ガイドブック編集部 > 特集 > オーロラハンティングの拠点トロムソへ 鉄道、バス、船でアクセスする方法

オーロラ観測の拠点の街のひとつであるノルウェーのトロムソTromsoは、北緯70度の位置にあり、人口約7万人の北極圏最大の街である。暖流の影響で北極圏にありながら、冬でも比較的温暖である。トロムソの郊外の観測ポイントまでバスで向かいオーロラハンティングをするツアーや犬そりツアーなど冬でも楽しめる。

トロムソまでは、オスロや他のヨーロッパ都市から飛行機で向うのが一般的であるが、今回は、鉄道、バスを利用する陸路とフッティルーテン(沿岸急行船)を使う海路で向う方法を紹介する。



ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部