ガイドブック編集部 > 特集 > スロヴェニア・フォト・レポート > リュブリャーナ周辺他の見どころ/ラドヴリツァ、ボーヒン湖、シュコフヤ・ロカ

リュブリャーナ周辺他の見どころ/ラドヴリツァ、ボーヒン湖、シュコフヤ・ロカ

ラドヴリツァ旧市街のリンハルト広場。ここに建つのはスロヴェニアのモーツァルトとも言われ、劇作家でもあったアントン・リンハルト(1756〜1795)の像。養蜂博物館もレツッターハート博物館もこの広場にある。カラフルな家並みが印象的

雨のスツッドル村。低く雲が垂れ込め、山が霞んで見えた。手前の建物が文化財指定されている「コゾルツー」。簡便な納屋のような建物だが、この地方の伝統的なもの

現地でも珍しい大雨で、ボーヒン湖も増水。この、鹿のような像は、ボーヒンの守り神。好天ならエメラルドグリーンの澄んだ湖に、魚が泳ぐのを見られるという

雨に煙るシュコフヤ・ロカを流れるセルシュチツァ川。奥に見えるのは、カプチン橋。別名石の橋とも呼ばれ、14世紀の建造。1888年に改修されたが、現存する橋ではヨーロッパ最古級である。美しいアーチに注目


リュブリャーナ周辺他の見どころ
/ラドヴリツァ、ボーヒン湖、シュコフヤ・ロカ

リュブリャーナから北北西におよそ45キロメートル。13世紀からの長い歴史を誇っているラドヴリツァ。よく保存された旧市街や、バロック様式の城、養蜂博物館、レツッターハート博物館が見どころ。散策にちょうどよい小さな町。
ボーヒン湖は、リュブリャーナの北西30キロメートルにあるブレッド湖の約3倍の大きさを誇る湖。世界各国から観光客が訪れる名勝のひとつだ。スツッドル村はボーヒンの最古の村。コゾルツーと呼ばれる伝統的な建物で有名。
リュブリャーナの北西20キロメートルに位置するシュコフヤ・ロカは、中世スロヴェニアの経済の中心。スコフヤ・ロカ城をはじめ見どころが多い。旧市街散策などじっくり歩きたい街だ。

●ラドヴリツァの情報サイト www.radovljica.si
●ボーヒンの情報サイト www.bohinj.si
●シュコフヤ・ロカの情報サイト www.skofjaloka.info

ラドヴリツァ、ボーヒン湖、シュコフヤ・ロカ スライドショー

ラドヴリツァの養蜂博物館とレツッターハート博物館を見学

ラドヴリツァの養蜂博物館とレツッターハート博物館を見学

雨のボーヒン湖と濡れそぼるシュコフヤ・ロカの旧市街

雨のボーヒン湖と濡れそぼるシュコフヤ・ロカの旧市街

上記の写真をクリックして表示されるサムネールの画像をさらにクリックすると それぞれのテーマのスライドショーをスタートすることができます。

ラドヴリツァの養蜂博物館とレツッターハート博物館を見学

雨のボーヒン湖と濡れそぼるシュコフヤ・ロカの旧市街

2012年1月



ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部