ガイドブック編集部 > 特集 > ミシシッピ・リバーに沿って〜アメリカ南部諸州の旅 > ヘレナ&インデアノーラ ブルースとミシシッピ・デルタの風土を知るふたつの博物館

ヘレナ&インデアノーラ ブルースとミシシッピ・デルタの風土を知るふたつの博物館

写真1:Delta Cultural Center。40年代で時間が止まってしまったような、こじんまりとしたダウンタウンにある。

写真2:セデル・ディビスは、ギターを左右逆に持ち、不自由な右手でテーブルナイフを使って弦を押さえ音を操った。

写真3:展示スペースは、近代的な建物でマルチメディアのコンテンツが充実している。

写真4:講義や演奏会を行うスペースは、レンガ造りのコットンジン(綿花の加工工場)を改造して作られている。


ヘレナ Helena (AR)&インディアノーラ Indianola (MS)
ブルースとミシシッピ・デルタの風土を知るふたつの博物館

ヘレナは、メンフィス、クラークスデールと並ぶ、ミシシッピ・ブルースの三大聖地のひとつ。Delta Cultural Centerの展示からは、ライブハウスの喧騒あふれる繁栄の様子が伝わってくる。40年代に人気を博したラジオ番組King Biscuit Timeは、今でもここから放送されている。50年もの間ここでDJをしているSonny Payneさんが顔を見せくれた。
インディアノーラは、ミシシッピデルタの真ん中にある小さな町。偉大なブルースギターリスト、B.B.キングが暮らした町だ。この地に2008年、彼の生涯と彼のメロディのバックボーンであるデルタの風土を知るための博物館 B.B. King Museum and Delta Interpretive Centerが完成した。キング氏の意向を反映して、博物館は単に展示にとどまらず、学習センターやパフォーマンス・ステージなど、この地の若い世代に希望を与えるための教育や体験のプログラムも充実させている。

Sonny “Sunshine”Payneさん。私たちが日本人だと知ると「この前は、Saitoという人が来たよ」と気さくに話してくれた。ブルースが好きで、日本人がここまで来ることを誇りに感じているようだ。

2011年3月



ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部