ガイドブック編集部 > 特集 >  007 スコットランドコネクション 〜ボンド流スコットランドの過ごし方  > 大人の遊び場のあるグラスゴー

大人の遊び場のあるグラスゴー Glasgow

産業都市として栄えたスコットランド最大の都市グラスゴーは、美術家チャールズ・マッキントッシュの残した作品が残るアートな街。007関連では、『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』に登場する不死身のテロリスト、レナードを演じた個性派俳優ロバート・カーライルがグラスゴーの出身。前述の映画のほか『007 ゴールデンアイ』にも登場したロシアのマフィア、ヴァレンティン・ズコフスキー役のロビー・コルトレーンもグラスゴー・スクール・オブ・アートで学んだスコットランド人。

一見、高級ホテルには見えない隠れ家、ワン・デボンシャー・ガーデンズ

一見、高級ホテルには見えない隠れ家、ワン・デボンシャー・ガーデンズ

hotel

ワン・デボンシャー・ガーデンズ

ボンド並みにお酒に詳しい人にとって、各国のウイスキーやワインが揃う高級隠れ家ホテルはかなり魅力的なはず。英国の高級ブティックホテルチェーンHotel du Vinのワン・デボンシャー・ガーデンズは、ビクトリア朝タウンハウス5軒をホテルに改装した宿。Hotel du Vinは元々創業者のひとりがソムリエで、マスターオブワインも持つ人物のため、ワインやウイスキーの品揃えにこだわりがあり、レストランも評判が高い。セラーにワイン600種、ウイスキーバーでは日本製を含む世界のウイスキー300種を揃えている。シックな部屋とアットホームなサービス、レストランの質の高さで数々の賞に輝く。

タータンチェックがアクセントになっているインテリア

タータンチェックがアクセントになっているインテリア

ワン・デボンシャー・ガーデンズ


落ち着いた色合いの部屋。後継作家レイモンド・ベンソンの作品ではボンドは落ち着いた感じのホテルが好みだったという
朝食の部屋も喧噪のない静かな空間

左)落ち着いた色合いの部屋。後継作家レイモンド・ベンソンの作品ではボンドは落ち着いた感じのホテルが好みだったという
右)朝食の部屋も喧噪のない静かな空間

各国のウイスキーを揃えるバー。日本のものも置いている

各国のウイスキーを揃えるバー。日本のものも置いている

中庭のコートヤードエリアにはシガーが吸えるbothyもある

中庭のコートヤードエリアにはシガーが吸えるbothyもある

小さいながらスパも完備

小さいながらスパも完備


Casino

コリンシアンクラブ

007の映画に欠かせないシーンがカジノ。美女にお酒をごちそうしたり、さらりと敵に勝ってみせるなど、立ち振る舞いもスマートだ。ヨーロッパではカジノは貴族文化のひとつとして親しまれてきたもので、ドレスコードのある社交場でもある。コリンシアンクラブはカジノだけでなく、バーやレストランがあり、ウエディングなど各種テーマパーティやイベントもできる大人の遊び場。白いローマ風の支柱の建つモダンなインテリアの中で、シェマン・ド・フェール(ヨーロッパでプレイされるバカラの一種)などに興じてボンドの住む世界から社交の心得を学んでみたい。

コリンシアンクラブ 公式サイト(英語)

英国のカジノはお大人の社交場、カジュアルすぎないおしゃれな格好で

英国のカジノはお大人の社交場、カジュアルすぎないおしゃれな格好で


2012年12月