ガイドブック編集部 > 特集 > おトクに楽しむスイス街歩き > おトクなパスが使えるおさんぽにおすすめの街

おトクなパスが使えるおさんぽにおすすめの街

チューリヒ

チューリヒ湖の北側に広がる人口約40万人の街。スイス経済の中心地で同時に芸術、文化、トレンド発信の中心です。
おさんぽコースは直線距離では1km ほどの中央駅と湖の間を往復するルート。往路はリマト川の右岸、復路は左岸を歩きます。途中バーンホフ通りとニーダードルフ通り、新旧のメインストリートを通ります。

▼チューリヒのスライドショーはこちらから

ベルン

スイスの首都で旧市街は世界遺産に登録されています。旧市街のアーケードは重厚な造りで素敵なお店やレストランもたくさん! 都会なのに緑も多く、展望ポイントもあちこちにあります。

▼ベルンのスライドショーはこちらから

ローザンヌ

湖畔から高台の大聖堂まで続くエレガントな街。学校の多い文化都市で、個性的な博物館や美術館も充実しています。スイス各地とをつなぐ主要路線が通っており、アクセスも便利です。

▼ローザンヌのスライドショーはこちらから

バーゼル

スイス第3の国際都市で見本市やイベントも頻繁に開催されています。現代建築も多く、デザインと建築の旅も楽しめます。観光ポイントが集まる旧市街は徒歩で十分に観光できます。

▼バーゼルのスライドショーはこちらから

ザンクト・ガレン

7世紀に建てられた小さな僧院から発展したスイス東部最大の街です。中世には学問の中心都市として栄え、豪華な大聖堂も建設され、現在は付属の図書館とともに世界遺産に登録されています。

▼ザンクト・ガレンのスライドショーはこちらから

チューリヒ中央駅

駅を背に正面の大通り、バーンホフ通りを直進します。

シュヴァイツァー・ハイマートヴェルク

スイス・デザインの商品を扱うセレクト・ショップ。チューリヒ空港にも支店あり。

リンデンホフの丘

旧市街を一望できる街中で一番の眺望スポット。ローマ時代の城塞跡です。ベンチもあり休憩するにもいい場所。

聖ペーター教会

チューリヒ最古の教会。時計盤の大きさは8.7mとヨーロッパでも最大のサイズ。

フラウミュンスター

シャガールのステンドグラスがキレイ。ぜひ中に入ってみましょう。

シュプリュングリ

チョコレートと小ぶりのマカロン「ルクセンブルゲリ」が有名な老舗のショップ。カフェも併設しています。

チューリヒ湖

都市にある湖とは思えないほど、きれいに澄んだ湖水が印象的。湖船に乗ってクルーズも気持ちいい。

グロスミュンスター

16 世紀、スイスドイツ語圏での宗教改革の中心地。塔に上ることができます。

ペクラー

グロスミュンスターすぐ近くにある老舗カフェ。品揃え豊富なスイーツのテイクアウトだけでなく、食事も可能。

ニーダードルフ通り

旧市街で一番にぎやかな通りで夜遅くまで人々が出ています。

ベルン中央駅

スイス国鉄のベルン中央駅を出ると目の前にトラム・バス乗り場があります。10番のバスでバラ公園へ向かいます。Rosengarten下車です。

バラ公園

緑が多くすてきな場所です。お茶もできるレストランがあるのでついつい長居したくなります。ベルンの街も一望できます。

観光案内所

観光案内所はクマ公園のすぐ上に位置しています。クマはベルンのシンボルです。観光案内所はベルン中央駅にもあります。

パウル・クレー・センター

スイス人画家パウル・クレーの作品で満たされた美術館です。レンゾ・ピアノ設計の建物もユニーク! 12番のバスに乗り終点で下車。

時計塔

街の中心、時計塔(ツィトグロッケ)に来ました。1時間おきにからくりが動きます。お昼ご飯は町の東側にあるレストランに行きましょう。

クレステルリ・ヴァインカフェ

2014年「ベスト・オブ・スイスガストロ」のトレンド部門賞に選ばれたレストラン。スイス各地から厳選したワイン常時20種類をグラスで楽しめます。メインディッシュにスープまたはサラダが付く日替わりランチメニューはCHF19.50とおトクです。

ニーデック橋

街に続くニーデック橋を渡っていきましょう。ここがベルン旧市街の東の端です。

アインシュタイン・ハウス

アインシュタイン博士が暮らした部屋です。窓からの旧市街の眺めもすばらしいので見逃さないで。

コンフィズリー・チーレン

1919年創業のチョコレート店。生チョコ(トリュフ CHF1.20)のほか、季節のアレンジが施されたお菓子も扱っています。ベルンの紋章のクマをあしらったお菓子はおみやげにもぴったり。

