ガイドブック編集部 > 特集 >  人と自然があたたかい国アイスランド > アイスランド取材こぼれ話 > 取材班の食事大公開Part2 昼食編

アイスランド取材こぼれ話 取材班の食事大公開Part2 昼食編

食事大公開の第二弾は、昼食としていただいた料理の紹介です。食費の高いアイスランドでも、昼食ならばランチ・メニューが用意されていることもあり、それほど割高感を覚えずに食事をすることができました。「予算が厳しいけどアイスランド料理も楽しみたい」という場合は、昼食に予算をさき、夕食は軽く済ませるといいでしょう。

昼食編〜ブルーラグーン

ブルーラグーン取材の際は、午後に入浴を予定していたこともあり、昼食は軽く済ませることに。前菜またはメインのメニューからそれぞれひと皿ずつオーダーすることとなった。ここは食事の質も高いという説明を受けていたが、出された料理を見てみんな納得。盛りつけにも工夫がこらされていて、食事の質と量にも満足した。

前菜メニューに掲載されているガーリックバター味の手長エビ(ロブスター)は150gでIsk2380。メインメニューとしていただくと、300gでIsk4380となる

前菜メニューに掲載されているガーリックバター味の手長エビ(ロブスター)は150gでIsk2380。メインメニューとしていただくと、300gでIsk4380となる

ポテトとホウレンソウ、オリーブが添えられた塩ダラのオーブン焼きはIsk2150。塩ダラを使った料理は、お魚が少し塩辛く感じられることもあったが、この料理はちょうどいい塩加減だった

ポテトとホウレンソウ、オリーブが添えられた塩ダラのオーブン焼きはIsk2150。塩ダラを使った料理は、お魚が少し塩辛く感じられることもあったが、この料理はちょうどいい塩加減だった


エビとムール貝のペンネ、Isk2050。白ワインとニンニクのソースでの味付け。前菜メニューのひとつ

エビとムール貝のペンネ、Isk2050。白ワインとニンニクのソースでの味付け。前菜メニューのひとつ

リゾットが添えられたオオカミウオのフライ、Isk2050。元の姿はグロテスク(顔がこわい)だが、淡白な白身で食べやすい

リゾットが添えられたオオカミウオのフライ、Isk2050。元の姿はグロテスク(顔がこわい)だが、淡白な白身で食べやすい


ブルーラグーン・サラダと名付けられた具だくさんサラダ。チキンのマリネがトッピングされたシーザーサラダといったもの。Isk1790

ブルーラグーン・サラダと名付けられた具だくさんサラダ。チキンのマリネがトッピングされたシーザーサラダといったもの。Isk1790

レストランからはプールが見渡せる

レストランからはプールが見渡せる


昼食編〜ゲイシール

ゲイシールはツアーや定期運行バスで訪れたとき、ちょうどお昼くらいに滞在することになる場所だ。レストランは2軒あるが、しっかりと食べるならホテル・ゲイシール内のレストランを利用するといい。アラカルト・メニューもあるが、バイキング料理のほうがひとりIsk2000とお得だ。

コールドミールは大きな船に盛りつけられている

コールドミールは大きな船に盛りつけられている

肉料理も魚料理も充実。温かい料理は船のすぐ隣のテーブルにある

肉料理も魚料理も充実。温かい料理は船のすぐ隣のテーブルにある


スープもここのバイキングの自慢料理のひとつ。取り忘れないように

スープもここのバイキングの自慢料理のひとつ。取り忘れないように

窓際のテーブルからなら間欠泉を見ることもできる

窓際のテーブルからなら間欠泉を見ることもできる


昼食編〜レイキャヴィーク市内

レイキャヴィーク市内はレストランがたくさんあるので、夕食も昼食もお店探しには困らない。特にお目当ての料理がなければ、カフェでランチをとるのもいい。Isk1700前後で昼食が提供されている。

「Radisson SAS Saga Hotel」のブランチ・メニュー。朝食のメニューと重なるものが多いが、非常に充実感がある

Radisson SAS Saga Hotel」のブランチ・メニュー。朝食のメニューと重なるものが多いが、非常に充実感がある

ビュッフェとなっていて、コールドメニューのほうがずっと種類が多い

ビュッフェとなっていて、コールドメニューのほうがずっと種類が多い


スシ・トレインでの昼食。ひと皿あたりの値段はIsk200〜350。写真の黄色のお皿はIsk250。おなかいっぱい食べるとなるとかなりの金額になってしまう

スシ・トレインでの昼食。ひと皿あたりの値段はIsk200〜350。写真の黄色のお皿はIsk250。おなかいっぱい食べるとなるとかなりの金額になってしまう

長い時間回りっぱなしになっているものもあるので、調理場近くに席を取り、新しく流れてきたものを取ったほうがよい

長い時間回りっぱなしになっているものもあるので、調理場近くに席を取り、新しく流れてきたものを取ったほうがよい


昼食編〜トゥヴェル・フィスカル

トゥヴェル・フィスカルは有名店で、夕食のメニューは値段もはるが、週末に実施しているランチならば、メイン料理でも値段がひと皿Isk1250〜1500程度と、非常にお得に食べることができる。はじめは軽く食べるつもりだったが、料理の値段が安くおいしかったので、お昼にもかかわらず前菜・メイン・デザートと、しっかりと3コースの食事をいただくこととなってしまった。

