ガイドブック編集部 > 特集 > ロシア・ブリヤート共和国訪問記

ロシア・ブリヤート共和国訪問記

ブリヤートにはモンゴル系の人々が暮らす。乗馬はできて当たり前

あちこちに聖地があり、お参りをする人の姿が見られる

バイカル湖畔で見た遅い夕焼け。星空もきれいだ

チベット仏教が伝わる地域で仏教寺院も多い


ロシア・ブリヤート共和国訪問記

世界最古にして世界最高レベルの透明度を誇る淡水湖、バイカル湖の東南に位置するロシア連邦の一員が「ブリヤート」。古くからロシア〜モンゴル〜中国を結び、お茶などを運んだ貿易の道“ティーロード”が通り、ヨーロッパとアジアが融合した文化とシベリアならではの豊かな自然が魅力の国です。

ドイツとほぼ同じ約35万平方キロメートルの面積を持つこの共和国の多彩な表情を、2013年10月中旬の取材をもとにご紹介します。

文:数藤 健、写真:小山田浩明
取材協力:ブリヤート共和国立旅行代理店  URL:www.baikaltravel.ru/
メトロポール・グループ URL:www.metropol.co.jp/

2013年12月



ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部