繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 > バルカン半島を南へ。セルビア・モンテネグロ・アルバニアを巡る旅 > ストゥデニツァ修道院
ヨーロッパ
最後の
フロンティア!

ストゥデニツァ修道院
セルビアの信仰と宗教美術の中心地

ストゥデニツァ修道院は、中世セルビア王国(ネマニッチ朝)を創始したステファン・ネマニャによって12世紀後半に建てられた。中世セルビア時代の修道院としては最も重要なもので、高い城壁に囲まれた円形の敷地の中に生神女聖堂、王の聖堂、聖ニコラス聖堂の3つの聖堂が中世セルビア王国時代の姿を現在に留めている。聖堂内に描かれた美しいフレスコ画は、13世紀から14世紀のビザンチン美術の頂点のひとつで、その歴史的文化的な重要性から1986年に世界遺産に登録された。

生神女聖堂

修道院の中心となる教会で1190年に創設された。ロマネスク様式とビザンチン様式の二つの建築様式の特徴を持つラシュカ様式の建造物として最も重要なものとされている。聖堂内には見事なフレスコ画が残されており、中でも「ハリストス(キリスト)の磔刑」は最高傑作だ。教会内にはステファン・ネマニャと彼の妻、彼の息子でネマニッチ朝セルビア王国の初代の王となったステファン・ネマニッチの遺体が安置されている。


美しいブルーを背景に描かれたハリストスの磔刑。キリストの穏やかな表情もこのフレスコ画の特徴で、ここにカトリックとの宗教性の違いを見て取ることもできるという  


左上/多くのフレスコ画が削り取られているのは、破壊ではなく19世紀に今見ているフレスコ画に別のフレスコ画を重ねようとして漆喰の乗りを良くするために削ったものだそうだ。今では新しい時代のフレスコ画をなくして元のフレスコ画の修復を進めている。左下/ステファン・ネマニッチの棺  

王の聖堂

12世紀後半にセルビアの王となりこの聖堂を献上したミルティン王(ウロシュ2世)にちなんで王の聖堂と名付けられた。創設は1314年。上から見ると十字架の形が見て取れる。規模は大きくはないが美しい聖堂だ。この聖堂にも王族の肖像や聖人の生涯をモチーフにしたすばらしいフレスコ画が残っている。


右上/右端の聖堂を奉げ持った人物が、王の聖堂を献上したミルティン王。右下/歴代の王とその家族の肖像画(一部)  


聖ニコラス聖堂

小さな身廊がひとつだけの石造りの教会で、13世紀ごろに建てられたと考えられている。私たちはこの聖堂で行われた早朝の礼拝を見学させていただいた。



10人も入れば一杯なるような小さな聖堂で厳かに礼拝が執り行われた。※許可を得て撮影しています(通常は撮影厳禁)。  

他にも、13世紀に建てられた鐘楼門や現在は博物館になっている修道士の住居などがある。修道院の城壁の外には修道院のゲストハウスがあって、私たちはそこで宿泊することができた。食事は質素なものだったがとてもおいしかった。


左/修道院の西端に建つ鐘楼門 右上/修道院の入口。ここが修道院とは思えない堅固な城壁に囲まれている 右下/ギフトショップもある  



修道院のゲストハウス。夕食で食べた「ポタージュのスープ」と「マスのグリル」  

ストゥデニツァ修道院:
【URL】http://www.manastirstudenica.rs/

コラム

もうひとつの世界遺産
ジュルジェヴィ・ストゥポヴィ修道院

ストゥデニツァ修道院を見学した後、セルビア南部の中心都市ノヴィ・パザル近郊の丘の上に建つジュルジェヴィ・ストゥポヴィ修道院にも足を運んだ。この修道院も12世紀の後半にステファン・ネマニャによって建てられたもので、その時代にさかのぼる遺跡群が残されている。


聖ゲオルギ聖堂  

中でも聖ゲオルギ聖堂は、その独特の建築様式が後世に与えた影響が大きく重要なものとされている。聖ゲオルギ聖堂には13世紀に描かれたフレスコ画もあったのだが、惜しくも第一次バルカン戦争(1912年)の混乱で大きく損傷してしまい、現在ではベオグラードの国立博物館に移管されてしまった。


この小さな礼拝堂の中にフレスコ画が残っていた  

私たちは聖堂の隣にある小さな礼拝堂に残されたフレスコ画を見た。顔が削り取られていたりするものもあったが、十分にそのすばらしさは伝わってきた。ジュルジェヴィ・ストゥポヴィ修道院は「スターリ・ラスとソポチャニ」の遺跡群のひとつとして世界遺産に登録された。





地球の歩き方ガイドブック 編集部