ガイドブック編集部 > 特集 >  春から初夏のオンタリオの魅力 〜水路でつながる花に彩られた水辺の街々〜 > 自然の神秘、ナイアガラの滝へ 流れる水のエンターテイメント、ナイアガラ瀑布

自然の神秘、ナイアガラの滝へ 流れる水のエンターテイメント、ナイアガラ瀑布

ヘリコプターから見たナイアガラフォールズ。カナダ滝が馬蹄形なのがわかる

ヘリコプターから見たナイアガラフォールズ。カナダ滝が馬蹄形なのがわかる

先住民の聖地から世界の観光地へ

カナダには無数の川と湖があり、縦横に走る水路でつながっている。オタワのリドー運河に流れる水は、エリー湖からナイアガラの滝を経てオンタリオ湖から流れて来たもの。その水はさらに、セントローレンス川への長い旅路を経て、大西洋に向かう。

エリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川の途中にナイアガラの滝が誕生したのは、約1万2000年以上前。氷河が後退したとき、重力から解放された土地が南西から隆起(ナイアガラ断層)したことで、南に流れていたエリー湖の水が北東のオンタリオ湖に流れるようになり、ナイアガラ川の急崖で滝になった。そのころの滝は今より12km下流にあり、その後、1年間に約1mずつ侵食され現在の位置へ。現在は上流のダムで水量をコントロールして、浸食を毎年2cmに抑えているという。

先住民はこの滝を「オンギアーラ(轟く水)」と呼び、神聖なものと崇めて来た。ヨーロッパに知られるようになったのは、1697年にフランスの探検隊に同行した神父ルイ・エヌパンの旅行記がきっかけ。19世紀初めにはジェファーソン大統領政権の副大統領アーロン・バーの娘やナポレオンの弟ジェロームがハネムーンに訪れたことでここが新婚旅行のメッカとなる。その後100年以上も人気を保ち、今も年間5万人のハネムーナーが訪れ、希望者にはナイアガラフォールズの市長と観光局長からハネムーン証明書を発行してくれるそうだ。

現在のナイアガラフォールズは、滝をさまざまな角度から楽しめる各種アトラクションのほか、遊園地やカジノ、ゴルフ場、クリフトンヒルのようなアメリカンテイストのエンターテイメントエリアもあり、ハネムーンはもちろん家族連れも楽しめる観光地へと進化している。険しい自然を探検せずに手軽に迫力の大瀑布が楽しめるのはナイアガラフォールズしかない。

ナイアガラ観光局

手前が高さ34m幅320mのアメリカ滝、奥が高さ52mカナダ滝。カナダ滝は高さ52m幅675m

手前が高さ34m幅320mのアメリカ滝、奥が高さ52mカナダ滝。カナダ滝は高さ52m幅675m

滝を楽しむアトラクション

  • ライド系
  • ビューポイント
  • 違う角度から見る
  • シアター系
  • まったり系

【ライド系】

霧の乙女号
Maid of the Mist Boat Tour

http://www.maidofthemist.com/jp/

ナイアガラの滝を船上から間近に見る遊覧船。景観を眺めながら、徐々に滝つぼに近づいて行くドキドキ感がたまらない。1846年の蒸気船時代から167年もの間、世界の人々を惹き付けてきたという不動の人気を誇る。簡易ビニールポンチョがもらえるが、天候、特に風向きによってはびしょ濡れになるので、肌寒い日もある春先は防寒対策を。滝を間近で感じたいなら2階のデッキ前方へ、濡れたくない人は船の1階にいれば水しぶきを避けられる。カメラは防水がベター。普通のカメラならシャワーキャップやラップでカバーし、濡れてもすぐ拭ける用意を。

悲鳴?感動の雄叫び?(音声)

カッパをかぶって滝に向かう。写真はアメリカ滝

カッパをかぶって滝に向かう。写真はアメリカ滝

四方からものすごい水しぶきが

四方からものすごい水しぶきが

2階のデッキの様子。水がかかるけどテンション上がる!

2階のデッキの様子。水がかかるけどテンション上がる!

カナダ滝に接近! カメラにも容赦なくしぶきが飛ぶ

カナダ滝に接近! カメラにも容赦なくしぶきが飛ぶ


カナダ側の霧の乙女号は10月24日で終了。2014年からはホーンブローワー社が「ホーンブローワー・ナイアガラクルージズ」として運航する。 ホーンブローワー・ナイアガラクルージズ

ナイアガラヘリコプター
Niagara Helicopters

http://www.niagarahelicopters.com/

ナイアガラフォールズを上空から眺める約10分のヘリコプター遊覧。上から見るとことでこの一帯の地形がわかり、あんなに巨大な滝がナイアガラ川の流れの一部であることを実感。ヘリは、ナイアガラ川下流側のワールプール側から2つの滝の上をゆっくりと旋回して戻って来るので、さまざまな角度から滝が眺められ、迫力ある写真を撮るにはおすすめ。