シーフードのスープはIsk850。おいしいので、メインがくる前についついパンをつまんでしまった

シーフードのスープはIsk850。おいしいので、メインがくる前についついパンをつまんでしまった

白ワインとガーリック風味のムール貝。貝の大きさは小ぶりだが、数が多く、食べたという充実感が残る。Isk700

白ワインとガーリック風味のムール貝。貝の大きさは小ぶりだが、数が多く、食べたという充実感が残る。Isk700


シーフード・グラタンはIsk1250と安い。薄味でわりとさっぱりとしているので、おなかももたれない。ついデザートを注文してしまった

シーフード・グラタンはIsk1250と安い。薄味でわりとさっぱりとしているので、おなかももたれない。ついデザートを注文してしまった

わさびバター味のソースを添えたクジラのステーキ。レアの仕上がり具合が絶品だった。Isk1500

わさびバター味のソースを添えたクジラのステーキ。レアの仕上がり具合が絶品だった。Isk1500


ベリーを添えたアイスクリームとシャーベットの盛り合わせ。Isk700

ベリーを添えたアイスクリームとシャーベットの盛り合わせ。Isk700

たっぷりと盛られたスキール。スタッフGも食べきれないほどの量でした。Isk700

たっぷりと盛られたスキール。スタッフGも食べきれないほどの量でした。Isk700


昼食編〜各地域

アイスランド各地の取材では、毎日忙しくてお昼休みを充分にとるだけの時間がなかったため、軽食をとることがほとんどだった。地方の名物料理というものは特にないが、パフィンを試してみるなら、ウエストマン諸島を訪れたときがよいかもしれない。

セル・ホテル・ミーヴァトンでの昼食。メインのレストランは団体さんでいっぱいだったので、バー・コーナーで軽食を食べた

セル・ホテル・ミーヴァトンでの昼食。メインのレストランは団体さんでいっぱいだったので、バー・コーナーで軽食を食べた

時間がなくスープとハム&エッグサンドイッチの軽い昼食となった。このバー・コーナーの入り口近くに巨大マリモが展示されている

時間がなくスープとハム&エッグサンドイッチの軽い昼食となった。このバー・コーナーの入り口近くに巨大マリモが展示されている


北部取材の2日目は、ホテル・レイニフリーズ敷地内にあるレストランで。外観はモダンだが、内装はクラシックで窓越しに見る景色も雰囲気がある

北部取材の2日目は、ホテル・レイニフリーズ敷地内にあるレストランで。外観はモダンだが、内装はクラシックで窓越しに見る景色も雰囲気がある

ラム肉のスープというシンプルな食事だったが、連日の取材で疲れている取材班にはちょうどいい料理だった。肉には臭みなどなく、ラム肉のレベルの高さがわかる

ラム肉のスープというシンプルな食事だったが、連日の取材で疲れている取材班にはちょうどいい料理だった。肉には臭みなどなく、ラム肉のレベルの高さがわかる


ヴィークでの昼食は、パックのサンドイッチ(Isk395)とジュース(Isk95)と簡素に済ませた

ヴィークでの昼食は、パックのサンドイッチ(Isk395)とジュース(Isk95)と簡素に済ませた

レストランは南側に窓があり眺めがいい

レストランは南側に窓があり眺めがいい


イーサフィヨルズルではパスタ料理を食べた。小エビとスモークサーモンのパスタはIsk1190

イーサフィヨルズルではパスタ料理を食べた。小エビとスモークサーモンのパスタはIsk1190

町の中心部にある「フェルナンド Fernando's」

町の中心部にある「フェルナンド Fernando's」


ウエストマン諸島では時間がなく昼食抜きでそのまま取材へ。港のカフェCafe KROで、ケーキとコーヒーを流し込んだ

ウエストマン諸島では時間がなく昼食抜きでそのまま取材へ。港のカフェCafe KROで、ケーキとコーヒーを流し込んだ

ケーキは6種類。ボリュームがあるので、お昼抜きでも大丈夫でした

ケーキは6種類。ボリュームがあるので、お昼抜きでも大丈夫でした


昼食編〜番外

最終日前日のアクシデントのおかげで、突然に時間があいてしまった最終日のお昼がこれ。アイスランドの食事はおいしかったけど、連日の美食のあとのカップ麺って妙においしく感じられました。

きつねうどんに緑茶、おせんべいに羊羹という純和風メニュー(?)でした

きつねうどんに緑茶、おせんべいに羊羹という純和風メニュー(?)でした

だしのきいたおつゆに七味の風味がたまらない……

だしのきいたおつゆに七味の風味がたまらない……

2006年07月