ガイドブック編集部 > 特集 > 北欧ノルウェー フィヨルドへ行こう! > NORWAY IN A NUTSHELLの使い方

NORWAY IN A NUTSHELLの使い方

ベルゲン〜ミュールダール

ベルゲン鉄道駅からの出発。市内から鉄道駅までは徒歩10分ほどでアクセスできる。ミュールダールまではどちらかというと進行方向左側によい景色が広がる。

ミュールダール〜フロム

ソグネフィヨルド観光の目玉のひとつ。フロム鉄道に乗車できる区間。左右にいい景色が現れるが、座席の移動が難しそうなら、フロムに向かって進行方向左側に席をとったほうがいい。

フロム〜グドヴァンゲン

フロムでの乗り換えは現地の状況がわからないと緊張する場面だが、列車を降りてホームを前方に向かうと、すぐ右手にフェリー乗り場が見えてくる。乗り継ぎで迷う心配はない。ちょうどお昼くらいの到着になるので、ゆっくりとお昼休みをとり散策してみよう。
グドヴァンゲンまでのクルーズは世界遺産登録エリアを通過する。アウルランフィヨルド内は進行方向左側に見るものが多いが、ネーロイフィヨルドではどちらかというと右側のほうが見るべきポイントが多い。

グドバヴァンゲン〜ヴォス〜ベルゲン

グドヴァンゲンでは、下船するとすぐ目の前にヴォス行きのバスが待っている。団体客向けのチャーターバスと間違えないように注意して乗車しよう。ヴォスでは電車に乗り換えることになるが、バスは駅前に到着するので迷うことはないだろう。ヴォスからベルゲンまでのルートは朝と同じルート。ベルゲン到着は午後8時34分(2011年夏のスケジュール)と遅めの時間だが、夏ならまだ明るいので心配ない。

ベルゲン駅

乗車する電車を間違えないように注意。

ミュールダール駅

ホームの反対側にフロム鉄道の車両がやってくる。駅には売店もあるのでおみやげやおやつも調達できる。

フロム鉄道車内

予約車両になっていないか確認して乗り込もう。ピークシーズンは乗客でいっぱいで席を選ぶことができないかもしれない。

ショースの滝

5分間の停車時間に滝を見学できる。貴重品は持って降りるようにしよう。

フロム駅

ホームに下りたら前方に向かって進もう。右手にフェリー乗り場が見えてくる。

フェリー乗船

船に乗り込むときに切符の確認が行われる。大きな荷物は入り口すぐの荷物置き場に置くこと。

グドヴァンゲン

フェリーの到着に合わせ、バスが待っている。

グドヴァンゲンからのバス

大きな荷物はバスのおなかの荷物室に預けよう。

ヴォスの駅

バスを降りると鉄道駅は目の前。ベルゲンに向かう列車に乗り込んだら今日の旅はおしまい。


NORWAY IN A NUTSHELLの使い方

フィヨルドを観光するためには、複数の乗り物を使ってアクセスする必要があります。切符はどうやって購入すれば? 乗り継ぎはどうなってるの? と心配な方におすすめなのが、NORWAY IN A NUTSHELLの周遊チケット。現地の鉄道駅や旅行会社で購入できますし、日本のヨーロッパ鉄道旅行を扱っている旅行会社でも購入可能です。出発地から到着地までの乗車券がすべてセットになっている便利な周遊チケットで、逆戻りしなければ、途中で宿泊を入れて行動することもできます。ベルゲンを発着地としたソグネフィヨルド訪問の場合の、気になる乗り換えポイントを写真で紹介します。

●周遊コースの向き
ベルゲンを発着地にした場合、先にフィヨルドを訪れるか、あとでフィヨルドを訪れるか2通りの回り方があります。この記事ではあとでフィヨルドを訪れるミュールダール回りのルートを紹介します。このルートは、まずフロム鉄道で谷を前方に見ながら下り、フロムからグドヴァンゲン方向にフェリーに乗船します。このルートをたどったときの景色の見え方も説明していますので参考にしてください。

○スケジュール例(2011年夏のデータ)
ベルゲン発08:40〜列車〜ミュールダール着10:46
ミュールダール発10:55〜フロム鉄道〜フロム着11:50
フロム発15:10〜フェリー〜グドヴァンゲン着17:20
グドヴァンゲン発17:45〜バス〜ヴォス着19:00
ヴォス発19:20〜列車〜ベルゲン着20:34

フィヨルドの詳細情報はスカンジナビア政府観光局のサイトへ
URL:www.visitscandinavia.org/ja/Japan/Scandinavia/theme/fjord/

ベルゲン周遊

ブリッゲン外観と周辺

ブリッゲン内部

ブリッゲン内部

ブリッゲン内部

パノラマのキャプション

2011年8月


地球の歩き方編集室
定価(税込):1680円
発行年月:2011年7月

ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部