ガイドブック編集部 > 特集 >  人と自然があたたかい国アイスランド > アイスランド取材こぼれ話 > 取材班の食事大公開Part4 夕食編その2

アイスランド取材こぼれ話 取材班の食事大公開Part4 夕食編その2

食事大公開の最後は、夕食の残りのメニューの紹介です。毎日でもアイスランド料理を食べたい取材班でしたが、毎日の美食は胃にもお財布にも負担ですし、旅の後半ではさすがに旅の疲れが出てきたためか、もりもりと食べるほどの元気がなかった日もありました。そのため、簡単なメニューで済ませている日もあります。

海辺の「赤い家」レイダ・フーシッド

このレストランはゴールデン・サークル取材のときに案内してくれたドライバーの紹介で訪問。古い建物が残っているエイラルバッキの町の中心部にあるレストランだ。海辺の店なので魚料理が得意なようで、取材班のみんなも魚料理を頼んだ。

パンにはガーリックをベースにしたペーストが添えられていた。奥の手は撮影前にもかかわらず思わず手を出してしまった取材スタッフA

パンにはガーリックをベースにしたペーストが添えられていた。奥の手は撮影前にもかかわらず思わず手を出してしまった取材スタッフA

取材スタッフGがとても気に入ったのがここの手長エビ料理。写真のお皿はスモールでIsk3400。大きなお皿を頼むとIsk5700となる

取材スタッフGがとても気に入ったのがここの手長エビ料理。写真のお皿はスモールでIsk3400。大きなお皿を頼むとIsk5700となる


エビと手長エビ、魚のサラダはけっこうなボリュームがありメインの料理として食べても充分だった。Isk2190

エビと手長エビ、魚のサラダはけっこうなボリュームがありメインの料理として食べても充分だった。Isk2190

こちらはシンプルなグリーンサラダでIsk1290。いろいろな野菜が入っているので充実感がある

こちらはシンプルなグリーンサラダでIsk1290。いろいろな野菜が入っているので充実感がある


トマトとバジルのソースの塩ダラはIsk2900。このお魚はちょっと塩味がきつかった

トマトとバジルのソースの塩ダラはIsk2900。このお魚はちょっと塩味がきつかった

シーフードスープはIsk1990。おかずとして充分な量でした

シーフードスープはIsk1990。おかずとして充分な量でした


港町の手長エビ専門店 フィヨルボルジズ

このお店も地元の方(アイスランド人)のすすめで訪問。堤防のすぐ下にお店があるので、レストラン前からの眺めがとてもよかった。夏は日が長いので、食事を終えてから外に出るとちょうど夕焼けが見られるかもしれない。料理はシンプルな盛りつけの直球勝負というもの。料理に添えられたサラダやポテトもボリュームたっぷりで、味・量ともに満足した。

ここもパンのソース(ペースト)に工夫があり楽しむことができました。食事の前の食べ過ぎに注意!

手長エビのスープには身もたっぷり。前菜としてのお皿はIsk1190、メインとして食べるならIsk1690


手長エビはガーリックバター味で。300gでIsk3100、サラダと熱々のポテトを添えるならIsk590の追加

ラムのヒレ肉のオーブン焼きも美味でした。ポテトと野菜が添えられIsk3450


ホテル・オルク

ホテル・オルクは当初5連泊する予定だったが、結局のところ2泊でレイキャヴィークへ移動。団体さんの受け入れにも慣れているようで、この日も大宴会が行われていた。疲れ切っていたため簡単な食事にしてしまったが、レストランスタッフのサービスがていねいでたいへん好感を覚えた。トラブル発生の直後に訪れたレストランということもあり、思い出に残るレストラン。

ビール好きのスタッフHはこの日、アイスランド滞在2回目のビールを注文

ビール好きのスタッフHはこの日、アイスランド滞在2回目のビールを注文

小エビのサラダを前菜として注文。値段はIsk2000前後でした

小エビのサラダを前菜として注文。値段はIsk2000前後でした


スタッフGは前菜なしにしてハンバーガー(Iskを注文。軽く食べるつもりがすごい量のお皿がでてきました。残念ながらハンバーグよりもフレンチフライのほういがおいしかったかなあ……

スタッフGは前菜なしにしてハンバーガー(Iskを注文。軽く食べるつもりがすごい量のお皿がでてきました。残念ながらハンバーグよりもフレンチフライのほういがおいしかったかなあ……

スタッフHは鶏肉のグリルを注文。鳥だからあっさりしているだろうと思いきやこの量にびっくり

スタッフHは鶏肉のグリルを注文。鳥だからあっさりしているだろうと思いきやこの量にびっくり


ウエストマン諸島でパフィンに挑戦

「アイスランドならではの料理」と挙げるならパフィン料理も加える必要があるだろう。当初はわざわざ食べに行くつもりはなかったのだが、フライトの欠航によりヘイマエイ島に滞在せざるを得なくなり、宿泊先となったホテル・ソルシャマールのレストランに入ったところ、メニューにパフィン料理が掲載されていることを発見。パフィンのかわいい姿を見たばかりだったが、取材者魂を発揮し、心を鬼にして試食を敢行した。

