地球の歩き方ガイドブック編集部 地球の歩き方ガイドブック編集部
ガイドブック編集部 > 特集 > たかのてるこ  のヨーロッパ > Special Thanks to・・・

たかのてるこ 真(ま)っ裸(ぱ)のヨーロッパ 〜欧州21ヵ国の「世界一」を体験する鉄道旅〜Special Thanks to・・・

 

ターキッシュ エアラインズ

ヨーロッパ21ヵ国を鉄道で旅するに当たり、ウンウン悶絶したのは、旅の始まりと、旅の終わりを、どこの国にするか問題。同じ路線を2度通らずに、一筆書きのような鉄道旅にしたいと思い、いろいろ考えた結果、就航国が世界最多(※2014年現在)105カ国の「ターキッシュ エアラインズ」だとアクセスがよく、選択肢が増えるので、どこの国からでもスタートできることが判明!

旅のルートは、まず飛行機で東京→トルコ経由でデンマークへ。このデンマークから旅を始め、21カ国を巡りながら南下し、最終地のブルガリアへ。で、飛行機でトルコへ飛び、トルコで1泊してから東京行の便に乗ることに決定。

旅のテーマは欧州でも、訪れたことのなかったトルコにも立ち寄れ、観光したり、スパで旅の疲れを癒すこともできたので、結果的に大正解! ヨーロッパのどこか1カ国を旅するときでも、トルコ経由にすれば、西洋と東洋の文化が混じり合う、エキゾチックなトルコにも寄り道でき、“一粒で二度おいしい”お得感があって、超オススメです!

ターキッシュ エアラインズ機影
ターキッシュ エアラインズ機影
ターキッシュ エアラインズ機影
ターキッシュ エアラインズ機影

イーグルクリーク

欧州を列車で旅するに当たって、メインバッグをどうするか悩みに悩んだ。列車内には、大型スーツケースを置くような場所がないと聞いたからだ。私は基本、デカいリュックを背負って旅する「バックパッカー」ではなく、キャリー付きバッグを転がしながら旅する「コロコロパッカー」(笑)。

背負うこともできるタイプで、通常はスーツケースのように引っ張れる、メインバッグを探していたところ……旅友にオススメされたのが、『イーグルクリーク』のウィール(伸び縮みする棒)付き「スイッチバックモジュラー26」。容量たっぷりなのに、列車の寝台でもジャマにならないサイズ感! 盗難が怖いので目立ちたくはないものの、差し色の赤がオシャレ!軽くて、頑丈で、洗練されたフォルムは、見た目的にもナイス! ワガママな私の要望を全て満たしてくれる、使い勝手の良さでこの旅以来、今も愛用中です。 ★ 『イーグルクリーク

どこでもコロコロ転がせるバッグは背負わなくていいので、楽チン!

どこでもコロコロ転がせるバッグは背負わなくていいので、楽チン!

寝台車にもちょうど収まるフォルム。

寝台車にもちょうど収まるフォルム。
旅先でずっと一緒なので愛着が湧く〜♪

着脱式のデイパックは取り外さず、

着脱式のデイパックは取り外さず、
大きなポケットとして使ってます。
よく使うモノを入れておくと
取り出しやすくて、超便利!

テレコムスクエア

旅立つ前日、急に不安になったのは、スマホの海外通信料。ためしに、スマホの海外パケット通信料を調べてみると1日の定額料が2.980円×50日=マックス15万円もかかる計算に。ひぇ〜!!

そんなとき、携帯の“Wi-Fiルーター”をレンタルできるサービスがあると知り、目からウロコがボタボタ落ちた。“Wi-Fiルーター”というのは、これ自体がWi-Fiの電波を飛ばして、自分の周りを常にWi-Fiスポット化できるという、いわば、「歩くWi-Fiスポット」のような優れモノなのだ。

いろいろ調べてみると、私が旅する21カ国、ほとんどの国をカバーし、ヨーロッパに一番強いのが「テレコムスクエア」の「Wi-Ho!(ワイホー)」で、前日の予約でも、出発前に空港で受け取れるというではないか。

初めて使った“Wi-Fiルーター”、これが超便利で、持っていってよかった! なぜなら、宿に滞在しているときは、大抵の宿では、Wi-Fiのパスワードを教えてもらえるので、Wi-Fiを使うことができるもののネットを一番使うのは、町なかでの情報探しや列車の移動時なのだ。Wi-Fiルーターは、たった75gの手乗りサイズ。日本の携帯電話会社のスマホを使って現地でデータ通信す る場合(1日2980円)よりも、1200円と断然おトク!

