海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > ギリシャ > アテネ > 観光スポット > イリウ・メラトロン(貨幣博物館)

ギリシャイリウ・メラトロン(貨幣博物館)Iliou Melathoron (Numismatic Museum)

アテネイメージ

トロイヤやミケーネの遺跡を発掘したドイツ人の考古学者シュリーマンが晩年を過ごした家。
イタリア・ルネッサンス様式の優美な3階建ての建物で、1880年に建設された。設計・建築したのはドイツ人建築家エルンスト・ツィラーで、2階の玄関へと続く穏やかなカーブを描いたスペイン階段や壁画で埋め尽くされた天井、モザイク画が散りばめられた床など、細部にわたりシュリーマンのこだわりが取り入れられている。
因みに、イリウ・メラトロンとは「トロイヤの館」という意味で、トロイヤ発掘の際に住んでいた小さな小屋を懐かしみ命名した。
現在は国が買い取り、ギリシアで唯一の古銭博物館として公開。14世紀から現在に至る、50万を超える硬貨やメダルなどが展示されている。

住所
12 Panepistimiou(El.Venizelou)Str.
TEL
(210)3632057※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
ギリシャへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
月13:00~20:00
火~日9:00~16:00
定休日
なし
料金
€8、€15(共通チケット)

地球の歩き方からのオススメ情報

アテネのおすすめホテル

ヨーロッパ の海外航空券

アテネのおすすめツアー

あなたにおすすめの記事

アテネの現地ツアー