ガイドブック編集部 > 特集 > スロヴェニア・フォト・レポート > 地中に広がるカルストの魔術に幻惑されて/ポストイナ鍾乳洞

地中に広がるカルストの魔術に幻惑されて/ポストイナ鍾乳洞

鍾乳洞の本格的な調査が始まったのは1818年のこと。以来、観光地として開発され、今ではスロヴェニア有数の観光地となり年間50万人の観光客が訪れる。鍾乳洞は、この階段を上った先にある。写真右の黒い建物がチケット販売所

観光地とはいえ、第2次世界大戦の戦火はここまでやってきた。当時、この鍾乳洞はドイツ軍の石油備蓄庫として使用されていたが、1944年4月23日、スロヴェニアのパルチザンによって爆破される。その煤のあとはこの鍾乳洞内に今も残る

トロッコ列車で鍾乳洞ツアーへ。10分ほどで内部駅に到着する。何が待っているのか、思わずワクワク。途中、カメやドワーフに見立てられた鍾乳石の数々など、多くの見どころがあるので注意。岩壁すれすれをけっこうなスピードで走る列車は、遊園地のようで楽しい

最も美しい鍾乳石「ブリリアント」(右)。左は「ギガント」というニックネームが付けられている。このふたつはポストイナ鍾乳洞のシンボルとしてパンフレットなどでもマスコット的な形でお目にかかれる


地中に広がるカルストの魔術に幻惑されて
/ポストイナ鍾乳洞

石灰岩(カルスト)と水がもたらすヨーロッパ最大規模のマジックを目撃できる場所。スロヴェニアがカルスト地質学の国際的中心地になったのも当然で、この国では、なんと1万近い鍾乳洞が発見されている。中でも有名なのが、このポストイナ鍾乳洞とシュコツィヤン鍾乳洞で、後者は1986年にユネスコ世界遺産に登録されている。ポストイナは世界遺産に登録されていないが、これは見学に便利なように内部を整備したことで、保存という観点からは登録の基準を満たさないと判断されたため、と言われる(?)。ポストイナの鍾乳洞はこれまでに発見されただけで全長約20キロメートルあり、そのうち見学できるのが5.2キロメートル(トロッコ列車での移動は往復4キロメートル)で、徒歩で見学できるのは1キロメートルほどである。

●ポストイナ鍾乳洞の公式サイト www.postojnska-jama.si

ポストイナ鍾乳洞 スライドショー

ポストイナ鍾乳洞ツアーに出発!

ポストイナ鍾乳洞ツアーに出発!

上記の写真をクリックして表示されるサムネールの画像をさらにクリックすると それぞれのテーマのスライドショーをスタートすることができます。

スヴォルヴァー近郊の見どころ

2012年1月



ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部