ガイドブック編集部 > 特集 >  アイルランドが教えてくれるもの > アイルランドが誇る味 Taste of Ireland

アイルランドが誇る味 Taste of Ireland

ソーダブレッドにバター、ビールやウイスキーなど、アイルランドの食は素朴なものが味わい深くておいしいのはアイルランド人の心が入っているからではないだろうか。最近は地元の素材を活かしたファインダイニングも充実している。しかし、アイルランドの最大の楽しみはパブ。食事もでき、音楽も聞け、美味いビールもある。そして、何よりもフレンドリーなアイリッシュがいる。

長年培った味がある

長年培った味がある

世界最古のピュアな蒸留酒

オールド・ブッシュミルズ蒸溜所
Old Bushmills

コーズウェイ海岸沿いの街ブッシュミルズにあるウイスキー蒸留所。現在操業している3箇所のアイリッシュ・ウイスキーの蒸溜所の1つで、現存するウイスキー蒸溜所としては世界で最も古い。1608年にジェームズ1世から正式にライセンスを得て以来、400年以上もこの地で酒を作り続けてきた。現在の蒸溜所は2009年に改装され、発酵、蒸溜などの過程に最新技術が用いられるようになり、大規模生産を可能にしている。

バーボンの樽で熟成されたシングルモルト10年

バーボンの樽で熟成されたシングルモルト10年


始祖とされるアイルランドのウイスキーは未発芽の原料を使い、麦芽の乾燥にはピートを使わず、3回蒸溜するため、飲み口はピュアでさわやか。スモーキーなスコッチやアメリカのバーボンとは明らかな違いがある。ガイドツアーでは蒸溜所の歴史やウイスキーの生産工程が学べる。

オールド・ブッシュミルズ蒸留所 Old Bushmills 公式サイトブッシュミルズエクスペリエンス

現在の建物は1888年に再建

現在の建物は1888年に再建

スコッチ、バーボンなどと飲み比べると違いがわかる

スコッチ、バーボンなどと飲み比べると違いがわかる


アイルランドで手みやげといえば

バトラーズチョコレート 
Butlers Chocolates

バトラーズはアイルランドを代表する老舗チョコレートブランド。発祥の地ダブリンにはカフェ併設のチョコレートカフェが12店舗もある。ここのホットチョコレートは今やダブリン名物といえるほどの人気。創業は1932年、ミセスバトラーが新鮮なクリームやカカオバターをたっぷり使ったチョコレートを手作りしたのがはじまり。植物油を使うチョコが増えている中、カカオバターの使用にこだわるなど、オリジナルレシピを貫いている。

ダブリン郊外にある工場の見学ツアー「バトラーズチョコレートエクスペリエンスツアー」も実施しているが、改装のためイースターの4月8日ごろまで休止中。

昔ながらの正当な味

昔ながらの正当な味


さまざまなタイプのチョコが並ぶ

さまざまなタイプのチョコが並ぶ

さまざまなタイプのチョコが並ぶ

 

パッケージもかわいい

パッケージもかわいい


ダブリンの空港にも店舗がある

ダブリンの空港にも店舗がある

おいしいものスナップ
パブめしからモダンアイリッシュまで

パブめしからモダンアイリッシュまで

アイルランドのパブ・スケッチ
夜はパブに繰り出そう!

夜はパブに繰り出そう!
2012年02月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部