繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 >  人と自然があたたかい国アイスランド > アイスランド南西部の見どころ > ブルーラグーン
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


アイスランド西南部の見どころ ブルーラグーン

アイスランド南西部を観光するなら国道1号線を東に向かって南下すればよい。ヴィークを折り返し点として観光すれば、ちょうど1日で主な見どころを見て回ることができる。エリア的にはちょっと外れるが、国際空港があるケプラヴィークから南に行った場所にある「ブルーラグーン」も外すことはできない。ここではまず、ブルーラグーンから紹介しよう。

美容効果も抜群の露天風呂 ブルーラグーン

ブルーラグーンは地熱発電に利用した温水(地下2000mの摂氏240度の蒸気)を利用した温水プールだ。温水は海水で天然のミネラル分をたっぷり含んでいる。温度は摂氏37度から39度の間に設定されており、プールのお湯は40時間で入れ代わるようになっている。温泉の効能としては、特に皮膚病に効くそうだ。

青白いお湯をたたえた広大な露天風呂だ

青白いお湯をたたえた広大な露天風呂だ

ブルーラグーンへのアクセス

ブルーラグーンに最も近い町は国際空港のあるケプラヴィーク。空港を出てブルーラグーンを経由してレイキャヴィークに向かうバスもあるので、アイスランド到着次第、ブルーラグーンで入浴することもできる。レイキャヴィークのバスターミナル(BSI)からの所要時間は約45分。セルフォスやクヴェラゲルジなど南西部の町からアクセスする場合、地図上では海岸沿いの道路を使って行くことができるように見えるが、途中は未舗装路となっているので、国道1号線と41号線を使ったほうがいいだろう。

レイキャヴィークのバスターミナルBSI。各ホテルでピックアップされた乗客はここでブルーラグーン行きバスに乗り換える

レイキャヴィークのバスターミナルBSI。各ホテルでピックアップされた乗客はここでブルーラグーン行きバスに乗り換える

ブルーラグーンが近づくともうもうと煙が上がる施設が見えてくる

ブルーラグーンが近づくともうもうと煙が上がる施設が見えてくる

ブルーラグーンの施設

ブルーラグーンのエリアは広大だが、実際に入浴できるのは一部のプールだけ。併設する建物には更衣室とレストラン、ショップなどが入っている。2007年には建物が拡張される予定で、現在は工事が進行中だ。レストランは気軽に食事ができるセルフサービス形式のカフェテリアと本格的なアイスランド料理が食べられるエリアとに分かれている。ショップの品揃えは豊富でスキンケア製品も揃っているが、いいお値段(高額)なので義理みやげ探しには苦労するかも。

レストランからは露天風呂を見渡すことができる

スキンケア製品は日本円で2000円から7000円といった価格帯

温泉プールへの入り方

ブルーラグーンに限らず、アイスランドの温泉は水着を付けて入るのが基本だ。レンタル水着やタオルもあるので、準備がなくても利用は可能だ。ブルーラグーンには、個人個人で使うことができる電子ロック式のロッカーもある。入浴に必要ないものはロッカーに入れ、入場時に渡されるリストバンドを腕に付けて入浴しよう。

入浴にあたってはかなりしっかりと身体を洗う必要がある。シャワールームで、頭髪から足先まで石鹸でよく洗おう。一部シャワーカーテンのついたシャワーもある。

このリストバンドはロッカーのカギの役割も果たす。紛失しないように注意

このリストバンドはロッカーのカギの役割も果たす。紛失しないように注意

ロッカーの利用にはコツがいる。戸を閉めてすぐにリストバンドをキーロック(オープン)のための機械に近づけなければならないのだ。連れがいるなら、ロッカーをロックするときにお互いに手伝おう

ロッカーの利用にはコツがいる。戸を閉めてすぐにリストバンドをキーロック(オープン)のための機械に近づけなければならないのだ。連れがいるなら、ロッカーをロックするときにお互いに手伝おう

入浴のポイント

入浴できるエリアにはサウナや打たせ湯などもあるので、時間があるならフルに利用したい。ウッドデッキの近くにそういった施設があるので、まずはプール方向への出口を出て左手に向かい、施設をざっと眺めておくといい。湯温は日本人には非常にぬるく感じられるはずだが、プールの奥の少し深いところまで行くと暖かい流れを感じることができる。寒いと思ったらサウナを利用すればいい。タオルを使う必要はないが、お湯から上がるとすごく寒く感じるので、大きなバスタオルがあれば快適だろう。

デッキにはテーブルと椅子、タオルかけなどがある

デッキにはテーブルと椅子、タオルかけなどがある

こういった岩に近づくときは足元に注意しよう。突然底がせりあがったり、ごつごつした岩があったりするためだ

こういった岩に近づくときは足元に注意しよう。突然底がせりあがったり、ごつごつした岩があったりするためだ

シリカサンドは美容効果が大きい。顔や肌にぬって15分くらいしたら洗い落とそう

シリカサンドは美容効果が大きい。顔や肌にぬって15分くらいしたら洗い落とそう

サウナの入り口。なかにはベンチがある。男女の別はない

サウナの入り口。なかにはベンチがある。男女の別はない

-DATA-

営業時間:
5月15日〜8月31日 9:00〜21:00、9月1日〜5月14日 10:00〜20:00
入場料:
大人 Isk1400、シニア(67歳以上) Isk990、12〜15歳 Isk700、12歳未満 親と同伴なら無料
貸しタオル Isk300、貸し水着 Isk350、貸しバスローブ Isk700
電話:
420-8800
URL:
www.bluelagoon.is
2006年07月