レンブラントの「光」を求めて旅したのは、生まれ故郷であるライデンとアトリエを置き活躍の場となったアムステルダムである。そして、目指す絵画は、彼がその名声を確立したとされる『テュルプ博士の解剖学講義』とオランダで当時流行した集団肖像画の傑作『夜警(フランス・バニング・コック隊長の市警団)』である。いずれも予想に違わぬ傑作であったが、彼が数多く残した<自画像>により強く心引かれるようになった。その思いは、レンブラントの生まれた町を歩き、美術館で彼の作品と向かい合い、彼の画家としての人生を辿り直してゆくうちにますます強くなっていった。

レンブラント・ハルメンスゾーン



レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・ラインは、1606年アムステルダム近郊の町ライデンで製粉業者を営む裕福な家庭に9人兄弟の8番目として生まれた。成長後はライデン大学に入学するが、半年で退学し画家の道を進むことになる。修業期間には、ライデン在住のヤコブ・スワーネンブルフに学び、その後、アムステルダムのピーテル・ラストマンの弟子となっている。父の死後、アムステルダムに移り住み、1632年『テュルプ博士の解剖学講義』で、画家としての名声を得る。富豪の娘サスキアとの結婚で多くの顧客得るが、美術品や骨董などを際限なく購入する浪費癖と英蘭戦争による景気の悪化で破産する。エッチングなどを数多く残す版画家でもある。また、自分の存在理由を求めるかのように多くの『自画像』を描き続けたことでも知られる。

HOME   レンブラント幻想