ヘリコプターは6人乗り

ヘリコプターは6人乗り

滝を俯瞰した景色が撮れる

滝を俯瞰した景色が撮れる


【ビューポイント】

テーブルロック
Table Rock

http://www.niagaraparks.com/attractions/table-rock-complex.html

ものすごい量の水が爆音とともに滝つぼに落下し続ける様子が真横で見られる定番ビューポイント。インフォメーションやレストランの入るテーブルロック・ウェルカムセンターのすぐ前という便利な場所に、こんな絶景ポイントがあっていいのかと思うほど。滝の真横で写真が取れるが、時間帯や天気で見え方が異なるので、ベストな写真を狙うなら何度か行ってみても。風向きによっては水しぶきがかかる。

迫力がありすぎて怖いくらい

迫力がありすぎて怖いくらい

春にはテーブルロックにもチューリップが咲く

春にはテーブルロックにもチューリップが咲く


真横から滝を見た図

イルミネーション
Niagara Falls Illumination

http://www.niagaraparks.com/attractions/falls-illumination.html

夜になると滝はライトアップされ、どこからでもカラフルに色を変える滝が楽しめる。ライトアップは1860年に訪問した英国皇太子を祝ったのが始まりで、1925年からは毎晩ライトアップを続けている。コンピューター制御でなく人の手で色を変えているという。大瀑布にライトを当てようと思ったアイデアと、観光地としての輝きを保つために協力し合ってきた周辺自治体の努力に感服。

アメリカ滝

アメリカ滝

カナダ滝

カナダ滝


【違う角度から見る】

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ
Journey Behind the Falls

http://www.niagaraparks.com/attractions/behind-the-falls.html

滝の裏側から滝を眺めるアトラクション。エレベーターで45m下まで行き、黄色い簡易ビニールポンチョをもらい、1889年に掘られたというトンネルを歩いていくと滝を裏から眺めるビュースポットに到着。トンネルを抜けた先に、滝つぼ真横にあるデッキがあり、上から見下ろすのとは違う角度で滝が楽しめる。もちろん近づくと水しぶきが飛んで来る。

滝を裏から見る貴重な体験

1階のデッキは以外と広い

デッキから滝を見上げる

デッキから滝を見上げる

1階のデッキは以外と広い

ホワイトウオーターウオーク
White Water Walk

http://www.niagaraparks.com/attractions/white-water-walk.html

滝の下流となるナイアガラ川沿いのボードウオークを歩きながら、滝が削っていった岩肌と滝から流れ出したばかりの早瀬を間近に見る。勢いある流れを見ていると心も洗われる気分に。

ナイアガラ川沿いに歩く

ナイアガラ川沿いに歩く

滝のすぐ下流なのに流れが早い

【シアター系】

IMAXシアター
Niagara IMAX Theatre

http://imaxniagara.com/

先住民の神話から西欧の探検隊による発見、観光地としての発展や滝くだりの挑戦など、ナイアガラの滝で繰り広げられたさまざまなドラマが大迫力の巨大映像で見られる『Niagara: Miracles, Myth & Magic』を上映。63歳の女性教師をはじめ、何人もの「デアデビル(命知らず)」の展示もある。日本語音声が聞ける日本語オーディオセットがある。

ナイアガラの滝をより深く知るのにおすすめ

ナイアガラの滝をより深く知るのにおすすめ

勇敢なデアデビルの展示

勇敢なデアデビルの展示


【まったり系】

エレメンツ・オン・ザ・フォールズ
Elements on the Falls

http://www.niagaraparks.com/dining/elements-on-the-falls.html

食事中も滝三昧ができるテーブルロック・ウェルカムセンター内のレストラン。水しぶきを浴びることもなく、雨が降っても濡れずに迫力ある滝を眺めながらゆっくりと食事が楽しめる。外に出たくなってもテーブルロックはすぐ目の前。料理はインターナショナルで、ベジタリアンメニューも用意、ナイアガラワインも充実。

大きい窓からテーブルロックと滝が見渡せる

大きい窓からテーブルロックと滝が見渡せる

虹が出たところを店内からパチリ

虹が出たところを店内からパチリ

エンバシースイーツ
Embassy Suites by Hilton Niagara Falls

カナダ滝脇の丘の上に立つ42階建てホテル。フォールズビューで、かつアメリカ滝とカナダ滝が両方見られる部屋がおすすめ。夕景をはじめ、ライトアップされる夜景、そして朝日の差し込む早朝など、刻々と変わる滝の様子が部屋から見られるのは最高の贅沢。ここ以外にも滝が見える高層ホテルはおすすめ。

2905号室。窓から遮るものなくアメリカ滝とカナダ滝が見られる

2905号室。窓から遮るものなくアメリカ滝とカナダ滝が見られる

昼間の景色

昼間の景色

日の出。カナダ滝の水けむりがすごい

日の出。カナダ滝の水けむりがすごい

部屋から撮った動画

2013年07月