ガイドブック編集部 > 特集 > スロヴェニア・フォト・レポート > 絶景の地で希望の鐘を探して/ブレッド湖&ブレッド城

絶景の地で希望の鐘を探して/ブレッド湖&ブレッド城

チトー元ユーゴスラビア大統領の別荘であった「ヴィラ・ブレッド」(現在はホテル)裏の船着場付近からブレッド島と聖母被昇天教会を望む。ブレッド島への最短距離となる船着場はここ

ヴィラ・ブレッドの裏手からブレッド城を。湖面からおよそ100メートルの断崖の上に建つだけに、この城からの眺望は抜群。湖とその周辺が刻一刻と変化する様子は、ずっと眺めていても飽きない

ブレッド島からヴィラ・ブレッドを。チトー元ユーゴスラヴィア大統領の別荘として1947年に建てられた。世界から多くの要人を迎えており、1976年には昭和天皇も宿泊されている

ブレッド島の聖母被昇天教会の主祭壇のマリア像。1747年に製作された。この祭壇は木製で金メッキされている。教会には、このほか15世紀に作られた聖母木像やその他の祭壇など、どれも必見


絶景の地で希望の鐘を探して
/ブレッド湖&ブレッド城

「誰でも絵ハガキのような写真が撮れる場所」。それがブレッド湖である。アルプスの瞳と称される湖と、湖に浮かぶ小島の教会、そして断崖上の古城のハーモニーが奏でる風景はまさに完璧、絵のような世界が具現化されたものとしか言いようがない。晴天ならユリアンアルプスの最高峰トリグラフ山が湖面に映し出され、一幅の絵にさらに彩りを添える。今回はあいにくの雨で、ユリアンアルプスの姿を観ることはできなかったが、たちこめた雨雲が幽玄な世界を作り出し、あたりを仙境と見まがうばかりの別天地に変えた。ここには「希望の鐘」の伝説があり、霧中から聞こえてきた鐘の音が夢幻の世界に誘う合図のように響いた。

●ブレッド観光局の公式サイト www.bled.si

ブレッド湖&ブレッド城 スライドショー

ブレッド島の聖母被昇天教会で希望の鐘を鳴らす

ブレッド島の聖母被昇天教会で希望の鐘を鳴らす

ブレッド城からブレッド湖の絶景を
 

ブレッド城からブレッド湖の絶景を

上記の写真をクリックして表示されるサムネールの画像をさらにクリックすると それぞれのテーマのスライドショーをスタートすることができます。

ロングヤービーエンへのアクセス

町を歩いてみよう

2012年1月



ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部