繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 >  サファリも、絶景も! 10日で満喫!南アフリカの旅

サファリも、絶景も! 10日で満喫!南アフリカの旅

アフリカ大陸の南端にある「南アフリカ共和国」。2010年にサッカーのワールドカップが開催され、日本代表が大活躍したことを覚えている人も多いだろう。実は、南アフリカは観光地としても魅力あふれる国。「テーブル・マウンテン」のそびえるケープタウン、ヨーロッパと世界をつないだ「喜望峰」など、雄大な風景にはロマンがある。ライオンやゾウがひとつのエリアで見られるサファリも、王道のアクティビティ。リーズナブルでおいしいと評判のワインやシーフードも旅のお楽しみ。さあ、南アフリカのスペシャルツアーへご案内!

取材・写真:黒須洋行(どんぐり・はうす)   取材期間:2011年3月20日〜30日
協力:南アフリカ観光局

国別基本情報


南アフリカ共和国 Republic of South Africa

面積:
約121万9912平方キロメートル(日本の約3.2倍)
人口:
約4930万人(2009年)
首都:
行政府:プレトリア、立法府:ケープタウン、司法府:ブルームフォンテン
民族構成:
アフリカ先住民族79%、ヨーロッパ系9.6%、カラード8.9%、アジア系2.5%
言語:
英語、アフリカーンスなど11の公用語がある
世界遺産:
ケープ植物区保護地域群やロベン島など、文化遺産4ヵ所、自然遺産3ヵ所、複合遺産1ヵ所 、合計8ヵ所
通貨:
ランド(R) 1R=約11.59円
(2011年5月30日現在 ホテルによっては米ドル表記の場合もある 1USD=約81円)
気候:
南アフリカは南半球にあるため、季節は日本と逆になる。気候は地域差によって多少異なるが、年間を通しておおむね温暖。クルーガー周辺の観光シーズンは乾季にあたる5〜9月(10〜3月は雨季)がベスト。ケープタウン周辺の海岸部の観光シーズンは12〜3月(5〜8月は雨季)がピークシーズンとなる。

