ガイドブック編集部 > 特集 > 鉄道で行くヨーロッパの美しい村 > チェコ屈指の温泉保養地〜マリアーンスケー・ラーズニェ Mariánské Lázně(チェコ)
チェコ

チェコ屈指の温泉保養地
マリアーンスケー・ラーズニェ Mariánské Lázně(チェコ)
取材協力:チェコ観光局

クロス源泉のパビリオンとコロナーダ

マリアーンスケー・ラーズニェは、チェコ国内でカルロヴィ・ヴァリKarlovy Varyに次ぐ、チェコ第2の規模を誇る温泉保養地である。16世紀に温泉が発見されたが、現在の形のように温泉リゾートとして開発されたのは、19世紀後半〜20世紀初頭。現在の街並もそのころに整備されたものである。ゲーテ、ショパン、フランツリスト、ワグナーなど多くの著名人がここを訪れた。現在は飲用や浴用、温泉泥を使った温泉治療が行われている。ホテルに滞在しスパを楽しみながら、のどかな街並を散策するといったことを体験するには、よい町である。

1
3
2

左上(写真1):1889年に建設されたネオ・バロック様式のコロナーダ/左下(写真2):パビリオンでは3つの源泉を飲むことができる。飲泉用の紙コップはカウンターで購入できる/右(写真3):コロナーダ内では案内所、レストラン、ショップがある

4
5

左(写真4):コロナーダ前の噴水広場では、夕方に音楽に合わせた噴水のパフォーマンスが見られる/右(写真5):メインストリート(Hlavní třída)では、多くのショップやレストランがあり、温泉水を使った名物のスパ・ワッフルも売られている

6
8
7

左上(写真6):マリアーンスケー・ラーズニェの代表的なホテルである「ダヌビウス・ヘルス・スパ・リゾート・ノヴェー・ラーズニェ」/左下(写真7):同ホテル内の温泉を使ったスパ施設/右(写真8):同ホテル内にあるイギリス王エドワード7世が利用したロイヤル・キャビン。有料でミネラル風呂が楽しめる

アクセス方法

プラハ〜マリアーンスケー・ラーズニェ【Table.1120】

チェコ鉄道の快速列車(Rychlík)

プラハ本駅からヘプCheb行きの快速列車(R:Rychlík)もしくは高速列車スーパーシティ2時間37分〜2時間50分。1日に7便。快速列車の場合は、ユーレイルグローバルパスなどチェコで有効な鉄道パスのみで利用可能。スーパーシティの場合は、全席指定制のため鉄道パスを使う場合は、座席指定と追加料金が必要となる。


ニュルンベルク〜ヘプ【Table.880】
ヘプ〜マリアーンスケー・ラーズニェ【Table.112】

マリアーンスケー・ラーズニェ本駅

ドイツ方面からは直通便はないが、ニュルンベルクNürnbergからヘプ経由で向う方法がある。ニュルンベルク〜ヘプ間【Table.880】は、直通の快速列車(RE)で1時間45分。1日5便。Marktredwitz乗換えであれば、1時間55分〜2時間。ヘプ〜マリアーンスケー・ラーズニェ間【Table.1120】は、快速列車で20分程度。


マリアーンスケー・ラーズニェ本駅〜クロス源泉のパビリオン

移動には欠かせないトロリーバス

各都市からの列車は、マリアーンスケー・ラーズニェ本駅に到着する。
マリアーンスケー・ラーズニェ本駅からクロス源泉のパビリオンなどがある町の中心までは、2〜3km離れている。移動手段としてはトロリーバスが運行している。中心までの行くバスは5番もしくは7番。運賃は12Kc(2016年現在)でバスの乗降口の自動券売機で購入する。コインしか使えないので、小銭を用意しておこう。クロス源泉のパビリオンに行くのならKolonádaで下車

チェコ鉄道
URL:www.cd.cz

マリアーンスケー・ラーズニェ公共交通
URL:www.mdml.cz


ポイント

マリアーンスケー・ラーズニェは、温泉保養地のため見どころを散策するということよりも、ホテルに滞在して、温泉巡りやホテル内のスパを楽しむことが中心となる。チェコ隋一の温泉保養地であるカルロヴィ・ヴァリも鉄道で1時間20分、1日8便運行【Table.1123】しているので、チェコの2大温泉保養地めぐりしても良いだろう。

【コラム】中欧の高速列車レイルジェット

オーストリアの首都ウィーンからプラハへは、オーストリア連邦鉄道およびチェコ鉄道で運行している高速列車レイルジェットでアクセスする。ウィーン中央駅〜プラハ本駅間の所要時間は約4時間。1日6〜7便運行【Table.60】。全席指定制ではないため、ユーレイルグローバルパスなどオーストリアとチェコの2カ国で有効な鉄道パスのみで利用可能。約4時間の乗車のため、確実に座席を確保したい場合は座席指定券を購入することをおすすめする。レイルジェットには、ヨーロッパでも数を減らしつつある食堂車が編成されており、チェコ料理やオーストリア料理を、車窓を眺めながら楽しむことができる。

ブルーが特徴のチェコ鉄道のレイルジェット


左上:食堂車の様子/左下:オープンサロン式の1等座席車内/:食堂車で提供される食事やドリンク



※記事中のアクセス方法に記載の【Table.000】は、「ヨーロッパ鉄道時刻表・日本語解説版」(定価2.200円+税)に記載の時刻表番号となります。時刻表を使ってプランニングする際の参考として、ご利用ください。




ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部