方に生まれ変わってほしい。

ロスアンゼルス往復便に乗りました。快適に過ごしました。アメリカ線の新型座席は快適でした。再建中ですが、現場、特に若い人は、頑張っているという印象を受けました。

上級会員へのアップグレードの率が最近よくなっているように思います。アジア路線はほぼ100%です、搭乗率が減ってるからかも?

4、5月とビジネスクラスでツアー旅行へ行きましたが、初めて5月にファーストクラスにアップグレード。以前はエコノミーを30回近く利用しても、ビジネスクラスへのアップグレードはなかったのに。大金を払った甲斐がありました。まあ今後はありえないでしょうが。

サービスは悪くはなかったが、乗務員により差があった。エンターテインメントは、他の航空会社に比べると物足りない。ヘルシンキ空港の入国審査官が、荷物をたまたまぶつけてしまった旅行者に執拗に、故意でやったのか暴言交じりで聞いていた。そのため、この航空会社も使うのを避けるようになった。利便性はいいのだが。

JALには新しいかたちで、JALしかできないサービスの形を求めてもらいたいと期待しています。

客室乗務員の方だけでなく、地上職の方も対応が丁寧かつテキパキしており、快適に利用できた。飛行機の利用時は、地上でのサービスが快適だと、よいイメージを持って機内で過ごせると思う。

外国のエアラインのわりには、映画などのエンターテインメントも日本語版があり、よいと思う。搭乗記念にミニチュアハウスをもらいました。いいサービスだと思う。英語も聞き取りやすいし、また乗りたいと思いました。


  1. 利便性
  2. 安全性
  3. 経済性
  4. 機材
  5. 特典
  6. 接客
  7. 機内食
  8. 娯楽
  9. 子ども・トラブル
  10. 搭乗前後

2011年01月

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部