ガイドブック編集部 > 特集 > ギリシア/ペロポネソス半島・4つの世界遺産を歩く > コスタ・ナヴァリノCosta Navarino〜ペロポネソス半島のスーパーリゾート

コスタ・ナヴァリノCosta Navarino〜ペロポネソス半島のスーパーリゾート

ギリシアのリゾートと言えば、まっさきに思い浮かぶのが紺碧の空と海と真っ白な漆喰の壁が美しいエーゲ海に浮かぶ島々のリゾートだが、ペロポネソス半島にも、古代ギリシア時代からの歴史にはぐくまれた風土に風光明媚なリゾート地が数多く点在する。その代表ともいえるのが半島の南西部、メッシニアMessiniaにある巨大リゾート、コスタ・ナヴァリノCosta Navarinoだ。

リゾートの中核を担うのは、ロマノスThe Romanos,a Luxury Collection Resort(321室)とウェスティンThe Westin Resort(445室)の2つのホテル。オリーブ畑に囲まれた緑豊かな丘に建つ。その充実した設備、提供される食事、サービスはどれをとってもすべてが行き届き、しかもギリシアの魅力が凝縮されたすばらしいリゾートだ。

1
2
3
4

リゾート内のレストラン。 1  インビInbi  2  1827 Bar & Lounge  3 モリアスMorias  4  タヴァーナTaverna。他にも施設内にはシチュエーションに合せて様々なレストラン&バー施設がある

5
6

 5  湾岸コースThe Bay Courseと  6  砂丘コースThe Dunes Courseの2つのゴルフ場がある

7
8

 7 サンドキャッスルSandCastle  8  アクアパークAqua Park。子供向けの施設も充実しており、家族で楽しめる

このリゾートで特筆すべきは、メッシニア地方の生態系を保全することと観光産業の持続的な発展を両立させることを大きな目的としてさまざまな施策を行っていることだ。開発の際には生態系保全のためにオリーブやその他の果樹4,500本が植えられた。その植林作業は今も続いている。リゾート内には、地中海の気候変化を調査する観測所施設あり、アテネやスウェーデンのストックホルムの大学と共同で研究を続けている。また、絶滅危惧種のウミガメがビーチ周辺に生息するので、その保護活動をエコツーリズムとして取り入れている。

9
10

 9  オリーブの植林 10 施設内にはメッシーナの自然を解説する博物館Navarino Natura Hallがあり、そこでは環境教育のプログラムが盛んに行われている

これらの活動は、リゾートのプロジェクトを立ち上げたヴァシリス・コンスタンダコプロスVassilis C. Constantakopoulos(1935-2011)氏の意思を強く反映したものだ。彼は、この地に生まれ海運業で成功し財を築いた。熱心な環境保護主義者でもあった彼のビジョンは、愛する故郷の環境を守りながら発展にも貢献することだったのだ。

アナゾエ・スパ Anazoe Spa

4,000m²の広さを誇るコスタ・ナヴァリノリゾートのスパ&タラソテラピーセンター。ベストスパホテル/リゾートを何度も受賞している。フローティングプール、アイスグロットルームやミストシャワー、ハーブサウナ、屋内外のトリートメントエリア、多数のタラソテラピールームが完備。この地域特有の天然製品や天然素材を用いて、西洋とギリシアの哲学に基づいたオリジナルなトリートメントを提供している。


<DATA>

コスタ コスタナヴァリノ Costa Navarino
住所: Navarino Dunes,Messinia, Peloponnese 24001
TEL: 272 309 5000(The Westin Resort) 272 309 6000(The Romanos)
URL: www.costanavarino.com

アクセス
アテネからコスタ・ナヴァリノへはコリントスを経由し、約270km。ホテルから約50kmに位置するカラマタの空港へは通年でアテネはもちろん欧州各都市からの直行便がある。





ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部