ガイドブック編集部 > 特集 >  人と自然があたたかい国アイスランド > アイスランドを知るために > アイスランド雑学講座

アイスランド雑学講座

北極圏近くにうかぶ島国のアイスランド。人口も30万人超という、一見小さな国ですが、島の自然やアイスランド人の歴史には、ほかの国と比べても負けることのない特徴があります。アイスランド版トリビアをご紹介!

昔は芝の家に住んでいた

昔は芝の家に住んでいた

世界で一番……

「アイスランドは世界一美女の多い国です」

こう言われてもぴんとこないことでしょう。でも本当なんです。アイスランドの全人口は2006年1月にやっと30万人を超えたばかりですが、ミス・ワールドのグランプリ受賞者は、1951年から2005年までの大会の間に3人も出ているのです。この数字を人口比換算してみればわかりやすいでしょう。

町には美女がいっぱい?

町には美女がいっぱい?


30万人に3人ということは、10万人にひとりの割合でミス・ワールドのグランプリを受賞しているということ。1億人なら1000人ということになります。

この対人口比世界ナンバーワンというランキングはほかにもたくさんあるそうです。次の項目でも説明しますが、天然温泉普及率でも世界一と言っていいでしょう。

供給されるお湯はほとんどが温泉

アイスランドは火山国で、その活動は非常に活発です。おかげで、電力供給も地熱発電でまかなうことができますが、地熱発電に利用した残り湯を今度は温泉水として国中で利用しています。

そのため、一般家庭であっても、お湯の栓をひねると天然の温泉水が出てきます。その普及率はなんと98%。バスタブがついているホテルが少なく残念ですが、アイスランドではどこでも温泉を楽しむことができます。

クヴェラゲルジの町ではあちこちで温泉がわき出ている

クヴェラゲルジの町ではあちこちで温泉がわき出ている

名前には名字(姓)がない

アイスランド人の名前を注意深く読んでみるとあることに気づくはずです。それは、男性なら姓の最後に「sson(ソン)」がつき、女性なら「dottir(ドッティル)」がつくこと。

実は、アイスランドの人々の名前には独自の姓はなく、父親の名前に男性なら「sson」、女性なら「dottir」を付けたものを名乗ることになっているのです。

この名前付けのルールのおかげで、ご先祖様探しも楽だそうで、アイスランドではコンピュータ検索により自分の家系図をたどることができるようになっているそうです。

ご先祖様探しはコンピュータで

ご先祖様探しはコンピュータで

アイスランド人がアメリカ大陸を最初に発見

アメリカ大陸を最初に発見したヨーロッパ人はコロンブスというのが、一般に知られた常識ですが、実はコロンブスのアメリカ到着(1492年)以前に、アイスランド人がアメリカ大陸に到達していました。

彼の名前はレイブル・エイリクソン。彼は西暦1000年にアメリカ大陸の東側に到達したと考えられています。結局、彼らは定住し続けませんでしたが、1960年代にニューファンドランドにヴァイキングの遺構が発見され、レイブル・エイリクソンたちがアメリカ大陸に到達していたことが証明されました。

ハットルグリムスキルキャ教会前にたたずむレイブル・エイリクソンの像

ハットルグリムスキルキャ教会前にたたずむレイブル・エイリクソンの像

2006年07月