ガイドブック編集部 > 特集 >  全豪オープンの歩き方 > 観戦のノウハウと心得 〜Watching games and good manners〜

観戦のノウハウと心得 〜Watching games and good manners〜

試合を観る上で知っておきたいこと

全豪オープンの開催される1月はメルボルンの夏真っ盛り。野外で観戦するうえで、快適に楽しむために必要なことを知っておきましょう。

大事なショットを見逃さないように

大事なショットを見逃さないように


持って行くべきもの、持ち込んではダメなもの

この時期メルボルンは日中30度を超えます。日差しが強いため、屋根のない席は帽子や日焼け止め、サングラスは必須。ただ、陽が当たっていると暑いものの、日陰は涼しいなど寒暖の差が激しく、ナイトセッションは寒く感じることも。天気予報を事前にチェックし、暑さ対策と同時に寒さ対策の上着もあるといい。天気によっては雨具も必要。テレビに映りたい人は、国旗を持つなど目立った姿で応援を!
パソコン、ビデオやハンディカメラ、200mm以上の望遠レンズ、一脚と三脚、アルコール、ビンなどのガラス類の持ち込みは禁止。バナーや旗の大きさも幅1.2m以下と決められ、入場の際にセキュリティチェックがあります。

入口のセキュリティチェック。ビデオカメラは厳しくチェックされます

入口のセキュリティチェック。ビデオカメラは厳しくチェックされます

外は紫外線が直撃。帽子は絶対あった方がいい

外は紫外線が直撃。帽子は絶対あった方がいい


入場前後にまず確認!
対戦表と会場内地図

対戦表:その日の対戦表は掲示板でチェックして、どの試合を観るか予定を立てます。翌日の対戦表は前日の試合終了後に公式サイトで発表されます。便利なのが、試合経過がリアルタイムにわかる全豪オープンのiPhone公式アプリ。ただしパケット代がかかります。

青いコートがまぶしいセンターコート

入口にある当日の予定表。上にはバンドの出演時間も出ています


会場内地図:会場全体やコート、トイレの位置などを確認するため、入場口やインフォメーションでもらっておきます。

会場内で地図や試合経過を確認

会場内で地図や試合経過を確認



食事はどうする

試合間の時間は短いため、観戦しながらの食事はごく普通の風景。会場内ではサンドイッチ、ピザ、手巻き寿司などのファストフードが売っています。割高なのと(写真参照)、購入に並ぶため、軽食やお菓子などを持参するのも手。一般の人も使えるレストランでゆっくり食事を取ることもできます。

フードごとにブースが並びます。ペットボトルを買うにも並ぶ必要あり

フードごとにブースが並びます。
ペットボトルを買うにも並ぶ必要あり

レストランで席に着いてゆっくり食事もできます。ただし混んでいます

レストランで席に着いてゆっくり食事もできます。
ただし混んでいます


ファストフードの料金表(2011年)

ファストフードの料金表(2011年)

(左上から)ピザ、フィッシュ&チップス、寿司、野菜のラップサンド

(左上から)ピザ、フィッシュ&チップス、寿司、野菜のラップサンド



試合中に移動するときは

ロッドレーバーアリーナからショーコート3までの大型コートは、入口で係員が入場制限をしており、3ゲーム、5 ゲーム、その後は2ゲームごとの試合の合間のみ出入りができます。その他のコートも席から移動するときはマナーとしてゲームの合間に。指定席以外で一時的に席を離れる場合、隣りの人に声をかけずに席を空けると、誰かが座ってしまう可能性大。立ち見はできず、試合中は出た人数だけ入れ替わりで入場します。

女子トイレはそれなりに列ができます(ショーコート3)

女子トイレはそれなりに列ができます(ショーコート3)



練習を観るには?

多くの選手は一般の人は入れないインドアコートで練習しますが、空いている野外コートで練習する選手もいるので、対戦表から空いているコートをチェックしてみるのも手。早めに会場に入ると、試合開始前に練習している選手が見られることも。

コート5でスキアボーネ選手が練習していました

コート5でスキアボーネ選手が練習していました



サインはどこでもらう?

選手との距離が近い、野外コートがもらいやすい。ペンとサインをしてもらうボールやパンフレットなどは離さず持っているとチャンスも増えます。

ハイセンスアリーナでサイン攻めに合うパトリック・ラフター

ハイセンスアリーナでサイン攻めに合うパトリック・ラフター

大きなボールの方がサインしてもらいやすそう(ソダーリンに勝ったウクライナの新星ドルゴポロフ)

大きなボールの方がサインしてもらいやすそう(ソダーリンに勝ったウクライナの新星ドルゴポロフ)



オフィシャルショップで売っているもの

オフィシャルショップはゲート近くにあるほか、グランドスラムオーバルにもあります。全豪オープンのロゴ入りグッズを中心に、ナダルやフェデラーのロゴ入りTシャツや帽子やウエア、シャワポワのウエアも売っていました。人気はタオル、サイン用の大きなボール。帽子やTシャツ、キーホルダー、ぬいぐるみをはじめ、テニスバッグ、ラケット、振動止め、リストバンドなど実用的なグッズもあります。DVDの店頭販売はなし。メルボルンの空港でもグッズが売っています。

シティエントランス側の公式ショップ

シティエントランス側の公式ショップ


売れ筋はタオル。さまざまな種類があります

売れ筋はタオル。さまざまな種類があります

メルボルン空港(タラマリン)のショップにも全豪オープングッズが並びます

メルボルン空港(タラマリン)のショップにも全豪オープングッズが並びます

プログラムはあちこちで売っています。ブースで買うとその日の対戦表も入っています

プログラムはあちこちで売っています。ブースで買うとその日の対戦表も入っています

プログラムはあちこちで売っています。ブースで買うとその日の対戦表も入っています

used balls専用販売ブースが出ていました(2011年)


2011年09月(更新:2013年09月)
ページ上部に戻る