キルヘンフェルト橋

ここが街の南側の橋。旧市街を見渡せます。橋をそのまま渡って南に向かえば博物館が集まるエリアに行くことができます

ローザンヌ中央駅

中央駅を出たら横断歩道を渡って真っすぐ進み、メトロの駅へ移動。フロンFlon方面に向かう乗り場へ。

リポンヌ M. ベジャール駅

旧市街おさんぽのスタートです。リュミーヌ宮右側の階段を上っていきましょう。

サン・メール城

州庁舎の立派な建物サン・メール城を見ましょう。残念ながら内部見学はできませんが、周囲も雰囲気のある場所ですので、訪問しましょう。

ローザンヌ大聖堂

派手な装飾はありませんが、美しいステンドグラスと立派なパイプオルガンがあります。大聖堂前の広場からの眺めもすてき。

エスカリエ・デュ・マルシェ

屋根がついた大聖堂そばの広場と市庁舎のあるパリュー広場とを結ぶ階段。13世紀に造られた歴史のある階段で、両側にはカフェやショップも並んでいます。

ル・バルバール

最高のホットチョコレートが楽しめると評判のカフェ。自慢の自家製ホットチョコレート(CHF5)はねっとりと濃厚。ピザやサンドイッチなどの軽食メニューもあります。

パリュ広場

市庁舎のある広場で正義の女神の泉もあります。泉の後ろの建物の時計はからくり時計です。

ローザンヌ メトロ駅

中央駅前のメトロの駅まで戻りました。今度はさっきと反対方向にウーシーOuchy へ向かう路線を使います。

ウーシー駅

駅を出ると目の前がレマン湖。ホテルやレストランが建ち並んでいます。ここから湖船に乗ってモントルーやジュネーヴに向かうこともできます。

オリンピック・ミュージアム

過去のメダルや聖火トーチ、選手のユニホームなどの展示は圧巻。2013 年末にリニューアルオープンし体験型アトラクションも加わりました。

バーゼル(スイス国鉄)駅

旧市街の南西部に位置するスイス国鉄のバーゼル駅。駅前からはトラムがあちこちに延びています。

バルフュッサー広場

旧市街の中心部でトラムの乗り換えポイントにもなっているバルフュッサー広場。徒歩圏に多くの博物館があります。

バーゼル製紙印刷博物館

バーゼル発展の礎ともなった製紙・印刷業を学ぶことができる博物館。体験型の展示も多く身体を動かして楽しむことができます。

マルクト広場(市庁舎)

真っ赤な堂々たる石造りの市庁舎前には食料品やお花を扱う市がたっています。季節によってはイベントが行われることも。

ミットレレ橋

このおさんぽコースでは河岸に下りて船着場に向かいますが、橋を渡ってそのまま直進すればメッセ会場に向かうことができます。

ライン川河岸

夏は多くの地元っ子が日光浴をしています。船着場まで散歩しましょう。

船着場

ライン川を横切る渡し船に乗って大聖堂下の船着場まで移動します。旧市街を川から眺める絶好のポイントです。

大聖堂

船を降りたら階段を上って大聖堂へ。内部も見学しましょう。塔の上から旧市街を見渡すこともできます。

フライエ通り

大聖堂から少し下って旧市街へ。さまざまなお店やカフェが並ぶ通りをおさんぽしましょう。

バルフュッサー広場

まだ訪問していない博物館や美術館を訪れるチャンスです。橋からそのまま駅に向かうなら8番トラムで

モニュメント

旧市街おさんぽのスタートです。観光局前の繊維のモニュメントから歩き始めます。

シュタット・ラウンジ

ビルの谷間に突然出現する赤い地面の世界。街並みに溶け込んだモダンアートです。

テキスタイル博物館

重厚感あふれる石造りの建物の中には、スイス繊維産業の礎となった貴重な展示があります。

ムルテル通り

印象的な出窓が並ぶ旧市街のメインストリートです。この通り東側に続くSpisergasseにも大きな出窓があります。

修道院東側入り口から

修道院の敷地の東に連なる建物にある入り口から入りましょう。真正面に大聖堂を見ることができます。

大聖堂

世界遺産に登録されているバロック建築の壮麗な建物です。当時の権力者がこぞって寄進したため立派な建物が建設できました。

図書館

当時の書物が納められ、そのうち何点かはケース越しに中のページを見ることもできます。建物も美しさも特筆もの。お見逃しなく!

旧市街

財力のある商人が暮らす街だったため、建物は頻繁に建て替えられていました。そのためさまざまな建築様式の建物が並んでいます。

ミューレッグバーン(ケーブルカー)駅

旧市街の南に位置するケーブルカー駅から展望台に上ります。

展望台

足下には旧市街、遠くにボーデン湖まで見渡せる気持ちのいい場所です。のんびり散歩するにもいいところ。


歩いてみよう 魅力的な街

無料パスや乗り放題パスを使って観光できる、おすすめ都市のおさんぽルートをご紹介します。いずれも見どころが多い歴史ある街です。半日ほどで巡ることができる、おすすめルートをご紹介します。

●チューリヒ:
日本からの直行便も飛ぶチューリヒはスイスへのゲートウェイ都市として利用する方も多いでしょう。経済の中心でありながら、緑豊かな中世の趣を残す旧市街があり、今と昔のスイスの顔に出合えます。

●ベルン:
スイスの首都で旧市街は世界遺産に登録されています。旧市街のアーケードは重厚な造りで素敵なお店やレストランもたくさん! 都会なのに緑も多く、展望ポイントもあちこちにあります。

●ローザンヌ:
湖畔から高台の大聖堂まで続くエレガントな街。学校の多い文化都市で、個性的な博物館や美術館も充実しています。スイス各地とをつなぐ主要路線が通っており、アクセスも便利です。

●バーゼル:
スイス第3の国際都市で見本市やイベントも頻繁に開催されています。現代建築も多く、デザインと建築の旅も楽しめます。観光ポイントが集まる旧市街は徒歩で十分に観光できます。

●ザンクト・ガレン:
7世紀に建てられた小さな僧院から発展したスイス東部最大の街です。中世には学問の中心都市として栄え、豪華な大聖堂も建設され、現在は付属の図書館とともに世界遺産に登録されています。

スイス各地の詳細情報はスイス政府観光局のサイトへ
URL:/www.myswitzerland.com/ja/home.html

チューリヒ

ベルン

ローザンヌ

バーゼル

ザンクト・ガレン

2015年11月



ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部