ガイドブック編集部 > 特集 > コロラドで滑ろう! > アスペン/スノーマス

4つのゲレンデが一気に楽しめる
アスペン/スノーマス ASPEN/SNOWMASS


ベイルから車で約2時間。デンバーからは国内線で約50分に位置するアスペン/スノーマス。もともと銀採掘の中心街だったアスペンにはアスペンマウンテン、アスペンハイランズ、バターミルク、そしてスノーマスとあわせて4つのゲレンデがある。こちらも一大スキーリゾートエリアだ。



標高3813メートル、スノーマスで一番の頂上へ

快晴の空の下、まずはスノーマスで雪をかぶって白く際立つロッキー山脈を眼下に見ながら、林の間を抜けていく。完全に圧雪されたコースでは幅も広く、思い思いのコースどりを選ぶことができ、自分の思うままに滑ることができる!




脚も慣れてきて、何本かすべりを楽しんだ後はふもとからVILLAGE EXPRESS,BIG BURNとリフトを乗り継いで、ここから先は初体験のJ-BARで頂上に向かう。
お尻の部分に小さなイスをあてるようにしてバーをまたぎ、地面にスキーをつけながらケーブルに引っ張られて登っていく、といういたってシンプルなつくり。
一面の銀世界を風の音だけが舞っているなかを約10分間の乗車でスノーマスの最頂点THE CIRQUEに。この頂上地点の標高は3813メートル(12510フィート)と富士山をも越える。氷点下の気温で雪面も凍ってはいるけど、ここから見るロッキー山脈の山々の眺望は空の青さとあいまって抜群の眺めだ。


赤レンガの街と一体化しているスキー場
アスペンマウンテン

スノーマスとアスペンマウンテン間はほぼ20分おきに走っているシャトルバスで約20分。
バスを降りればすぐにアスペンのゲレンデ入り口に続く道だ。
横に広いスノーマスに比べて、アスペンはSILVER QUEEN GONDOLAを軸に縦長のコースの脇に難易度の高いコースが数多く設定されている。
このゴンドラで14分ほど、一気にSUN DECKと呼ばれる頂上へ。ここからは真裏にそびえる標高4200メートルを超える山々の頂きがすぐ目の前だ。



コブ斜面にもちょっとチャレンジしつつ、完全圧雪された、脚に気持ちよいコースを中腹くらいまで滑り降りてくると、眼前に広がるのは赤レンガの建物上にきれいに雪をかぶったアスペンの街並み。
幅広いコースを誰にも邪魔されず、粉雪を舞わせながら、ふもとに広がる街並みをゆっくりと楽しみながら滑ろう。



SUN DECKは暖炉が印象的なレストラン。ベイルと同じくカフェテリア方式で、メニューは焼きたてのピザ、ミートボールサンドイッチ、スープなどのほかにあったかい麺類も選べる。
指圧マッサージなどもあるので、力が入りすぎて肩がこったらこちらでリラックス!


もとは銀採掘の中心街だった、アスペン

アスペンという名前は1880年頃コロラドが銀採掘のブームだったころ、たくさん生い茂っているアスペンの木(ポプラ)から名付けられたという。
当時は銀採掘に夢を見た人々が1万人以上も住んでいたこの街。
ブームが去り、いったんはさびれたが、この地でのスキーの可能性に賭けた実業家が1946年にスキー場を開設。1950年に全米で初めて国際スキー連盟の大会を開催したこともあり、アスペン=スキーの名前が全米で知られることとなった。
その後、1958年にバターミルク、アスペンハイランド、1967年にはスノーマスとスキー場としての開発も進んだ。
街には銀採掘ブームの時代に建てられた銀行や役所などの建物がそのまま残されていて、今は高級ブランドブティックやレストラン、ショップなどとその姿を変えている。



1880年代に建てられたホテルジェロームは、当時、ヨーロッパの著名なホテルに負けないものを、ということで建てられた。外観から館内まで今もその雰囲気を残していて、当時のヘルメット、ランプなども飾られている。


スノーマスの毎週金曜夜は“ウル”ナイト!

“ウル”は北欧の神話で雪(スキー)の神様と言われている。
ELK CAMPゴンドラで登れば、懐かしい感じの雪遊びが子どもたちと一緒に楽しめる。
スノーシューや雪上自転車、タイヤに乗ってすべるスノーチューブや、真っ赤に燃えるキャンプファイヤーなど、子どもたちの歓声が山々に響き渡って、気持ちも昔に返って遊べるナイトイベントだ。
もちろん、大人向けには室内のバー&ライブミュージックもあるので、こちらだけでもOK。
さらに遊び足りなかったら、ふもとのボーリング場で!



DATA
冬シーズン2014-15

スノーマス:2014年11月27日〜2015年4月12日
アスペン:2014年11月20日〜2015年4月19日
URL www.aspensnowmass.co
料金 一日券 109ドル〜 滞在日によって異なる。2日券〜日数に応じたチケットもある。



Column-3
高山病には気をつけて!

標高3400メートルは富士山では8合5勺〜9合目くらいにあたる高度。
コロラドのスキーで気をつけなければいけないのは、やはり高山病。
今回はゆっくり上がってきたこともあり、呼吸などの苦しさは感じなかったが、ふもとで体を慣らしてからゴンドラに乗る、ペットボトルの水は常に持ち、こまめに水を飲む、などの対策は必須だ。




Timberline Condominiums

スノーマスにある高級コンドミニアム、ティンバーライン。ステューディオ、1〜3ベッドルームまで、滞在人数に応じて部屋のタイプが選べる。部屋の前がゲレンデなので、スキーをはいたまま滑り出すことも戻ることもできる(Ski-in , Ski-out)。フルキッチン完備の客室では、買い込んできた食材でパーティも。カントリースタイルのベッドもかわいい。

住所 P.O. Box I-2 690 Carriage Way Snowmass Village, CO 81615
電話 (970)923-4000
URL www.thetimberline.com/



DATA
デンバー国際空港からのアクセス

Colorado Moutain Express(シャトルバスサービス)
電話 (970)754-7433
URL www.coloradomountainexpress.com/
料金 ベイル85ドル(片道)、アスペン/スノーマス120〜125ドル(片道)





ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部