海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > アジア > タイ > バンコク > 観光スポット > ワット・スタット

タイワット・スタットWat Suthat

バンコクイメージ

ラーマ1世によって建立された第1級王室寺院で、27年かけて完成された。巨大な礼拝堂に収まるこれも巨大な仏像は、15世紀タイ中央部に栄えたスコータイで最も重要な寺院であったワット・マハータートから、ラーマ1世が筏に乗せてバンコクに運ばせたもの。幅6.25mのこの像は、スコータイ時代の仏像の中でも最大とされ、仏像を無事に寺院前まで運んできたにも関わらず、肝心の寺院の門が狭くて通すことができなかったというほど。結局ラーマ1世は門を壊して境内に通し、仏像を本堂に納めると同時に力尽きて崩御したと伝えられている。この仏像の台座には1946年に亡くなったラーマ8世の遺骨が納められている。寺院境内の北東角に建てられているのは、1973年に鋳造されたラーマ8世の等身大銅像だ。礼拝堂の裏側にあるのが本堂(ウボーソット)。本堂入口にはラーマ3世が中国から持ち帰った石像が置かれており、当時はそれを船の錨として使ったという。中の仏像はラーマ4世が造ったといわれ、またそのラーマ4世自らが描いたとされる壁画も美しい。

住所
146 Bamrung Muang Rd.
交通アクセス
【MRT】ブルーラインのサームヨート駅3番出口から徒歩7分。ワット・プラケオからバムルン・ムアン通りを東へ徒歩14分。バス15、35、47、48、508番などが近くを通る。
TEL
0-2224-9845※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
タイへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
8:00~18:00
定休日
なし
料金
100B(外国人料金)

地球の歩き方からのオススメ情報

バンコクのおすすめホテル

バンコク の海外航空券

バンコクのおすすめツアー