インデックス

サファリも、絶景も! 10日で満喫!南アフリカの旅

ゾウが目の前に!クルーガーでサファリ
南アフリカに来たら何はともあれクルーガーへ。ここではビッグ5(ライオン、ゾウ、ヒョウ、サイ、バッファロー)などの野生動物と出合える世界的に有名なスポットだ。クルーガー国立公園内でも動物を探すことができるが、運転エリアや速度、外出時刻などに制限が設けられているので、国立公園に隣接する私営動物保護区内のロッジに滞在しよう。各ロッジでは、4WDのオープンカーによるゲーム・ドライブを、動物の動きが活発になる早朝と、夕方から夜にかけて行っている。時折ブッシュの中に分け入って動物と目と鼻の先の距離まで近づくこともあって、迫力満点のサファリが楽しめる。
詳細はこちら
ゾウが目の前に!クルーガーでサファリ
憧れの喜望峰とテーブル・マウンテンが見たいっ!
ケープタウンに到着したら、まずはテーブル・マウンテンのベストビューを探しに行こう。昼食はウォーターフロント地区にあるテーブル・マウンテン・ビューのレストランで。この地区はクルーザーが浮かぶ湾やコロニアルな建物など、ハイソな雰囲気。午後はテーブル・マウンテン頂上から約1000m下に広がるケープタウンを一望する。ケープっ子に人気の展望スポット、シグナル・ヒルも押さえたい。翌日は喜望峰へ。ケープ・ポイントのビューポイントから大海原を眺めれば、なんとイルカの大群が! アフリカン・ペンギンの生息地として有名なボルダーズ・ビーチで可愛いペンギンをカメラにおさめ、ワイン・ランドの中心地のステレンボッシュへ。
詳細はこちら
憧れの喜望峰とテーブル・マウンテンが見たいっ!
世界が注目する南アフリカワインで乾杯!
ケープタウンからちょっと足を延ばしてワイン・ランドへ。このエリアはその名のとおり南アフリカを代表するワインの産地。一帯には標高1000〜1500mの山々が連なり、麓にブドウ畑が広がっている。ワイナリーでの楽しみは、醸造所の見学ツアーやテイスティング。店には卸していないワインもあるので、気に入ったら迷わずGETしよう。ワイン・ランドではワイナリーが経営するレストランがおすすめ。いろいろなワインを試せるし、メニューに合ったワインを選んでくれる。ケープタウンから遠くないのに、ワイン・ランドの夜空はとっても清らか。食後のひととき、満天の星&天の川を眺めるチャンスがあるかもしれない。
詳細はこちら
世界が注目する南アフリカワインで乾杯!
ガーデンルートで216mの橋から落下!?
ポート・エリザベス空港に到着後、ジェフリーズ・ベイを経由し、チチカマ国立公園のあるストームス・リバーへ。ストームス・リバーから始まるガーデンルートは、南アフリカを代表するリゾート地。ヨーロッパからの観光客が闊歩し、整備された海岸地区には多くの別荘が建ち並ぶ。ここでは緑豊かな森林や湖沼、切り立った渓谷、花園など色とりどりの景色が広がり、自然のなかでバンジージャンプなどのアトラクションが楽しめる。緑濃い自然は、今までのイメージにない「南アフリカ」が発見できるはず。ハイライトはナイズナ湾のサンセットクルーズ。覚えたての南アフリカワインと、とれたてオイスターに舌鼓を打とう。
詳細はこちら
キャプション
洞窟を探検して巨大鍾乳石を見つけよう!
緑豊かなガーデンルートから北に進路をとってオウテニカ山脈を越え、カルー平原に入る。このあたりは乾燥した赤土の大地。ブランド羊であるカルー・ラムの牧場、ダチョウ農場やホップの畑が広がる。中心の町はオーツホーンで、ジョージから車で1時間ほどの距離。オーツホーンのダチョウ飼育の歴史は古く、柔らかく大きな羽はイギリスに輸出され、19世紀後半にはダチョウの羽をあしらった帽子がイギリスで流行したという。町にはダチョウにより富を得た人によるフェザー・パレス(羽毛御殿)が建てられた。ダチョウ農場を見学したあとは、北へ30kmほどのカンゴー洞窟へ足を延ばして。約2000万年前から形成し始めた洞窟には高さ18mもの鍾乳石がある。
詳細はこちら
洞窟を探検して巨大鍾乳石を見つけよう!

何見たい? 何したい? 南アフリカの多彩な魅力

大自然がいっぱい!動物に接近!
アフリカ大陸の最南西端から見る大海原、ロマンあふれる喜望峰、そしてサファリ。南アフリカの自然は多彩だ。特にサファリは動物ウオッチャーには見逃せない。たとえばクルーガーはゾウやライオンなどの人気動物が見られる有名スポット。大型動物の種類の多さも世界のトップクラスなのだ。
詳細はこちら
動物に接近!自然がいっぱい
海も山もひとり占め! アクティビティを満喫
南アフリカには旅を彩るアクティビティもいっぱい! 高さ200m以上の橋から飛び降りるバンジージャンプや森林をターザンのように飛び歩くキャノピーツアーは肝試し(?)に。ダチョウに乗るというのも、なかなかおもしろい体験だ。イチオシは優雅なインド洋のサンセットクルーズ。
詳細はこちら
海も山もひとり占め! アクティビティを満喫
個性派ホテルにステイ
個性ある滞在も魅力的。まずはサファリのラグジュアリーなロッジで早朝からナイトサファリまで動物三昧。ケープタウンなら、テーブル・マウンテンが見えるホテルはいかが? 19世紀のコロニアルな建物も魅力的だし、ゴルフ好きならサッカーの日本代表がベースにしていたホテルもおすすめ。
詳細はこちら
個性派ホテルにステイ
注目の南アフリカワイン&グルメ
リーズナブルな南アフリカワインは、このところ味の評価もグンと上がって人気急上昇中。ケープタウン近郊のワイナリーを訪ね、醸造過程を見学したり、テイスティングをしてみよう。合わせる料理はシーフードで。特にオイスターの養殖がさかんなので、ガーデンルートに行ったらぜひ試してみて。
詳細はこちら
注目の南アフリカワイン&グルメ
2011年05月


地球の歩き方ガイドブック 編集部