ガイドブック編集部 > 特集 >  人と自然があたたかい国アイスランド > 旅の基本情報 > アイスランドへのアクセス

アイスランドへのアクセス

残念ながら、アイスランドへの日本からの直行便はまだない。同日着のフライトを使ったとしても所要時間は18〜20時間ほど必要だ。しかし、ヨーロッパやアメリカからのフライトは頻繁に出ているので、欧米の旅行客にとってアイスランドは非常に近い国だ。
日本からアイスランドへのアクセスについて紹介しよう。

やっとアイスランドの台地が見えた!(コペンハーゲン発のフライトから)

やっとアイスランドの台地が見えた!(コペンハーゲン発のフライトから)

日本からのアクセス

2006年夏の運航スケジュールでは、日本からアイスランドに同日中に到着するのは、コペンハーゲンまたはロンドン経由のフライトを使った場合だ。コペンハーゲン経由であれば、スカンジナビア航空から乗り継ぐのが最も便利。ロンドン経由であれば、さまざまな航空会社のフライトを使うことができる。
ロンドンからアイスランドへのフライトの出発時刻は21:10(アイスランド航空455便)と遅いからだ。

経由地となるコペンハーゲンの空港。とても使いやすいと定評がある

経由地となるコペンハーゲンの空港。とても使いやすいと定評がある


アイスランド航空の日本語サイトでは、ヨーロッパ各地とアイスランドを結ぶフライトの情報を日本語で見ることができる。

アイスランド航空日本語サイト
www.icelandair.jp

ヨーロッパとアメリカからは直行便が

ヨーロッパ大陸またはアメリカ合衆国を出発地とするなら、アイスランドへのフライト選びはもっと楽になる。アイスランド航空の場合、以下のヨーロッパ各国とアメリカの各都市からのダイレクトフライトをもっている。
ヨーロッパ各都市からのフライト所要時間は2時間半から4時間弱、アメリカからの所要時間は5時間から9時間弱だ(2006年夏期スケジュール)。

コペンハーゲン〜アイスランド間のフライトでのミールサービス

コペンハーゲン〜アイスランド間のフライトでのミールサービス


ヨーロッパから デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ロシア、イギリス、オランダ、ドイツ、フランス、スイス、イタリア、スペイン

アメリカから ニューヨーク、ボストン、ワシントン、ミネアポリス、オーランド、サンフランシスコ

チャーター便なら12時間で

期間限定でパッケージツアーの利用が前提となるが、チャーター便を使えば日本からアイスランドまでダイレクトに飛ぶことができる。アイスランド到着までは、通常は乗り継ぎ時間を含めて18時間から20時間必要だが、チャーター便ならそれがたったの12時間。羽田からの発着となる。
地球の歩き方T&Eでも9月6日と13日出発のチャーター便利用ツアーを作っている。詳しくは以下のリンクから。アイスランド旅行説明会も行っている。

※上記の内容は2006年現在のものとなります。最新のアイスランドツアーは以下のリンクよりお探しください

普段は経由便しかないアイスランド行きがダイレクトに(写真はコペンハーゲン・カストラップ空港で出発を待つアイスランド航空便)

普段は経由便しかないアイスランド行きがダイレクトに(写真はコペンハーゲン・カストラップ空港で出発を待つアイスランド航空便)


地球の歩き方T&E アイスランドツアー
アイスランド ツアー検索結果一覧

2006年07月