アドベントシーズンのスイスを味わう! vol.2 インターラーケン、ベルン、トゥーン

さまざまな趣向を凝らしたチューリヒのクリスマスマーケットに続き、今回は雪化粧したユングフラウ連山やスイス最長のアレッチ氷河の絶景に出会えるユングフラウ地方、世界遺産に登録された旧市街が魅力的な首都ベルン、トゥーン城がそびえる城下町であり、湖畔リゾートのトゥーンを訪れます。
インターラーケン、ベルン、トゥーンのクリスマスマーケット

1

インターラーケンの
クリスマスマーケット

Christmas Market in INTERLAKEN

 

多くの登山鉄道がクローズしてしまう冬期でも、標高3571mの展望台から世界遺産のアレッチ氷河を眺めたり、ユングフラウを望める広場ヘーマエッテ(Höhematte)に特設されたリンクでスケートを楽しんだり、リンク横に立ち並ぶ100軒近い屋台で買い物をしたり、ひと味違ったアドベントシーズンを楽しめるのがインターラーケンを拠点としたユングフラウ地方の旅です。そしてこの時期、ユングフラウヨッホの雪原には巨大なクリスマスツリーが出現し、クリスマス気分を盛り上げます。

1

ベルンの
クリスマスマーケット

Christmas Market in BERN

 

スイスの首都であるベルンは中世の面影を色濃く残しており、その美しい旧市街の街並みは1983年にユネスコの世界遺産に登録されています。大きく蛇行したアーレ川が刻んだ断崖によって天然の要害として歴史を重ねてきた古都の街並みがイルミネーションの光によってやさしく包まれた景色はタイムスリップしたかのような気持ちにさせてくれます。ベルンのクリスマスマーケットは、ヴァイゼンハウスプラッツとライトアップされた大聖堂に面した広場、ミュンスタープラッツの2カ所で開催されます。

1

トゥーンの
クリスマスマーケット

Christmas Market in THUN

 

トゥーンの町は、トゥーン湖の最西端に位置する湖畔リゾート。スイスの画家パウル・クレーやドイツの作曲家ヨハネス・ブラームスなど有名人たちが愛した避暑地です。高台にはトゥーン城がそびえ、その周辺の旧市街の街並みは中世の雰囲気を色濃く残しています。冬のトゥーンは、賑やかな避暑地としての夏の顔とは違う、落ち着いたもうひとつの素顔で迎えてくれます。