ガイドブック編集部 > 特集 >  全豪オープンの歩き方 > ホテルとチケットをゲットする 〜Arranging tickets and accommodation〜

ホテルとチケットをゲットする 〜Arranging tickets and accommodation〜

個人でできる日本からの手配

全豪オープンに行く前に大事なのが、チケットとホテルの手配。全豪オープンは、世界から観客が集まる人気イベントなので、観戦にいい席、リーズナブルなホテルからなくなっていくので、行くと決めたらすぐに予約を。好きな選手の試合を見て、空いた時間に街歩きをするなどフリーで回るためのプランニングのコツ、実践的なチケット購入術とホテル選びのヒントをご案内します。

観戦に行けばテレビには映らないシーンもたくさん見られます

観戦に行けばテレビには映らないシーンもたくさん見られます

スケジュールの決め方

本戦入りを目指す死闘が繰り広げられる予選、日本人選手が確実に見られる1〜2回戦、トップ選手同士の名勝負が堪能できる後半戦。どの期間に行くかで楽しみ方も変わります。


「地球の歩き方」テニス博士のアドバイス

Day1〜6、つまり1〜2回戦あたりの1週目は入場者数が多く、お祭りのような雰囲気。試合数も多く、日本人選手の試合も見られます。試合内容を重視し、特定のシード選手の内容のともなった試合を観るなら4回戦以降を。準々決勝くらいになると試合数が少なくなってしまいますが、ゴージャス感はあります。次のリンク先を見れば、誰がいつ、どのコートで試合をしたかわかりますので、日程を決める参考にしてみてはいかがでしょうか。

Schedule of Play - Australian Open Tennis Championships(英語)
ナイトセッションはオーストラリア選手が組み込まれることが多い

ナイトセッションはオーストラリア選手が組み込まれることが多い

観戦券を買うときの注意

チケットはコートの種類、大会の前半と後半で値段が変わります。当日、会場で購入できることもありますが、行列を避け、より良い席をゲットするには事前にTicketekのサイトから購入します。一般発売は10月。ロッドレーバーアリーナと、ハイセンスアリーナは指定席なので、それぞれのチケットが必要。ロッドレーバーアリーナのチケットでハイセンスアリーナに行くことはできません。

How To Book Tickets - Tickets - Australian Open Tennis(英語)
  • 手順1:まず、My Ticketekに登録しましょう
  • 手順2:コート、日にち、デイ/ナイトを選択します
  • 手順3:[Select price category]を選び、枚数を選択
  • 手順4:画面で席を確認。気に入らなければ[REMOVE]して、再度選択
  • 手順5:決めたチケットをプリントアウトし、持参します
全豪オープン公式ページからチケットが購入できる。「Ticketek.com」をクリック

全豪オープン公式ページからチケットが購入できる。
「Ticketek.com」をクリック

プリントアウトしたチケットはゲートでスキャン

プリントアウトしたチケットはゲートでスキャン


知っておこう「チケットの種類」


グラウンドパス

指定席のロッドレーバー、ハイセンスアリーナ以外の全てのコートを観戦できる入場券。マーガレットコートアリーナはじめ、序盤から中盤にかけてたくさんの試合が行われる野外コートで観戦でき、中盤以降は試合数が減るので、値段も安くなります。


ロッドレーバーアリーナ、ハイセンスアリーナ

メインの試合が行われる全席指定のコート。デイセッション、ナイトセッションのチケットに分かれ、準々決勝までのデイチケットは 11:00 から3試合、ナイトチケットは 19:00 あるいは 19:30 からの2試合が観られます。中盤〜終盤にかけてトップ選手同士が当たるため値段は高くなります。野外コートにも入場可。ロッドレーバーアリーナに次いでトップ選手が登場するハイセンスアリーナは、料金もロッドレーバーアリーナがA$67.90〜A$369.90なのに対し、A$49.90と安いのでおすすめ(いずれも2011年の事前購入料金)。

チケットは会場でも買えますが、並ぶのを覚悟して!

チケットは会場でも買えますが、並ぶのを覚悟して!

期間中はフェデレーションスクエアにも Ticketek 販売所ができる

期間中はフェデレーションスクエアにも Ticketek 販売所ができる


ホテル選びのコツ

大会開催中、多くのホテルは特別レートになり、予約もすぐ埋まってしまいます。ホテルと航空券がセットになった旅行会社のパッケージツアーもこの時期は料金が上がります。
予算に糸目をつけないなら、選手のオフィシャルホテルとなっているグランドハイアット、トップ選手が泊まるクラウンタワーズ、クラウンプロムナード、クラウンメトロポールへ。某アメリカ人女子トップ選手は2010年デザイナーズ系のアートシリーズホテルズ のカランホテルに泊まりました。

現実的なおすすめは、フリンダースストリート駅に近いホテル。70番のトラムが会場に向かうので行きも帰りも楽。フリンダース・ストリートには、24時間営業のスーパー、コールズもある。メルボルンの中心部はトラム網が張り巡らされているため、どこもアクセスに便利ですが、チャイナタウンやショッピングエリアが近いバーク・ストリート周辺も便利です。



ホテル滞在例

サービスアパートメントが便利 シタディーンズ・オン・バーク

2011年、全豪オープン観戦にあたって、バーク・ストリートにあるシタディーンズ・オン・バークに宿泊。シタディーンズは世界でサービスアパートメントを展開し、日本にもある国際チェーンです。フロントや部屋の掃除などのホテル同様のサービスながら(日曜だけ部屋の掃除はなし)、フルキッチン完備でコンドミニアムスタイルの滞在ができます。ホテルの部屋よりゆったりしているのも特長。ショッピングにも便利なバーク・ストリートにあり、トラム停留所 stop7 がほぼ目の前。
全豪オープン時は、夜に翌日の対戦表がフロントに置かれ、ネットをつながなくても、明日どの試合をどこで観るか夜のうちに計画が立てられるのが本当に助かりました。ロビーラウンジのテレビでは開催中は試合の中継を流しており、気分も盛り上がります。
また、部屋にキッチンがあるのも便利でした。ナイトセッションを観て戻ると、12時すぎということもしばしば。でもお腹は空いている、店は開いてない。あるいは行くのが面倒。そんなときのためにスーパーなどでお惣菜を買っておけば、レンジでチン!ができます。食材を買い込んで料理する元気はなくても、レンジがあるとかなり助かります。
お肌に優しい塩水プールやフィットネスルームもあり、簡単な運動もできます。日本食レストランもあって快適な滞在ができました。

Citadines on Bourke Melbourne


スタジオエグゼクティブの部屋

スタジオエグゼクティブの部屋

全部屋フルキッチン付き

全部屋フルキッチン付き


海水のプール

海水のプール

メルボルンの風景写真が壁にあるジム

メルボルンの風景写真が壁にあるジム


本格的な和食をいただくこともできます

本格的な和食をいただくこともできます

メインダイニングの「ヘアールーム」。夜はカジュアルフレンチ

メインダイニングの「ヘアールーム」。夜はカジュアルフレンチ


2011年09月(更新:2013年09月)
ページ上部に戻る