スタッフGは疲れ切ってしまい、スモークサーモンのオープンサンドを注文。お値段はIsk1050とアイスランドで食べる料理としては安価なほう

スタッフGは疲れ切ってしまい、スモークサーモンのオープンサンドを注文。お値段はIsk1050とアイスランドで食べる料理としては安価なほう

パフィンの胸肉の燻製はIsk1050。なぜかスイカが添えられていた。肉質は鳥肉とは思えないしっかりした歯ごたえ。お酒のつまみにいい濃い味付けでした

パフィンの胸肉の燻製はIsk1050。なぜかスイカが添えられていた。肉質は鳥肉とは思えないしっかりした歯ごたえ。お酒のつまみにいい濃い味付けでした


どうせならメインのお皿もパフィン料理で、と注文。こちらも胸の肉で、ベリー・ソースでいただく。この料理を食べて、パフィンの肉は鹿の肉に近いことに気づきました

どうせならメインのお皿もパフィン料理で、と注文。こちらも胸の肉で、ベリー・ソースでいただく。この料理を食べて、パフィンの肉は鹿の肉に近いことに気づきました

パフィン肉の切り口をご覧あれ。赤身の肉はちょっとごわっとしていました。ソースがくどくちょっと飽きるかも。3切れの肉が入っていてお値段はIsk2100

パフィン肉の切り口をご覧あれ。赤身の肉はちょっとごわっとしていました。ソースがくどくちょっと飽きるかも。3切れの肉が入っていてお値段はIsk2100


セル・ホテル・ミーヴァトンの夕食ビュッフェ

ビュッフェ(バイキング)料理は、実意はおなかがそれほどすいていないときや時間があまりないときにも利用価値大。北部取材では夜まで予定がぎっしりで、食事の時間が20分ちょっとしか取れなかった。ビュッフェ料理でなれば夕食が食べられなかったかも。助かりました。

マリネした魚や野菜などが並ぶので軽く食べたいときにもいい

マリネした魚や野菜などが並ぶので軽く食べたいときにもいい

温かい料理も鳥や豚肉、温野菜などがありしっかり食べることもできる

温かい料理も鳥や豚肉、温野菜などがありしっかり食べることもできる


まずはコールドミールからいただきます。スープもあるのでこれで充分という方も多いのでは?

まずはコールドミールからいただきます。スープもあるのでこれで充分という方も多いのでは?

ここでもラム肉が食べられる。今度は温かいメニューをひととおりいただきました

ここでもラム肉が食べられる。今度は温かいメニューをひととおりいただきました


グランド・ホテル・レイキャヴィーク

この日は先にアイスランド入りしていた「スカンジナビアン・スタイル」取材班のアイスランド取材最終日。翌朝の出発時間が早いので、宿泊していたホテルのレストランでのディナーとなった。ロビーすぐ脇のBrasserie Grandではアイスランド料理をはじめ、パスタやサンドイッチなどの軽めの料理も食べることができる。

店内中央部には暖炉がある。夏でも夜は気温がぐっと下がるので暖炉の火があるとありがたい

店内中央部には暖炉がある。夏でも夜は気温がぐっと下がるので暖炉の火があるとありがたい

ハンバーガーは多くのレストランで食べることができる比較的無難なメニュー。ここもボリュームたっぷりでIsk1250

ハンバーガーは多くのレストランで食べることができる比較的無難なメニュー。ここもボリュームたっぷりでIsk1250


魚料理ではピスタチオバター風味のマスのグリルが人気。モッツァレラチーズとザリガニが添えられIsk2890

魚料理ではピスタチオバター風味のマスのグリルが人気。モッツァレラチーズとザリガニが添えられIsk2890

ラム肉は2種類の調理で提供されIsk4100。比べるのは反則だけど、VOXのほうがおいしかったという声が……

ラム肉は2種類の調理で提供されIsk4100。比べるのは反則だけど、VOXのほうがおいしかったという声が……


ホワイト・チョコレートドリンクとチョコ・ライム・ムースのデザート。かなりの甘口です。覚悟して。Isk1350

ホワイト・チョコレートドリンクとチョコ・ライム・ムースのデザート。かなりの甘口です。覚悟して。Isk1350

アイスクリームの盛りもたっぷり。Isk1200

アイスクリームの盛りもたっぷり。Isk1200


夕食編〜番外その2

最後にご紹介する夕食は、残念ながら唯一といってもいいかもしれない、非おすすめのメニュー。和食を売りにするお店を訪れたのだが、お店の雰囲気とスタッフの対応がいいのに、出されたお寿司はひと晩冷蔵庫に置きっぱなしにしたようなできでNG。さらに注文した料理がなかなかあらわれないと思ったら、ずいぶん待たされてから「実は品切れになってしまい……」とのエクスキューズ。再注文した料理もなかなか出てこないため、写真を撮り忘れてしまった。

味噌汁もあるが、なぜかスパイシーな味付けの海苔の味噌汁が登場

味噌汁もあるが、なぜかスパイシーな味付けの海苔の味噌汁が登場

緑茶はこのような形で登場。緑茶というよりは……な、お味

緑茶はこのような形で登場。緑茶というよりは……な、お味


お寿司登場! しかし仕上がりにむらがありすぎ。巻物のほうはご飯がばさばさ。この内容で約Isk6000

お寿司登場! しかし仕上がりにむらがありすぎ。巻物のほうはご飯がばさばさ。この内容で約Isk6000

こちらは待たせたおわびに、と出してくれたデザート。男ふたりで仲よくひと皿をつつきました

こちらは待たせたおわびに、と出してくれたデザート。男ふたりで仲よくひと皿をつつきました


2006年07月