町なかで、どこにあるか分からないWi-Fiスポットを探すイライラから解放され、ストレスフリーに。 この旅以来、“Wi-Fiルーター”は旅の必需品になっています。 ★ テレコムスクエア「Wi-Ho!」

旅先で、WiFiルーター(右)があればいつでもネットが使えて、超便利!

旅先で、WiFiルーター(右)があれば
いつでもネットが使えて、超便利!

 

旅の必需品、スマホ&折畳式のキーボード。AirMacよりずっと軽く、これで十分!

旅の必需品、スマホ&折畳式のキーボード。
AirMacよりずっと軽く、これで十分!

 

列車内で、地図とにらめっこ中の図

列車内で、地図とにらめっこ中の図

カフェでWiFiルーターを使っていると「何それ?」と声かけられること多し(笑)

カフェでWiFiルーターを使っていると「何それ?」と声かけられること多し(笑)

レイルヨーロッパ

「いつかはヨーロッパを鉄道で巡る旅がしてみたい!」と思っていた私にとって「ユーレイルグローバルパス」=「ヨーロッパ周遊切符」は、最大24カ国を巡ることができ、15,000以上の都市へ縦横無尽にアクセスできる、夢の鉄道パス! この鉄道パスを持っていれば、来た列車に飛び乗ることもできるのだ(注:高速列車や寝台列車など座席指定が必須な列車は、別途購入が必要)。鉄道パスには色んな種類があり、自分の旅に合わせて選ぶことができるのだが、期間中、乗り放題のタイプや、利用日をセレクトするタイプ等々、初心者の私にはチンプンカンプン。

「レイルヨーロッパ」の鉄道端末である「ユーロネット」を持っている旅行会社の1社、地球の歩き方旅プラザのヨーロッパ鉄道旅行のエキスパートに相談しまくると、パスがあっても、予約が必要な列車の座席指定券や寝台券は事前に手配をしておいた方が賢明、とアドバイスされ、大まかなルートを考えて列車のチケットを受け取り、いざ出発。あらかじめルートが決まっていると、旅が制限されるかと思いきや、逆にこれがよかった! 「この国の滞在は3日間」と決まっていると、「この3日で何ができるだろう!」と思えるから、一期一会感がハンパなく、濃厚な時間を過ごすことができるのだ。

夏のヨーロッパは、気候が素晴らしく、まさに旅のベストシーズン。ただ、欧州の人たちも、短い夏を堪能するべく大移動しまくるので、人気都市はどこも大混雑で、大都市の切符売り場はいつでも長蛇の列。夏のヨーロッパをナメたら、エラい目に遭う! 要所要所で、列車の予約を済ませておいたおかげで旅の時間を有効に使うことができてよかった〜。 ロマンと旅情と出会いに満ちた列車旅は、一生忘れられない最高の宝物になります!

鉄道旅の醍醐味はいろんな出会いがあること!

新しい駅に降り立つと、胸が高鳴る!
ドイツのバッハラッハ駅にて。

ドイツの列車にて。 バカンスなので、みんな笑顔♪

ドイツの列車にて。
バカンスなので、みんな笑顔♪

ドイツのお茶目な車掌さん。制服の差し色の赤がオシャレ

ドイツのお茶目な車掌さん。
制服の差し色の赤がオシャレ

座り心地バツグンのスペインの列車。赤色もオシャレで、ハイセンス!

座り心地バツグンのスペインの列車。
赤色もオシャレで、ハイセンス!

朝食付きの列車。田園風景を眺めながら食べる朝食のおいしいこと!

朝食付きの列車。田園風景を眺めながら
食べる朝食のおいしいこと!

こんな夕食も。エッグカレーに具沢山スープに、デザート付きと豪華♪

こんな夕食も。エッグカレーに具沢山
スープに、デザート付きと豪華♪


☆おまけ☆ 寝台車って、どんなの?
まるで、高級レストランのような食堂車! オシャレ〜♪

まるで、高級レストランのような
食堂車! オシャレ〜♪

ディナーも文句ナシのおいしさで食前酒も美味い! まさに極楽気分♪

ディナーも文句ナシのおいしさで
食前酒も美味い! まさに極楽気分♪

シャワー付きの個室寝台もあり

シャワー付きの個室寝台もあり

 

「たかのてるこ のヨーロッパ」に戻る

ページ上部に戻る